2021年5月13日更新業種別M&A

不動産テック業界におけるM&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

ITがあまり活用されていなかった不動産業界ですが、現在は不動産とテクノロジーを融合した不動産テックの登場により、さまざまな領域でITの活用が見られます。こうした状況の中、技術力やサービス体制の強化などを図り、M&Aを行う会社も増えています。

目次
  1. 不動産テック業界におけるM&A
  2. 不動産テック業界の動向
  3. 不動産テックのM&A・買収・売却・譲渡動向
  4. 不動産テックのM&A・買収・売却・譲渡の成功ポイント
  5. 不動産テックのM&A・買収・売却・譲渡で注意したいポイント
  6. 不動産テックのM&A・買収・売却・譲渡の相場
  7. 不動産テックのM&A・買収・売却・譲渡の事例5選
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
不動産テックのM&A・事業承継

不動産テック業界におけるM&A

近年、「不動産テック」という言葉を見聞きする機会も多いです。不動産テックは「不動産×テクノロジー」の略称で、テクノロジーの力で不動産に関係する業界課題や従来の商習慣を変えようとする仕組みを意味します。

こうした不動産テック業界でも、買収や資本業務提携、第三者割当増資など、M&A事例がしばしば見られます。このような不動産テックのM&Aをご紹介するにあたり、まずは不動産テック業界の特徴や動向について、詳しく見ていきましょう。

不動産テック業界の特徴

不動産テック業界といっても、その領域は多岐に渡ります。例えば、不動産の仲介、賃貸管理、マーケティングなど、それぞれの分野でテクノロジーを導入し、課題解決につなげる取り組みが行われているのです。

具体的には、物件情報のポータルサイト、物件マッチングサイト、オンライン査定、VR内覧、IoTなど、不動産テックのサービスは多岐に渡ります。

不動産テック業界で活躍する企業も、このような各分野に特化したサービスを中心に事業展開を行っているのです。

不動産テックが登場した背景

従来の不動産業界では、ITはあまり活用されていませんでした。他の業界と比較してもIT投資の少なさが目立ち、ITがあまり重要視されていなかったといえます。

一方で、近年は人口の減少などもあり、さまざまな業界で労働生産性の向上が急務となっており、これは不動産業界も例外ではありません。そして、労働生産性の向上のためには、ITの導入によって業務の効率化を図ることが重要になります。

こうした背景もあり、不動産とテクノロジーを融合した不動産テックが登場することになりました。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】
M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定・手法別のメリットを紹介

不動産テック業界の動向

最近の不動産テック業界の動向としては、物件マッチングサイト、オンライン査定、VR内覧、IoTといったサービスが特徴的です。例えば物件マッチングサイトは、不動産の仲介サービスをオンラインで実現できます。

また、オンライン査定として物件の価格査定サービスを提供しているサイトもあります。さらに、バーチャルリアリティー技術を活用して物件の内覧ができるVR内覧、スマートロックなどのIoTなども、不動産テックのサービスとして近年注目を集めているのです。

VR内覧は、直接現地へ行くことなく、好きな時間に物件の内覧ができるサービスになります。また、スマートロックは、スマートフォンで鍵の開け閉めができるサービスです。こうしたサービスが最近の不動産テック業界ではしばしば話題となっています。

不動産テック業界で活躍する企業も、このような分野の事業強化や新規参入を図るケースが見られます。

不動産テックのM&A・買収・売却・譲渡動向

最近の不動産テック業界のM&Aは、買収のほか、資本業務提携や第三者割当増資を実施するケースも多いです。

例えば、既存の事業基盤やサービス体制の強化を図るため、第三者割当増資によって資金調達を実施するなどの事例があり、第三者割当増資による資金調達で、新しい事業展開につなげるケースも見られます。

また、買収や資本業務提携では、不動産業界の各プレイヤーとのM&Aによって事業の強化・拡大などにつなげた事例などがあります。

特に同業者同士のM&Aでは、双方のノウハウや技術を活かす形で、それぞれの事業やサービス体制の強化を図り、需要やニーズの動向に対応していくケースも多いです。

さらに、不動産テック業界のサービスは、先ほど挙げたVR内覧やIoT関連だけではありません。今後のテクノロジーの発展に伴い、不動産テックのサービスが多様化する可能性は十分にあるのです。

不動産テック事業を行う会社としても、こうした技術やサービスの多様化の流れにはしっかりと対応する必要があるでしょう。その中で、自社の事業の強化や補強を図るため、同業者などとのM&Aが加速する可能性もあります。

