M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
宮崎県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

宮崎県の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

宮崎県における事業承継とは

宮崎県における事業承継の実態は、「後継者に事業承継する」としているのは50.5%を占めている一方で、「廃業・解散予定」が26.6%、「未定」が22.9%となっており、この数値を合計すると42.5%の割合で、先行きが不透明という結果になっています。 「廃業・解散予定」または「未定」と回答した理由についてのアンケートでは、「適当な後継者いないため」としているのは42.5%と高い水準となっており、「事業の先行きが不透明なため」と回答しているのも33.1%を占めています。 後継者不在の問題によって、廃業又は解散、未定としている中小企業が多い中で、売上高については、増加、維持させているとしている会社が多数あることもわかっています。 売上高が増加、維持させているのにもかかわらず、後継者がいないことで廃業・解散、未定を選択せざるを得ない状況にあるという事態となっています。 また、事業承継について「最優先の経営上の問題と認識している」としているのは13.1%となっており、「経営上の問題の一つとして認識している」としているのは、57.4%となっています。 中小企業に甥いても、事業承継は会社の存続にもかかわる問題で、「経営上の問題」と捉えている会社が多いでしょう。 さらに、事業承継への計画の有無については「計画があり、進めている」としているのは24.6%、「計画はあるが、まだ進めていない」としているのは18.0%、「すでに事業承継を終えている」としているのは16.4%となっています。 「計画はない」としているのは29.5%となっており、事業承継そのものが進んでいない会社がおよそ30.0%あることが分かりました。 後継者の属性については、「子供」としているのが66.6%、「子供以外の親族」が7.4%となっており、親族内承継が減少していると言われていますが、宮崎県ではおよそ70%が親族を後継者としているようです。 親族以外を後継者としている場合は「役員または従業員」が15.1%となっており、全国的な数値と比べると、親族外に承継する割合は少なくなっています。 また、近年中小企業で増えているM&Aを含む外部への承継については6.0%となっています。 宮崎県における事業承継は、後継者不在の問題によって、廃業や解散、または未定としている会社がおよそ半数あり、全国的に見ると減少傾向にある子供への承継は、以前として高い水準であるようです。

