2021年4月22日更新会社・事業を売る

ブリッジローン(Bridging loan)とは

ブリッジローンとは個人法人問わず緊急時の資金調達方法とされる特殊な融資です。限定的ながら便利さのあるブリッジローンには留意すべき点も多々あり安易な借入はリスクを伴います。ブリッジローンを有効活用するためにメリット、デメリットを知っておきましょう。

目次
  1. ブリッジローンは救世主?
  2. ブリッジローンの基礎知識
  3. ブリッジローンの具体的流れ
  4. ブリッジローンの具体的内容
  5. ブリッジローンのメリットとデメリット
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

ブリッジローンは救世主?

ブリッジローンは救世主?

会社経営に必要な資金を誰もが持ちあわせているわけではありません。個人事業ならば自己資金のみで経営が成り立つ可能性もあります。しかし、法人を運営していくとなれば個人事業と比べ、はるかに莫大な資金が必要となるのが常です。

したがって、会社経営者は常時、資金調達に心を砕く必要が生じます。自己資金以外の資金調達方法として、一般的には銀行等の金融機関から融資を受けることが中心でしょう。しかし、銀行等からは中々簡単に借入ができません。

あるいは、銀行から借入できるとしても、審査を受け結果が出るまで一定の時間を要するものです。会社経営の局面では突如、急ぎで資金が必要になることもままあります。

そんな時、手元に資金が無いと、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまったり、また、最悪の場合、倒産危機に陥ってしまう可能性すらあります。そのような急ぎの状況で借入可能な融資が「ブリッジローン」です。

※関連記事
融資を会社が受けるためには?

ブリッジローンの基礎知識

ブリッジローンの基礎知識

資金調達に悩む会社経営者にとっては、まるで魔法の玉手箱のような響きのあるブリッジローンですが、果たしてその実態はどのような融資商品なのでしょうか。順次、ひも解いていきましょう。

⑴ブリッジローンとは

ブリッジローンとは、法人だけでなく個人向けも含め、通常の資金調達の入金タイミング前に資金ショートしてしまうような短期間に限定した融資のことです。

ブリッジとは日本語で橋のことであり、「次の融資までの橋渡し」という意味合いでブリッジローンと呼ばれています。また別名で「ブリッジファイナンス」とも言われますが、特に個人向けには「つなぎ融資」という表現が使われます。

ブリッジローンは短期間限定の特別融資という性格上、銀行等の一般的融資よりも金利や手数料が高く設定されているのが特徴です。融資する側としては短期間の貸付でそれなりの利益を取る必要がありますから、これは止むを得ないでしょう。

会社が借入を実施するブリッジローンの意図としては、大体、運転資金不足解消が主たるものです。しかし、それ以外でも、M&A実行にあたってブリッジローンを利用する場合があります。

M&Aをご検討中ブリッジローンが必要となりそう場合は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つM&Aアドバイザーがご相談からクロージングまでをフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)会社売却・事業譲渡に関して、無料相談をお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

⑵ブリッジローンを利用する理由

通常融資よりも金利や手数料が高いブリッジローンを利用するのなら、銀行からの借入等通常の融資を利用すべきだと思われるかもしれません。しかし、緊急の資金調達を叶えてくれるのは、ほぼブリッジローンだけというのが現実なのです。

具体例をいくつか、様々な業種で考えてみましょう。例えば卸売業をしている会社のケースです。後日、入金される売掛金がいくら帳簿にあっても、現在、手元に現金があるわけではありません。

この状態で新規契約を結べたとしても、手元に現金が無いために在庫入手が不可能です。だからこそ、このような局面でブリッジローンを利用し、短期間限定で資金を借り、売掛金が入ったら返済をします。

次はゲームソフト会社の場合です。ゲームソフトは完成して発売や配信が開始されるまで一切、売上はありません。しかし、ゲームソフトが完成するまでは多くの人員と期間を要します。

その人件費を賄うために経営者は資金繰りをしていますが、ソフトウェアの開発には予期せぬバグの発生等により、遅延という事態が起こることがあります。その緊急事態を繕うためにブリッジローンを利用し、完成まで漕ぎつかせるのです。

不動産業のケースも見てみましょう。不動産業では物件の買い付けを行いますが、良い物件はすぐに買い手がついてしまいます。会社の予算を上回る物件もあるでしょう。

そんな時、不足分の資金調達を銀行等の金融機関に求めても、審査に時間を要してしまい間に合いません。良い物件はライバル会社に取られてしまうでしょう。この状態をカバーできるのがブリッジローンです。

ブリッジローンを活用して急ぎで資金を調達することによって、優秀な物件を入手し大きな商材を確保できることになります。  

なお、多くの場合、ブリッジローンの借入期間は3ヶ月程度で一括返済が主流です。また、資金用途が明確であることが求められます。当然ながら返済できる根拠が認められなければ融資は出ません。担保の差し入れが必要な場合もあります。

