人事デューデリジェンス

人事デューデリジェンス

人事デューデリジェンスとは、人事に関係する事柄について詳細な調査を実施することです。 具体的には、人件費・昇給制度等の人事考課や退職金・福利厚生等に関する制度設計に関して調査します。 その結果を踏まえ、優秀な人材をM&A後も活用するためのポイントを把握可能となります。 M&Aでは異なる組織文化を持った企業が統合されます。 そのため、従業員同士の軋轢等や不満が溜まることによるモチベーション低下等が発生する恐れがあります。 そうしたリスクを軽減する上で、人事デューデリジェンスの実施は大切です。

関連記事

M&Aで用いる契約書とは?種類や契約手順、書式フォームもわかりやすく紹介

M&Aで用いる契約書とは?種類や契約手順、書式フォームもわかりやすく紹介

M&Aの際に作成する契約書には、秘密保持契約書、基本合意契約書、最終契約書があります。基本合意契約書は、項目ごとに法的拘束力を設定でき、独占交渉権に法的拘束を持たせるケースが多いです。こ...

M&Aにおけるビジネスデューデリジェンスとは?概要、目的、分析手法を徹底解説

M&Aにおけるビジネスデューデリジェンスとは?概要、目的、分析手法を徹底解説

M&Aの際に売り手企業を調査するデューデリジェンスは、さまざまな観点で行われます。本記事では、あまり取り上げられる機会の少ないビジネスデューデリジェンスにフォーカスしました。ビジネスデュ...

買収監査(デューデリジェンス)とは?意味やM&Aでの活用、必要書類を解説

買収監査(デューデリジェンス)とは?意味やM&Aでの活用、必要書類を解説

買収監査はデューデリジェンスとも呼ばれ、M&Aを実施するときに買収先企業の資産・負債などを詳細に調査する行為です。買収監査には多くの費用や時間が必要となるほか、念入りに実施しないと簿外債...

デューデリジェンスとは?目的・方法・種類

デューデリジェンスとは?目的・方法・種類

デューデリジェンスはM&Aにおける必須プロセスです。デューデリジェンスの結果次第で、M&Aの成り行きは左右されます。買収側であれ、売却側であれ、デューデリジェンスの目的や内容など...

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは、投資対象の価値やリスクを調査する活動のことを指します。M&Aにおいては、最終契約書の締結前に対象企業を調査することで不確定要素を減らすことができます。本記事では、...

【2020年最新】クリーニングのM&A・事業承継!動向・課題・成功のポイントを解説(事例付き)

【2020年最新】クリーニングのM&A・事業承継!動向・課題・成功のポイントを解説(事例付き)

クリーニングは、業界の現状変化から大手グループを中心にM&Aが増加しています。業界全体のシェアが傾きつつあり、中小・零細企業の経営状態の悪化が続く状態になっています。本記事では、クリーニ...

家具業界のM&A・事業譲渡・買収!動向・流れ・注意点を解説【事例あり】

家具業界のM&A・事業譲渡・買収!動向・流れ・注意点を解説【事例あり】

バブル崩壊以降は縮小が続いていた家具業界ですが、近年はニトリや良品計画等の台頭などによって、再拡大の局面に入っています。また、M&Aによる他業界からの新規参入も増えています。本記事では、...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)