※関連記事
M&Aのプロセスとは?買収・売却におけるプロセスや注意点を解説

不動産テックのM&A・買収・売却・譲渡の成功ポイント

不動産テックのM&A・事業承継
不動産テックのM&A・事業承継

不動産テックのM&A・買収・売却・譲渡を成功させるためには、ポイントを押さえて行わなければなりません。ここでは、売却を行うケースと買収を行うケースに分けて、それぞれのポイントを解説します。

売却を行うケース

売却によって高いシナジー効果を創出するには、適切な相手企業に自社の魅力を伝えなくてはなりません。自社の事業やサービスが魅力的であれば、それだけ多くの企業が買収に名乗り出る可能性が高まります。

買い手候補が多ければ多いほど、自社に合った相手企業を探しやすくなるのです。そのため、自社が特化している事業は何か、どのような技術やサービスに強みがあるのかなど、魅力・強みとなる部分はしっかりアピールしましょう。

特に今後さらなる発展が予想される不動産テック業界では、新しい技術やサービス体制を取り込むために買収を検討する企業が増える可能性もあります。

そうした企業とのM&Aを実現するためにも、売却にあたって自社の技術やサービスなどの強みを事前に整理しておきましょう。

買収を行うケース

特定の事業分野を強化したい場合、その分野に強みのある企業を買収することで、比較的短期間で事業を強化できます。また、買収によって双方の技術やノウハウを活かし、サービス体制などを強化することも可能です。

こうした買収を成功させるには、自社が強化したい事業や分野はどこか、新たに参入すべき事業はあるかといった点を整理し、買収する企業を検討することが大切になります。これらの点がはっきりしていれば、自社に合った対象企業を見つけやすくなるでしょう。

不動産テックのM&A・買収・売却・譲渡で注意したいポイント

特に注意すべきポイントは、「目的を明確にすること」「対象企業は丁寧に選ぶこと」です。M&Aを進めるにあたっては、そもそもM&Aで何を実現したいのかあらかじめ明確にする必要があります。

例えば、不動産テック業界の需要やニーズの動向を見据え、特定の事業を強化したい、特定の事業に新規参入したい、特定の分野の技術力を強化したいなど、M&Aを行う目的は会社によって異なります。

そのため、目的を事前に整理し、具体的なM&A戦略を立て、適切なスキームを検討したうえでM&Aを進める必要があるのです。目的がはっきりしていなければ、M&Aを実行しても「思っていたような成果が現れなかった」というような事態になりかねません。

こうした事態を防ぐためにも、M&Aの目的は最初にはっきりさせておきましょう。

また、売却や買収をする以上、対象企業は丁寧に選定しなくてはなりません。対象企業の事業内容や方針などを分析しつつ、自社に合うかどうかを慎重に判断する必要があります。

ふさわしい企業が見つかったら、早めにアプローチを行うことも必要です。アプローチが早ければ早いほど、他の企業に先を越されるなどの事態を防ぐことができるからです。

専門家のサポートを受ける

M&Aの手続きにあたっては、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリーなどの専門家のサポートを受けることも必要です。この点もM&Aの手続きの注意点として知っておきましょう。

M&Aでは、法務、税務、財務などの専門知識や、対象企業との交渉力が求められます。これらの手続きを自社だけで行うことは難しいので、専門家のサポートを受けつつ手続きを進めることが大切です。

M&A仲介会社をお探しの場合は、ぜひM&A総合研究所にお任せください。M&A総合研究所には、M&Aに精通したM&Aアドバイザーが在籍しており、親身になって案件をフルサポートいたします。

また、M&A総合研究所の料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談をお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

不動産テックのM&A・買収・売却・譲渡の相場

今後M&A事例が多様化する可能性もある不動産テック業界では、一概にM&Aの相場・費用を把握することは難しいといえます。ただ、事前にある程度の相場の目安をつけておかないと、「予想外に費用がかかってしまった」というような事態になりかねません。

このような事態を防ぐためにも、それぞれの事例をチェックして自社の状況に似た事例は徹底的に分析し、M&Aの相場・費用を把握しておくことが重要です。

具体的には、事例ごとにM&Aの目的、M&Aの当事者となる会社の規模、対象事業の規模、会社の業績、従業員の数、M&Aのスキームなどをチェックし、自社と似ている事例は特に注目し、相場・費用の目安をつけておく必要があります。

※関連記事
不動産管理会社の売却額の相場は?価格の算出方法や売却の注意点を解説!

