ライツプラン

ライツプラン

ライツプランとは、敵対的M&Aに対する防衛策です。 M&Aの実務においては、「ポイズンピル」とも呼ばれます。 敵対的買収者が一定数以上の株式を取得した際に、既存株主に自動的に新株予約権が発行される仕組みです。 その結果、敵対的買収者の持ち株比率が低下するため、M&Aを阻止できます。 ライツプランには、「事前警告型」と「信託型」の二種類があります。 「事前警告型」は、ライツプランの発動をチラつかせて敵対的買収を事前に防ぐ手法です。 一方で「信託型」は、新株予約権を信託銀行などに預けておく手法です。 確実にライツプランを発動させたい場合は、「信託型」の方がベターです。

関連記事

買収防衛策

買収防衛策

買収防衛策とは、敵対的買収に対して、経営陣の支配権を防衛する目的で実施する対策です。買収防衛策は強い効力を持ちますが、株主の利益が損なわれるおそれがあるため、廃止を進める傾向も見られます。導入す...

ポイズンピルとは?メリット・デメリットや事例をわかりやすく解説

ポイズンピルとは?メリット・デメリットや事例をわかりやすく解説

ポイズンピルとは、新株発行により敵対的買収を阻止する防衛策をいいます。買収防衛策として効果的な手法ですが、株価低下を招き株主からの反発を受けやすいため、日本での活用事例は少ないです。ポイズンピル...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)