事業承継の流れや進め方

事業承継の流れは、初めに事業承継に向けた準備の必要性の認識となり、第二段階で経営状況・経営課題等の把握(見える化)、第三段階で事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)、第四段階で親族内承継及び従業員承継を選択した場合は、事業承継計画に策定になり、社外への引継ぎを選択した場合はM&A等のマッチングの実施になります。 続いて、第五段階では親族内承継及び従業員承継の場合は、事業承継の実行となり、社外への引継ぎの場合はM&A等の実行となります。 その後は、ポスト事業承継として、会社の成長や発展と続いていきます。 まずは、事業承継に向けた準備の必要性や認識については、経営者が事業承継の必要を感じなければ、事業承継の準備に取り掛かることができません。 そのため、現経営者が事業承継の必要性を認識しなければなりません。 事業承継の準備には、後継者の教育も含めると概ね10年の期間を要すると言われています。 現経営者が60歳から取り組んでも、事業承継が実行できるのは70歳を迎えた頃になります。 そのため、現経営者が60歳を迎えた頃には、準備に取り掛かる必要があるのです。 しかし、中小企業の経営者はほかの従業員と同じように、事業に従事している場合もあり、事業承継の問題を先送りにしている場合もあります。 これでは、いつまでも事業承継の準備に取り掛かることができないので、従業員や役員が助言する必要性が出てきますが、従業員や役員の場合は立場上、助言できないこともよくあります。 その場合は、取引のある金融機関の担当者や税理士などが「事業承継診断」などを活用して、現経営者に事業承継の準備の必要性を感じてもらうことが重要になります。 第二段階では、経営状況・経営課題等の把握(見える化)になりますが、事業承継をスムーズに実施するために、現在の経営状況・経営課題の把握が重要になります。 事業承継は、経営者の交代をすれば完了するわけではありません。 会社に資産や不動産、債権、負債のほかに、会社の従業員、取引先、許認可、株主、金融機関などとの関係も引き継ぐことになります。 資産や負債については、貸借対照表などの財務諸表を確認すれば、会社の経営状況を把握することができますが、会社の業界動向や今後の環境変化などについては、業界が実施している勉強会などに参加して、動向をつかんでおく必要があります。 また、会社の決算書や業界における地位の確認、知的資産などの適切な評価などにも取り組む必要があります。 事業承継にかかわる課題についても把握しておきます。 後継者の有無や適性、能力、年齢、意欲などを把握して、後継者に相応しいかどうかという点についても検討します。 親族内に適任の後継者がいなければ、会社に役員や従業員の中に後継者となれる人材はいないか検討します。 さらに、親族内にも役員や従業員の中にも後継者に相応しい人材がいない場合は、M&Aなどの社外への引継ぎについても検討しておく必要があります。 親族内承継の場合は、取引先や株主の同意を得られるか、という問題についても対応策を事前に検討しておきます。 第三段階では、事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)になります。 事業承継の準備をする中で、いかに良い形で後継者へとバトンタッチできるように経営状況や経営課題の磨き上げをしておく必要があります。 そのためには、現経営者は事業承継の準備をしながら事業の維持・発展に努めていかなければなりません。 磨き上げの対象となるのは、業績改善やコスト削減のほかに、会社のブランドイメージの向上や優良な顧客との関係、金融機関や株主との良好な関係、優秀な人材の確保、知的財産権や運営上のノウハウや技術、法蓮遵守体制などの強みとなる可能性がある部分になります。 磨き上げには、専門的な知識が必要になる場合もあるので、弁護士や税理士、会計士などの協力を得ることも有益となります。 また、本業の競争力を強化しておくことも、後継者へとバトンタッチした時に有益になります。 自社商品やサービスについて、技術力を高めて、高精度化、短納期化、人材育成なども念頭に磨き上げをすると良いでしょう。 事業承継は、会社の経営体制を整えるタイミングでもあります。 総点検を実施して、役職員の職制や職務権限を明確にして、各種規定類や、マニュアルを整備すると。内部統制の向上につながります。 第四段階では、親族内承継または従業員承継を選択した場合、は事業承継計画の策定になります。 第二段階で会社の現状をしっかりと把握して、第三段階で自社の磨き上げをすることは事業承継の準備において重要なポイントとなります。 これらを踏まえて、具体的な計画を策定して現経営者のほかに、後継者や関係者と共有しておくことが望ましいでしょう。 共有することで、関係者の協力を得ることもでき、スムーズな事業承継が実行できます。 事業承継は、実務的なことだけを承継するのではなく、現経営者の経営理念や会社への思いなども承継されるべきものです。 可能であれば、現経営者の経営理念や会社への思いなども明文化して、後継者や従業員と共有すれば、事業承継もブレることなく維持することが可能になります。 事業承継計画は、概ね10年先を見越して策定されますが、その10年の間に事業拡大や新事業への挑戦などのイメージを持つことも大切になります。 事業拡大や新規事業への進出なども含める場合は、指標を持って計画を立案します。 第四段階で社外への引継ぎとする場合は、M&A仲介会社の選定と売却条件の検討になります。 近年では、後継者不在や経営者の高齢化などを理由に、中小企業のM&Aが増えています。 また、中小企業を対象としたM&A仲介会社が増えているので、どの仲介会社にM&A仲介を依頼するのか選定します。 M&Aによって、会社を売却するのでその条件を明確にしておくと良いでしょう。 第5段階で、いよいよ事業承継の実行となります。 第一段階から第四段階までを踏まて、概ね10年の期間をかけて事業承継計画を進めてきたところで、事業承継の実行となります。 この時点では、税負担や法的な手続きもあるので、弁護士や税理士、公認会計士などの協力を得ながら実行します。 これによって、後継者に資産の移転や経営権の移譲を進めていきます。 社外への引継ぎでM&Aを実施した場合は、会社の売却となります。

事業承継の方法

事業承継の方法は、親族内承継、役員・従業員承継、社外への引継ぎ(M&A)があります。 親族内承継は、現経営者の親族を後継者とする方法で、一般的には子供を後継者とするケースが多くみられます。 現経営者の親族を後継者とすることは、社内の従業員や社外の取引先、金融機関、株主からの理解を得られやすく、トラブルが起きにくい承継の仕方です。 事業承継についても、経営権の移譲や株式の移転がしやすく、比較的スムーズに事業承継できます。 しかし、近年のライフスタイルの多様化や職業の選択によって、親が経営していても後継者になろうという子供が減っており、全国的に見ても親族内承継の割合は以前よりも少なくなっています。 役員・従業員承継は親族外承継という場合もあり、会社の役員や従業員を後継者にする方法です。 役員や従業員を後継者とする場合は、家族や親族の株主の理解が不可欠で事業承継をする時にトラブルにならないように、現経営者のリーダーシップが必要になります。 近年では、親族を後継者としない代わりに、役員や従業員を後継者とする会社も以前よりは増えています。 役員や従業員を後継者とした場合、株式の買い取りなどの資金が必要となり、資金調達が問題となるケースもありますが、種類買い部式や持株会社の設立、従業員持株会などを活用して、資金調達の問題は解消されたといえます。 役員や従業員を後継者とした時は、長期間会社に勤めていたために、事業内容や会社の理念や経営方針などをすでに理解しているので一貫性を保った事業承継が可能になります。 社外への引継ぎの場合は、M&Aを実施することになります。 M&Aとは、合併と買収を意味していますが、中小企業が事業承継においてM&Aを実施する場合は、会社を売却することになります。 M&Aの方法はいくつかありますが、中小企業の事業承継におけるM&Aの場合は、株式譲渡や事業譲渡によって、売却するケースが多くみられます。

