債務超過

債務超過

債務超過とは、貸借対照表における負債額が資産額を上回っている状態を指します。 通常、債務超過の状態に陥っている会社は経営状態が悪いとみなされます。 そのため、上場企業だと上場廃止になったり、企業規模に関係なく新規で資金調達するのが困難となります。 M&Aの際には、債務超過がある場合、買い手が見つからない可能性が高いです。 そのため、減資や債務免除等の施策により、極力債務超過を解消するように努める必要があります。 ただし債務超過の状態にある企業でも、M&Aを成功させた事例は存在します。

関連記事

株式を相続する際の注意点は?株式の種類による手続きの違いまで解説

株式を相続する際の注意点は?株式の種類による手続きの違いまで解説

株式相続では、株価の変動や会社経営に影響を与える可能性があることに注意が必要です。また、中小企業に多く見られる非上場株式の相続は、上場株式と比べて手続きが煩雑になります。本記事では株式相続の流れ...

普通株とは?意味や基本的権利、保有率別の権利を解説

普通株とは?意味や基本的権利、保有率別の権利を解説

普通株とは、他の種類株の基準となる株式です。普通株を所持していると、配当金の受け取り、残余財産の分配、議決権の獲得などの基本的な権利を行使できます。また、普通株の所持割合が高いほど経営の内部に関...

劣後ローン

劣後ローン

劣後ローンとは債権の性質を持つものの、通常の債権より支払い順が劣るよう設定されるローンです。株式に近い性質を持ち金融機関からは資本の一部としてみなされるため資本強化の方法として活用できますが、デ...

中小企業庁が実施する事業承継支援

中小企業庁が実施する事業承継支援

中小企業庁は、中小企業が円滑に事業承継を実施できよう、税金や資金面などの支援を行なっています。また、中小企業庁が策定した事業承継ガイドラインも、事業承継を実施するうえで有益な指針となります。この...

株式の持ち合いとは?メリット・デメリット、事例を解説

株式の持ち合いとは?メリット・デメリット、事例を解説

株式の持ち合いとは、会社同士が双方の株式を保有している状態のことです。株式の持ち合いには、経営の安定・会社間の結束力強化・敵対的買収への対抗などの目的・メリットがあります。本記事では、株式の持ち...

合弁企業

合弁企業

合弁企業とは、複数の企業が共同出資して経営する会社をさします。合弁会社設立のメリットには、相手企業の持つノウハウや資産の活用、出資に対するリスクの分散などがあります。ただし、会社間で対立が生じる...

経営再建

経営再建

経営再建では、まず経営状況が悪化した原因を解明する必要があります。経営再建を成功させるには、経営再建できる可能性を見極めるほか、資金繰り改善・収益性確保などのプロセス実施が大切です。専門家に相談...

法人清算とは?M&Aの活用や法人清算のメリット・デメリットを解説

法人清算とは?M&Aの活用や法人清算のメリット・デメリットを解説

法人清算とは、法人が解散する際に社内を整理する手続きのことをさします。清算の際は、たとえ小規模な法人であっても、手続きに3ヶ月程度の期間を要します。しかし、休眠状態と比べると手続きや税金面でメリ...

廃業届は法人の解散に必要か?法人が廃業する際の手続きや費用を解説

廃業届は法人の解散に必要か?法人が廃業する際の手続きや費用を解説

法人が廃業する場合は、廃業届は不要です。その一方で、個人事業主が廃業したり、法人成りを実施する場合には、廃業届が必要となります。また、廃業とは借入金などを回収できる見込みがある場合に実施するので...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)