株式移転

株式移転

株式移転とは、2つ以上の株式会社が発行済みの株式全てを、新規で設立した株式会社に取得させるM&Aの手法です。経営統合のために新設するので、完全親子会社関係を築きます。新設された株式会社が親会社となり、その傘下に入るようにして、既存の企業が子会社となります。合併に近しい形を取れるとも言えます。株式移転は、「経営統合したいけど合併には抵抗がある」と考える企業間で実施されるケースが多いです。  

関連記事

持株会社を用いた節税|メリット・デメリット、節税できる理由を解説

持株会社を用いた節税|メリット・デメリット、節税できる理由を解説

持株会社を活用することで、相続税を節税できます。しかし、近年は節税を目的とした持株会社設立が認められないケースが増加しています。場合によっては節税分より多くの費用が必要なケースもあります。節税目...

株式交換の手続きは?かかる期間、スケジュールも解説

株式交換の手続きは?かかる期間、スケジュールも解説

株式交換の手続きでは、株式交換の契約や情報開示、株主総会などがあり、ケースによっては債権者保護手続きなども必要です。本記事では、株式交換の手続きについて解説するとともに、手続きにかかる期間・スケ...

事業承継税制による相続税の負担軽減方法を徹底解説

事業承継税制による相続税の負担軽減方法を徹底解説

相続の形で事業承継を実施する際は、相続税の負担と生前の遺言書が必要なので事前に準備しなければなりません。事業承継税制を活用すれば、相続税の納税猶予を受けられます。当記事では、事業承継時に利用した...

親族内承継とは?用語の意味、メリット・デメリット、流れ、成功させるポイントも解説

親族内承継とは?用語の意味、メリット・デメリット、流れ、成功させるポイントも解説

親族内承継とは、経営者の子供をはじめとする親族に会社の事業を引き継ぐことです。親族内承継には周囲から受け入れられやすく後継者の教育期間を確保できるメリットがあるものの、重大なデメリットも存在する...

簿外債務とは?リスク、買い手の注意点をわかりやすく解説

簿外債務とは?リスク、買い手の注意点をわかりやすく解説

簿外債務とは、帳簿(貸借対照表)に計上されていない債務のことです。簿外負債とも呼ばれており、多くの中小企業が抱えています。M&Aの実施相手が簿外債務を抱えていると将来的に深刻な問題が発生...

新設合併とは?用語の定義や吸収合併との違い、メリット、手続きの流れも徹底紹介

新設合併とは?用語の定義や吸収合併との違い、メリット、手続きの流れも徹底紹介

新設合併とは、新たに設立した会社に当事会社の財産を引き継ぐ手法であり、経営者や従業員にマイナスのイメージを与えにくい点が特徴です。この記事では、新設合併における用語の定義や吸収合併との違い、メリ...

会社売却の方法・やり方・手続きとは?M&Aの流れ、売却後の従業員の処遇、注意点も解説

会社売却の方法・やり方・手続きとは?M&Aの流れ、売却後の従業員の処遇、注意点も解説

会社売却の方法は、株式譲渡・事業譲渡・合併などがあり一般的な方法は株式譲渡ですが、どの方法による売却が一番良いのかは、会社の状況や売却目的などによって異なります。本記事では、会社売却の方法、やり...

組織再編税制

組織再編税制

組織再編税制とは、企業が事業円滑化などのために行う組織再編に対して定められた特別な課税制度です。組織再編税制の対象となる行為には、合併、会社分割、現物出資、現物分配、株式移転、株式交換、スピンオ...

特別決議とは?拒否権や普通決議との違いを解説

特別決議とは?拒否権や普通決議との違いを解説

特別決議では、株主総会の中でも、比較的に重要な事項を決定します。例えば、会社の基盤要素の変更、新株発行、株主の地位変更、株主の損得事項、経営陣の変更などが該当します。この記事では、特別決議とはど...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)