2020年11月26日更新業種別M&A

ネイルサロンのM&A動向!売却の相場や相談先、積極買収企業も紹介!【事例あり】

ネイルサロン業界は、競争が激しく毎年数多くのネイルサロンの新規参入と撤退が繰り返されています。その一方で、近年はM&Aによるネイルサロンの売却も増えてきました。本記事では、ネイルサロンのM&A動向や事例、売却相場、相談先などをご紹介していきます。

目次
  1. ネイルサロンのM&A
  2. ネイルサロンのM&A動向
  3. ネイルサロンのM&Aが行われる理由
  4. ネイルサロン売却の相場
  5. ネイルサロンのM&Aを行う際の相談先
  6. ネイルサロンのM&Aを積極的に行う企業
  7. ネイルサロンのM&A事例 
  8. ネイルサロンのM&Aを成功させるには 
  9. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ネイルサロンのM&A・事業承継

ネイルサロンのM&A

ネイルサロンのM&A

本記事では、ネイルサロンのM&A動向・事例・売却相場・おすすめの相談先などをご紹介していきます。

まずこの章では、ネイルサロンの定義や、M&A・会社売却・事業譲渡の意味について解説します。

ネイルサロンとは

ネイルサロンとは、爪のケアや、付け爪やジェルネイルなどの施術サービスを提供するお店を指します。

ネイルサロン専業のお店もあれば、エステサロンや美容室などでネイルサービスも行なっているお店もあります。

M&Aとは

M&Aとは、会社・事業の売買や統合などを行うための手法をまとめた呼び方です。

M&Aによって、売り手は売却益を得たり買い手の傘下で経営を継続できたりします。また、買い手は効率良く事業を始めたり事業を拡大したりすることが可能です。

ネイルサロンのM&Aでよく用いられる手法は、会社売却(株式譲渡)と事業譲渡(事業売却)です。以下では、会社売却と事業譲渡の特徴について解説します。

会社売却

会社売却(株式譲渡)とは、株式の譲渡によって会社の経営権をバトンタッチする手法です。

会社売却は他の手法に比べて手続きが進めやすいため、ネイルサロン業界でも株式を発行している会社の多くがM&Aに採用しています。

ただし、会社売却を用いる場合、複数運営している店舗のうち1店舗だけ売却するといったような選択はできません。また、買い手側は不要な資産や想定外のリスクも引き受けることになります。

事業譲渡

事業譲渡(事業売却)とは、売却したい事業部門や事業用資産の一部または全部を選択して譲渡する手法をいい、個人経営のネイルサロンなどで多く用いられています。

売り手側は手元に残したい事業部門や事業用資産があれば、その部分だけ売却しないという選択ができ、買い手側は不要な事業部門や事業用資産、負債を引き受ける必要がありません。

ただし、事業譲渡では許認可や各種契約が引き継がれないので、買い手の手続き負担は会社売却よりも大きくなります。

ネイルサロンのM&A動向

ネイルサロンのM&A動向

近年のネイルサロン業界のM&Aは以下のように推移しています。

  1. 参入障壁の低さからライバル店が増加 
  2. 関連業種がサービスの一環として行うケースもある
  3. セルフケア用品の販売数も伸びている
  4. 中小・個人経営の店舗多数で業界再編の動きがある

1.参入障壁の低さからライバル店が増加

ネイルサロンは小資本で小さな店舗や自宅でも始められ、ネイリストに国家資格もないので、参入が容易な業種です。そのため、新規参入の多さから激しい競争が生まれています。

競争の厳しさから撤退するネイルサロンは多いですが、それ以上に新規参入が多いという現状があります。

2.関連業種がサービスの一環として行うケースもある

ネイルサロンは事業の始めやすさから、美容室やエステサロンなどの関連業種でもサービスを提供しているケースが多く見られます。

また、M&Aによって他業種の企業がエステサロンを取り込むことにより、事業を拡大するケースもあります。

3.セルフケア用品の販売数も伸びている

近年は、安くて質の高いセルフケア用ネイル用品が出てきたことから、セルフネイルを行う人が増えています。

そのため、ネイルサロンはセルフネイルでは得られない付加価値サービスを、いかに提供するかが求められるようになっています。

4.中小・個人経営の店舗多数で業界再編の動きがある

ネイルサロンは起業のしやすさから、個人経営や中小企業のネイルサロンが多数を占めています。一方で、大手ビューティサロン運営会社は店舗数を増やし事業エリアを拡大することで、競争力の強化を進めています。

