M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年10月20日公開

調剤薬局の事業譲渡・事業売却案件一覧!行政手続きやM&A手法を解説!

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

本記事では、調剤薬局の事業譲渡・事業売却案件について解説します。事業譲渡・事業売却の基本的な流れから調剤薬局の事業譲渡・事業売却のメリット、デメリットや注意点。調剤薬局の役割、行政手続きやM&Aの手法についてくわしく解説します。

目次
  1. 調剤薬局の事業譲渡・事業売却
  2. 調剤薬局の事業譲渡・事業売却案件一覧
  3. 調剤薬局の事業譲渡・事業売却を行う際の行政手続き
  4. 調剤薬局の事業譲渡・事業売却する際のM&A手法
  5. 調剤薬局の事業譲渡・事業売却の際にベストなM&A手法の選び方
  6. 調剤薬局の事業譲渡・事業売却の際におすすめのM&A仲介会社
  7. まとめ

調剤薬局の事業譲渡・事業売却

調剤薬局の事業譲渡・事業売却

調剤薬局の市場規模は少子高齢化の影響を受けて縮小する動きもあり、事業譲渡や事業売却が盛んに行われている業界です。事業譲渡・事業売却とは、会社の事業の全部または一部を譲渡・売却する方法を指します。

事業譲渡・事業売却の場合は、法人格を残したい場合や採算が取れそうな事業だけは持っていたいという経営者に向いています。

まず調剤薬局についてや、事業譲渡・事業売却について紹介します。
 

調剤薬局とは

調剤薬局とは医薬品医療機器等法に基づいて、必ず調剤室を設けており薬剤師が常駐し医師等の処方箋に従って医薬品の調剤を行う薬局のことを指します。2006年の医療法の改正によって「調剤を実施する薬局」は医療提供施設と位置付けられており、これによって薬局は単なる医薬品販売店でなく調剤を行う医療を提供する施設であることが明文化されました。

法律では、薬剤師が販売または授与の目的で調剤業務を行う場所としています。調剤薬局としての許可は、医薬品医療機器等法に従って6年間の営業許可を受けることが求められ、経営に特別な資格は必要ありませんが管理者は薬剤師であることが求められます。

基本的な業務は医師が発行する処方箋に従って医薬品を調剤し販売・授与することで、原則的に薬剤師の業務は独占業務となります。薬剤師は対面によってその薬剤の情報提供や服薬指導を行ったうえで販売・授与を実施します。

現在では医薬分業が推進され病院等の近隣に調剤薬局を構えて、その病院等の処方箋を多く受け付けている「門前薬局」と呼ばれる形態が多くを占めています。

患者が複数の病院・医院(診療所)から処方された処方箋を同じ調剤薬局で一元管理することが可能となり、複数の病院にかかる場合でも「かかりつけ薬局」を決めれば、患者ごとに薬剤服用歴などを管理することが実現できるという利点があります。
 

調剤薬局の事業譲渡・事業売却とは

調剤薬局の事業譲渡・事業売却は、中小・個人の調剤薬局に多く見られ、人材不足となっている会社が多く、経営が難しくなっています。そのような中で全事業のうち調剤薬局事業だけを事業譲渡・事業売却をするケースがあり、複数の店舗を持っている調剤薬局がその中の一部の店舗だけを事業譲渡・事業売却を選択する場合もあります。

また不要な資産の引継ぎを避けるため第三者に事業譲渡を実施する場合もありますし、ある程度大きな調剤薬局の場合は、事業の選択と集中のために事業譲渡や事業売却を検討する場合もあります。

以上のことから規模の小さい調剤薬局を中心にして事業譲渡や事業売却などのM&Aは盛んになってきており、今後の経営に不安がある経営者はM&Aも視野に入れて検討すると良いでしょう。
 

【関連】調剤薬局の事業承継マニュアル!相談先や成功事例を解説! | M&A・事業承継ならM&A総合研究所

調剤薬局の事業譲渡・事業売却案件一覧

調剤薬局の事業譲渡・事業売却案件一覧

実際に公開されている調剤薬局の事業譲渡・事業売却の代表的なものは以下5点です。一つずつ解説します。

  1. 【佐賀県北部エリア】調剤薬局1店舗の事業譲渡
  2. 【岡山県備中エリア】調剤薬局の事業譲渡(1店舗)
  3. 【神奈川県内】調剤薬局
  4. 【兵庫県北播磨エリア】調剤薬局の事業譲渡(1店舗)
  5. 【徳島県】調剤薬局の事業譲渡(1店舗)

