2022年6月6日更新会社・事業を売る

中国企業の買収・M&A動向と事例25選を紹介!

近年、中国企業が日本の大手企業や中小企業を買収する事例が増えており、日本における中国企業の買収・M&A動向を押さえておくことが重要になっています。本記事では、中国企業の買収・M&A動向、最近の中国企業のM&A事例25選を紹介します。

目次
  1. 中国企業の買収・M&A動向
  2. 中国企業の買収・M&Aについて
  3. 中国企業の買収・M&Aの相談は仲介会社がおすすめ
  4. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

中国企業の買収・M&A動向

中国企業の買収・M&A動向

中国はいまやアメリカに次ぐ第二の経済大国であり、日本への影響も年々大きくなってきています。日本企業と中国企業のM&Aも活発化・多様化しているので、その動向を把握しておくことが重要です。

まずこの章では、日本や欧州、そして世界全体からみた、中国企業による買収・M&A事情について詳しく解説していきます。

【中国企業の買収・M&A動向】

  1. 中国企業が日本企業を買収する事例が増えている
  2. 欧州では中国企業による買収を規制する動きがある
  3. 中国企業のM&A件数自体はやや減少傾向にある

日本国内の中国企業による買収・M&A事情

日本企業と中国企業のM&Aでは、一昔前は日本企業が中国企業を買収する事例が多かったですが、近年は中国が経済発展したこともあり、中国企業による日本企業の買収も増えています

かつて、日本はアメリカに次ぐ第二位の経済大国でしたが、2010年に中国が日本を追い越して二位となり、それ以降日本企業の買収が増えてきました。

特に経営難の日本企業を買収する事例が多く、レナウンや三洋電機(家電事業のみ)などの大手企業も、中国企業の傘下に入ることで経営再建を目指していました。

欧州で規制された中国企業による買収

中国企業は日本企業だけでなく、欧州の企業も積極的に買収しています。それに対して欧州では中国企業による買収を規制する動きも見られ、今後もこの傾向は続く可能性が高いと考えられます。

国の根幹となるインフラ事業や、国にとって重要な技術を持つ企業が、中国企業に買収されるのを警戒したのが主な理由です。他にも、米中貿易摩擦など政治的な問題も要因となっているとみられます。

例えばドイツでは、鉄道や通信インフラの国内企業を中国企業が買収したM&Aについて、ドイツ政府が懸念を示したり、調査・介入を行った事例があります。

世界全体で見る中国企業の買収・M&A動向

世界全体ではM&Aの件数や買収総額は増加傾向にありますが、その一方で中国企業による買収・M&Aはやや減少傾向にあります

これは、米中貿易摩擦の影響や欧州の規制の強化に加えて、中国政府も中国企業の海外M&Aの審査を厳しくしていることが理由であり、中国政府による海外M&Aの厳格化は、資本の海外流出を防ぐのが目的だと考えられます。

中国企業による海外M&Aでは、インフラ関連の企業を買収する事例が多いのが特徴です。急速な経済発展によって、国内のエネルギーや技術が不足していることがその理由だとみられます。

中国企業の買収・M&Aについて

中国企業の買収・M&Aについて

日本企業と中国企業の買収・M&Aは、大企業だけでなく中小企業にも広がりつつありますが、まだまだ中国企業との買収・M&Aについて十分理解されていない面もあります。

したがって、中国企業と買収・M&Aを行うにあたっては、その魅力や注意点などをよく理解しておくことが大切です。

中国企業が持つ魅力

かつては中国企業の魅力といえば、人件費の安さなどコスト削減が主でしたが、近年は中国のほうが経済規模が大きくなり、日本企業から見た中国企業の魅力も変化してきています

