敵対的買収

敵対的買収

敵対的買収とは、経営の支配権を得るために、相手の企業の合意を得ずに実行する買収です。株式の過半数獲得により、支配権の獲得を狙うのが敵対的買収です。敵対的買収は、公開買い付け(TOB)で実施される場合が多いです。買収には敵対的買収に対して友好的買収というものがあります。日本のM&Aでは、敵対的買収よりも友好的買収の方が多く実施されています。  

関連記事

三角合併

三角合併

三角合併とは、近年認められるようになった会社間における吸収合併の方式です。組織再編行為である会社合併に際し、合併当事者の親会社も加わって3社が関わる吸収合併であることから三角合併といわれています...

M&Aの費用

M&Aの費用

M&Aを実施する過程で、どの程度の費用がかかるかご存じでしょうか?仲介会社を利用した際は、着手金やリテイナーフィー、成功報酬などの費用がかかります。また、株式譲渡など各M&A手法を実施した場合は...

敵対的買収の防衛策

敵対的買収の防衛策

敵対的買収に対抗するには、あらかじめ買収防衛策を講じておくことが大切です。ただし実際に敵対的買収の防衛策を導入する場合には、株主から反発を受けるおそれがあるため注意が必要です。この記事では、敵対...

敵対的買収

敵対的買収

敵対的買収とは、相手方の企業の合意を得ないまま実行する買収です。不安定な株主構成、コア・コンピタンスを有する、株価が割安等の条件に当てはまる会社は敵対的買収のターゲットとなりやすいです。

新株引受権

新株引受権

新株引受権とは会社が発行する株式を引き受けられる権利であり、会社が募集株式を発行する基準日に株主のみが行使できます。新株引受権は資金調達の有効手段となる一方で、活用には多くの手間や費用が発生する...

テンダー・オファー

テンダー・オファー

テンダー・オファーとは、株式市場を介さずに、不特定多数の株主から大量に株式を取得する買収手法であり、別名でTOBとも呼ばれます。テンダー・オファーには、買収に要する時間短縮、株価高騰のリスクを低...

経営権

経営権

経営権とは会社のさまざまな事柄を管理・決定できる権利です。経営権を獲得するには株式の半数を所有する必要がありますが、M&Aや事業承継において、経営権の譲渡に関する問題が発生することがあります。こ...

株式の持ち合いとは?メリット・デメリット、事例を解説

株式の持ち合いとは?メリット・デメリット、事例を解説

株式の持ち合いとは、会社同士が双方の株式を保有している状態を意味します。株式の持ち合いには、経営の安定、会社間の結束力強化、敵対的買収への対抗等のメリットがあります。

買収防衛策

買収防衛策

買収防衛策とは、敵対的買収に対して、経営陣の支配権を防衛する目的で実施する対策です。買収防衛策は強い効力を持ちますが、株主の利益が損なわれるおそれがあるため、廃止を進める傾向も見られます。導入す...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)