2022年6月6日更新業種別M&A

【2020年最新版】フランチャイズ加盟店(FC)のM&A事例25選

フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aは、飲食チェーンやオートバックスを中心に活発に行われています。本記事では、フランチャイズ加盟店(FC)のM&A事例を、2020年の最新事例も含めて25選紹介し、M&Aを行う理由や成功のポイントも解説します。

目次
  1. フランチャイズ加盟店(FC)のM&A
  2. フランチャイズ加盟店(FC)のオーナーがM&Aを行う理由
  3. フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aを成功させるポイント
  4. フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aの際におすすめの仲介会社
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

FC フランチャイズ加盟店のM&A・事業承継

フランチャイズ加盟店(FC)のM&A

フランチャイズ加盟店(FC)のM&A

本記事では、フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aについて解説していきます。まずこの章では、フランチャイズ加盟店(FC)やM&Aといった、基本的な用語の意味を解説します。

フランチャイズ加盟店(FC)とは

フランチャイズとは、フランチャイズ本部へロイヤリティを支払うことで、本部が持つ商品やブランド、ノウハウなどを利用できる契約のことです。フランチャイズに加盟して経営している店舗のことをフランチャイズ加盟店(FC)といいます。

M&Aとは

M&Aとは、会社や個人事業を買収・売却したり、合併・分割したりする取引のことです。「合併と分割」を英語で「Mergers and Acquisitions」というので、頭文字をとってM&Aと呼ばれています。

M&Aには株式譲渡事業譲渡・会社分割・資本業務提携など様々な手法があり、これらの手法のことを「スキーム」と呼びます。M&Aは会社の規模によらず行うことができ、大企業の1兆円規模の買収も、零細企業の数百万円の会社売却も、どちらも同じM&Aです。

フランチャイズ加盟店(FC)のオーナーがM&Aを行う理由

M&Aを行う理由

フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aは近年増加していますが、それは以下のような理由が要因になっていると考えられます。

【フランチャイズ加盟店(FC)のオーナーがM&Aを行う理由】

  1. 撤退する際のコストが掛からない
  2. 譲渡・売却益を獲得できる
  3. 引退する事ができる

1.撤退する際のコストが掛からない

フランチャイズ加盟店(FC)の経営が立ち行かなくなって廃業しようとすると、設備や在庫の処分といった廃業費用がかかります。一方でM&Aでフランチャイズ加盟店(FC)を売却すれば、廃業費用をかけずに経営から撤退することができます

2.譲渡・売却益を獲得できる

フランチャイズ加盟店(FC)をM&Aで売却すると、売却した会社や株主は譲渡・売却益を獲得できます。譲渡・売却益を得ることを目的として、フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aを行う事例も増加しています。

フランチャイズ加盟店(FC)を売却すればある程度まとまった売却益が得られるので、その資金をもとに新しい事業を始めたり、引退後の生活資金にすることもできます

3.引退する事ができる

中小企業や個人事業の経営者の年齢は60代に達しており、そろそろ引退したいと思っている人も多くおられます。また、フランチャイズ加盟店(FC)はロイヤリティの支払いなどの負担が大きく、経営に疲れてしまって引退したい経営者も多いという現状があります。

フランチャイズ加盟店(FC)のオーナーを引退するために、M&Aで店舗を売却する事例も増加しています。

フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aを成功させるポイント

成功させるポイント

フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aを成功させるには、ポイントを押さえておくことが大切になります。以下の4点を踏まえたうえで、M&Aの成功率を高めるように心がけましょう。

【フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aを成功させるポイント】

  1. 自店舗の強み・アピールポイントを明確にする
  2. M&Aを行う際に譲れない条件をまとめる
  3. 経営を安定化させる
  4. 株式譲渡・会社譲渡の専門家に相談する

1.自店舗の強み・アピールポイントを明確にする

フランチャイズ加盟店(FC)は独自の強みを出すのが難しい業態ですが、逆に言うと、強みやアピールポイントを持っているフランチャイズ加盟店(FC)は買い手に好印象を持たれます

本格的なM&Aの交渉に入る前の段階で、自店舗の強みとアピールポイントを洗い出しておくことが大切です。

2.M&Aを行う際に譲れない条件をまとめる

M&Aは買い手と売り手の合意によって成立するので、お互いの意見を尊重して条件を詰めていく必要があります。お互いが納得できるM&Aを行うために大切なのは、譲れない条件を明確にしておくことです。