近年は経営難の日本企業が中国企業に買収されることで経営再建を目指したり、中国の高い技術を獲得するためにM&Aを行う事例が増えているのが特徴です。

さらに、ここ数年中国政府は国内の市場開放を進めており、国内需要が頭打ちになっている日本企業にとって、中国市場は非常に重要な存在となってきています。

【中国企業が持つ魅力】

  1. 傘下に入ることで経営再建を目指せる
  2. 高い技術を獲得できる
  3. 需要の大きい中国市場に参入できる

中国企業の買収・M&Aの注意点

中国企業とのM&Aは、日本国内のM&Aやアメリカ・欧州とのM&Aともまた違った注意点があります

近年は中国企業が買い手となる事例も多いので、売り手が中国企業の場合と買い手が中国企業の場合について、それぞれの注意点を把握しておくことが大切です。

【中国企業の買収・M&Aの注意点】

  1. 中国のM&Aの政策・法体系は不十分な部分もある
  2. 中国の文化や風習になじむ必要がある
  3. 日本での強みが中国でも同じ価値があるとは限らない

売り手側が中国企業の場合

売り手が中国企業で日本企業が買収する場合は、中国政府の政策や法律について理解しておくことが重要です。

中国は日本や欧米に比べるとM&Aの法体系が不十分な部分もあり、今後の政府の政策によって状況が大きく変わる可能性も否定できません。中国企業を買収する際は、こういった中国国内の事情も考慮する必要があります。

買い手側が中国企業の場合

買い手が中国企業で日本企業を買収するケースでは、中国企業の傘下に入ってうまく自社を統合できるかが重要になります。

中国の文化や習慣は日本や欧米ともまた違った部分があるので、統合後に自社の社員が満足して働けるように調整しなければなりません。

また、日本での自社の強みが、中国の文化や環境でも同じ価値があるとは限らないのも注意点です。

日本企業同士でM&Aを行う場合と比較して、本当にメリットがあるのかを慎重に判断する必要があります。

中国企業の買収・M&Aの相談は仲介会社がおすすめ

中国企業の買収・M&Aの相談は仲介会社がおすすめ

中国企業の買収・M&Aは中小企業にまで広がりつつあるものの、文化や法規制など中国独自の注意点もあるので、M&A仲介会社などの専門家のサポートを得ることが不可欠です。

M&A総合研究所は、中堅・中小企業のM&Aを手がけている仲介会社です。経験豊富なアドバイザーがクロージングまで親身になってサポートいたします

当社では成約までのスピードを重視しており、平均で7.7か月、最短3か月での成約実績もございます。最適な買収タイミングを逃さず、経営者様の時間的・精神的負担を最小限に抑えるようサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。中国企業の買収・M&Aに関して、無料相談をお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

中国企業の買収・M&A事例は、今後の中国の経済成長とともにさらに活発になると考えられます。

中国企業の魅力や買収の際の注意点などを理解して、双方にメリットのあるM&Aを行うことが大切です。

【中国企業の買収・M&A動向】

  1. 中国企業が日本企業を買収する事例が増えている
  2. 欧州では中国企業による買収を規制する動きがある
  3. 中国企業のM&A件数自体はやや減少傾向にある
【中国企業が持つ魅力】
  1. 傘下に入ることで経営再建を目指せる
  2. 高い技術を獲得できる
  3. 需要の大きい中国市場に参入できる
【中国企業の買収・M&Aの注意点】
  1. 中国のM&Aの政策・法体系は不十分な部分もある
  2. 中国の文化や風習になじむ必要がある
  3. 日本での強みが中国でも同じ価値があるとは限らない

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

関連する記事

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

webメディアの売却・買収は、売買専門サイトの増加などの背景もあり年々活発化してきています。本記事では、webメディア売却の最新事例を25選紹介するとともに、売却・買収動向やメリット・デメリット...

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

M&Aの主な手法は株式譲渡と事業譲渡ですが、両者は手続き・税金・メリット・デメリットなどあらゆる点で違います。本記事では、株式譲渡と事業譲渡の違いについて図解も交えながら解説しています。...

会社売却をすると税金はいくらかかる?計算方法を解説!

会社売却をすると税金はいくらかかる?計算方法を解説!

会社売却にかかる税金は、株式譲渡・事業譲渡といったスキームによっても違い、株式譲渡の場合は株主が個人か法人かによっても違ってきます。本記事では、会社売却にかかる税金について計算方法を解説するとと...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)