不動産テックのM&A・買収・売却・譲渡の事例5選

ここでは、不動産テックのM&A・買収・売却・譲渡の事例を5つご紹介します。

AMBITIONとヘッドウォータースの資本業務提携

2020年3月、AMBITIONはヘッドウォータースと資本業務提携を行うことに合意しています。

AMBITIONは、不動産テック企業としてさまざまなソリューションを行っており、プロパティマネジメント事業の管理物件も増やし続けている会社です。

一方、ヘッドウォータースは、AI開発・ロボット開発を行っており、自社内で業務の分析、把握、課題の抽出、AI・IoT・RPAなどデジタル施策に関する業務フローの検討やシステム開発、運用までワンストップの対応をしている会社になります。

この提携により、AMBITIONは両社のノウハウとネットワークを活用することで、効果的なプロモーション機会の創出、課題解決のための幅広いソリューションサービスの提供、企業価値の向上を見込んでいます。

スペースマーケットと東京建物の資本業務提携など

2018年11月、スペースマーケット(東京都新宿区)と東京建物(本社:東京都中央区)の資本業務提携が発表されました。同時に、XTech Ventures、オプトベンチャーズ、みずほキャピタルなどを引受先とした第三者割当増資も行われています。

スペースマーケットは、スペースの時間貸しプラットフォームの「スペースマーケット」を運営し、時間貸しプラットフォームサービスで日本最大の掲載数を誇る会社です。スペースの類型も幅広く、会議室、住宅、イベントスペースなどさまざまなジャンルがあります。

また、東京建物は明治29年に創業され、120年を超える歴史を誇る不動産会社です。東京建物は、近年の不動産に新たに加わった「時間貸し」という概念も踏まえ、不動産市場での新たな選択肢を提供するため、スペースマーケットとの資本業務提携を行います。

スペースマーケットも、東京建物のさまざまな事業との連携を行い、不動産開発や運用の多様化を実現する見込みです。

CocoliveがXTech Venturesなどを引受先とした第三者割当増資を実施

2018年11月、不動産会社向けのマーケティングオートメーションサービス「KASIKA」の開発を手がけるCocoliveは、XTech Venturesとみずほキャピタル、自社の役員と従業員を引受先とする第三者割当増資を行い、総額1億円の資金調達を行ったことを発表しました。

Cocoliveが提供する「KASIKA」は、自社のホームページを閲覧している顧客の行動履歴から、興味の度合いを色で判断できる点に特徴があります。どの顧客に営業するべきかがすぐにわかるので、営業経験が浅い方でも効率的な営業活動を行うことが可能です。

この「KASIKA」の利便性をさらに向上させ、工務店や不動産仲介会社などへのサービス提供の加速を実現するため、今回の第三者割当増資が行われています。

GA technologiesによるイタンジの子会社化

2018年10月、GA technologies(本社:東京都港区)は、イタンジ(東京都港区)の完全子会社化を発表しました。イタンジの発行済株式の一部取得と、イタンジを完全子会社とする簡易株式交換により、同年11月にイタンジの完全子会社化が完了しています。

GA technologiesは、AIを活用した中古不動産のプラットフォーム「Renosy」の開発・運営のほか、不動産を対象とするクラウド・ファンディング・サービス、入居者向け家賃債務保証サービス、不動産用ローン審査システムなどの提供も行っています。

また、イタンジは、不動産仲介会社向けの営業支援クラウドシステムである「ノマドクラウド」、仲介会社と管理会社間のやり取りを自動化する「Cloud ChintAI(クラウドチンタイ)」などのサービス提供を行っている会社です。

GA technologiesがイタンジを完全子会社化したことにより、不動産領域における幅広いサービス展開に加え、双方のノウハウや技術、顧客基盤などを活用し、新たなサービスの提供も行うとしています。

Japan REITがプロネクサスなどを引受先とした第三者割当増資を実施

2018年5月、不動産ファンド向けプラットフォームの開発などを行うJapan REIT(東京都港区)は、プロネクサス、ジョーンズ ラング ラサール、三井住友信託銀行を引受先とする第三者割当増資により、総額約4億円の資金調達を実施しました。

この資金調達によって、同じく不動産ファンド向けシステム開発を行うSound-Fの不動産システム開発部門を吸収分割し、不動産ファンド向けシステム開発の事業基盤の強化につなげています。