急ぎの融資対応をしてくれるとはいえ、その審査が甘いわけではないのは銀行等と変わりません。

⑶M&Aにおけるブリッジローン用途

M&Aでは通常、買収に必要となる現金や株式はあらかじめ確保されているのが普通です。しかし買収先が予想を上回る現預金を持っている等、高い企業価値があった場合、準備していた資金だけでは足りないという事態も起こり得ます。

一般の金融機関からの融資に頼れずとも、債権を利用したり増資を行うなどの手立ても可能ですが、それでも時間的に間に合わないでしょう。そこで利用するのがブリッジローンです。

M&Aに要する多額の資金にも応えられるというのもブリッジローンの強みでしょう。そうしたM&Aでのブリッジローン利用の場合、返済は新株を発行して捻出したり、買収された会社が持っていた現預金が充てられます。

※関連記事
中小企業が資金調達を成功させる方法とは?現状や課題を解説
M&Aの資金調達方法は?会社がやるべきこと

ブリッジローンの具体的流れ

ブリッジローンの具体的流れ

実際にブリッジローンで融資を受ける場合について、その流れをシミュレーションしてみましょう。わかりやすい例として、個人が住宅を建てる場合で考えます。一戸建ての家を建てたいと考えた時、注文住宅を選択したとします。

その資金は個人にとっては巨額です。建物だけではなく、土地の購入代金や工事費用もかかります。それなら住宅ローンを組めばいいじゃないか、と思われるでしょう。ところが、住宅ローンは家が完成してからしか申し込みができないのです。

そこで、ブリッジローンの登場です。家が完成するまでの間は、不足している必要資金をブリッジローンで借入するしかありません。 

  1. 土地の売買契約締結 
  2. 金融機関に住宅ローンとブリッジローンをそれぞれ申し込む
  3. 先行して借りれるブリッジローンで土地購入代金や工事費用を支払う 
  4. 住宅完成 
  5. 住宅ローンの融資が可能となる 
  6. 住宅ローンでブリッジローンを返済する 

これが、ブリッジローン利用シーンの流れになります。あくまでも個人の場合での一例にはなりますが、ブリッジローンの用い方や利便性とは、このようなものです。 

ブリッジローンの具体的内容

ブリッジローンの具体的内容

ブリッジローンには、借入の条件や上限金額、詳細な金利、返済期間等について厳密な法規定がありません。各ブリッジローンを実施している融資機関によって様々なのが実状です。

そこで、具体的な社名は伏せますが、代表的な4社のブリッジローン商品を紹介します。

⑴D社(建築関連会社向け)

  • 条件:指定の企業に対して建築工事請負契約を締結している 。融資の元となるアパートローンがすでに決定している。
  • 融資期間:1年以内 
  • 金利:短期プライムレート+年1%の固定金利 
  • 遅延損害金:年14% 
  • 返済方法:元利一括返済 
  • 連帯保証人:原則不要 
  • 上限金額:着工時金は4億5千万、建方時金は3億円まで
  • 特徴:ブリッジローン利用者を介さず直接使用したい企業への振込みが可能なので手間が短縮

⑵J社(個人ベンチャー向け)

  • 条件:J社の指定する組合に登録している 
  • 融資期間:3ヶ月
  • 金利:3.6%
  • 特徴:借入額を一括で支払いしてくれる。1万円単位からでも借り入れが可能 。審査から最短25日で借り入れが可能

⑶T社(不動産)

  • 条件:目的を住宅ローンとする 
  • 融資期間:最長1年 
  • 金利:2.5%(見直し制) 
  • 遅延損害金:14.6% 
  • 返済方法:元金一括返済
  • 連帯保証人:原則不要 
  • 上限金額:8000万円まで 
  • 特徴:契約手数料が月額1万円かかるが、解約手数料は無料 。利用対象が明確なので、審査に住宅ローン利用であると証明するものが必要

⑷A社(不動産)

  • 条件:対象となる営業地区内に住んでいる、又は事業を実施している 
  • 融資期間:1年 
  • 金利:2.6%〜3.6%(固定金利型) 
  • 返済方法:一括返済 
  • 連帯保証人:原則不要 
  • 上限金額:3億円 
  • 特徴:借入上限金額が比較的に高めの設定になっている。融資事務手数料に5万円かかる

以上4社の例でも明らかなように、ブリッジローンの利用には明確な目的が必要です。つまり、お金が足りないから少しの期間借りておきたい等の曖昧な動機では審査が下りません。

また、ブリッジローンの金利に関しては2%〜4%程度が平均であると考えられます。そして、原則として保証人が不要であることがブリッジローンの大きな特徴です。保証人の選出がないため、より短期間で融資を受けられるわけです。  

上限金額はブリッジローンの融資期間や目的によって各社異なりますが、いずれにの場合も返済方法は基本的に一括返済となっています。きちんとした返済の手立てがないと審査は通らないでしょう。

※関連記事
銀行融資の金利
商工会議所の融資の審査、相談はどうする?開業やマル経融資についても解説

ブリッジローンのメリットとデメリット

ブリッジローンのメリットとデメリット

ブリッジローンのメリットとデメリットについて改めて抽出します。 自身でブリッジローンを検討する場合には、メリットとデメリットをよく吟味し間違いの無い選択をして下さい。