また、大手の資本力を活用した、新たな付加価値サービスの提供も進んでいます。小規模ネイルサロン同士の競争や大手による差別化の動きなどから、ネイルサロン業界は再編の動きがみられるようになってきました。

【関連】社長の引退年齢の現状や課題点とは?M&Aや事業承継を活用するポイントを解説

ネイルサロンのM&Aが行われる理由

ネイルサロンのM&Aが行われる理由

ネイルサロンでM&Aが行われる理由には、主に以下の4つがあります。

  1. 後継者問題の解決 
  2. 競争の激化により経営難
  3. ネイリストの確保が難しい
  4. 売却資金をもとに別事業を行いたい

1.後継者問題の解決

日本では1980年代からネイルサロンが増え始め、1990年代にはネイルブームが訪れました。

成熟した業界となり、経営者が高齢となったネイルサロンが増えた現在では、後継者がいないことから廃業せざるを得ないネイルサロンも増えています。

しかし、なかにはM&Aによって後継者をみつけ、事業の継続に成功するネイルサロンもあります。

2.競争の激化により経営難

競争の厳しいネイルサロン業界では、毎年多くの新規参入がある一方で撤退も多くみられます。

廃業を選択するケースも多い中で、M&Aによってネイルサロンを売却するケースも増えています。

3.ネイリストの確保が難しい

小規模のネイルサロンはネイリストの確保が難しく、事業継続が困難になるケースも少なくありません。

また、ネイリストの教育に時間と資金を使う余裕のないネイルサロンも多く、さらなるネイリスト離れの下人にもなっています。

そのため、経営状態は悪くないものの、人材不足からネイルサロンの売却を選択するケースもみられます。

4.売却資金をもとに別事業を行いたい

ネイルサロンは起業のしやすさから、最初の事業として選択されやすい事業のひとつです。

M&Aによるネイルサロンの売却資金を元手に、さらに収益性の高い事業を始めるシリアルアントレプレナーもいます。

ネイルサロン売却の相場

ネイルサロンのM&A・事業承継
ネイルサロンのM&A・事業承継
ネイルサロン売却の相場

ネイルサロンを売却する際に気になる点のひとつが、売却・譲渡価格がいくらになるかです。ネイルサロンの売却・譲渡価格の算出方法について解説します。

売却・譲渡価格を算出する方法

ネイルサロンの売却価格はさまざまな算定方法がありますが、中小ネイルサロンの売却でよく用いられるのが、純資産価額と営業権をそれぞれ算定して合算する方法です。

純資産価額は、ネイルサロンの事業用資産を時価で算定します。また、営業権はのれんとも呼ばれ、ネイルサロンの今後の収益力などを価格に反映します。

簡単に言うと、売却・譲渡価格はネイルサロンの現在の価値と将来の価値の合計になり、算定した価格を基に、最終的な売却・譲渡価格は買い手との交渉によって決定します。

ネイルサロンの売却・譲渡価格を的確に算定するには、専門家によるサポートが必要です。特に、営業権の算定には高い専門性が求められます。

【関連】企業価値評価とは?評価方法を知って企業価値を高めよう

ネイルサロンのM&Aを行う際の相談先

ネイルサロンのM&Aを行う際の相談先

ネイルサロンのM&Aを行う際は、以下の相談先に相談が可能です。

  1. M&A仲介会社
  2. 地元にある金融機関
  3. 地元にある公的機関 
  4. 地元の弁護士・会計士・税理士など
  5. マッチングサイト

1.M&A仲介会社

ネイルサロンのM&AにおすすめのM&A仲介会社は以下の5社です。

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 株式会社BGパートナーズ
  3. 株式会社クラリスキャピタル
  4. 株式会社中小企業M&Aサポート
  5. 株式会社ヒルストン

1.株式会社M&A総合研究所

ネイルサロンにおすすめのM&A仲介会社1社目は、株式会社M&A総合研究所です。

M&A総合研究所は、高い成約率と短期間でのスピード成約で高い信頼を得ている仲介会社です。

豊富なM&A実績を持ったアドバイザーがネイルサロンのM&Aをトータルサポートします
 

サイトURL https://masouken.com/lp/beautysalon
手数料・報酬など 完全成功報酬制(着手金・中間金:無料)
お問い合わせ先 0120-401-970

