株式取得

株式取得

株式取得とは、対象企業の株式を取得する事によって買収するM&A手法です。 狭義では株式譲渡を指し、広義では第三者割当増資や新株の引き受けも株式取得と呼ばれます。 株式取得によるM&Aでは、株主以外は大きく変化しないのが一般的です。 その為、他のM&A手法と比べて手続きが簡便に済みます。 ただし株式譲渡を用いた場合、簿外債務や不要資産も同時に引き継ぐリスクがあります。 その為、徹底的なデューデリジェンスを経た上で、M&Aを実施するのが重要です。 中小企業においては、株式取得によるM&Aが最も一般的です。

関連記事

資金調達の方法とは?分類、選ぶポイントも解説

資金調達の方法とは?分類、選ぶポイントも解説

経営者が活用できる資金調達方法はさまざまなものがあり、方法によって、資金調達の可能性や背負うリスクも変わるものです。本記事では、資金調達方法の分類と各特徴、メリット・デメリット、具体的な資金調達...

三角合併とは?用いられる場面、メリット・デメリットを解説

三角合併とは?用いられる場面、メリット・デメリットを解説

三角合併とは、近年認められた会社間における吸収合併の方式のことです。この記事では、三角合併の詳細に迫ります。三角合併が用いられる場面、三角合併のメリット・デメリット、三角合併の特徴などについて解...

事業再生ファンドとは?用語の意味を解説

事業再生ファンドとは?用語の意味を解説

事業再生ファンドとは、中小企業再生ファンドとも呼ばれる投資事業有限責任組合です。この記事では、事業再生ファンドについて、事業再生ファンドの組織構成や支援内容、メリットやデメリット、用語の意味など...

資本参加

資本参加

資本参加する企業は相手企業への出資によって関係を深め、自社の経営に何らかの寄与をもたらす効果を期待します。資本参加を受ける企業は、出資によって得た資金を事業に有効活用できます。しかし親子関係では...

適格株式交換とは

適格株式交換とは

適格株式交換とは、「株式交換のうち、適格要件を満たし完全親法人の株式以外で資産を交付されないもの」を指します。適格株式交換の適格要件には金銭等不交付要件や継続保有要件があり、要件をみたせるかどう...

株式の持ち合いとは?メリット・デメリット、事例を解説

株式の持ち合いとは?メリット・デメリット、事例を解説

株式の持ち合いとは、会社同士が双方の株式を保有している状態のことです。株式の持ち合いには、経営の安定・会社間の結束力強化・敵対的買収への対抗などの目的・メリットがあります。本記事では、株式の持ち...

組織再編税制

組織再編税制

組織再編税制とは、企業が事業円滑化などのために行う組織再編に対して定められた特別な課税制度です。組織再編税制の対象となる行為には、合併、会社分割、現物出資、現物分配、株式移転、株式交換、スピンオ...

特別決議とは?拒否権や普通決議との違いを解説

特別決議とは?拒否権や普通決議との違いを解説

特別決議では、株主総会の中でも、比較的に重要な事項を決定します。例えば、会社の基盤要素の変更、新株発行、株主の地位変更、株主の損得事項、経営陣の変更などが該当します。この記事では、特別決議とはど...

株式譲渡所得に確定申告は必要?対象者や申告方法を解説

株式譲渡所得に確定申告は必要?対象者や申告方法を解説

株式譲渡によって一定額以上の所得を得た場合、確定申告をする義務があります。ただし、利益が発生しなかったり、特定口座(源泉徴収あり)やNISA口座で取引をしている場合には、例外として株式譲渡所得の...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)