2020年4月15日更新業種別M&A

学習塾の売却額とは?売却方法や価額の上げ方を解説!

学習塾のM&Aは、スケールメリットを享受するために実施することが多く、売却方法や売却額の上げ方はその特性に合わせた対策を立てる必要があります。また学習塾のM&Aでは、従業員や生徒、保護者への影響にも配慮したうえで交渉を進めることが重要です。

目次
  1. 学習塾業界のM&A
  2. 学習塾の売却方法
  3. 学習塾の売却額相場
  4. 学習塾の売却額を上げるポイント
  5. 学習塾を売却する際の注意点
  6. 学習塾の売却はM&A仲介会社に相談
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
学習塾のM&A・事業承継

学習塾業界のM&A

M&Aにおいて、売り手企業が理想的な売却額で会社を売ることは決して簡単ではありません。売却額は売り手企業の資産だけでなくリスクや将来性、交渉の成果により変動します。そのため、売り手は理想的な売却額を達成するためにさまざまな取り組みを実施し、万全の態勢を整えたうえでM&Aに臨む必要があります。

ただ、業界・業種ごとに対策は異なるため、各事業の特性に合わせて対策を立てる必要があるでしょう。今回は学習塾のM&Aにスポットを当て、売却額の上げ方についてお伝えしていきます。

※関連記事
学習塾業界M&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

学習塾の売却方法

ここでは、学習塾を売却する方法について説明していきます。会社売却の方法は大きく分けて以下の3つです。

  1. 株式譲渡
  2. 合併
  3. 事業譲渡

①株式譲渡

株式譲渡は、M&Aの手法において最も一般的な方法です。株式譲渡とは、株式を譲渡することで経営権を買い手会社に渡し、その子会社になる方法です。つまり株式譲渡では株式売買のみで完了するため、スピーディーにM&Aを進められます。また株式譲渡は、公的機関への手続きが必要ない点もメリットです。

一方、包括的承継が発生するデメリットがあります。包括的承継とは、買い手が売り手会社の負債や不要な資産を引き継ぐことで、株式譲渡を実施すると必然的に発生します。

そのため、簿外債務のような買い手が把握しづらいリスクや訴訟がある場合、そのまま買い手会社に引き継がれます。その結果、経営統合が上手くいかず、M&Aが失敗することもあります。

また、公的機関のチェックを受けないとはいえ、株式譲渡のプロセスを適当に行えば株式譲渡契約が無効になる恐れがあります。中小企業や零細企業同士の株式譲渡では、顔見知りということで手続きがおざなりになるケースもあるので注意しましょう。

②合併

合併とは、売り手会社が消滅し、完全に買い手会社に組み込むことです。株式譲渡は売り手会社が子会社になり独立性を失いますが、合併は会社自体が消滅します。ただ、合併は完全に経営統合を実施するため連帯感が高まり、意思疎通がスムーズに行えます。

一方、合併も株式譲渡と同じく包括的承継が発生する手法であり、買い手が売り手のリスクを全て引き継ぐ点は同じです。また、手続きが煩雑になりやすいことも合併のデメリットです。時間もコストもかかるため、合併を積極的に実施する会社は少ない傾向があります。

合併は吸収合併と新設合併の2種類があり、それぞれ事情に応じて使い分けます。吸収合併は買い手が売り手会社を吸収する手法で、買い手のみが存続します。新設合併は、当事者である会社が新しく設立した会社に吸収される手法です。

③事業譲渡

学習塾という事業のみを売却する場合は、事業譲渡という手法を使います。事業譲渡は会社ではなく事業を売買する手法であり、会社の独立性は損なわれません。また、事業譲渡は、契約の範囲内で承継できるものを選べるため、買い手は売り手のリスクを避けて経営統合を実施できます。

事業譲渡はメリットばかりあるようですが、手続きが煩雑になりやすいデメリットもあります。事業譲渡では、他のM&Aとは異なる点が多いです。たとえば下記の特徴があります。