2.株式会社BGパートナーズ

ネイルサロンにおすすめのM&A仲介会社2社目は、株式会社BGパートナーズです。

BGパートナーズは、美容商材の通販事業を営むビューティーガレージの子会社で、美容サロンに特化したM&A仲介サービスを提供しています。
 

サイトURL https://salonma.jp
手数料・報酬など 売り手側:無料
買い手側:完全成功報酬制
お問い合わせ先 03-5758-1175

3.株式会社クラリスキャピタル

ネイルサロンにおすすめのM&A仲介会社3社目は、株式会社クラリスキャピタルです。

クラリスキャピタルは、さまざまな相談に対して誠実で丁寧な対応で相談者から高評価を得ているM&A仲介会社です。
 

サイトURL https://clarisc.co.jp
手数料・報酬など 完全成功報酬制
お問い合わせ先 03-4405-8607

4.株式会社中小企業M&Aサポート

ネイルサロンにおすすめのM&A仲介会社4社目は、株式会社中小企業M&Aサポートです。

中小企業M&Aサポートは、小規模の案件でも丁寧かつ効率的にサポートすることで、高い成約率を実現しています。
 

サイトURL https://www.chusho-ma-support.com
手数料・報酬など 【売り手側】
相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:100万円
成功報酬:レーマン方式

【買い手側】
相談料:無料
着手金:50万円
中間報酬:50万円
成功報酬:レーマン方式
お問い合わせ先 03-6860-8272

5.株式会社ヒルストン

ネイルサロンにおすすめのM&A仲介会社5社目は、株式会社ヒルストンです。

ヒルストンは、年商1億円以下の中小企業を専門にサポートしており、税理士事務所・会計事務所との豊富なネットワークが強みです。
 

サイトURL http://www.hill-stone.biz
手数料・報酬など 完全成功報酬制
お問い合わせ先 0120-615-755

2.地元にある金融機関

地方金融機関では、主に地元の中小企業を対象として、事業承継支援を行っています。

ただし、金融機関によっては、相談対応はしているものの、実際のM&A手続きは提携先仲介会社などに依頼する間接的な支援にとどまっているケースもあるので確認が必要です。

3.地元にある公的機関

各都道府県に設置されている事業引継ぎ支援センターや、よろず支援拠点、商工会などに相談することもできます。

ただし、金融機関と同様に、実際のサポートは提携先仲介会社などに依頼するケースが多いので、事前の確認が必要です。

4.地元の弁護士・会計士・税理士など

弁護士・会計士・税理士などの士業専門家がM&A・事業承継支援も行っている場合は相談が可能です。

ただし、士業専門家の場合は対応業務が限られており、総合的なサポートは提携先仲介会社に依頼することになるケースが多いです。

5.マッチングサイト

マッチングサイトでは主にM&A相手探しまでを行うことができます。さらにサポートが必要な場合は、マッチングサイトを運営する仲介会社かサイトに登録している仲介会社に依頼します。

近年は、マッチングサイトのクオリティが高くなっているので、うまく活用できれば満足のいく成果を得ることも可能です。

【関連】会社売却で必要な手数料とは?できるだけコストを抑えて会社売却を成功させよう

ネイルサロンのM&Aを積極的に行う企業

ネイルサロンのM&Aを積極的に行う企業

以下の企業はネイルサロンなどの積極的なM&Aによって成長を続けています。

  1. 株式会社ヤマノホールディングス
  2. RVH

1.株式会社ヤマノホールディングス

ヤマノHDは、美容事業・和装宝飾事業・DSM事業を手掛けている会社です。毎年のように行なっている積極的な買収戦略により、堅調な成長を遂げてきました。

近年、ヤマノHDは美容事業の拡大を図っており、戦略のひとつとしてネイルサロンの買収を行っています。

2.RVH

RVHは、2016年に美容脱毛サロンを全国展開する株式会社ミュゼプラチナムを子会社化して、美容事業に参入しました。

また、2018年にはエステティックサロン「たかの友梨ビューティクリニック」を展開する不二ビューティを子会社化しています。

現在では、RVHはネイル・ボディ・ヘッドスパ・フェイシャル・メンズ・脱毛と、幅広い美容事業を全国展開する国内でも有数の大手企業へと成長しました。

ネイルサロンのM&A事例 

ネイルサロンのM&A事例

ここからは、ネイルサロンのM&A事例をご紹介します。

  1. ヤマノHDによるみうらの買収
  2. PCE社によるナインルーツの買収 ゴルフドゥ
  3. レイフィールドと日本産業推進機構の資本業務提携
  4. RVHによる不二ビューティの買収
  5. インテグラルによるコンヴァノの買収

