株式価値

株式価値

株式価値は、会社そのものの価値である企業価値と同等の概念です。M&Aの際にどんな事業・業績の会社を売買するかによって変動します。単純に株価だけで判断するのではなく、その会社を多角的に分析して見出された価値も加味する事で、初めて株式価値は計算されます。

関連記事

株式価値とは?株主価値、時価総額との違い、計算方法もわかりやすく解説

株式価値とは?株主価値、時価総額との違い、計算方法もわかりやすく解説

株式価値はM&Aでの会社売買の際、売買価額を決定づける基となるものです。本記事では、株式価値と企業価値・事業価値との意味の違い、株式価値の計算方法3体系(コストアプローチ、インカムアプロ...

経営の課題とは?自社の問題点を探す方法、解決策を解説

経営の課題とは?自社の問題点を探す方法、解決策を解説

企業にとって最大のテーマは収益の向上ですが、その実現に向けてはさまざまな経営課題を解決しなければなりません。本記事では、外部の統計調査を基にして企業規模別に経営課題を洗い出すとともに、自社の経営...

M&Aの譲渡価格の相場はどれくらい?価格の決め方、高値で売却するコツも紹介【事例付き】

M&Aの譲渡価格の相場はどれくらい?価格の決め方、高値で売却するコツも紹介【事例付き】

M&Aの相場とは、企業を譲渡・譲受する際にふさわしいとされる金額です。買い手側と売り手側ではM&Aの相場観に差異があるため、折り合いをつける必要があります。本記事では、M&amp...

マーケットアプローチとは?企業価値の計算方法やメリットを解説【事例付】

マーケットアプローチとは?企業価値の計算方法やメリットを解説【事例付】

マーケットアプローチとは、市場取引の観点から企業(株価)を評価する方法です。マーケットアプローチには類似業種比準方式、類似会社比準方式などがあり、相続税を抑える目的や非上場企業の株価を算定する目...

コストアプローチ

コストアプローチ

コストアプローチとは純資産額を基準に企業価値を算定する方法の総称です。本来、コストアプローチは事業を継続しない会社に対し多用されます。簿価純資産法、時価純資産法、清算価値法、再調達原価法がコスト...

事業価値

事業価値

事業価値とは、ある事業から得られるキャッシュフローの現在価値を合計したものであり、事業の将来性を測る指標として重宝されています。また、事業価値を算出する方法としては、DCF法が最も活用されていま...

ポイズンピルとは?メリット・デメリットや事例をわかりやすく解説

ポイズンピルとは?メリット・デメリットや事例をわかりやすく解説

ポイズンピルとは、新株発行により敵対的買収を阻止する防衛策をいいます。買収防衛策として効果的な手法ですが、株価低下を招き株主からの反発を受けやすいため、日本での活用事例は少ないです。ポイズンピル...

後継者と事業承継の現状・課題|後継者選びのポイントを解説

後継者と事業承継の現状・課題|後継者選びのポイントを解説

中小企業の事業承継で現在、最重要課題となっているのは後継者不足問題です。本記事では、事業承継と後継者に関する現状を分析し、事業承継の方法を紹介しながら、リスクや課題点、後継者選びのポイント、事業...

M&Aのファイナンスとは?概要、資金調達の手法や手順、注意点を解説

M&Aのファイナンスとは?概要、資金調達の手法や手順、注意点を解説

M&Aにおけるファイナンスとは、M&Aを実施する際に必要な資金を金融機関や投資家から借りることです。この記事では、M&Aにおけるシニアローンとメザニンファイナンスとの違い...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)