2024年1月17日公開業種別M&A

トレーラー輸送業界の動向とM&Aのメリット!売却・買収事例や流れと注意点も解説!

トレーラー輸送業界は、深刻な人材不足に直面しており、この問題を解消するために、M&Aを積極的に活用しています。この記事では、トレーラー輸送業界の動向を説明し、近年行われた実際のトレーラー輸送会社のM&A事例を紹介していきます。

目次
  1. トレーラー輸送業界の動向
  2. トレーラー輸送会社をM&Aで売却するメリット
  3. トレーラー輸送業界のM&A・売却・買収事例3選
  4. トレーラー輸送会社のM&Aの流れ
  5. トレーラー輸送会社でM&Aを行う際の注意点
  6. トレーラー輸送会社のM&A・事業譲渡まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

トレーラー輸送業界の動向

トレーラー輸送業界は現在、深刻な人材不足に直面しています。

総務省の労働力調査によると、2015年のトラック運転手の数は前年比で3万人減少し、有効求人倍率は2倍を超える状況となっています。

業界はこの問題を「2024年問題」と名付けて、その対策に取り組んでいます。

労働時間の長さや厳しい労働環境、ネット通販の普及による配送負担の増加など、多くの要因がこの人材不足を引き起こしています。この結果、求人数が1年で6割も増加し、トラック運賃も過去最高を更新し続けています。

また、トレーラー輸送業界は人材不足解消のため、様々なアプローチを試みています。

中小運送会社やベンチャー企業は、荷主とドライバーを仲介するシェアリングサービスに参入し、また物流企業はアルバイトの正社員化や独立支援といった手段を用いて、人材の確保に取り組んでいます。

一方、トレーラー輸送の総輸送量は、22年度は前年度比で1.3%減少、23年度は0.5%減少となる見通しで、少しずつですがマイナス幅は縮小しています。

この縮小は、企業の海外進出とそれに伴う海外拠点間の物流網の発達が影響していると考えられます。

以上の動向から、トレーラー輸送業界は人材不足の問題解決と海外展開による成長を追求していることが分かります。この2つの大きな課題が、今後の業界の発展を左右することでしょう。

【関連】特殊運送・輸送会社のM&A・売却事例はある?流れや注意点を解説
【関連】運送/物流会社の会社譲渡(株式譲渡)は今がチャンス!成功のコツは?

トレーラー輸送会社をM&Aで売却するメリット

企業の売却は大きな決断を伴うものですが、トレーラー輸送会社のM&Aには多くのメリットがあります。具体的なメリットとしては、売却利益の獲得、従業員の雇用の継続、後継者問題の解消、債務や個人保証の解消、そして経営基盤の安定化が含まれます。