1.【佐賀県北部エリア】調剤薬局1店舗の事業譲渡

1つ目に挙げる調剤薬局の事業譲渡・事業売却は佐賀県北部に位置する調剤薬局です。
近隣に病院も多く地域密着型の店舗となっており、バリアフリーにも対応した内装で誰にとっても利用しやすいと思える薬局です。

事業の強みとして店主は薬学部卒業後、長年病院で勤務されており「患者に寄り添って分かりやすい服薬指導」を経営理念として事業を続けています。

こちらの調剤薬局はすぐにでも事業譲渡・事業売却を希望しており、後継者不足が主な理由です。

2.【岡山県備中エリア】調剤薬局の事業譲渡(1店舗)

2つ目の調剤薬局の事業譲渡・事業売却は岡山県備中エリアの調剤薬局です。

近隣医療機関からの処方箋応需、健康相談、医薬品販売などを主な事業内容としており主な顧客は近隣医療機関の処方箋を持ってこられる患者の方々で、近隣にお住いの方々が利用しやすい調剤薬局です。

近くに別の医院を誘致できる可能性があり、安価な初期費用で開業が可能となっています。後継者不在、財務的理由のため、戦略見直しのための事業譲渡となっています。

3.【神奈川県内】調剤薬局の事業譲渡

3つ目の調剤薬局の事業譲渡・事業売却は神奈川県内の調剤薬局で、従業員数は5人以下の小規模店舗です。

県央にある大きめの駅から徒歩5分程度の距離にあり、すぐ横に診療所(内科)があります。また近隣にいくつかの診療所もあり、在宅も実施しています。周辺医療機関にかかる患者さんや介護施設に入所している高齢者のほか、駅が近いため一般消費者の方々が利用しやすい位置に店舗があります。

保険調剤薬局として処方箋受付、調剤、監査、投薬を実施しています。

譲渡理由は戦略の見直しのため及び事業エリアの集中と選択のためとしており、売却希望時期は3ヶ月以内としています。

4.【兵庫県北播磨エリア】調剤薬局の事業譲渡(1店舗)

4つ目の調剤薬局の事業譲渡・事業売却は兵庫県・丹波北播磨エリアにある調剤薬局です。事業内容は医療機関からの処方箋応需となっており、主な顧客は主たる医療機関から来局された患者がメインとなっています。

初期費用を抑えて開業したい方におすすめの案件となっており、薬剤師資格を持っている個人の方を限定にした案件になっています。

譲渡理由は戦略見直しのためと遠隔地による管理困難のためとしており、すぐにでも事業譲渡・事業売却を希望されています。

5.【徳島県】調剤薬局の事業譲渡(1店舗)

5つ目の調剤薬局の事業譲渡・事業売却は徳島県の北部にある調剤薬局です。

主たる医療機関からの処方箋応需を主な事業としており、顧客は医療機関から来局される患者がメインとしています。

買い手のメリットとして土地建物について買い取りまたは賃貸借のどちらも相談が可能であることで、買い取りの場合は譲渡後の月々の固定費を抑えることができるとしており、賃貸借の場合は初期費用を抑えることが可能です。

譲渡理由は後継者不足のため(事業承継)で、売却希望時期は半年以内を希望しています。

調剤薬局の事業譲渡・事業売却を行う際の行政手続き

調剤薬局の事業譲渡・事業売却を行う際の行政手続き

調剤薬局の事業譲渡・事業売却の際は行政手続きが必要になります。調剤薬局の行政手続きには以下の手続きが必要です。一つずつ解説します。

  1. 遡及申請
  2. 関連書類の用意
  3. 手続きの完了

1.遡及申請

調剤薬局の事業譲渡・事業売却を実施する時には、保健所・厚生局への行政手続きが必要となります。事業譲渡の場合は店舗を運営する会社が変わり、開設者が変わる為新規で許可などを取り直さなければなりません。順序としては、保健所で開設許可をもらってから厚生局へ申請に行きます。

