2021年6月1日更新業種別M&A

【2020年最新版】フランチャイズ加盟店(FC)のM&A事例25選

フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aは、飲食チェーンやオートバックスを中心に活発に行われています。本記事では、フランチャイズ加盟店(FC)のM&A事例を、2020年の最新事例も含めて25選紹介し、M&Aを行う理由や成功のポイントも解説します。

目次
  1. フランチャイズ加盟店(FC)のM&A
  2. 【2020年最新版】フランチャイズ加盟店(FC)のM&A事例25選
  3. フランチャイズ加盟店(FC)のオーナーがM&Aを行う理由
  4. フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aを成功させるポイント
  5. フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aの際におすすめの仲介会社
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
FC フランチャイズ加盟店のM&A・事業承継

フランチャイズ加盟店(FC)のM&A

フランチャイズ加盟店(FC)のM&A

本記事では、フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aについて解説していきます。まずこの章では、フランチャイズ加盟店(FC)やM&Aといった、基本的な用語の意味を解説します。

フランチャイズ加盟店(FC)とは

フランチャイズとは、フランチャイズ本部へロイヤリティを支払うことで、本部が持つ商品やブランド、ノウハウなどを利用できる契約のことです。フランチャイズに加盟して経営している店舗のことをフランチャイズ加盟店(FC)といいます。

【関連】フランチャイズ加盟店(FC)の株式譲渡・会社譲渡!事例からポイントを解説!

M&Aとは

M&Aとは、会社や個人事業を買収・売却したり、合併・分割したりする取引のことです。「合併と分割」を英語で「Mergers and Acquisitions」というので、頭文字をとってM&Aと呼ばれています。

M&Aには株式譲渡事業譲渡・会社分割・資本業務提携など様々な手法があり、これらの手法のことを「スキーム」と呼びます。M&Aは会社の規模によらず行うことができ、大企業の1兆円規模の買収も、零細企業の数百万円の会社売却も、どちらも同じM&Aです。

【関連】「M&A」とは〇〇の略!読み方、「買収」の英語も紹介

【2020年最新版】フランチャイズ加盟店(FC)のM&A事例25選

M&A事例25選

この章では、フランチャイズ加盟店(FC)のM&A事例25選を紹介します。

【【2020年最新版】フランチャイズ加盟店(FC)のM&A事例25選】

  1. オートバックス福岡によるタクボのM&A
  2. オートバックス北海道による北日本オート用品のM&A
  3. オートバックス山形によるシンボのM&A
  4. シェアリングテクノロジーによるIdealinkのM&A
  5. アクトコールによるIKEZOEのM&A
  6. JBイレブンによるハートフルワークのM&A
  7. バッファローによるサイケイのM&A
  8. オートバックス京葉によるビクトリーアンドアソシエイツのM&A
  9. オートバックスセブンによるコクサイショパーズエイトのM&A
  10. オートバックスセブンによるオートスターズのM&A
  11. ホットランドが焼き鳥事業をタコプランニングへ譲渡
  12. Oakキャピタル他3社がフォーメンバーズへ出資
  13. ギガプライズによるフォーメンバーズのM&A
  14. オートバックスセブンによるフィリピンの自動車整備会社のM&A
  15. オートバックスセブンによるマレーシアのタイヤ卸売会社のM&A
  16. オートバックスセブンによる高森自動車整備工業のM&A
  17. サニーマートがコンビニ事業をローソンへ譲渡
  18. アークランドサービスホールディングスによるバックパッカーズのM&A
  19. ジーンズメイトによるサンマリノのM&A
  20. オートバックスセブンによるサポート・エーのM&A
  21. アスラポート・ダイニングと小僧寿しの資本業務提携
  22. アスラポートが焼肉「牛角」事業をレインズインターナショナルへ譲渡
  23. カーセブンと識学の資本業務提携
  24. アークランドサービスによるBAN FAMILYのM&A
  25. チムニーとマルシェが資本業務提携

1.オートバックス福岡によるタクボのM&A

2017年に、株式会社オートバックス福岡が、株式会社タクボの店舗「オートバックス唐津店」「オートバックス・佐賀南バイパス店」をM&Aで譲受しました。

オートバックス福岡はオートバックスセブンの子会社で、タクボはオートバックスセブンのフランチャイズ加盟店(FC)です。佐賀での経営基盤の強化、および経営の効率化がM&Aの目的となっています。