売却利益の獲得

長年にわたり築き上げた事業を売却することで得られる金銭的な利益は、M&Aの最も直接的なメリットの一つです。

こうした売却利益は、経営者の財務的な安定を促すとともに、新たなビジネスチャンスへの投資や個人的な生活設計に活用することが可能です。

売却価格は、会社の価値、業績、将来の成長性などにより大きく左右されますが、適切な売却先と交渉を進めることで、満足のいく売却利益を確保することが期待できます。

従業員の雇用の継続

M&Aは、従業員に対する影響も大きな考慮事項です。

適切に実施されたM&Aは、従業員の雇用を継続し、業績が悪化して解雇が必要となるような状況を防ぐメリットがあります。

新たな経営陣の下でも雇用が続くことで、従業員のモラルは維持され、会社の業績も安定します。

後継者不足の解消

経営者が引退を考える際、後継者がいないという問題がしばしば生じます。この問題を解消する有力な手段としてM&Aがあります。

他の企業や投資家が事業を引き継ぐことで、スムーズに経営者が引退することが可能となります。

これは経営者自身、従業員、取引先など、すべての関係者にとって安心感を与えるメリットとなります。

債務や個人保証の解消

ビジネスを運営し続けるためには、様々な投資や運転資金が必要となり、そのためには借入金やローンを組むことが一般的です。

特に、トレーラー輸送会社のようなキャピタルインテンシブな業種では、車両の購入やメンテナンス、営業所の設置や維持など、大きな経費がかかります。

これらの資金調達を行う際、経営者が個人保証を行うことも珍しくありません。

しかし、この個人保証は経営者に大きなリスクをもたらします。

企業の財務状況が悪化した場合、経営者自身が債務の返済を行わなければならなくなり、その結果、個人の資産が危険にさらされます。

さらに、経営者が不慮の事故や病気で働けなくなった場合など、経営が困難になった時には、この個人保証が経営者やその家族を重大な金融的な困難に陥れる可能性があります。

ここで、会社をM&Aにより売却するという選択肢が重要な役割を果たします。

M&Aを通じて会社を売却すると、その売却代金を使って企業の債務を返済し、個人保証を解消することが可能となります。これは、経営者の財務的リスクを大幅に軽減するとともに、個人資産を保護する大きなメリットとなります。

経営基盤の安定化

トレーラー輸送会社がM&Aを通じて売却されると、多くの場合、買収先となる企業は、既存の資源や能力を活用してその会社の経営基盤を強化しようとします。

まず、財務的な観点から見てみましょう。

買収先となる企業が大企業や業界内でのリーディングカンパニーである場合、その資本力と財務的な健全性は、売却後の会社の運営資金を確保し、新たな投資を行うための強固なバックアップを提供します。

このような財務的な安定性は、経営のリスクを軽減し、業績の向上をもたらします。

次に、業務運営の観点から考えてみましょう。

買収先の企業は、一般的に高度な経営ノウハウや専門知識を持っています。

これらのリソースは、販売戦略の最適化、コスト削減、オペレーショナルエクセレンスの追求など、売却後の会社の経営効率を向上させるために利用されます。

さらに、人材面でもメリットがあります。

大企業や成功した企業が母体となると、新たなキャリアパスや研修機会が提供されることが多く、これにより従業員のモチベーションや生産性が向上します。

また、幅広い業界ネットワークや高いブランド力を活用することで、優秀な人材を引きつける力も強まります。

以上のように、M&Aによる売却は、トレーラー輸送会社の経営基盤を安定化させ、事業の持続的な成長を促進する大きなメリットをもたらします。

【関連】運送会社のM&A・買収・売却の動向は?業界の課題や価格相場も解説!
【関連】運送会社・物流会社のM&A事例38選!業界の動向と課題や譲渡価格・相場も解説【2023年最新】

トレーラー輸送業界のM&A・売却・買収事例3選

ここからは、近年のトレーラー輸送業界のM&A・売却・買収事例を紹介していきます。

M&A・売却・買収事例を理解することで、近年のトレーラー輸送業界の動向を把握することが可能です。

東部ネットワークが魚津運輸を子会社化した事例

2022年10月、東部ネットワークは魚津運輸を子会社化することに成功しました。

東部ネットワークは、事業の持続的な成長を追求し、そのために必要に応じて資本提携やM&Aを行う方針を明確にしています。

今回子会社化した魚津運輸は、1949年に富山県魚津市で設立され、主に外国の製造業者と直接取引を行い、工業用ガス(酸素、窒素、アルゴン、水素、特殊ガスなど)をはじめとする製品や、セメントや化成品などの輸送を行っている企業です。

魚津運輸が運んでいる工業用ガスは、半導体、鉄鋼、化学など、幅広い産業で使用されているため、一年を通して安定した輸送需要があると予想されます。

また、工業用ガスの需要がさらに増加し、それに伴って輸送需要も増加すると予想されているため、東部ネットワークと魚津運輸株式会社の事業規模が拡大することが期待されています。