例えば、4月1日に譲渡予定だとすると、3月上旬から遅くても中旬ごろまでには保健所への本申請を行い、その後厚生局へ申請に行きます。しかし、保健所への本申請をする前に事前相談に行かなければならないので、譲渡契約書の締結は2月中旬から下旬に済ませておくことが望ましいでしょう。

厚生局では「遡及申請」と言う仕組みがあり、M&Aの場合は遡及申請をすることがほとんどです。前述の例でいえば、開設日の4月1日以降に厚生局へ届出をして、4月1日からの保険収入は遡って後日もらうというイメージとなります。しかし遡及申請を実施するには要件があり、事前に厚生局に要件を確かめておくと良いでしょう。

遡及申請の要件は厚生局ごとで多少異なる点もありますが、大まかには譲渡前後で体制が変わらず、開設日から問題なく今まで通りの機能を果たせているか、人員体制に変更がないか、薬歴や患者の情報がしっかりと引き継がれているかなどのチェックが入ります。
 

2.関連書類の用意

調剤薬局の事業譲渡・事業売却は開設者が変更になるため、それに伴う行政関連書類の提出が一から必要となります。また諸契約についても契約者の変更になるため、契約書を取り直す必要があります。

事業譲渡に伴って行政による許可・指定関連の手続きは、28項目にもなります。事業譲渡の続きに関する具体的な項目は以下の通りです。

  1. 薬局開設許可申請
  2. 麻薬小売業許可申請
  3. 毒物劇薬一般販売業許可申請
  4. 薬局製剤製造業許可申請
  5. 製剤製造品目変更許可書
  6. 製剤製造販売承認者
  7. 高度医療機器等販売許可申請
  8. 覚せい剤原料取扱者
  9. 店舗販売業(乳類等営業)許可申請
  10. キャッ局機能情報報告書
  11. 麻薬小売業者間譲渡許可申請
  12. 保険薬局指定申請
  13. 基準調剤加算の施設基準に係る届
  14. 後発製剤調剤体制加算の施設基準に係る届
  15. 在宅患者訪問薬剤管理指導に係る届
  16. 心神喪失者医療観察法に基づく医療機関指定申請
  17. 被爆者一般疾病医療機関秒指定
  18. 結核指定医療機関申請
  19. 生活保護法医療機関指定申請
  20. 生活保護法介護機関指定し転生
  21. 労災保険指定薬局申請
  22. 自立支援医療機関(育成・更生)指定申請
  23. 自立支援医療機関(精神通院)指定申請
  24. 病の患者に対する医療等に関する法律
  25. 小児慢性特定疾病医療機関
  26. 保険薬局機関届(社保)
  27. 保険薬局機関届(国保)
  28. 介護給付費(居宅)の請求及び受領に関する届

店舗によって多少異なる場合もありますが、以上28項目の手続きが必要となります。また以下10項目の契約変更は店舗によって不要なものもありますが、調剤薬局を開設する際には必要になる手続きとなります。
  1. 固定電話の契約変更
  2. インターネットの契約手続き
  3. 電気の契約変更
  4. ガスの契約変更
  5. 水道水の契約変更
  6. 賃貸借契約書の締結または土地建物名義変更
  7. リース契約変更
  8. 備会社との契約変更
  9. 薬剤師会入会届(府・県)薬剤師会入会届(支部)
項目が多く用意する書類も多くなりますが、書類を記載して提出すればよいだけの作業となり難しいということはありません。
 

3.手続きの完了

調剤薬局の事業譲渡・事業売却においては開設者が変更することによって、様々な書類が必要になり関係各所へ提出する必要があります。それによって、事業譲渡・事業売却に伴う手続きは完了することになります。書類を提出する場所は保健所や厚生局、それぞれの契約会社です。

保健所や厚生局へ提出した書類は、受理されてから申請が認められるまで時間がかかるものもあるため、必要な書類は早めに準備をして提出するのが望ましいでしょう。

【関連】介護事業の事業譲渡・事業売却とは?流れや注意点を解説! | M&A・事業承継ならM&A総合研究所

調剤薬局の事業譲渡・事業売却する際のM&A手法

調剤薬局の事業譲渡・事業売却する際のM&A手法

調剤薬局の事業譲渡や事業売却する際のM&Aの手法は、いくつかの種類があります。それぞれの手法を以下で解説します。

  1. 株式譲渡
  2. 株式交換
  3. 合併
  4. 事業譲渡
  5. 会社分割

1.株式譲渡

株式譲渡は会社が保有する株式をすべて譲り渡す方法で、比較的簡単にM&Aを実施することができます。また、調剤薬局が保有している「解説許可証」「保険薬局指定」はもちろんのこと「特殊医療(人工透析)の取り扱い」などあらゆる許認可も引き継ぐことができます。

