仲介会社

仲介会社

M&Aにおける仲介会社とは、M&Aの際に買い手と売り手の間に入って、M&Aの実行を支援する会社です。 多くの仲介会社は、M&Aの相手探しからクロージングまでの流れを一貫して支援します。 その為、M&Aアドバイザーのような役割も果たしています。 M&A仲介会社に業務を依頼する際には、着手金や成功報酬等の手数料が必要です。 仲介会社ごとに、必要となる手数料の種類や算出システムは異なります。 その為、複数の仲介会社を比較した上で、信頼できる相手にM&Aを支援してもらうのが理想です。

関連記事

株式譲渡所得とは?税金や確定申告・節税対策・M&Aの手法を解説

株式譲渡所得とは?税金や確定申告・節税対策・M&Aの手法を解説

M&Aの際、得た利益が株式譲渡所得になるとは一概に言えないので注意しましょう。株式譲渡所得の金額が20万円以下の場合、特定口座・NISAを用いている場合、確定申告が不要です。しかし、不要のケース...

企業合併とは

企業合併とは

企業合併とは、複数の会社が統合するM&A手法であり、実施するとさまざまなメリットを得られます。しかし、企業合併には注意すべき点もありますので、慎重に行わなくてはなりません。この記事では、企業合併...

後継者人材バンクについて解説します

後継者人材バンクについて解説します

後継者人材バンクとは、経営者の意向にマッチする後継者を見つけて事業承継の達成を目指す事業であり、事業引継ぎ支援センターによって運営されています。M&Aによる事業承継プロセスのサポートも依頼できる...

商工会議所の補助金を活かす

商工会議所の補助金を活かす

商工会議所では、補助金以外にもさまざまなサポートを受けることが可能です。具体的には、創業を目指す人向けの支援や経営の専門家からのアドバイスなどを受けられます。また、他の経営者との人脈を広げる目的...

販路開拓のコツと手法

販路開拓のコツと手法

販路開拓を成功させるためには、3種類のチャネルを作る、顧客をしっかり意識する、自社の商品・サービスを改めて分析などの施策があります。販路開拓にはさまざまな方法があるため、自社に合った方法を用いる...

企業価値の計算方法

企業価値の計算方法

M&Aは会社の売買ですから企業価値を数値化しなければなりません。企業価値の算定には複数の計算方法があります。それら計算方法は3種に大別され、ネットアセットアプローチ、インカムアプローチ、マーケッ...

M&Aで基本合意書を締結する目的

M&Aで基本合意書を締結する目的

基本合意書とは、M&Aのスムーズな実施を目的として最終契約前のタイミングで締結する書類です。具体的には、買い手からすれば確実に取引できるメリットが、売り手からすれば安全に取引できるメリットがある...

株式を相続する際の注意点は?株式の種類による手続きの違いまで解説

株式を相続する際の注意点は?株式の種類による手続きの違いまで解説

株式相続では、株価の変動や会社経営に影響を与える可能性がある点に注意すべきです。また、中小企業に見られる非上場株式の相続は、上場株式と比べて手続きが大変です。本記事では株式相続の流れをおさらいし...

株式譲渡承認請求書とは

株式譲渡承認請求書とは

株式譲渡承認請求書とは、株式を発行している会社に株式譲渡を認めてもらう目的で作成する書類のことです。株式譲渡承認請求書を作成する際には、押さえておかなければならないポイントがあるため、注意が必要...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)