2.オートバックス北海道による北日本オート用品のM&A

2017年に、株式会社オートバックス北海道が、全株式を株式会社北日本オート用品へM&Aで譲渡しました。

オートバックス北海道はオートバックスセブンの子会社で、17店舗を運営しています。そして北日本オート用品はオートバックスセブンのフランチャイズ加盟店(FC)で、カー用品店を8店舗運営しています。

北海道での経営体制の強化、および経営の効率化がM&Aの目的となっています。

3.オートバックス山形によるシンボのM&A

2017年に、株式会社オートバックス山形が、全株式を株式会社シンボにM&Aで譲渡しました。

オートバックス山形はオートバックスセブンの子会社で、7店舗を運営しています。シンボはオートバックスセブンのフランチャイズ加盟店(FC)で、カー用品店を6店舗運営しています。羽越エリアでの経営基盤の強化、および経営の効率化がM&Aの目的となっています。

4.シェアリングテクノロジーによるIdealinkのM&A

2017年に、シェアリングテクノロジー株式会社がIdealink株式会社をM&Aで子会社化しました。

シェアリングテクノロジーは「ペット葬儀110番」「張替え110番」などを運営する会社で、Idealinkはフランチャイズ加盟店(FC)を募集するサイト「フランチャイズの窓口」などを運営する会社です。

両社が運営するサイトの顧客層を取り入れて、シナジー効果を獲得することがM&Aの目的となっています。

5.アクトコールによるIKEZOEのM&A

2016年に、株式会社アクトコールが株式会社IKEZOEをM&Aで子会社化しました。スキームは株式取得と第三者割当増資で、取得価額は1億円となっています。

アクトコールは、住生活関連総合アウトソーシング事業および決済ソリューション事業を手がける会社です。そしてIKEZOEは、世界最大級の不動産フランチャイズチェーン「RE/MAX」の日本代理店「RE/MAX JAPAN」の運営会社です。

RE/MAXブランドの拡大、および不動産事業の販路拡大がM&Aの目的となっています。

6.JBイレブンによるハートフルワークのM&A

2018年に、株式会社JBイレブンが株式会社ハートフルワークの全株式を取得し、完全子会社化しました。

JBイレブンは「一刻堂」「ロンフーダイニング」などを運営する会社で、ハートフルワークは東京と埼玉で「コメダ珈琲店」をフランチャイズ加盟店(FC)に持つ会社です。JBイレブングループの事業規模拡大がM&Aの目的となっています。

7.バッファローによるサイケイのM&A

2014年に、株式会社バッファローが、株式会社サイケイのカー用品フランチャイズ加盟店(FC)事業をM&Aで譲受しました。

バッファローはオートバックスセブンのフランチャイズ加盟店(FC)で、埼玉県でカー用品店を12店舗展開しています。サイケイは埼玉県でカー用品店5店舗を展開する会社です。サイケイの店舗を譲受することによる事業拡大がM&Aの目的となっています。

8.オートバックス京葉によるビクトリーアンドアソシエイツのM&A

2016年に、株式会社オートバックス京葉が株式会社ビクトリーアンドアソシエイツの全株式を取得し、完全子会社化しました。

オートバックス京葉はオートバックスセブンの子会社で、ビクトリーアンドアソシエイツはオートバックスセブンのフランチャイズ加盟店(FC)です。

ビクトリーアンドアソシエイツが運営する「オートバックス成田店」「オートバックス茂原高師店」を取得し、千葉での経営体制を強化することがM&Aの目的となっています。

9.オートバックスセブンによるコクサイショパーズエイトのM&A

2019年に、株式会社オートバックスセブンが株式会社コクサイショパーズエイトの全株式を取得し、完全子会社化しました。このM&Aにより、コクサイショパーズエイトは「株式会社オートバックス美濃」と商号変更します。

コクサイショパーズエイトはオートバックスセブンのフランチャイズ加盟店(FC)で、岐阜県・長野県・愛知県でオートバックスを7店舗運営しています。経営体制の強化および経営の効率化がM&Aの目的となっています。