  • 雇用契約を含めたさまざまな契約や事業の許認可が白紙になる
  • 不動産の移転の際に登記の変更が必要である
  • 株式譲渡や合併と違い消費税が発生する

そのため、それらを踏まえて手続きを進めなければなりません。手続きだけでも時間やコストがかかります。

※関連記事
株式譲渡とは?メリット・デメリット、M&Aの手続きや税務を解説
事業譲渡とは?意味や方法、M&Aにおける活用​を解説

学習塾の売却額相場

学習塾のM&Aは、買い手が事業拡大によるメリットを享受するために実施することが多く、事業エリアが広い学習塾事業を持つ会社を買収するケースがよく見られます。そのため、売却額が数億から数十億円に達するケースは珍しくありません。

また、スマートフォンやタブレットで授業を受けられるシステムを有する学習塾では、そのシステムの価値や将来性が評価され、さらなるプレミアがつく可能性があります。

学習塾の売却額を上げるポイント

学習塾のM&A・事業承継
学習塾のM&A・事業承継

学習塾の売却額を上げるための具体的な方法は、以下のとおりです。

  1. 強みを打ち出す
  2. リスクを軽減する
  3. シナジー効果の高い買い手を見つける

①強みを打ち出す

売り手がどのように自社の強みを打ち出すかによって売却額は変化します。学習塾のM&Aでは、買い手が事業エリアや生徒数を拡大してスケールメリットを享受するために実施することが多いです。そのため、売り手にとって、事業エリアや生徒数は強みになります。

また、講師の数や質、授業の組み方や内容、使用するテキストや独自のメソッド、受験合格の実績、用いるシステムなど、強みとなるポイントは多岐に渡ります。とりわけ昨今では、IT技術を取り入れ、オンラインでの授業やeラーニングなどを組み込む学習塾が増えているため、先進的なIT技術は最も魅力的です。

売却額を引き上げるうえで、先進的なIT技術を活かせるかどうかは非常に大きなポイントだといえるでしょう。

②リスクを軽減する

M&Aでは、リスクを軽減することも売却額を上げるために必要です。

デューデリジェンスを実施

株式譲渡や合併などの包括的承継が発生する手法では、売り手が持つリスクを買い手が引き継ぐことになります。そのため、買い手はデューデリジェンスを実施し、売り手会社のリスクを徹底的に精査します。

売り手に重大なリスクがあることが判明すれば、売却額に大きな影響が出ます。リスクがあるだけで売却額は大きく引き下げられる恐れがあり、M&A自体が破談することもあるでしょう。そのような事態を防ぐためにも、負債など経営統合の支障になり得るものはあらかじめ整理しておきます。

日々の業務を改善

また、日々の業務にも気を配りましょう。授業を受け持つ講師の質が悪かったり、生徒や保護者とのコミュニケーションが上手く取れなかったりする学習塾は、それ自体が将来的なリスクの原因になる可能性が高いです。リスクが問題視されれば、売却額を下げられるどころかM&A自体が上手くいかなくなります。

学習塾としての価値を少しでも高めたい場合は、日々の業務の問題点を的確に見極め、確実に改善することが大切です。必要であれば、経営コンサルティング会社やM&A仲介会社のような専門家のアドバイスを得ましょう。外部の第三者からのアドバイスは、的確な問題点への改善につながります。

③シナジー効果の高い買い手を見つける

高いシナジー効果を得られる買い手を選ぶことも、売却額を上げることにつながります。買い手が求めることは、新しいノウハウの獲得、新規エリアの確保、実績の所有などです。

つまり、自社の学習塾事業に買い手先が希望する条件が備われば、M&Aによって高いシナジー効果が実現できます。そのため、買い手を選ぶ際は、得意分野、事業エリア、実績が異なる企業を選択するのです。そうすることにより、学習塾の売却額を上げられるでしょう。

