持株会社

持株会社

持株会社とは、他の会社の株式を大量に保有し、その支配権を獲得している会社をさします。一般的にホールディングスカンパニーとも呼ばれており、グループ会社の経営権を掌握しています。持株会社は複数企業の親会社となり、新規事業への参入、商品やサービスの開発がしやすくなります。一方、親会社となると傘下の会社より上の立場となるため、横並びの連携が取りにくいデメリットがあります。

関連記事

持株会社を用いた節税

持株会社を用いた節税

持株会社を活用することで、相続税を節税できます。しかし、近年は節税を目的とした持株会社の設立が認められないケースが増加しており、場合によっては節税した分より多くの費用が発生するケースもあります。...

持株会社の事業承継

持株会社の事業承継

持株会社を活用した事業承継には、複数の会社をまとめて事業承継できることや相続税を抑えられる、会社同士が成長しやすくなるなどのメリットがあります。一方で、一代限りしか相続税の節税対策としての効果を...

組織再編税制

組織再編税制

組織再編税制とは、企業が事業円滑化などのために行う組織再編に対して定められた特別な課税制度です。組織再編税制の対象となる行為には、合併、会社分割、現物出資、現物分配、株式移転、株式交換、スピンオ...

株式交換とは?メリット・デメリット、M&Aでの活用や自己株式の消却について解説

株式交換とは?メリット・デメリット、M&Aでの活用や自己株式の消却について解説

株式交換とは、対象会社の発行済株式すべてを株式の交換によって取得し、完全親会社となるための手法であり、会社の組織再編の際に活用されています。この記事では、株式交換を活用するメリット・デメリット、...

事業承継と株式の関係とは?自社株の承継や株価対策、株式譲渡について解説します

事業承継と株式の関係とは?自社株の承継や株価対策、株式譲渡について解説します

事業承継は会社の将来を決める重要な意思決定となります。株式や相続税の対策準備しているかどうかで、成功が大きく左右されるため、対策や方法について理解しておく必要があるでしょう。今回は、事業承継の基...

M&Aの目的とは?売り手(売却)、買い手側(買収)におけるM&Aの目的を解説

M&Aの目的とは?売り手(売却)、買い手側(買収)におけるM&Aの目的を解説

M&Aを活用すれば、様々な経営戦略上の目的をスピーディーに達成することが可能です。最近では、売り手・買い手問わず多種多様な目的のもとでM&Aが実施されています。M&A実施を検討中なら、他社がいか...

M&Aの種類とは?契約書や専門家の種類を解説

M&Aの種類とは?契約書や専門家の種類を解説

M&A手法は、資本の移動の有無・譲渡の範囲によってさまざまな種類に分けられます。M&A手法によって、特徴・活用場面・メリットやデメリットは異なるのです。M&Aをスムーズに成功させるには、自社に最...

吸収分割とは?メリット・デメリットや手続き、税務について解説

吸収分割とは?メリット・デメリットや手続き、税務について解説

吸収分割とは、会社の中から事業の一部または全部を切り出して新しく設立する会社に承継、既存の他社に承継するM&A手法です。この記事では、吸収分割のメリット・デメリット、実施される主な目的、種類や登...

株式移転とは?手続きやメリット・デメリット、M&Aにおける活用や事例を解説

株式移転とは?手続きやメリット・デメリット、M&Aにおける活用や事例を解説

株式移転とは、新たに設立した持株会社に自社の株を移行することによって、経営統合や持株会社の設立を行うM&A手法です。株式移転は株式譲渡などの手法とは異なり、買収時に多額の資金を用意しなくてもよい...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)