10.オートバックスセブンによるオートスターズのM&A

2019年に、オートバックスセブンが株式会社オートスターズをM&Aで子会社化しました。オートスターズはオートバックスセブンのフランチャイズ加盟店(FC)で、熊本県でオートバックスを8店舗展開しています。

経営体制の強化および経営の効率化がM&Aの目的となっています。

11.ホットランドが焼き鳥事業をタコプランニングへ譲渡

2016年に、株式会社ホットランドが焼き鳥事業を株式会社タコプランニングへ譲渡しました。焼き鳥事業を株式会社ほっと屋へ会社分割し、ほっと屋の株式をタコプランニングが取得します。

ホットランドはたこ焼き「銀だこ」などを運営する会社で、タコプランニングは銀だこのフランチャイズ加盟店(FC)です。事業の選択と集中がM&Aの目的となっています。

12.Oakキャピタル他3社がフォーメンバーズへ出資

2014年に、Oakキャピタル株式会社・パス株式会社・アクロディア株式会社の3社は、株式会社フォーメンバーズへの出資を行いました。

Oakキャピタル・パス・アクロディアはそれぞれ投資銀行・通信販売会社・IT関連企業です。そしてフォーメンバーズは、イオンモール株式会社が運営する「イオンハウジング」のフランチャイズ加盟店(FC)です。

イオンハウジングの店舗拡大がM&Aの目的となっています。

13.ギガプライズによるフォーメンバーズのM&A

2015年に、株式会社ギガプライズが株式会社フォーメンバーズと資本業務提携を結びました。

ギガプライズは不動産関連のIT事業を展開している会社で、ギガプライズの強みを生かしてフォーメンバーズのイオンハウジング事業をサポートすることがM&Aの目的となっています。

14.オートバックスセブンによるフィリピンの自動車整備会社のM&A

2016年に、株式会社オートバックスセブンがフィリピンの自動車整備会社「Motechグループ」と資本業務提携を締結しました。フィリピンでのカー用品・整備事業への参入がM&Aの目的となっています。

15.オートバックスセブンによるマレーシアのタイヤ卸売会社のM&A

2016年に、株式会社オートバックスセブンがマレーシアのタイヤ卸売会社「Kit Loongグループ」と資本業務提携を締結しました。マレーシアでの事業拡大がM&Aの目的となっています。

16.オートバックスセブンによる高森自動車整備工業のM&A

2020年に、株式会社オートバックスセブンが高森自動車整備工業株式会社の全株式を取得し、完全子会社化しました。高森自動車整備工業は自動車整備業を営む会社で、次世代技術に対応する整備ネットワーク構築がM&Aの目的となっています。

17.サニーマートがコンビニ事業をローソンへ譲渡

2015年に、株式会社ローソンが株式会社サニーマートのコンビニ事業を譲受しました。ローソンはサニーマートが運営する高知県のコンビニ「スリーエフ」67店舗をフランチャイズ加盟店(FC)とし、高知県での店舗拡大を実現しています

18.アークランドサービスホールディングスによるバックパッカーズのM&A

2017年に、アークランドサービスホールディングス株式会社が、株式会社バックパッカーズをM&Aで子会社化しました。

アークランドサービスホールディングスはとんかつ 「かつや」を展開する会社で、バックパッカーズは「野菜を食べるカレーcamp」を展開する会社です。

アークランドサービスのフランチャイズ運営ノウハウを生かして、バックパッカーズの事業拡大を目指すことがM&Aの目的となっています。

19.ジーンズメイトによるサンマリノのM&A

2016年に、株式会社ジーンズメイトが、株式会社サンマリノの「OUTDOOR PRODUCTS」事業を譲受するとともに、独占フランチャイズ契約を承継しました。

ジーンズメイトは「JEANS MATE」「Blue Standard」を展開する衣料品チェーンで、サンマリノは「NAVAL」「B ONE SOUL」などを展開するアパレルメーカーです。スケールメリットとシナジー効果の獲得がM&Aの目的となっています。

20.オートバックスセブンによるサポート・エーのM&A

2017年に、株式会社オートバックスセブンが株式会社サポート・エーの全株式を取得し、完全子会社化しました。このM&Aによりサポート・エーは「株式会社チェングロウス」へ商号変更します。