また、買い手にとっても高いシナジー効果が獲得できます。

学習塾を売却する際の注意点

学習塾を売却する際は、下記の注意点に配慮する必要があります。

  1. 売却後の影響
  2. 交渉を上手く進める

①売却後の影響

売却が従業員や生徒、保護者に与える影響について注意点を説明します。

従業員に与える影響

学習塾に限らずあらゆる業種の会社に共通することですが、M&Aを実施する場合は従業員への影響に注意しなければなりません。M&Aを行えば、売り手会社は買い手の傘下に入るため、労働環境が大きく変わります。

業務プロセスや経営理念、給与体系、従業員の顔ぶれなど、さまざまなことがM&Aをきっかけに大きく変化するのです。急激な労働環境の変化についていけない従業員や離職を考える従業員も現れます。

M&Aに反発した従業員や経営統合に馴染めない従業員が大量に離職し、M&Aが破談になったケースもあります。このような事態を防ぐためには、M&Aに関して従業員を説得する材料を持ち、従業員への影響を配慮した経営統合を実施することが重要です。

生徒や保護者に与える影響

生徒や保護者への影響も配慮する必要があります。学習塾の買収となれば「今まで受けていた授業内容や講師が変わるのではないか」、「月謝が上がるのではないか」などの不安が生まれる可能性があります。

学習塾は生徒や保護者が収益の源です。生徒や保護者の不安を触発すれば本末転倒となるため、生徒や保護者にもしっかり説得できる準備を行いましょう。

②交渉を上手く進める

M&Aの際に交渉を上手く進めることも、売却の重要な注意点です。売却額は売り手会社の強みやリスクの有無により左右しますが、最終的には交渉によって決定するといっても過言ではありません。買い手はより安い売却額で買収したいと考え、売り手はより高い売却額を目指します。

つまり、買い手と売り手は常に対立する関係です。そのためM&Aでは、交渉によって買い手と売り手がいかに妥協点を見出すかがポイントになります。しかし交渉は、簡単なプロセスではありません。交渉ではM&Aの知識や経験が顕著に反映されます。

売り手に事業承継や経営再建などの切実な目的があれば、買い手は足元を見て売却額を決定するでしょう。また、売り手会社の経営者がM&Aの経験に乏しければ、イニシアティブを握ることは難しいです。そのため交渉の際は、M&A仲介会社のような専門家のサポートを得る必要があります。

学習塾の売却はM&A仲介会社に相談

学習塾の売却を行う際は、M&A仲介会社に相談しましょう。M&A仲介会社はM&Aのサポートを得るうえで理想的な専門家であり、M&Aの成功に欠かせない存在です。

M&A仲介会社とは

M&A仲介会社は、買い手と売り手をつなぐマッチング、M&Aを成功させる交渉、成約後のアフターM&Aの支援など、さまざまなプロセスのサポートを行う会社です。そのため、M&Aをスムーズに進めるだけでなく、成功率も引き上げます

優れたM&A仲介会社であれば、1年半かかることもあるM&Aを3~6ヶ月程度に短縮できます。また、特定の業界や業種に特化したM&A仲介会社もあり、業界の事情や動向に精通したアドバイザーの支援を受けられます。学習塾のM&A経験がある会社であれば、売却の成功率はさらに引き上がるでしょう。

M&A仲介会社に依頼する場合、報酬面で不安になる方もいます。しかし最近はリーズナブルな料金を設定するM&A仲介会社が多いです。完全成功報酬制をとるM&A仲介会社であれば、M&Aが成約しない限り一切の料金が発生しないこともあります。

もしM&Aをお考えの場合は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所には専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーや会計士が在籍しています。 また、通常のM&A取引は交渉から成立まで半年から1年程度かかることが多いですが、M&A総合研究所は平均3ヶ月でクロージングを実現させています。

初回の無料相談後も一切費用が発生しない完全成功報酬制で、成功報酬は国内最安値水準で皆様からご好評をいただいておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
M&AサポートにおけるM&A仲介業者の役割や売却事例/買収事例をご紹介

