2020年10月15日更新節税

繰越欠損金とは?税効果や期限、控除限度額をわかりやすく解説

繰越欠損金の活用は、節税を図るうえで役立ちます。ただし、節税対策で繰越欠損金を活用する際は、繰越期限・控除限度額などに十分注意しましょう。また、繰越欠損金の活用には専門知識が必要となるため、税理士・会計士の協力を仰ぐことも検討してください。

目次
  1. 繰越欠損金とは?繰越欠損金の意味
  2. 繰越欠損金の税効果会計とは
  3. 繰越欠損金の税効果計上のための回収可能性
  4. 繰越欠損金における繰越期限と控除限度額
  5. 繰越欠損金の控除と別表
  6. 適格合併による繰越欠損金の引継ぎとその注意点
  7. 決算における繰越欠損金の処理と仕訳
  8. 繰越欠損金の使用制限
  9. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

繰越欠損金とは?繰越欠損金の意味

繰越欠損金とは?繰越欠損金の意味

繰越欠損金とは?繰越欠損金の意味

はじめに、繰越欠損金の意味を紹介します。欠損金とは、税務上の赤字のことです。

そもそも会計上の利益と税務上の所得は算出方法が異なるため、会計上は赤字であっても税務上は赤字ではないというケースも多くあります。例えば、会計上は減価償却費の全額を費用計上できますが、税務上は限度が設定されているというような相違点が見られるのです。

そのため、損金不算入や益金不算入の項目を調整したうえで、会計上の利益から税務上の所得を算出します。このうち法人税などは税務上の所得に対して課されるため、税務上の所得が赤字であれば非課税となるのです。

また、欠損金は来期以降に繰り越して、来期の黒字所得との相殺が認められます。以上を踏まえると、繰越欠損金とは、前期以前から繰り越している税務上の赤字をさし、黒字所得と相殺できる性質を持つものです。

以下の記事では、赤字経営について解説しています。メリット・デメリット、黒字倒産するリスクなどについて紹介しているので確認してみてください。

【関連】赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

繰越欠損金の税効果会計とは

繰越欠損金の税効果会計とは

繰越欠損金の税効果会計とは

意味および概要を確認したところで、ここからは繰越欠損金の税効果会計について紹介します。はじめに税効果会計の概要を把握したうえで、具体的な仕訳方法を確認していきましょう。

税効果会計とは

税効果会計とは、将来的に課税所得を減算・加算させる金額に応じた税額を当期の会計に反映させる目的で行う処理のことです。そもそも会計上の費用と収益額・資産や負債の額は、税務上で一致するとは限りません。

とはいえ、仮に上記で生じる差が一時的なものであるならば、将来的にこの差異が解消されたタイミングで課税所得が調整されて、会計と税務の間にある差異が消滅する仕組みです。

こうした事情を踏まえて、税効果会計は、会計上の利益(税引前当期純利益)と税務上の課税所得から求められた法人税の金額を適正に対応させる目的で実施されます。

ここでは具体例として、収益・益金が2,000、会計上の費用が1,600、減価償却費の償却限度超過額が400、税務上の損金が1200というケースを想定します。このケースにおいて、税引前当期純利益400に対する法人税等は、280(法定実効税率35%で計算)と算出されるのです。

上記のケースでは税引前当期純利益に対する法人税等の金額が高額となりましたが、減価償却費の償却限度超過額は将来的な減価償却・除却により解消されるため、これは一時的な差異に該当します。したがって、税効果会計を用いて、一時的に高額化した税額を当期の会計に反映させられるのです。

繰越欠損金の税効果会計

繰越欠損金は会計上の数字ではなく、税引前当期純利益と法人税等の間に差異を生じさせません。しかし、将来の課税所得との相殺が可能であることから、将来の税額を減少させる「将来減算一時差異」と同様の性質を持ちます。以上を踏まえると、繰越欠損金も税効果会計の対象に含まれるのです。

繰越欠損金の税効果会計の仕訳

これまでの説明を踏まえて、以下のケースを例に実際に仕訳を行ってみます。

  • 中小法人A社が、前々年度に繰越欠損金600を計上
  • 前年度に200の繰越欠損金、今年度に残った400を損金に算入

上記のケースのとき、前々年度の仕訳方法は以下のとおり行います。

税引前当期純利益 △600
繰越欠損金 △600
法人税等 0
法人税等調整額 △210
仕訳 繰延税金資産 210/ 法人税等調整額 210
税引後当期純利益 △390

前年度の仕訳方法は、以下のとおりです。

税引前当期純利益 200
法人税等 0
法人税等調整額 70
仕訳 法人税等調整額 70 / 繰延税金資産 70
税引後当期純利益 130

今年度の仕訳方法は、以下のとおり行います。

税引前当期純利益 400
法人税等 0
法人税等調整額 140
仕訳 法人税等調整額 140 / 繰延税金資産 140
税引後当期純利益 260

【関連】M&Aにおける公認会計士の役割

繰越欠損金の税効果計上のための回収可能性

繰越欠損金の税効果計上のための回収可能性

繰越欠損金の税効果計上のための回収可能性

繰越欠損金は将来の課税所得を減らす効果があるため、税金の前払いと同義です。そのため、繰越欠損金については、回収可能性の判断にもとづいて繰延税金資産を計上しましょう。この処理は非常に専門的な知識が必要となることから、本記事では要点を簡潔に説明していくので参考にしてください。

簡単にいうと、「毎期計上している課税所得金額」が「繰越欠損金が将来減少させる所得金額」を大きく上回る場合には、繰越欠損金の全額を繰延税金資産に計上可能です。

また、大きく上回らないものの業績自体が安定していれば、全額を繰延税金資産として計上できます。その一方で、業績が不安定である場合には、今後5年間の課税所得見積額を限度に繰延税金資産として計上する決まりです。

【関連】業績不振の原因と改善策

繰越欠損金における繰越期限と控除限度額

繰越欠損金における繰越期限と控除限度額

繰越欠損金における繰越期限と控除限度額

ここでは、繰越欠損金の繰越期限と控除限度額について解説します。

繰越欠損金における繰越期限

繰越期限は、繰越欠損金が発生した時期によって、以下のとおり異なります。

  • 平成13年度〜平成19年度に発生→7年
  • 平成20年度〜平成29年度に発生→9年
  • 平成30年度以降に発生→10年

例えば、平成18年に発生した繰越欠損金は7年しか繰越せませんが、平成29年に発生した繰越欠損金は9年繰越可能です。

なお、複数の事業年度で繰越欠損金が生じていると、古い事業年度から順に損金に算入されます。

繰越欠損金の控除限度額

繰越欠損金には、繰越期限だけでなく、控除限度額も設定されています。繰越欠損金の控除限度額は、大法人と中小法人等によって異なるため、各々について順番に把握しておきましょう。

大法人

大法人の場合、繰越欠損金の発生時期により控除限度額が異なります。

  • 平成26年度→所得×0.60
  • 平成27年度→所得×0.65
  • 平成28年度→所得×0.60
  • 平成29年度→所得×0.55
  • 平成30年度→所得×0.50

中小法人等

中小法人等の場合、発生時期に関係なく繰越欠損金の全額を控除可能です。ほとんどの企業は中小法人等に該当するため、基本的には全額控除できると考えて良いでしょう。

繰越欠損金の控除と別表

繰越欠損金の控除と別表

繰越欠損金の控除と別表

確定申告の際は、繰越欠損金に関する事項を所定の別表に記載しなければなりません。この項では、繰越欠損金の控除と別表について解説します。

3つの別表

ここでは、確定申告時における繰越欠損金の税務手続きでは、3種類の別表への記載が求められます。

別表1

別表1(1)には、欠損金の当期控除額・次期への繰越欠損金額を記載します。別表に記載する欠損金額にもとづいて課税される税額が決定するため、正確に記載しなければなりません。

別表4

別表4には、益金と損金をもとに所得金額を計算のうえで記載します。当期に生じた際の処理ではなく、過去に生じた繰越欠損金を活用したいならば、繰越欠損金の控除について示さなければならないのです。

別表7

欠損金が生じた場合、まずは別表7を準備しなければなりません。別表7(1)には、欠損金に関する事項を詳細に記載します。ここでは、当期に発生した欠損金額・所得から控除した繰越欠損金・所得金額控除限度額などを記載する決まりです。

当期に欠損金が発生した際の手続き

当期に欠損金が発生した際には、別表の7(1)および1への記載が求められます。ちなみに、別表1への記載時には、別表7(1)の記載内容を参照しながら欠損金の繰越金額を記載するとスムーズです。

前期以前の繰越金を利用した手続き

前期以前の繰越金を利用した手続きを行うには、別表の7(1)・1・4への記載が求められます。はじめに、別表7(1)および1に当期の所得から控除する繰越欠損金について(金額など)記載しましょう。

当期に欠損金が発生した際の手続きとは異なり、別表4の記載・提出も求められる点が特徴的です。

また、以下の記事では法人税の申告における提出書類・添付書類について解説しています。申告時期についても紹介しているので、気になる経営者の方は確認してください。

【関連】法人税申告における提出・添付書類と申告時期

適格合併による繰越欠損金の引継ぎとその注意点

適格合併による繰越欠損金の引継ぎとその注意点

適格合併による繰越欠損金の引継ぎとその注意点

この項では、適格合併による繰越欠損金の引継ぎとその注意点についてお伝えします。

合併と繰越欠損金

M&A手法の1つである合併では、消滅会社のあらゆる資産や債務を引継ぎます。繰越欠損金の引継ぎにより合併後の税負担を軽減できますが、すべての合併で繰越欠損金を引継げるわけではありません。

繰越欠損金の引継ぎは適格合併のみで認められており、非適格合併では引継げないのです。そのため、繰越欠損金の引継ぎ可否を判断する際は、適格合併かどうか確認しましょう。なお、グループ企業内で合併する場合には、非課税での合併(適格合併)となるケースがほとんどです。

もしも合併の実施を検討中でしたら、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所には、M&A(合併)に関する専門的な知識・経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、これまでに培ってきたノウハウを活かしながらM&Aをフルサポートいたします。

また、国内最安値水準の手数料体系に強みがあるほか、完全成功報酬制を採用しておりますので、成約に至らない限り費用は一切発生いたしません。さらに、M&A総合研究所ではスピーディーなサポートを実践しており、最短3ヶ月という期間で成約を実現している点にも強みがあります。

相談料は無料となっておりますので、M&Aおよび合併の実施を検討している場合にはお気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

適格合併による繰越欠損金の引継ぎにおける注意点

適格合併では消滅会社の繰越欠損金を引継げますが、その際には注意点があります。適格合併では一定要件により繰越欠損金目当ての合併であるかどうかが判断され、繰越欠損金目当ての適格合併と判断されれば繰越欠損金は一部のみしか引継げなくなるのです。

いうなれば「適格合併であっても、繰越欠損金の全額を引継げないケースがある」という注意点を、頭の片隅に入れておきましょう。

以下の記事では合併の種類について解説しています。新設合併と吸収合併の2種類について紹介しているので、気になる人はこちらも併せて確認しておきましょう。

【関連】合併の種類

決算における繰越欠損金の処理と仕訳

決算における繰越欠損金の処理と仕訳

決算における繰越欠損金の処理と仕訳

決算では、繰越欠損金を適切に仕訳処理する必要があります。この項では、繰越欠損金の仕訳処理について解説しますのでチェックしておきましょう。

税効果適用時

まずはじめに、税効果を適用する際の仕訳処理について解説します。税効果適用時は、「欠損金×実効税率」の金額を繰延税金資産として認識するのです。

仕訳では、借方に繰延税金資産・貸方に法人税等調整額を記載する形で処理を行います。例えば、欠損金が100,000円・実効税率が30%である場合には、下記のとおりです。

借方 金額 貸方 金額
繰延税金資産 30,000 法人税等調整額 30,000

つまり、100,000×0.3=30,000円だけ繰延税金資産を計上します。

税効果解消時

税効果を解消する際は、「課税所得×控除限度割合×実効税率」の金額分だけ繰越欠損金と所得を相殺します。

仕訳では、借方に法人税等調整額・貸方に繰延税金資産を各々計上していくのです。例えば、課税所得が200,000円・控除限度割合が50%・実効税率が30%である場合には、下記のとおり仕訳します。

借方 金額 借方 金額
法人税等調整額 30,000 繰延税金資産 30,000

つまり、200,000×0.5×0.3=30,000円だけ繰越欠損金と所得を相殺するのです。

以下の記事では、赤字と税金の関係について解説しています。赤字繰越や法人税還付を使った税金対策についても紹介しているので、こちらも併せてご確認ください。

【関連】赤字でもかかる税金とは?赤字繰越・法人税還付による税金対策

繰越欠損金の使用制限

繰越欠損金の使用制限

繰越欠損金の使用制限

最後に、繰越欠損金の使用期限について解説します。M&Aにより会社を買収した際には、以下のようなケースで買収した会社の繰越欠損金の使用について制限がかかるため、要点をチェックしておきましょう。

  1. 休眠会社で事業を始める
  2. 一定以上の借入または出資などを受け入れる
  3. 従業員や役員を退職させたうえで新規事業を始める
それぞれのケースを順番に見ていきましょう。

①休眠会社で事業を始める

事業を行っていない会社(休眠会社)を買収する際には、使用制限に注意が必要です。

休眠会社の買収後、その休眠会社を用いて事業を開始する場合には、繰越欠損金に使用制限がかかります。

②一定以上の借入または出資などを受け入れる

買収後に一定金額以上の借入・出資などを受け入れた場合も、繰越欠損金に使用制限がかかります。目安としては、買収前に行っていた事業規模の5倍以上の借入・出資を受けた場合に適用されると認識しておきましょう。

