割引率

割引率

割引率とは、将来得られるキャッシュを現在価値に換算する際に用いる指標です。 M&Aにおいては、DCF法を用いて企業価値を計算する際に割引率を使用します。 割引率には、資本コストなど様々な指標を用途に分けて使います。 M&Aの際の企業価値算出においては、加重平均資本コスト(WACC)と呼ばれる指標を割引率に用います。 WACCを用いることで、株主資本と負債の両方を考慮した上で、企業価値を算出できます。 以上の通り、M&Aにおける企業価値を算出する上で、割引率の理解は不可欠となります。 また、事業投資の実施可否を判断する際にも、割引率が用いられます。

関連記事

M&Aの相場とは?決め方や注意点を紹介【事例付き】

M&Aの相場とは?決め方や注意点を紹介【事例付き】

M&Aの相場とは、企業を譲渡・譲受する際にふさわしいとされる金額です。買い手側と売り手側ではM&Aの相場観に差異があるため、折り合いを付ける必要があります。このとき利用されるのが、コストアプロー...

インカムアプローチ

インカムアプローチ

企業価値を算出する3大手法の1つがインカムアプローチです。企業の将来性に着目する評価方法が特徴であるインカムアプローチには、他の手法同様にいくつかの方法が属します。中でもDCF法は、M&Aにおい...

会社売却のメリット・デメリットとは?方法、相場、税金も紹介

会社売却のメリット・デメリットとは?方法、相場、税金も紹介

会社売却には、会社の規模拡大や自社の存続などのメリットがあります。一方で、会社売却が必ずしも成功するとは限らないというデメリットもあります。会社売却を成功させるためには、「タイミングの見極め」や...

事業価値

事業価値

事業価値とは、ある事業から得られるキャッシュフローの現在価値を合計したものであり、事業の将来性を測る指標として重宝されています。また、事業価値を算出する方法としては、DCF法が最も活用されていま...

第三者割当増資の株価への影響

第三者割当増資の株価への影響

企業にとって有効な資金調達手段である第三者割当増資ですが、結果的に発行株式数の増加は高い確率で株価変動をもたらします。第三者割当増資のメリット・デメリットや株価算定方法を見ていきながら、第三者割...

事業拡大とは?施策や戦略、成功事例・失敗事例を解説

事業拡大とは?施策や戦略、成功事例・失敗事例を解説

事業の拡大とは、既存または新規の分野で、事業を大きくする経営戦略です。事業を拡大すると、利益の獲得、認知度の向上、柔軟な市場対応力の獲得などのメリットが得られます。

会社を売るには?メリット・デメリット、高い値段で売れる会社の条件を解説

会社を売るには?メリット・デメリット、高い値段で売れる会社の条件を解説

会社を売る方法をはじめ、会社を売るための準備や高い値段で売る条件、メリット・デメリット、企業価値算出方法などについて解説します。会社を売る際はM&A仲介会社やアドバイザリーといった専門家の力を借...

M&Aにおけるバリュエーション

M&Aにおけるバリュエーション

M&Aを成功させるうえで、買収価格の基準となるバリュエーションは非常に重要なプロセスです。M&Aの実務上用いられるバリュエーション手法には、さまざまな手法があり、用いられる場面や特徴が異なります...

企業価値の算定方法

企業価値の算定方法

M&Aの過程で重要なポイントの1つが企業価値の算定です。企業価値の算定方法には3種類あり、「インカムアプローチ」「マーケットアプローチ」「コストアプローチ」と呼ばれています。この3つのアプローチ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)