まとめ

学習塾のM&Aでは、売却額を上げるためのさまざまなポイントに注意する必要があります。とりわけ授業内容や講師など、日々における業務の中核を担うものに問題点がないか徹底的に見直すことが重要です。また従業員や生徒、保護者への影響は避けられないため、説得できる準備を進めることも大切です。

M&A仲介会社のような専門家のアドバイスを受けつつ、適切な対応をしたうえでM&Aに臨みましょう。

・学習塾の売却方法
→株式譲渡、合併、事業譲渡

・学習塾の売却額相場
→数億から数十億円に達するケースは珍しくない

・学習塾の売却額を上げるポイント
→強みを打ち出す、リスクを軽減する

・学習塾を売却する際の注意点
→従業員や生徒、保護者への影響、交渉を上手く進める

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計士・税理士事務所の事業承継マニュアル!流れや相談先、成功事例

会計士・税理士事務所の事業承継マニュアル!流れや相談先、成功事例

近年は、後継者不足の影響で事業承継が進められず、廃業・閉鎖するケース会計事務所が増えています。次の世代に事業を引き継ぐためには、計画を立てて準備をしておく必要があります。今回は、会計事務所の事業...

家具業界のM&A・事業譲渡・買収!動向・流れ・注意点を解説【事例あり】

家具業界のM&A・事業譲渡・買収!動向・流れ・注意点を解説【事例あり】

バブル崩壊以降は縮小が続いていた家具業界ですが、近年はニトリや良品計画等の台頭などによって、再拡大の局面に入っています。また、M&Aによる他業界からの新規参入も増えています。本記事では、喫緊の家...

訪問看護ステーションのM&A・事業承継!動向・流れ・注意点、相場を解説【事例付き】

訪問看護ステーションのM&A・事業承継!動向・流れ・注意点、相場を解説【事例付き】

高齢化が進む日本では、訪問看護ステーションの需要は今後も増加すると考えられており、それに伴う事業規模拡大や新規参入を目的としたM&Aや事業承継も増加すると見込まれています。この記事では、訪問看護...

塗装工事会社のM&A・事業承継!業界動向・相場・注意点を解説【事例あり】

塗装工事会社のM&A・事業承継!業界動向・相場・注意点を解説【事例あり】

現在、塗装工事会社の多くは慢性的な人手不足に陥っており、廃業やM&A・事業承継が増加しているのが現状です。本記事では、塗装工事会社のM&A・事業承継について、塗装工事会社の業界動向や相場、気を付...

物流業界のM&A・事業承継!動向・メリット・注意点を解説【事例15選】

物流業界のM&A・事業承継!動向・メリット・注意点を解説【事例15選】

現在物流業界は、ユーザーのニーズが変化していることや働き方改革などによって業界再編期にあり、M&A・事業承継も増える方向にあります。当記事では、物流業界のM&A・事業承継動向やメリット、注意点、...

訪問介護のM&A・事業承継!動向・流れ・ポイントを解説【事例付き】

訪問介護のM&A・事業承継!動向・流れ・ポイントを解説【事例付き】

訪問介護は近年国が推し進めている地域包括ケアシステム実現のための重要な業種で、M&Aも今後活発になると予想されます。本記事では、訪問介護のM&A・事業承継について、業界動向やM&A手続きの流れ、...

半導体業界のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功・失敗事例付き】

半導体業界のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功・失敗事例付き】

日本の半導体業界は昔より世界シェアが縮小しており、業界再編のための大型M&Aが盛んになっています。本記事では、半導体業界のM&A・事業承継について成功・失敗事例を交えて解説するとともに、実際にM...

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場は土地があれば経営することができるため参入しやすい事業のひとつです。近年では、大手企業によるM&Aや規模拡大や好立地の駐車場を獲得するためのM&Aが増えています。この記事では、駐車場業界の...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
学習塾のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)