1.ヤマノHDによるみうらの買収

ネイルサロンのM&A事例 1

出典:http://www.yamano-hd.com/

ネイルサロンのM&A事例1件目は、ヤマノHDによるみうらの買収です。

美容事業・和装宝飾事業・DSM事業を手がけるヤマノHDは、2018年ネイルサロンを経営する有限会社みうらの株式を取得し、連結子会社化しました。

みうらは2000年に設立され、東京都内で3店舗のネイルサロンを展開している老舗企業です。

ヤマノHDは、豊富な実績と質の高いサービス力を持つみうらを子会社化することで、美容事業の拡大と新事業の創出を図っています。

2.PCE社によるナインルーツの買収

ネイルサロンのM&A事例 2

出典:https://www.pceii.com/

ネイルサロンのM&A事例2件目は、PCE社によるナインルーツの買収です。

米国で美容関連商品の開発や販売などを行なっているPCE International, Incは、2018年、リラクゼーションサロンの運営を行なっているナインルーツの株式を取得し、子会社化しました。

ナインルーツの親会社でゴルフ関連事業を展開しているゴルフ・ドゥは、事業の多角化を図り2016年にナインルーツを設立しましたが、経営不振が続いていました。

一方、ネイル事業に強みを持つPCE社は、ナインルーツにネイル事業を加えることで成長が見込めると判断し、買収に至っています。

3.レイフィールドと日本産業推進機構の資本業務提携

ネイルサロンのM&A事例 3

出典:https://rayfield.jp/

ネイルサロンのM&A事例3件目は、レイフィールドと日本産業推進機構の資本業務提携です。

2018年、投資ファンドの日本産業推進機構は、全国に美容サロンを展開しているレイフィールドと資本業務提携を結びました。

レイフィールドは、トータル美容サロンとしてネイル・エステ・マッサージなどの多様なサービスを提供しています。

日本産業推進機構は、レイフィールドのビジネスパートナーとして経営のサポートをすることで、レイフィールドの企業価値向上に努めています。

4.RVHによる不二ビューティの買収

ネイルサロンのM&A事例 4

出典:https://rvh.jp/

ネイルサロンのM&A事例4件目は、RVHによる不二ビューティの買収です。

美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」などの美容事業を展開するRVHは、2017年、フェイシャル・ボディ・ネイルなどを展開する「たかの友梨ビューティクリニック」の運営会社である不二ビューティを、株式譲渡および株式交換によって子会社化しました。

RVHと不二ビューティはともに美容業界で高いブランド力を持っており、RVHは両社のブランド力をグループとして推進することで、美容業界での競争力強化を図っています。

5.インテグラルによるコンヴァノへの出資

ネイルサロンのM&A事例 5

出典:https://www.integralkk.com/

ネイルサロンのM&A事例5件目は、インテグラルによるコンヴァノの買収です。

2014年、独立系投資会社のインテグラルは、ネイルサロンをチェーン展開するコンヴァノの株式を取得しました。

コンヴァノは低価格でサービスを行うネイルサロンや、高付加価値サービスを行うネイルサロンを展開し成長を続けています。

コンヴァノは、インテグラルから中長期サポートを受けることで、さらなる成長を図っています。

【関連】M&AサポートにおけるM&A仲介業者の役割や売却事例/買収事例をご紹介

ネイルサロンのM&Aを成功させるには 

ネイルサロンのM&Aを成功させるには

ネイルサロンのM&Aを成功させるには、以下のポイントを押さえる必要があります。

  1. 顧客データや収益予測などを用意しておく 
  2. ネイリストの離職を防ぐ
  3. 立地条件が良くアクセスしやすい
  4. 専門家に相談する

1.顧客データや収益予測などを用意しておく

ネイルサロンの売却・譲渡を適正価格で行うには、正確で詳細な資料が必要です。小規模企業や個人事業のネイルサロンの場合、データが整理されていないケースは少なくありません。

顧客データや収益予測などの資料を、あらかじめ整理して用意するうことで、買い手からの信用も高くなります。

2.ネイリストの離職を防ぐ

買い手側にとって、経験と実績を持ったネイリストを確保できるかどうかは重要なポイントです。

M&Aによる動揺でネイリストが離職してしまわないよう、M&Aについての伝え方や伝えるタイミングには細心の注意を払わなくてはなりません。

3.立地条件が良くアクセスしやすい

中小規模のネイルサロンは、立地やアクセスのしやすさ、地域での認知度、商圏内の顧客属性などが重要になります。

買い手に対してアピールできるポイントがあれば、明確にまとめておくことも効果があります。

4.専門家に相談する

買い手探し・交渉・売却価格の算定・各種契約の締結など、ネイルサロンの売却過程では専門的な知識や経験、ネットワークが必要になります。

納得のいくM&Aを行うには、ネイルサロンのM&Aに最適な専門家を選ばなければなりません。

ネイルサロンのM&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

本記事では、ネイルサロンのM&A動向や事例、売却相場、相談先などをご紹介してきました。ネイルサロン業界は、新規参入企業が非常に多く、競争も激しくなっています。

【近年のネイルサロン業界のM&A動向】

  1. 参入障壁の低さからライバル店が増加 
  2. 関連業種がサービスの一環として行うケースもある
  3. セルフケア用品の販売数も伸びている
  4. 中小・個人経営の店舗多数で業界再編の動きがある