サポート・エーはテンプホールディングス傘下のテンプスタッフ株式会社の子会社で、自動車関連の人材派遣サービスを手がけています。車検・自動車整備事業における人材確保などがM&Aの目的となっています。

21.アスラポート・ダイニングと小僧寿しの資本業務提携

2016年に、株式会社アスラポート・ダイニングが株式会社小僧寿しと資本業務提携を締結しました。

アスラポート・ダイニングは焼肉「牛角」を始めとする飲食店をフランチャイズ展開している会社で、小僧寿しは「小僧寿し」「茶月」などの飲食チェーンを展開する会社です。

小僧寿しのテイクアウト事業のノウハウを生かした事業展開、およびフランチャイズ展開がM&Aの目的となっています。

22.アスラポートが焼肉「牛角」事業をレインズインターナショナルへ譲渡

2020年に、株式会社アスラポートが、焼肉「牛角」の事業を株式会社レインズインターナショナルへ譲渡しました。

アスラポートは株式会社JFLAホールディングスの子会社で、飲食店をフランチャイズ展開しています。そしてレインズインターナショナルは「しゃぶしゃぶ温野菜」「かまどか」などをフランチャイズ展開している会社です。

事業の選択と集中および株主価値の向上がM&Aの目的となっています。

23.カーセブンと識学の資本業務提携

2020年に、株式会社識学が株式会社カーセブンディベロプメントと資本業務提携を締結しました。

識学は独自の組織マネジメント理論「識学」を用いたマネジメントコンサルティング会社で、カーセブンディベロプメントは自動車小売・買取のフランチャイズチェーン「カーセブン」を運営する会社です。

カーセブンのフランチャイズ加盟店(FC)に識学を導入し、事業拡大と企業価値向上を目指します。

24.アークランドサービスによるBAN FAMILYのM&A

2015年に、アークランドサービス株式会社がBAN FAMILY株式会社の全株式を取得し、完全子会社化しました。

アークランドサービスはとんかつ「かつや」などを運営するフランチャイズチェーンで、BAN FAMILYは「からあげ縁-YUKARI-」を運営するフランチャイズチェーンです。

スケールメリットの獲得などを通して事業拡大することがM&Aの目的となっています。

25.チムニーとマルシェが資本業務提携

2017年に、株式会社チムニーがマルシェ株式会社と資本業務提携を締結しました。チムニーは「はなの舞」「さかなや道場」などを展開するフランチャイズチェーンで、マルシェは「酔虎伝」「八剣伝」などを展開するフランチャイズチェーンです。

両社の店舗の地域性を生かしたシナジー効果の獲得がM&Aの目的となっています。

フランチャイズ加盟店(FC)のオーナーがM&Aを行う理由

M&Aを行う理由

フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aは近年増加していますが、それは以下のような理由が要因になっていると考えられます。

【フランチャイズ加盟店(FC)のオーナーがM&Aを行う理由】

  1. 撤退する際のコストが掛からない
  2. 譲渡・売却益を獲得できる
  3. 引退する事ができる

1.撤退する際のコストが掛からない

フランチャイズ加盟店(FC)の経営が立ち行かなくなって廃業しようとすると、設備や在庫の処分といった廃業費用がかかります。一方でM&Aでフランチャイズ加盟店(FC)を売却すれば、廃業費用をかけずに経営から撤退することができます

2.譲渡・売却益を獲得できる

フランチャイズ加盟店(FC)をM&Aで売却すると、売却した会社や株主は譲渡・売却益を獲得できます。譲渡・売却益を得ることを目的として、フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aを行う事例も増加しています。

フランチャイズ加盟店(FC)を売却すればある程度まとまった売却益が得られるので、その資金をもとに新しい事業を始めたり、引退後の生活資金にすることもできます

3.引退する事ができる

中小企業や個人事業の経営者の年齢は60代に達しており、そろそろ引退したいと思っている人も多くおられます。また、フランチャイズ加盟店(FC)はロイヤリティの支払いなどの負担が大きく、経営に疲れてしまって引退したい経営者も多いという現状があります。

フランチャイズ加盟店(FC)のオーナーを引退するために、M&Aで店舗を売却する事例も増加しています。

フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aを成功させるポイント

FC フランチャイズ加盟店のM&A・事業承継
FC フランチャイズ加盟店のM&A・事業承継
成功させるポイント

フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aを成功させるには、ポイントを押さえておくことが大切になります。以下の4点を踏まえたうえで、M&Aの成功率を高めるように心がけましょう。

【フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aを成功させるポイント】

  1. 自店舗の強み・アピールポイントを明確にする
  2. M&Aを行う際に譲れない条件をまとめる
  3. 経営を安定化させる
  4. 株式譲渡・会社譲渡の専門家に相談する

1.自店舗の強み・アピールポイントを明確にする

フランチャイズ加盟店(FC)は独自の強みを出すのが難しい業態ですが、逆に言うと、強みやアピールポイントを持っているフランチャイズ加盟店(FC)は買い手に好印象を持たれます

本格的なM&Aの交渉に入る前の段階で、自店舗の強みとアピールポイントを洗い出しておくことが大切です。

2.M&Aを行う際に譲れない条件をまとめる

M&Aは買い手と売り手の合意によって成立するので、お互いの意見を尊重して条件を詰めていく必要があります。お互いが納得できるM&Aを行うために大切なのは、譲れない条件を明確にしておくことです。

これだけは譲れないという条件を決めておけば、それ以外の条件については譲歩することができ、交渉をまとめやすくなります

3.経営を安定化させる

フランチャイズ加盟店(FC)をM&Aで買収する側は、できれば経営が安定している店舗を獲得したいと思っています。よって、フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aを行う前に、経営状態をできるだけ改善しておくことが大切になります

4.株式譲渡・会社譲渡の専門家に相談する

M&Aには様々なスキームがあり、手続きをうまく進めていくためには専門的な知識と経験が必要になります。フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aを成功させるには、株式譲渡・会社譲渡の専門家に相談することが大切です。

株式譲渡・会社譲渡の相談先として一般的なのは、M&Aを専門に取り扱っているM&A仲介会社です。他にも金融機関や士業事務所、公的機関などでM&Aの相談をすることができます。

【関連】フランチャイズ加盟店(FC)の売却マニュアル!高く売る方法や法律面を解説!

フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aの際におすすめの仲介会社

おすすめの仲介会社

フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aをお考えのオーナー様は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&Aの知識・実績豊富なアドバイザーが専任につき、フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aをクロージングまでフルサポートいたします。

M&Aが成約するまでの平均期間は半年から1年程度といわれていますが、M&A総合研究所では最短3か月での成約を実現しており、機動力にも強みがあります。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)

無料相談を随時受け付けていますので、フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aをご検討中のオーナー様は、電話かメールで気軽にお問い合わせください。

FC(フランチャイズ加盟店)のM&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aには本記事で取り上げたような様々な事例があり、今後もさらにM&Aが増えてくると考えられます。フランチャイズ加盟店(FC)オーナーの方にとって、M&Aはますます身近なものになっていくでしょう。

【【2020年最新版】フランチャイズ加盟店(FC)のM&A事例25選】

  1. オートバックス福岡によるタクボのM&A
  2. オートバックス北海道による北日本オート用品のM&A
  3. オートバックス山形によるシンボのM&A
  4. シェアリングテクノロジーによるIdealinkのM&A
  5. アクトコールによるIKEZOEのM&A
  6. JBイレブンによるハートフルワークのM&A
  7. バッファローによるサイケイのM&A
  8. オートバックス京葉によるビクトリーアンドアソシエイツのM&A
  9. オートバックスセブンによるコクサイショパーズエイトのM&A
  10. オートバックスセブンによるオートスターズのM&A
  11. ホットランドが焼き鳥事業をタコプランニングへ譲渡
  12. Oakキャピタル他3社がフォーメンバーズへ出資
  13. ギガプライズによるフォーメンバーズのM&A
  14. オートバックスセブンによるフィリピンの自動車整備会社のM&A
  15. オートバックスセブンによるマレーシアのタイヤ卸売会社のM&A
  16. オートバックスセブンによる高森自動車整備工業のM&A
  17. サニーマートがコンビニ事業をローソンへ譲渡
  18. アークランドサービスホールディングスによるバックパッカーズのM&A
  19. ジーンズメイトによるサンマリノのM&A
  20. オートバックスセブンによるサポート・エーのM&A
  21. アスラポート・ダイニングと小僧寿しの資本業務提携
  22. アスラポートが焼肉「牛角」事業をレインズインターナショナルへ譲渡
  23. カーセブンと識学の資本業務提携
  24. アークランドサービスによるBAN FAMILYのM&A
  25. チムニーとマルシェが資本業務提携
【フランチャイズ加盟店(FC)のオーナーがM&Aを行う理由】
  1. 撤退する際のコストが掛からない
  2. 譲渡・売却益を獲得できる
  3. 引退する事ができる
【フランチャイズ加盟店(FC)のM&Aを成功させるポイント】
  1. 自店舗の強み・アピールポイントを明確にする
  2. M&Aを行う際に譲れない条件をまとめる
  3. 経営を安定化させる
  4. 株式譲渡・会社譲渡の専門家に相談する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」(譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!(譲渡企業様のみ)
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

