ゴールデンパラシュート

ゴールデンパラシュート

ゴールデンパラシュートとは、望まないM&A、つまり敵対的買収を防止する策の1つです。敵対的買収では、多くの場合経営陣の解任が求められます。その際、経営陣の退職金を巨額に設定する施策をゴールデンパラシュートと言います。

関連記事

敵対的買収の防衛策

敵対的買収の防衛策

敵対的買収に対抗するには、あらかじめ買収防衛策を講じておくことが大切です。ただし実際に敵対的買収の防衛策を導入する場合には、株主から反発を受けるおそれがあるため注意が必要です。この記事では、敵対...

テンダー・オファー

テンダー・オファー

テンダー・オファーとは、株式市場を介さずに、不特定多数の株主から大量に株式を取得する買収手法であり、別名でTOBとも呼ばれます。テンダー・オファーには、買収に要する時間短縮、株価高騰のリスクを低...

ゴールデンパラシュート

ゴールデンパラシュート

ゴールデンパラシュートとは、経営陣や役員の退職金を巨額に設定することで、自社への敵対的買収の意欲を減じさせる買収防衛策です。メリットだけでなくデメリットも多いため、ゴールデンパラシュートの設定を...

ポイズンピルとは?メリット・デメリットや事例をわかりやすく解説

ポイズンピルとは?メリット・デメリットや事例をわかりやすく解説

ポイズンピルとは、新株発行により敵対的買収を阻止する防衛策をいいます。買収防衛策として効果的な手法ですが、株価低下を招き株主からの反発を受けやすいため、日本での活用事例は少ないです。ポイズンピル...

買収が株価に与える影響

買収が株価に与える影響

上場企業が買収を行う時、あるいは上場企業が買収を受ける時、どちらの場合も株式市場での株価に影響が出ます。買収にまつわる様々な事象によって株価が変動する可能性があることから、事象ごとに株価変動の傾...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

パックマンディフェンスとは?意味や由来・成功事例を解説します

パックマンディフェンスとは?意味や由来・成功事例を解説します

上場企業であれば、敵対的買収を受ける可能性は常にあります。敵対的買収の防衛策にはさまざまな種類が存在しており、パックマンディフェンスもその1種です。そこで本記事では、パックマンディフェンスの概要...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)