債権者保護手続き

債権者保護手続き

債権者保護手続きとは、M&A等の実施によって利害に影響が及ぶ債権者を保護する手続きです。 具体的には、官報による公告と個別通知が必要な手続きです。 会社分割や株式交換等の組織再編行為や資本金の減額を実施する際には、債権者が異議を申し立てるための期間として1ヶ月確保する必要があります。 そのため、会社分割等の手法を用いてM&Aを行う場合、最低でも一ヶ月はかかります。 したがって、M&Aの際には債権者保護手続きにかかる時間を考慮した上で、スケジュール計画を立てる必要があります。

関連記事

承継会社とは

承継会社とは

承継会社とは、会社分割の際に他社の事業を引き継ぐ会社を指します。承継会社は、会社分割の際に取締役会決議や債権者保護手続き、登記などの手続きを実施する必要があります。承継会社の概要から具体的な手続...

株式交換の手続き

株式交換の手続き

株式交換の手続きでは、株式交換の契約や情報開示、株主総会などがあり、ケースによっては債権者保護手続きも必要です。さらに、反対株主や各種法律への対応もあります。また、手続きの際には新株式の割り当て...

会社分割と消費税の関係

会社分割と消費税の関係

会社分割は、M&Aを含む組織再編行為の1つです。複数の実施方法が存在しますが、消費税は不課税となっています。この記事では、会社分割の分類を確認するとともに、類似する手法である事業譲渡と対...

株式交換とは?メリット・デメリット、M&Aでの活用や自己株式の消却について解説

株式交換とは?メリット・デメリット、M&Aでの活用や自己株式の消却について解説

株式交換とは、対象会社の発行済株式すべてを株式の交換によって取得し、完全親会社となるための手法であり、会社の組織再編の際に活用されています。この記事では、株式交換を活用するメリット・デメリット、...

会社分割の手続きとは?吸収分割・新設分割の手続きを解説

会社分割の手続きとは?吸収分割・新設分割の手続きを解説

会社分割というのは、事業の一部を他の企業に分離・譲渡する、M&Aの方法の一つです。会社分割には新規分割と吸収分割の2つの手法があって、その目的や分割手順が違っています。この記事では会社分...

M&Aの手法とは?メリット・デメリットや売却・買収手法を解説

M&Aの手法とは?メリット・デメリットや売却・買収手法を解説

M&Aの手法は大きく分けて買収、合併、分割の3つに大別できます。とりわけ買収にはさまざまな手法があり、具体的には株式譲渡、事業譲渡、第三者割当増資、株式交換・株式移転があります。M&am...

M&Aのプロセスとは?買収・売却におけるプロセスや注意点を解説

M&Aのプロセスとは?買収・売却におけるプロセスや注意点を解説

M&Aのプロセスは、プレディールとディール実行とで成り立ちます。この記事では、M&Aの戦略選定から、ロングリスト・ショートリストの作成、基本合意書の締結、デューデリジェンス、最終契約とク...

会社分割とは?手続きやメリット・デメリット、事業譲渡との違いを解説

会社分割とは?手続きやメリット・デメリット、事業譲渡との違いを解説

会社分割とは、一部または全部の事業を他社に承継するM&A手法をさします。経営統合・グループ内再編など組織再編の方法として用いられるケースが一般的であり、税金の負担が軽い点などがメリットで...

会社分割と事業譲渡 5つの違い

会社分割と事業譲渡 5つの違い

M&Aの手法として混同されやすい会社分割と事業譲渡には大きな違いがあります。買収対価支払い、税金、簿外債務や不要資産の引き継ぎ、契約と許認可の移転、手続き方法の5点において異なる会社分割...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)