日本の高齢化社会が進むにつれ、老人ホームの需要が高まると予想されています。同業種だけでなく異業種からの参入も増えており、業界内のM&Aが活性化しています。本記事では、老人ホームM&amp...

障害福祉M&A!買い手と売り手のメリットとデメリットは?注意点なども解説

障害福祉M&A!買い手と売り手のメリットとデメリットは?注意点なども解説

障害福祉業界とは、介護を必要とする身体・知的・精神障害者の生活支援サービスを行う業界を指します。本記事では、障害福祉サービス事業者がM&Aを行う場合の買い手と売り手のメリットとデメリット...

グループホームは廃業するより売るべき?売り手と買い手のメリットを比較!

グループホームは廃業するより売るべき?売り手と買い手のメリットを比較!

新型コロナウイルス感染症の影響により、認知症高齢者グループホームなど、多くの介護事業所で経営が悪化し、廃業の危機に直面している所もあります。本記事では、グループホームを廃業するよりM&A...

調味料でもM&A?食品製造業界を調査!売買の動きや過去事例なども紹介

調味料でもM&A?食品製造業界を調査!売買の動きや過去事例なども紹介

調味料・食品製造業界は、将来的に市場が縮小していく可能性があります。そのため、調味料・食品製造業界の大手企業はM&Aによって競争力を高める動きがみられます。本記事では、調味料・食品製造業...

介護事業を買いたい!買い手が注意するポイントは?過去事例と共に紹介

介護事業を買いたい!買い手が注意するポイントは?過去事例と共に紹介

高齢化で介護事業が市場拡大しており、買いたいと思っている経営者も多いと考えられます。本記事では、介護事業を買いたい時に注意すべきポイントを解説します。また、実際に行われた介護事業のM&A...

調剤薬局の身売りは全て大手に?理由は?他の買い手のメリットも調査

調剤薬局の身売りは全て大手に?理由は?他の買い手のメリットも調査

調剤薬局業界では中小の薬局が大手に身売りするケースが多く、徐々に寡占化が進んでいます。本記事では調剤薬局の身売りについて、大手が主な買い手となる理由や、最近の大手薬局のM&A動向、身売り...

食肉卸業界のM&A成功/失敗事例5選!注意点や成功のポイントを解説

食肉卸業界のM&A成功/失敗事例5選!注意点や成功のポイントを解説

日本の食肉需要量は高く推移していますが、消費者のニーズが変化してきたにより多様な食肉生産が求められるようになってきています。本記事では、食肉卸業界でM&Aをする際の注意点や成功のポイント...

美容雑貨製造業界のM&A・事業承継!動向・注意点・相場を解説【事例有】

美容雑貨製造業界のM&A・事業承継!動向・注意点・相場を解説【事例有】

近年、美容雑貨製造業界のM&Aが活発になっています。特に、インバウンド需要の拡大や海外製品の輸入増加が影響しており、対応力をつけるためにM&Aを実行するケースも増えています。今回...

空調機器製造業界のM&A情報!メリット・デメリットや注意点を解説

空調機器製造業界のM&A情報!メリット・デメリットや注意点を解説

空調機器製造業界とは、エアコン、空気清浄機、冷凍機、送風機器、換気扇などの空調設備を製造している業界であり、現在は変化の時期を迎えています。本記事では、空調機器製造業界でM&Aを行うメリ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
FC フランチャイズ加盟店のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)