【ネイルサロンがM&Aを行う主な理由】
  1. 後継者問題の解決 
  2. 競争の激化により経営難
  3. ネイリストの確保が難しい
  4. 売却資金をもとに別事業を行いたい

【ネイルサロンのM&Aを行う際の相談先】
  1. M&A仲介会社
  2. 地元にある金融機関
  3. 地元にある公的機関 
  4. 地元の弁護士・会計士・税理士など
  5. マッチングサイト

【今回ご紹介したネイルサロンのM&A事例】
  1. ヤマノHDによるみうらの買収
  2. PCE社によるナインルーツの買収
  3. レイフィールドと日本産業推進機構の資本業務提携
  4. RVHによる不二ビューティの買収
  5. インテグラルによるコンヴァノの買収

【ネイルサロンのM&Aを成功させるポイント】
  1. 顧客データや収益予測などを用意しておく 
  2. ネイリストの離職を防ぐ
  3. 立地条件が良くアクセスしやすい
  4. 専門家に相談する

ネイルサロンの売却を成功させるためには、専門家によるトータルサポートが欠かせません。

M&A総合研究所では、豊富なネットワークと知識・経験によって質の高いサポートを実現します。

無料相談は随時お受けしていますので、ネイルサロンのM&A・売却をご検討の際は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計士・税理士事務所の事業承継マニュアル!流れや相談先、成功事例

会計士・税理士事務所の事業承継マニュアル!流れや相談先、成功事例

近年は、後継者不足の影響で事業承継が進められず、廃業・閉鎖するケース会計事務所が増えています。次の世代に事業を引き継ぐためには、計画を立てて準備をしておく必要があります。今回は、会計事務所の事業...

家具業界のM&A・事業譲渡・買収!動向・流れ・注意点を解説【事例あり】

家具業界のM&A・事業譲渡・買収!動向・流れ・注意点を解説【事例あり】

バブル崩壊以降は縮小が続いていた家具業界ですが、近年はニトリや良品計画等の台頭などによって、再拡大の局面に入っています。また、M&Aによる他業界からの新規参入も増えています。本記事では、喫緊の家...

塗装工事会社のM&A・事業承継!業界動向・相場・注意点を解説【事例あり】

塗装工事会社のM&A・事業承継!業界動向・相場・注意点を解説【事例あり】

現在、塗装工事会社の多くは慢性的な人手不足に陥っており、廃業やM&A・事業承継が増加しているのが現状です。本記事では、塗装工事会社のM&A・事業承継について、塗装工事会社の業界動向や相場、気を付...

物流業界のM&A・事業承継!動向・メリット・注意点を解説【事例15選】

物流業界のM&A・事業承継!動向・メリット・注意点を解説【事例15選】

現在物流業界は、ユーザーのニーズが変化していることや働き方改革などによって業界再編期にあり、M&A・事業承継も増える方向にあります。当記事では、物流業界のM&A・事業承継動向やメリット、注意点、...

訪問介護のM&A・事業承継!動向・流れ・ポイントを解説【事例付き】

訪問介護のM&A・事業承継!動向・流れ・ポイントを解説【事例付き】

訪問介護は近年国が推し進めている地域包括ケアシステム実現のための重要な業種で、M&Aも今後活発になると予想されます。本記事では、訪問介護のM&A・事業承継について、業界動向やM&A手続きの流れ、...

半導体業界のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功・失敗事例付き】

半導体業界のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功・失敗事例付き】

日本の半導体業界は昔より世界シェアが縮小しており、業界再編のための大型M&Aが盛んになっています。本記事では、半導体業界のM&A・事業承継について成功・失敗事例を交えて解説するとともに、実際にM...

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場は土地があれば経営することができるため参入しやすい事業のひとつです。近年では、大手企業によるM&Aや規模拡大や好立地の駐車場を獲得するためのM&Aが増えています。この記事では、駐車場業界の...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ネイルサロンのM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)