2.株式交換

株式交換によるM&Aは買収する会社が買収される会社の株主に対して、その対価を現金ではなく、自社株式で支払うことを認めたものです。

​​​​​買収する会社は、買収される会社の株主に対して自社の株式を交付して、買収される会社の株主はその株式を買収する会社に引き渡すので株式交換と呼ばれています。

株式交換は、1999年に旧商法改正時に導入されました。株式交換の名称は導入された時に買収の対価として自社株式を交換することを承認したことによりますが、現在ではその対価として社債、新株予約権、現金の交付も認められています。
 

3.合併

M&Aにおける合併は、2つ以上の会社が1つの会社になることを指します。いずれかの会社が株式を買い占めて100%子会社の形になってから、時間をかけて合併するケースが一般的です。合併には、「吸収合併」と「新設合併」の二つの方法があります。

吸収合併は、2つ以上の会社のうちいずれかの会社を存続会社として残して、残りの会社を消滅させる方法です。調剤薬局のように許認可が必要な業種の場合は、許認可に関係する申請が不要であることや登録免許税が安価であるという理由で、吸収合併を選択する方が多いです。

新設合併は、新しい会社を新設して2つ以上の会社が新しい会社に資産、負債、権利義務のすべてを承継させる方法です。新設合併に伴ってそれぞれの会社のメリットを残しながら、新しい会社を立ち上げることが可能となります。しかし、調剤薬局のように許認可が必要な職種の場合は、新規に様々な申請や許認可を取る必要があるため、新しい会社として開業するまでに時間と手間がかかるでしょう。
 

4.事業譲渡

事業譲渡とは、会社の事業の全部または一部を第三者に譲渡することを指します。

事業譲渡の対象となる「事業」は、一定の目的のために組織化された有形・無形の財産、債務、人材、事業組織、ブランド、取引先などを指しこれら事業に関係するすべてを譲渡することになります。

事業を譲り渡した会社は、今後同じ事業を行うことが制限されるため注意が必要です。買い手側にとっては、契約の範囲を決めることで簿外債務を引き継がなくても良いという利点があります。

5.会社分割

会社分割とは、M&Aの方法の一つで組織再編行為に分類されます。そのため株式譲渡や事業譲渡とは異なる点があり第三者に引き継がせるのではなく、事業に関して所有する権利や義務を他の会社に受け継がせるM&Aの方法です。

会社分割には「吸収分割」と「新設分割」の2つがあります。「吸収分割」は切り出す事業をすでに存在する会社に承継させる方法で、「新設分割」は切り出す事業を新しく設立した法人に承継させる方法となります。

調剤薬局の事業譲渡・事業売却の際にベストなM&A手法の選び方

調剤薬局の事業譲渡・事業売却の財際にベストなM&A手法の選び方

調剤薬局の事業譲渡・事業売却の際にベストなM&A手法の選び方について、大まかに分けると以下4点です。一つずつ解説します。

  1. 運営形態を把握する
  2. 譲れない部分を明確にする
  3. 希望するM&Aを検討する
  4. M&Aの専門家に相談する

1.運営形態を把握する

現在経営している調剤薬局の運営形態を把握することは、M&Aにおいてとても重要なポイントです。

現在運営している調剤薬局の売上はどのような顧客層が高いか、在籍している薬剤師は何名いるのかなどのように、経営している調剤薬局がどのような体制で運営されているのかを把握する必要があります。

調剤薬局の全体を把握して薬剤師の人数やそのほかの従業員の人数や構成のほかに、売上はどのように得ているのか、今後はどのように発展していくのかを把握するようにしましょう。