M&Aを活用した事業承継

M&Aを活用した事業承継の多くは、株式譲渡や事業譲渡によるものがあります。 大半は、株式譲渡によって会社を売却して、経営者が収益を得る方法になります。 M&Aは、経営者だけの力では成立しないことが多いので、M&A仲介会社や事業引継ぎセンターなどの力を借りて実施します。 M&Aを実施する時には、会社をより良い状態にしておく必要があります。 魅力のない会社を買収しようとする会社は少ないので、事業承継を進めるにあたっては経営状況・経営課題等の見える化を実施して、経営改善によって磨き上げをしておきます。 それによって、会社が魅力のあるものになり、買収しようとする会社も現れるのです。 仲介会社を通して実施する時は、まずは仲介会社の選定をして仲介契約を結びます。 仲介契約には、秘密保持契約なども付帯する場合もあります。 その後、売却する会社の企業価値評価が実施され、買収してくれる会社とのマッチングが実施されます。 複数の候補となる会社を紹介されるので、希望の条件に合った買収先の会社が見つかったら、交渉やトップ面談を数回実施して、基本合意書を締結します。 基本合意書を締結すると、買収監査(デューデリジェンス)が実施されて、問題がなければ最終契約の締結となって、クロージングとなります。 このように、順を追ってM&Aの取引は進んでいきますが、M&A仲介会社のサポートやアドバイスを受けながら、M&Aの成立を目指していきます。

宮崎県で事業承継に強いM&A仲介会社5選

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。
通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

株式会社事業承継支援センター

福岡県を拠点としている事業承継とM&Aをサポートしている会社です。 事業承継をメインに支援事業をしていますが、M&Aのサポートをしており、マッチングWebサイトを運営しています。 会社代表者自身も税理士の資格を補修しており、実務経験も豊富なので安心してM&Aを依頼できる会社です。 地元金融機関や九州地方各県の関連団体との提携も積極的にしているので、宮崎県に所在地のある中小企業でも相談することができます。

クロスダM&Aセンター株式会社

本社が佐賀県にあり、九州地方の全域をカバーしている会社になります。 「思いを伝えるM&A」をモットーに九州地方の中小企業を中心にM&A成約の実績があります。 事業承継に関しても、クライアントの意向に沿ったアドバイスをしており、会社のさらなる発展と継続に貢献する姿勢があります。 仲介契約を結ぶと着手金が発生しますが、売却を考える会社の負担にならないような料金設定となっているようです。 成功報酬に関しても、スモールM&Aでも支払いが負担とならない形になっており、売買価格が1500万円未満の場合は150万円となっています。

見える化株式会社

宮崎県にある会社で、中小企業や零細企業に特化した事業承継やM&Aをサポートしてくれる会社です。 事業再生のためのコンサルティング業務をしていますが、M&A仲介も業務内容に含まれており、事業承継におけるM&Aの場合でもサポートを受けることができます。 事業承継で後継者問題に悩む経営者の相談にも乗っており、その中でM&Aについても相談に乗ってくれます。 会社代表者は、金融機関出身なのでどのような業種のM&Aでもサポート可能としています。 宮崎県の中小企業や規模の小さい会社でも寄り添ってサポートをしてくれます。

株式会社日本M&Aセンター

東京都に本社を構える仲介会社ですが、全国に進展や営業所を持ち、福岡県にも支店を構えているので、九州地方の中小企業にも対応しています。 M&A業界のリーディングカンパニーとして業界をけん引している大手M&A仲介会社になります。 会社設立以来、4500件以上のM&A成約の実績があり、年間649件の成約実績があります。 全国の地方銀行の90%、信用金庫80%、会計事務所853件との提携があり、全国規模でM&Aのサポートを実施しています。 大手だからこその実績と経験があり、適切なM&A成約を目指しています。 また、M&Aが成約した後のフォロー体制も整っているところが特徴的でもあります。

まとめ

宮崎県の中小企業は、後継者不在の問題から廃業や解散を検討している会社が多く、今後の宮崎県の経済にも大きな影響を与える可能性があります。 中小企業の存続は、宮崎県だけでなく日本全国に広がる経済の問題でもあり、いかに会社を存続していくか、事業承継をしていくか、という点において検討してかなければならない課題となっています。 宮崎県でも、事業承継を確実に実施していくには親族内承継や役員・従業員承継だけに頼らず、M&Aも選択肢の一つとして捉えていく必要があるでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら