意向表明書

意向表明書

M&Aにおける意向表明書とは、買い手企業が売り手企業に対して、M&Aの実施意向や条件を伝える書類です。 また、LOI( Letter of intent)と呼ばれることもあります。 意向表明書には、希望の買収価格やM&A手法、実施スケジュールなどについて記載するのが一般的です。 通常意向表明書は法的拘束力を持たないため、記載事項に反しても損害賠償等は請求できません。 必須の書類ではないため、意向表明書の提出を経ずにM&Aを実施する場合もあります。

関連記事

M&Aで基本合意書を締結する目的

M&Aで基本合意書を締結する目的

基本合意書とは、M&Aのスムーズな実施を目的として最終契約前のタイミングで締結する書類です。具体的には、買い手からすれば確実に取引できるメリットが、売り手からすれば安全に取引できるメリットがある...

ネームクリアとは?意味とM&Aにおける活用のメリット・デメリットをご紹介

ネームクリアとは?意味とM&Aにおける活用のメリット・デメリットをご紹介

ネームクリアは、M&A初期のプロセスで重要な転換点です。それは買収側のM&Aへの意思表示があったことを意味します。そしてネームクリアとは、より具体的なM&Aの検討や交渉のため、秘密保持契約締結後...

会社を売りたい

会社を売りたい

希望価格で会社を売るには、会社を磨き上げる努力をしながら多角的な視野を持ち、利益が最大になる方法を実践しましょう。本記事では、会社を売る方法をはじめ、値段の決め方や希望価格で売却する準備などをま...

M&Aの契約書とは?契約手順に沿って意向表明、基本合意書、最終契約書を解説します

M&Aの契約書とは?契約手順に沿って意向表明、基本合意書、最終契約書を解説します

M&Aの際に作成する契約書には、秘密保持契約書、基本合意契約書、最終契約書があります。基本合意契約書には、項目ごとに法的拘束力を設定でき、独占交渉権に法的拘束を持たせるケースが多いです。最終契約...

M&Aの手続きの流れ、進め方について解説!準備から円滑に進めよう

M&Aの手続きの流れ、進め方について解説!準備から円滑に進めよう

M&Aでは準備段階、交渉段階、契約段階、完了段階と進んでいきます。各段階で注意すべき点があり、M&Aの費用や方法について理解を深めることも大切です。M&A仲介会社やアドバイザリーにサポートしても...

M&Aの成功を左右する企業価値

M&Aの成功を左右する企業価値

企業価値の評価によって、M&Aの成功が左右するといっても過言ではありません。上場企業と非上場企業では、企業価値の算出方法は異なります。この記事では、企業規模別の企業価値の算出手法について解説しま...

M&Aにおける意向表明書とは?

M&Aにおける意向表明書とは?

M&Aを実施するとき、買い手側は売り手側に意向表明書を提出するケースが多いです。意向表明書とは、M&Aの実施意向や条件を伝える書類です。M&A契約で必須となる書類ではないものの、提出すればM&A...

事業譲渡における債権者保護手続きとは?事業譲渡の流れも解説

事業譲渡における債権者保護手続きとは?事業譲渡の流れも解説

事業譲渡は、買い手となる会社が承継するものを選べる一方で、ケースによって債権者保護の手続きが必要な場合と不要な場合があります。そのため、あらかじめ専門家のサポートを得ておくなど、万全の体制を整え...

LOI(レターオブインテント)とは?内容や法的拘束力などを解説!

LOI(レターオブインテント)とは?内容や法的拘束力などを解説!

LOIは、売り手と買い手の間で本格的な交渉が進む土台となる、M&Aにおける非常に重要な文書です。LOI締結を検討する段階では、両当事者間のさじ加減で取引条件を大まかに決め、その後、デューデリジェ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)