2.譲れない部分を明確にする

事業譲渡や事業売却をする時は、現経営者の希望の条件を明確にしておくのが重要なポイントになります。事業譲渡や事業売却によるM&Aを実施する時に、買い手側の買収条件が提示されます。このような時に、譲渡や売却する時の条件が明確になっていないと、相手に主導権を握られてしまい、交渉が決裂する場合もあります。

事業譲渡や事業売却する時の条件として「従業員の雇用関係は守って欲しい」や「経営方針は変えないで欲しい」などの条件を精査しておきます。譲れない部分を明確にしておくことで、対等な立場で交渉を進める事が可能です。
 

3.希望するM&Aを検討する

M&Aの方法は株式譲渡や事業譲渡・合併・会社分割などの手法があります。その中で希望するM&Aの方法を検討しておくと良いでしょう。中小・個人が経営する会社のM&Aは、株式譲渡によるものが多いですが、それに次いで事業譲渡によるM&Aも多くあります。経営している調剤薬局の運営状況や現経営者の意向によって検討します。

現経営者が高齢となり事業のすべてを譲り渡して引退したいと考える場合は、株式譲渡によるM&Aを検討すると良いでしょう。

事業を集中させたい場合は、事業譲渡がおすすめです。
 

4.M&Aの専門家に相談する

実際にM&Aを検討している場合でも、経営者自身がひとりで悩みや不安を抱えていることが多く、誰にも相談できないと感じていることがあります。しかし、ひとりで悩みや不安を抱えているだけでは、事業譲渡や事業売却は進展しません。このような場合は、M&Aに詳しい専門家に相談することをおすすめします。

M&Aについては、M&A仲介会社のアドバイザーに相談しても良いですし、顧問契約のある公認会計士や税理士、取引のある金融機関などに相談しても良いでしょう。
 

調剤薬局の事業譲渡・事業売却の際におすすめのM&A仲介会社

調剤薬局の事業譲渡・事業売却を行う際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所は、中堅・中小企業向けの案件を取り扱うM&A仲介会社です。

M&A総合研究所では、案件ごとにM&A専門の会計士が専任に就き、クロージングまでのフルサポートを行います。

料金体系は完全成果報酬型を採用していており、手数料は業界最安値水準に設定しています。着手金・中間金・月額費用は無料なので、初期費用を抑えたい場合にもおすすめです。

平均3カ月でのクロージングや、希望額を上回る譲渡額の提示(希望額より平均124%のアップ)など、求める期間と金額での譲渡を実現しています。

調剤薬局の事業譲渡・事業売却を行う際は、どうぞお気軽にM&A総合研究所の無料相談をご利用ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談WEBから無料相談

まとめ

調剤薬局の事業譲渡や事業売却は、許認可や薬剤師の常駐などいくつかのルールがあるため、すぐに事業譲渡や事業売却をするのは難しい案件でもあります。しかし、全国的に見れば、事業譲渡や事業売却を成功させている調剤薬局もあり、決して不可能なことではありません。

経営者個人がひとりで取り組もうとしても難しい面があるので、M&Aの専門家に力を借りる必要があるでしょう。M&A仲介会社でも、調剤薬局のM&Aを積極的に実施しているところもあり、中小・個人の調剤薬局でもM&Aは十分にできるのです。経営者がひとりで悩んでいるよりも、M&A仲介会社などを利用する事をお勧めします。
【調剤薬局の事業譲渡・事業売却案件一覧】

  1. 【調剤薬局】1店舗の事業譲渡
  2. 【岡山県備中エリア】調剤薬局の事業譲渡(1店舗)
  3. 【神奈川県内】調剤薬局
  4. 【兵庫県北播磨エリア】調剤薬局の事業譲渡(1店舗)
  5. 【徳島県】調剤薬局の事業譲渡(1店舗)
【調剤薬局の事業譲渡・事業売却を行う際の行政手続き】
  1. 遡及申請
  2. 関連書類の用意
  3. 手続きの完了
【調剤薬局の事業譲渡・事業売却する際のM&A手法】
  1. 株式譲渡
  2. 株式交換
  3. 合併
  4. 事業譲渡
  5. 会社分割
【調剤薬局の事業譲渡・事業売却の際にベストなM&A手法の選び方】
  1. 運営形態を把握する
  2. 譲れない部分を明確にする
  3. 希望するM&Aを検討する
  4. M&Aの専門家に相談する

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)