株式保有特定会社

株式保有特定会社

株式保有特定会社とは、株式及び出資の価額の合計額が総資産の50%以上を占める会社を指します。 該当する場合、原則として純資産価額方式を用いて株式の価額を算定します。 ただし、株式等以外の評価(S1)と株式等の評価(S2)に分けて別々に評価する、「S1+S2方式」を選択するのも可能です。 非上場の中小企業は、総資産に占める株式の割合が高い傾向があります。 そのため、M&Aや事業承継の際に、上場企業と同じ方法で企業価値を算出するのは合理的ではありません。 こうした背景から、株式保有特定会社の場合には、特別な評価方法を用います。 非上場企業がM&Aや事業承継を実施する際には、株式保有特定会社に該当するか確認しましょう。

関連記事

事業承継の株価算定

事業承継の株価算定

円滑な事業承継の実現には特に自社株の株価算定が重要です。また、会社規模や株主構成次第で算定方法が異なるうえ、ルールが複雑であるため注意が必要です。今回は事業承継における株価算定の基本知識や注意点...

自社株の事業承継について解説します

自社株の事業承継について解説します

事業承継において、自社株の引き継ぎは重要です。自社株の承継方法は、相続による事業承継、贈与による事業承継、M&Aを用いた売却があります。この記事では、事業承継における自社株の引き継ぎや自...

自社株(非上場株式)評価の計算方法をわかりやすく解説!

自社株(非上場株式)評価の計算方法をわかりやすく解説!

非上場企業は株式公開していないため、株価の客観的な数値が分かりません。そのため、M&Aや相続の際は定められた基準に従って自社株評価を行う必要があります。本記事では、非上場企業の自社株評価...

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株価評価時に株式保有特定会社の判定を受けると、評価方法が限定されて税制面で不利になる場合があります。その際、選択肢を増やす手段として株特外しという方法を利用することも可能です。本記事では、株式保...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)