また、割当先の3社とも綿密な連携を行い、新たな不動産テックの事業展開を加速させるとしています。

まとめ

ITがあまり活用されていなかった不動産業界ですが、現在は不動産とテクノロジーを融合した不動産テックの登場により、さまざまな領域でITの活用が見られます。技術力やサービス体制の強化などを図り、M&Aを行う会社も増えている状況です。

特に不動産テック業界は、今後の需要やニーズの増加、技術の進歩に伴い、サービスが多様化する可能性があります。それに伴い、需要の増加に備えて事業を強化するため、M&Aを検討する企業は今後も増えるでしょう。

現在のトレンドとなっている技術やサービス、今後登場する可能性がある新しい技術・サービス体制も踏まえ、幅広い視点から事業戦略を策定する必要があります。その一環として、M&Aを実行するメリットもあるのです。

不動産テック業界でのM&Aを考える場合は、こうした業界動向も踏まえ、さまざまな事例を分析しつつ検討することが大切になります。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」(譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!(譲渡企業様のみ)
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株価算定...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

日本の高齢化社会が進むにつれ、老人ホームの需要が高まると予想されています。同業種だけでなく異業種からの参入も増えており、業界内のM&Aが活性化しています。本記事では、老人ホームM&amp...

障害福祉M&A!買い手と売り手のメリットとデメリットは?注意点なども解説

障害福祉M&A!買い手と売り手のメリットとデメリットは?注意点なども解説

障害福祉業界とは、介護を必要とする身体・知的・精神障害者の生活支援サービスを行う業界を指します。本記事では、障害福祉サービス事業者がM&Aを行う場合の買い手と売り手のメリットとデメリット...

グループホームは廃業するより売るべき?売り手と買い手のメリットを比較!

グループホームは廃業するより売るべき?売り手と買い手のメリットを比較!

新型コロナウイルス感染症の影響により、認知症高齢者グループホームなど、多くの介護事業所で経営が悪化し、廃業の危機に直面している所もあります。本記事では、グループホームを廃業するよりM&A...

調味料でもM&A?食品製造業界を調査!売買の動きや過去事例なども紹介

調味料でもM&A?食品製造業界を調査!売買の動きや過去事例なども紹介

調味料・食品製造業界は、将来的に市場が縮小していく可能性があります。そのため、調味料・食品製造業界の大手企業はM&Aによって競争力を高める動きがみられます。本記事では、調味料・食品製造業...

介護事業を買いたい!買い手が注意するポイントは?過去事例と共に紹介

介護事業を買いたい!買い手が注意するポイントは?過去事例と共に紹介

高齢化で介護事業が市場拡大しており、買いたいと思っている経営者も多いと考えられます。本記事では、介護事業を買いたい時に注意すべきポイントを解説します。また、実際に行われた介護事業のM&A...

調剤薬局の身売りは全て大手に?理由は?他の買い手のメリットも調査

調剤薬局の身売りは全て大手に?理由は?他の買い手のメリットも調査

調剤薬局業界では中小の薬局が大手に身売りするケースが多く、徐々に寡占化が進んでいます。本記事では調剤薬局の身売りについて、大手が主な買い手となる理由や、最近の大手薬局のM&A動向、身売り...

食肉卸業界のM&A成功/失敗事例5選!注意点や成功のポイントを解説

食肉卸業界のM&A成功/失敗事例5選!注意点や成功のポイントを解説

日本の食肉需要量は高く推移していますが、消費者のニーズが変化してきたにより多様な食肉生産が求められるようになってきています。本記事では、食肉卸業界でM&Aをする際の注意点や成功のポイント...

美容雑貨製造業界のM&A・事業承継!動向・注意点・相場を解説【事例有】

美容雑貨製造業界のM&A・事業承継!動向・注意点・相場を解説【事例有】

近年、美容雑貨製造業界のM&Aが活発になっています。特に、インバウンド需要の拡大や海外製品の輸入増加が影響しており、対応力をつけるためにM&Aを実行するケースも増えています。今回...

空調機器製造業界のM&A情報!メリット・デメリットや注意点を解説

空調機器製造業界のM&A情報!メリット・デメリットや注意点を解説

空調機器製造業界とは、エアコン、空気清浄機、冷凍機、送風機器、換気扇などの空調設備を製造している業界であり、現在は変化の時期を迎えています。本記事では、空調機器製造業界でM&Aを行うメリ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
不動産テックのM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)