また、本当にブリッジローンに頼らざるを得ないのか、他の方法を探す努力も行いましょう。

⑴メリット

  • 保証人が不要 
  • 多額の資金が入手可能
  • 審査が短時間
他の融資ローンでは絶対的に必要な存在である保証人が不要である点は特筆できます。

⑵デメリット

  • 具体目的が必要 
  • 通常の融資よりも金利が高い 
  • 一括返済なので、返済を確約できる根拠を示す必要がある 
  • 遅延損害金が高い
  • 融資会社によっては高い事務手数料が必要になる

上記のように、簡単に借りられる分、金利が高く万が一、返済ができなかった場合のリスクも大きいです。 

※関連記事
資金調達の方法
中小企業向けの補助金

まとめ

まとめ

短時間審査や保証人不要と聞くと、ブリッジローンのハードルは低いように感じてしまうかもしれません。しかし、実際は具体的な目的と明快な返済根拠が無ければ借入は不可能です。

現状分析と今後の収支予測等を厳密にシミュレートした上で、ブリッジローンを申し込むかどうか判断しましょう。上手く活用すれば事業を円滑に進め、業績を発展・拡大する力ともなるのがブリッジローンです。

個人での利用の場合も含め、全ては自身の判断力が全てを決めることになります。

本記事の要点は以下のとおりです。

  • ブリッジローンは救世主?

 →急ぎの状況で借入可能な融資 

  • ブリッジローンとは

 →短期間の融資と返済が特徴 

  • ブリッジローンの具体的内容

 →申し込みには具体的動機と返済根拠の提示が必要

  • ブリッジローンのメリット

 →保証人が不要、多額の資金が手に入る 

  • ブリッジローンのデメリット 

→高金利、遅延損害金が高い、一括返済

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解あり】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解あり】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

中国企業の買収・M&A動向と事例25選を紹介!

中国企業の買収・M&A動向と事例25選を紹介!

近年、中国企業が日本の大手企業や中小企業を買収する事例が増えており、日本における中国企業の買収・M&A動向を押さえておくことが重要になっています。本記事では、中国企業の買収・M&...

譲渡制限付株式とは?仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく解説!

譲渡制限付株式とは?仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく解説!

2016年に税制が改正されてから、役員への報酬としてストックオプションに代わり、譲渡制限付株式を採用する上場企業が増えています。本記事では、譲渡制限付株式について、その仕組みやメリット・デメリッ...

優先交渉権とは?独占交渉権との違いや法的拘束力について解説!

優先交渉権とは?独占交渉権との違いや法的拘束力について解説!

M&Aは複数の買い手候補と交渉できますが、基本合意締結後は優先交渉権や独占交渉権を付して、買い手を絞っていくことになります。本記事ではM&Aの優先交渉権について、その特性や適切な...

【2021】M&Aにおける補助金まとめ!設備投資の補助金や税制措置についても解説

【2021】M&Aにおける補助金まとめ!設備投資の補助金や税制措置についても解説

2021年度はM&Aにおける各種補助金に制度変更があったり、新しい補助金が創設されているので、制度を正しく理解して活用することが大切です。本記事では、2021年度のM&Aの補助金...

M&Aで未払い残業代はどうなる?法改正が与える影響は?

M&Aで未払い残業代はどうなる?法改正が与える影響は?

従業員への残業代が未払いになっている中小企業は多いといわれていますが、これはM&Aの際に買い手のリスクとなります。本記事では、M&Aで未払い残業代がどうなるか解説するとともに、2...

【2021】中食業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

【2021】中食業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

近年、中食業界のM&Aが活性化しています。市場は拡大傾向にあり、消費税増税に伴う軽減税率の導入やコロナ禍の外出自粛などで需要をさらに高めています。本記事では、中食業界のM&A動向...

子会社とは?設立するメリットデメリットや関連会社との違いを解説!

子会社とは?設立するメリットデメリットや関連会社との違いを解説!

子会社とは、事業方針を決定する機関が他の会社の支配下に置かれている会社のことです。決定機関は主に株主総会を指しており、決算承認や配当金額などの決議が行われます。本記事では、子会社を設立するメリッ...

M&Aを成功させるノウハウまとめ!基礎知識をつけて攻略する

M&Aを成功させるノウハウまとめ!基礎知識をつけて攻略する

M&Aは専門家任せにするのではなく、経営者自身も基礎知識やノウハウを知っておくことが大切です。本記事では、M&Aを成功させるために知っておきたいノウハウや、戦略策定の手順などを解...

会社を売りたい人が絶対に読むべき会社売却マニュアル!

会社を売りたい人が絶対に読むべき会社売却マニュアル!

近年、会社を売りたい経営者が増えつつあります。経営者の悩みは、後継者問題や個人保証・担保などのさまざまなものがあり、会社売却で解決できるのが多いためです。今回は、会社を売りたい人が絶対に読むべき...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)