これだけは譲れないという条件を決めておけば、それ以外の条件については譲歩することができ、交渉をまとめやすくなります

3.経営を安定化させる

フランチャイズ加盟店(FC)をM&Aで買収する側は、できれば経営が安定している店舗を獲得したいと思っています。よって、フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aを行う前に、経営状態をできるだけ改善しておくことが大切になります

4.株式譲渡・会社譲渡の専門家に相談する

M&Aには様々なスキームがあり、手続きをうまく進めていくためには専門的な知識と経験が必要になります。フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aを成功させるには、株式譲渡・会社譲渡の専門家に相談することが大切です。

株式譲渡・会社譲渡の相談先として一般的なのは、M&Aを専門に取り扱っているM&A仲介会社です。他にも金融機関や士業事務所、公的機関などでM&Aの相談をすることができます。

フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aの際におすすめの仲介会社

FC フランチャイズ加盟店のM&A・事業承継
FC フランチャイズ加盟店のM&A・事業承継
おすすめの仲介会社

フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aをお考えのオーナー様は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&Aの知識・実績豊富なアドバイザーが専任につき、フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aをクロージングまでフルサポートいたします。

M&Aが成約するまでの平均期間は半年から1年程度といわれていますが、M&A総合研究所では最短3か月での成約を実現しており、機動力にも強みがあります。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)

無料相談を随時受け付けていますので、フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aをご検討中のオーナー様は、電話かメールで気軽にお問い合わせください。

FC(フランチャイズ加盟店)のM&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aには本記事で取り上げたような様々な事例があり、今後もさらにM&Aが増えてくると考えられます。フランチャイズ加盟店(FC)オーナーの方にとって、M&Aはますます身近なものになっていくでしょう。

【【2020年最新版】フランチャイズ加盟店(FC)のM&A事例25選】

  1. オートバックス福岡によるタクボのM&A
  2. オートバックス北海道による北日本オート用品のM&A
  3. オートバックス山形によるシンボのM&A
  4. シェアリングテクノロジーによるIdealinkのM&A
  5. アクトコールによるIKEZOEのM&A
  6. JBイレブンによるハートフルワークのM&A
  7. バッファローによるサイケイのM&A
  8. オートバックス京葉によるビクトリーアンドアソシエイツのM&A
  9. オートバックスセブンによるコクサイショパーズエイトのM&A
  10. オートバックスセブンによるオートスターズのM&A
  11. ホットランドが焼き鳥事業をタコプランニングへ譲渡
  12. Oakキャピタル他3社がフォーメンバーズへ出資
  13. ギガプライズによるフォーメンバーズのM&A
  14. オートバックスセブンによるフィリピンの自動車整備会社のM&A
  15. オートバックスセブンによるマレーシアのタイヤ卸売会社のM&A
  16. オートバックスセブンによる高森自動車整備工業のM&A
  17. サニーマートがコンビニ事業をローソンへ譲渡
  18. アークランドサービスホールディングスによるバックパッカーズのM&A
  19. ジーンズメイトによるサンマリノのM&A
  20. オートバックスセブンによるサポート・エーのM&A
  21. アスラポート・ダイニングと小僧寿しの資本業務提携
  22. アスラポートが焼肉「牛角」事業をレインズインターナショナルへ譲渡
  23. カーセブンと識学の資本業務提携
  24. アークランドサービスによるBAN FAMILYのM&A
  25. チムニーとマルシェが資本業務提携
【フランチャイズ加盟店(FC)のオーナーがM&Aを行う理由】
  1. 撤退する際のコストが掛からない
  2. 譲渡・売却益を獲得できる
  3. 引退する事ができる
【フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aを成功させるポイント】
  1. 自店舗の強み・アピールポイントを明確にする
  2. M&Aを行う際に譲れない条件をまとめる
  3. 経営を安定化させる
  4. 株式譲渡・会社譲渡の専門家に相談する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

関連する記事

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所は、税理士法人の増加や経営者の高齢化などによって、M&Aが活発化してきている業界です。本記事では、税理士事務所・会計事務所のM&Aについて、動向や売却・買収...

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

さまざまな商品の流通をサポートする商社業界は、トレーディング需要の減少などにより、M&Aによる積極的な経営で打開を図る企業が増えています。本記事では、商社業界のM&A動向について...

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

日本の高齢化社会が進むにつれ、老人ホームの需要が高まると予想されています。同業種だけでなく異業種からの参入も増えており、業界内のM&Aが活性化しています。本記事では、老人ホームM&amp...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

FC フランチャイズ加盟店のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)