優先株式

優先株式

優先株式とは、普通の株式と比較して剰余金の配当や残余財産の分配を優先的に受けることができる株式です。 その代わり、議決権が付されていないのが一般的です。 経営に参加するのが目的ではなく、配当金を受け取るのが目的の株主にとって有益な株式です。 その性質上、M&Aの際の資金調達手法として用いられるケースもあります。 企業側からすれば、企業経営に対する権利を与えずに、資金調達できるメリットがあります。 優先株式を発行する際には、株主総会の特別決議を経る必要があります。

関連記事

優先株

優先株

優先株とは種類株式の1つで、配当を優先的に受け取れるなど、ある特定の優先権が付いている株式です。今回は優先株の必要性やメリット・デメリット、配当の受取と分配方法、普通株に転換する際の注意点などを...

黄金株(拒否権付株式)とは?メリットやデメリット、特徴について解説

黄金株(拒否権付株式)とは?メリットやデメリット、特徴について解説

黄金株は拒否権付株式とも呼ばれており、主として事業承継・M&Aにおけるリスク回避を目的に活用されている種類株式です。株主総会における拒否権を有している点が大きな特徴だといえます。本記事では、黄金...

優先株式とは?優先株式のメリット・デメリット、種類やM&Aでの活用法を解説

優先株式とは?優先株式のメリット・デメリット、種類やM&Aでの活用法を解説

優先株式は黄金株なども該当する種類株式の一つであり、配当や剰余金を優先的に受け取れる権利が付加されている株式のことをいいます。優先株式のメリット・デメリット、優先株式を発行する場合の優先株式設計...

株式譲渡制限会社とは?メリット・デメリット、設立方法を解説

株式譲渡制限会社とは?メリット・デメリット、設立方法を解説

株式譲渡制限会社は経営者の経営権を確立しやすくなるなどメリットが多くありますが、その一方でデメリットの存在にも気をつけなければなりません。株式譲渡制限会社の定義や特徴、メリット・デメリット、株式...

事業承継における種類株式の活用方法

事業承継における種類株式の活用方法

種類株式は事業承継を円滑に達成するために役立ちます。しかし、種類株式は使い方によって株主の利益や権利が侵害され、株主の反対を受ければ導入できないため注意が必要です。種類株式の意味、種類、種類株式...

種類株式とは?意味や一覧、活用事例をわかりやすく解説

種類株式とは?意味や一覧、活用事例をわかりやすく解説

原則として株主の権利は平等とされていますが、種類株式を保有している株主は通常とは異なる処遇を受ける決まりです。本記事では、種類株式の一覧・事業承継対策や資金調達など種類株式の活用事例・種類株式の...

シニアローンとは?意味やM&Aにおける活用、メザニンローンとの違いを解説

シニアローンとは?意味やM&Aにおける活用、メザニンローンとの違いを解説

金融機関などから借入する負債​には​​​「シニアローン」があり、返済順位が高く、ローリスクなためM&Aの資金調達にも活用されます。また、負債には「メザニンローン」というものもあります。それぞれの...

ソフトバンクのM&A戦略と狙いとは?買収成功事例と失敗事例を解説

ソフトバンクのM&A戦略と狙いとは?買収成功事例と失敗事例を解説

ソフトバンクは、M&Aにより事業の多角化に成功した代表的企業です。ヤフーの事例に代表されるように、ソフトバンクの特徴はスタートアップ企業への積極的な投資にあります。今回は、ソフトバンクの歴史やM...

【2020年】日本企業のM&A件数は2019年が過去最多に!買収金額ランキングも紹介

【2020年】日本企業のM&A件数は2019年が過去最多に!買収金額ランキングも紹介

日本企業によるM&Aは過去最高の件数を記録しています。当記事では、日本のM&Aに見られる状況をはじめ、過去2年と比べた2019年のM&A件数や、M&Aの特徴、2020年に予想されるM&A件数から...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)