三角合併

三角合併

三角合併とは、会社同士で合併する際に、存続会社が消滅会社に自身の株式を渡す代わりに、親会社の株式を交付する形で合併を成立させる方法です。言い換えると、自身の子会社に合併を実行させ、相手方の会社を子会社化する手法です。一見ややこしい構図になっている三角合併ですが、実は海外の会社が合併する上で非常にメリットがあります。

関連記事

三角合併

三角合併

三角合併とは、近年認められるようになった会社間における吸収合併の方式です。組織再編行為である会社合併に際し、合併当事者の親会社も加わって3社が関わる吸収合併であることから三角合併といわれています...

クロスボーダーM&Aを成功させるには

クロスボーダーM&Aを成功させるには

国内市場の縮小や経営のグローバル化により競争がますます激化する環境下、クロスボーダーM&Aは、効率的かつスピーディーな海外進出を可能にする有効な手段です。しかし、実行には課題も多くあります。クロ...

合併の種類

合併の種類

M&Aである会社合併は、新設合併と吸収合併の2種類があります。また、会社合併には組織再編行為という一面もあり、適格要件を満たせば非課税措置を得られます。そのため、他のM&A手法である株式譲渡や事...

会社の合併

会社の合併

会社の合併はM&A手法の中でも代表的な手法であり、大きく分けると吸収合併と新設合併という2つの方法が存在します。会社が合併を実施することでさまざまなメリットが期待できますが、デメリットも存在する...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)