この事業基盤を活用して、工業用ガスの輸送と、将来的には注目を集めている水素輸送の増加に力を入れることを考えています。

これにより、東部ネットワークは、更なる戦略的投資を行い、企業価値の向上に取り組んでいくとしています。

参考:東部ネットワークによる魚津運輸の子会社化

関東運輸が関東ロジテックをグループ化した事例

2021年11月、関東運輸は関東ロジテックを子会社化することに成功しました。

子会社化した関東ロジテックは埼玉県、神奈川県、千葉県をカバーする6つの営業所を持ち、多種多様な車両を有しており、軽自動車からトレーラーまでの輸送を担当しています。

同社は、一般的な温度帯と低温帯での物流輸送を行い、特に24時間365日稼働を通じて食品関連の取り扱いに長けている企業です。

今回の子会社化は、関東運輸の親会社であるセイノーホールディングスが掲げる中期経営計画「Connecting our values」の一環として、「BtoBフルモード輸送の推進」を目指すもので、大消費エリアである首都圏の配送網の強化と、温度帯物流の一部となることが主な目的となります。

このグループ化により、①コールドチェーンネットワークの強化、②3つの温度帯物流拠点の確保、③首都圏におけるセイノーグループ会社間の事業シナジーのさらなる推進を図ることが可能になると説明しています。

参考:関東運輸による関東ロジテックの子会社化

HINODE&SANSがスワロー海コンの株式を譲受した事例

2014年2月、HINODE&SANSは、スワロー海コンと株式を全て引き受ける契約を締結しました。

この新たな協力関係は、双方の企業にとって大きなメリットをもたらします。

最も重要なのは、これによって物流ネットワークの強化が可能となることです。

スワロー海コンの専門知識とネットワークをHINODE&SANSが活用できるようになることで、より広範で効率的な物流サービスの提供が可能となります。

この変化は、HINODE&SANSのビジョンである「お客様の満足度向上」を追求するための重要な一歩です。

私たちは常に、お客様の期待を超えるサービスを提供することを目指しています。

スワロー海コンとのこの新たなパートナーシップを通じて、その目標を達成するための新たな道筋が開かれると確信しているとしています。

参考:HINODE&SANSによるスワロー海コンの株式譲受

トレーラー輸送会社のM&Aの流れ

M&Aは、企業が拡大、変革、あるいは新たな戦略的方向性を追求するための重要な手段となります。

しかし、その過程は複雑であり、様々なステップを含んでいます。ここでは、トレーラー輸送会社のM&Aプロセスを詳しく見ていきます。

具体的には、初期の専門家への相談から、売却先の選定、初期の面談と基本合意書の締結、最終的な交渉と契約締結、そして最後に取引の完了(クロージング)までの流れを説明します。

専門家への相談

M&Aプロセスは専門知識を必要とします。企業価値評価、財務分析、契約法、税法など、様々な専門知識を駆使する必要があります。

そのため、初期段階でM&Aの専門家に相談することが推奨されます。

これらの専門家は、M&Aプロセスの全体像を理解しており、戦略的アドバイスを提供し、企業の評価や契約交渉をサポートすることができます。

M&Aのご相談はお気軽にM&A総合研究所までお問い合わせください

トレーラー輸送業界で事業譲渡を適切に行うには、各業界に精通した専門家によるサポートを受けるのがおすすめです。

M&A総合研究所では、M&Aの支援経験豊富なM&Aアドバイザーが専任につき、事業譲渡を丁寧にフルサポートいたします。

また、料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ)

無料相談も随時受け付けておりますので、トレーラー輸送業界で事業譲渡をご検討の際はM&A総合研究所までお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

