株式取得

株式取得

株式取得とは、対象企業の株式を取得する事によって買収するM&A手法です。 狭義では株式譲渡を指し、広義では第三者割当増資や新株の引き受けも株式取得と呼ばれます。 株式取得によるM&Aでは、株主以外は大きく変化しないのが一般的です。 その為、他のM&A手法と比べて手続きが簡便に済みます。 ただし株式譲渡を用いた場合、簿外債務や不要資産も同時に引き継ぐリスクがあります。 その為、徹底的なデューデリジェンスを経た上で、M&Aを実施するのが重要です。 中小企業においては、株式取得によるM&Aが最も一般的です。

関連記事

資金調達の方法

資金調達の方法

経営者が活用できる資金調達方法には様々なものがあり、方法によって、資金調達の可能性や背負うリスクも変わります。そのため、それぞれの手法の特徴やメリット・デメリット、活用場面をしっかり理解したうえ...

M&Aの譲渡価格の相場はいくら?決め方、高値で売却するコツも紹介【事例付き】

M&Aの譲渡価格の相場はいくら?決め方、高値で売却するコツも紹介【事例付き】

M&Aの相場とは、企業を譲渡・譲受する際にふさわしいとされる金額です。買い手側と売り手側ではM&Aの相場観に差異があるため、折り合いをつける必要があります。このとき利用されるのが...

事業承継の方法

事業承継の方法

事業承継の方法には、親族内承継、親族外承継、M&Aによる承継の3種類があります。近年は、会社を継ぐ目的のみならず、廃業寸前の会社を存続させたり、廃業コストをなくしたりするために、事業承継...

三角合併

三角合併

三角合併とは、近年認められるようになった会社間における吸収合併の方式です。組織再編行為である会社合併に際し、合併当事者の親会社も加わって3社が関わる吸収合併であることから三角合併といわれています...

事業再生ファンド

事業再生ファンド

事業再生ファンドとは、中小企業再生ファンドとも呼ばれる投資事業有限責任組合です。官民ファンドである事業再生ファンドは、経営が悪化している中小企業を再生させる名目で投資を含めた経営支援を行います。...

資本参加

資本参加

資本参加する企業は相手企業への出資によって関係を深め、自社の経営に何らかの寄与をもたらす効果を期待します。資本参加を受ける企業は、出資によって得た資金を事業に有効活用できます。しかし親子関係では...

適格株式交換とは

適格株式交換とは

適格株式交換とは、「株式交換のうち、適格要件を満たし完全親法人の株式以外で資産を交付されないもの」を指します。適格株式交換の適格要件には金銭等不交付要件や継続保有要件があり、要件をみたせるかどう...

株式の持ち合いとは?メリット・デメリット、事例を解説

株式の持ち合いとは?メリット・デメリット、事例を解説

株式の持ち合いとは、会社同士が双方の株式を保有している状態のことです。株式の持ち合いには、経営の安定・会社間の結束力強化・敵対的買収への対抗などの目的・メリットがあります。本記事では、株式の持ち...

組織再編税制

組織再編税制

組織再編税制とは、企業が事業円滑化などのために行う組織再編に対して定められた特別な課税制度です。組織再編税制の対象となる行為には、合併、会社分割、現物出資、現物分配、株式移転、株式交換、スピンオ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)