③従業員や役員を退職させた上で新規事業を始める

買収した会社の従業員や役員を退職させたうえで新規事業を始めると、欠損金に使用制限がかかります。なお、上記のケース以外にも、繰越欠損金の使用制限がかかる場合がある点を把握しておきましょう。

【関連】休眠会社売買の方法とは?売買のメリットやM&Aの活用を解説

まとめ

今回は繰越欠損金について解説しました。節税を図るうえで、繰越欠損金の利用は非常に役立ちます。繰越欠損金は約9〜10年程度繰越せますが、大企業の場合は控除額に限度があるため注意が必要です。

節税対策で繰越欠損金を活用する際は、繰越期限や控除限度額に十分注意しましょう。また、繰越欠損金目当てで買収や合併などを実施すると、使用に制限がかかるおそれがあります。上記を踏まえると、繰越欠損金の活用には専門知識が必要となるため、税理士や会計士の協力を仰ぎましょう。

本記事の要点をまとめると、以下のとおりです。

・繰越欠損金とは?
→前期以前から繰り越している税務上の赤字をさし、黒字所得と相殺できる性質を持つ

・繰越欠損金の繰越期限
→繰越欠損金が発生した時期により7年・9年・10年との間で変動する

・繰越欠損金の控除限度額
→繰越欠損金の発生時期により異なる

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

個人事業主が死亡した場合の相続手続きはどうする?届出、相続税軽減、相続放棄の方法を解説

個人事業主が死亡した場合の相続手続きはどうする?届出、相続税軽減、相続放棄の方法を解説

この記事では、個人事業主が亡くなった際に遺産をどのように相続すればよいか、相続人が個人事業主の事業を引き継ぎたい時に必要な届出は何かを解説します。さらに、近年国が整備を進めている相続税の軽減制度...

株式譲渡の際の消費税は非課税?計算方法や仕訳などの会計処理も解説

株式譲渡の際の消費税は非課税?計算方法や仕訳などの会計処理も解説

株式譲渡の際の消費税は基本的に非課税ですが、ケースによっては課せられることがあります。株式譲渡で消費税が課税されるか否かは、株式の取引額や取引の頻度に関係しています。ここでは株式譲渡の際に消費税...

株式譲渡の税金は節税できる?税金の種類や計算方法も解説!

株式譲渡の税金は節税できる?税金の種類や計算方法も解説!

M&Aで株式譲渡を選択すると、事業譲渡などの方法に比べて税金を節税することができます。また、退職金制度を利用するなど、株式譲渡の税金をさらに節税する方法もあります。この記事では、株式譲渡の節税方...

相続税対策とは?節税のポイントや注意点を解説

相続税対策とは?節税のポイントや注意点を解説

相続税対策は代表的な生前贈与による対策や、生命保険や不動産を活用して節税を図るケースもみられます。今回の記事では、事前に把握しておきたい相続税の税率や控除額について、相続税対策の方法について分か...

株式の確定申告とは?節税のポイントや注意点を解説

株式の確定申告とは?節税のポイントや注意点を解説

株式にかかる税金は、譲渡益課税と配当課税にわけることができ、確定申告が必要なケースと不要なケースがあります。そのため、それぞれの口座の特徴や確定申告の仕組みも踏まえ、総合的に検討する必要がありま...

会社譲渡(株式譲渡)時にかかる税金とは?仕組みや計算方法について解説!

会社譲渡(株式譲渡)時にかかる税金とは?仕組みや計算方法について解説!

会社譲渡とは、株式譲渡によって会社の経営権を第三者に譲渡することを意味します。また、株式を譲渡するにあたっては、税金面でも注意が必要です。この記事では会社譲渡(株式譲渡)の仕組みや注意点、会社譲...

純金積立とは?メリット・デメリット、手数料を解説

純金積立とは?メリット・デメリット、手数料を解説

純金積立とは、毎月一定の金額を積み立て、純金を購入する投資のことです。毎月1,000円から積み立て可能のサービスもあり、少額で投資を開始できる点が大きなメリットです。本記事では純金積立の特徴を解...

経営分析の方法とは?目的や種類、財務分析との違いを解説

経営分析の方法とは?目的や種類、財務分析との違いを解説

会社経営において運営状態を把握し自社の経営状況を鮮明に可視化するには、経営分析に関する知識の習得が必要です。本記事では、経営分析について、方法・目的・種類・財務分析との違いを解説します。経営分析...

経営者保険とは?仕組みやメリット、経営者保険のランキングをご紹介

経営者保険とは?仕組みやメリット、経営者保険のランキングをご紹介

経営者保険は、万が一の際の保障を受けつつも、いざというときの資金を確保するうえで有効的な手段です。しかし、必要以上の加入は資金繰りを悪化する可能性があるため、資金が必要となる時期を見定め、効果的...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)