売却先の選定

次に、売却先を選定します。この過程では、戦略的なフィット感、価格、取引の条件などを考慮する必要があります。

売却先は、事業の方向性や文化に適合し、企業価値を最大限に引き出すことができるべきです。

専門家の助けを借りて、そういったポテンシャルのある売却先を見つけ、評価し、最終的に選定します。

トップ面談と基本合意書の締結

売却先が選定された後、トップ同士の面談が行われます。これは、双方のビジョンと期待を共有し、基本的な取引条件についての一致を見つけるための重要なステップです。

面談がうまく進んだ場合、基本合意書(LOIまたはMOU)が締結されます。

これは、取引の主要な条件と期待を文書化したもので、正式な契約書が締結される前のステップです。

最終交渉・最終契約書の締結

基本合意書の締結後、詳細な財務・法務調査(デューデリジェンス)が行われます。

これは、企業の財務状況、契約、法律問題などを詳細に調査し、リスクを評価するためのものです。

デューデリジェンスが完了した後、最終的な交渉が行われ、最終契約書(SPAまたはAPA)が締結されます。

クロージング

最終契約書の締結後、取引はクロージング(完了)します。これは、所有権が正式に移転され、売却価格が支払われる時点を指します。

クロージングは一般的には契約締結の数週間後に行われ、この段階で企業の所有権は新しい所有者に移転されます。

このステップはM&Aプロセスの最終ステップであり、新しい所有者による経営が始まるシグナルとなります。

トレーラー輸送会社でM&Aを行う際の注意点

ここでは、トレーラー輸送会社がM&Aを行う際の主要な注意点を探り、その際に直面する可能性のある問題とそれに対する解決策を提供します。

希望通りに売却できない場合がある

企業の売却を考える際、すべての希望が必ずしも叶うわけではありません。売却価格、取引の条件、タイミングなど、様々な要素が絡み合い、理想的な状況が常に得られるわけではありません。

また、買い手との間で意見が一致しない場合や、企業価値が十分に認識されない場合もあります。そのため、事前に複数の買い手を探し、状況を理解し、企業価値を最大化するための戦略を策定することが重要です。

競業避止義務を負う可能性がある

企業の売却により、一部のケースでは競業避止義務が適用される可能性があります。これは、売却した企業と同じ業界での新たなビジネス活動を一定期間制限する契約内容や法律によるものです。

競業避止義務は、新たな事業を始める自由を制限する可能性がありますので、M&Aを考慮する際には注意が必要です。

取引先や顧客・従業員からの反発

M&Aは、企業の所有権や経営体制の大きな変化をもたらします。このような変化は、従業員、顧客、取引先からの反発や不満を引き起こす可能性があります。

M&Aが成功するためには、これらの利害関係者に対して十分なコミュニケーションを行い、新しいビジョンや戦略を理解してもらうことが必要です。

運送業許可の引き継ぎ

トレーラー輸送会社の場合、事業の運営には運送業許可が必要です。この許可は、業務を適切に遂行する能力があることを示すものであり、M&Aの際には新しい経営者に引き継がれる必要があります。

しかし、この過程は必ずしもスムーズに進行するとは限らず、適切な手続きと準備が必要です。

特に、新しい経営体制の下で運送業許可を維持できるようにするためには、充分な計画と準備が必要です。

トレーラー輸送会社のM&A・事業譲渡まとめ

トレーラー輸送会社のM&Aや事業譲渡は、現在の物流業界の厳しい環境下で、新たな戦略として注目されています。M&Aや事業譲渡は、経営資源の最適化や効率化を実現し、さらなる事業展開に繋がるメリットを提供します。

その一方で、人材不足や過度の借入金などの問題を解消する役割も担います。特に、事業譲渡は後継者不足の解消や従業員の雇用継続を実現します。

M&Aは企業規模を拡大し、経済的な安定性を強化する一方で、業務範囲を広げることで新たな市場へのアクセスを可能にします。

これらのメリットは、今後のトレーラー輸送業界の動向を読み解く上で欠かせない視点となり、業界全体の健全な成長と発展を促進し、さらなる競争力を生み出すための重要な手段となるでしょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 最短49日、平均6.6ヶ月のスピード成約(2022年9月期実績)
  3. 上場の信頼感と豊富な実績
  4. 譲受企業専門部署による強いマッチング力
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

