中小企業経営強化税制

中小企業経営強化税制

中小企業経営強化税制とは、中小企業が設備投資をした際に、様々な点から優遇してくれる税制です。中小企業経営強化税制は、「青色申告を行っている」「大企業のグループ傘下や子会社ではない」「資本金一億円以下の」中小企業に適用されるものです。事前の申請が必要になるものの、もし適用を受ければ法人税や所得税で税制優遇措置を受けられるため、会社の負担を軽減できます。

関連記事

中小企業経営強化税制は令和3年まで延長!A類型、B類型ごとに解説

中小企業経営強化税制は令和3年まで延長!A類型、B類型ごとに解説

中小企業経営強化税制は、中小企業の積極的な設備投資を後押しする制度であり、適用期限が令和3年まで延長されました。適用される設備区分は、使用意図によってA類型・B類型に分けられます。そして税制優遇...

中小企業の節税とは?小規模企業共済の節税効果や中小企業の節税方法を解説

中小企業の節税とは?小規模企業共済の節税効果や中小企業の節税方法を解説

中小企業が節税を実施するためには、その場しのぎの節税や租税回避などに頼らず計画的に実施することが重要です。そのため、支出の把握やスケジュールの作成、決算シミュレーションの実施などを計画的に準備す...

中小企業の経営課題とは?M&Aの活用や中小企業等経営強化法のメリットや支援内容を解説

中小企業の経営課題とは?M&Aの活用や中小企業等経営強化法のメリットや支援内容を解説

日本の経済社会において、その大多数を占めるのが中小企業です。それゆえ中小企業の活性化が日本経済のバロメーターとも言われます。そこで、活性化に欠かせないのが経営課題の解決です。中小企業の経営課題を...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)