近年はM&Aが経営戦略として注目されており、実施件数も年々増加しています。M&Aの特徴はそれぞれ異なるため、自社の目的にあった手法を選択することが重要です。この記事では、M&am...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

鉱業業界のM&A動向!売却・買収事例3選と成功のポイントを解説!【2023年最新】

鉱業業界のM&A動向!売却・買収事例3選と成功のポイントを解説!【2023年最新】

鉱業業界ではM&Aが活発化しています。資源需要増大や規制緩和が背景にあり、大手鉱業企業は新興市場や環境配慮型鉱業への投資を進めているのが鉱業業界の現状です。鉱業のリスク管理はM&...

木材業界のM&A動向!売却・買収事例5選と成功のポイントを解説!【2023年最新】

木材業界のM&A動向!売却・買収事例5選と成功のポイントを解説!【2023年最新】

この記事では、木材業界のM&A動向について説明します。木材業界では、専門技術の獲得、コスト効率の向上のためにM&Aが活用されています。木材業界におけるM&A・売却・買収事...

漁業業界の動向とM&Aのメリット!売却・買収事例や流れと注意点も解説!

漁業業界の動向とM&Aのメリット!売却・買収事例や流れと注意点も解説!

魚介類などの海洋資源は私達の生活に欠かせないものですが、漁業業界は厳しい市場環境が続いています。そのような中で、事業継続のためのM&Aを模索する動きも出てきています。この記事では、漁業業...

農業業界の動向とM&Aのメリット!売却・買収事例や流れと注意点も解説!

農業業界の動向とM&Aのメリット!売却・買収事例や流れと注意点も解説!

農業業界では担い手の高齢化と後継者不足による廃業危機に加えて、新型コロナをきっかけとした出荷額の低迷で経営状態が不安定化し、M&Aを検討せざるを得ないところが増えています。この記事では、...

海運業界の動向とM&Aのメリット!売却・買収事例や流れと注意点も解説!

海運業界の動向とM&Aのメリット!売却・買収事例や流れと注意点も解説!

この記事では、海運業界の動向を説明したうえで、海運業界でM&Aを行うメリットを解説していきます。近年のM&A・売却・買収事例も紹介して、M&A動向についても紹介していきま...

老人ホームの事業承継の流れや成功のポイントは?メリットや相談先も解説!

老人ホームの事業承継の流れや成功のポイントは?メリットや相談先も解説!

近年は老人ホームをはじめとした介護福祉業界においても、後継者不在による廃業・倒産を防ぐため事例の事業承継が盛んに行われているのが現状です。本記事では老人ホームの事業承継の流れや成功のポイントを紹...

食品業界における事業承継の動向や事例を徹底解説!手続き方法や注意点は?

食品業界における事業承継の動向や事例を徹底解説!手続き方法や注意点は?

近年は後継者不足や原材料価格の高騰、老朽化などの問題を解消して事業を継続するために、積極的に事業承継を手掛ける動向の企業が増加しています。 本記事では食品業界における事業承継の動向や事例を...

サービス付き高齢者向け住宅のM&Aの動向は?事例から相場・注意点まで解説!

サービス付き高齢者向け住宅のM&Aの動向は?事例から相場・注意点まで解説!

近年急速的に進行している要介護者の増加の動向に伴い、サービス付き高齢者向け住宅のM&Aが盛んに行われ、企業の統合が増加しています。本記事ではサービス付き高齢者向け住宅のM&Aの動...

クリニックの売却価格はどれくらい?相場や計算方法・税金まで詳しく解説!

クリニックの売却価格はどれくらい?相場や計算方法・税金まで詳しく解説!

クリニックの売却を検討している医療機関が多いですが、医療業界の取引はやや特殊でいくつか注意する点があります。今回はクリニックの事業売却を検討している医療機関に向けて、取引の相場や取引価格の計算方...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)