株式移転

株式移転

株式移転とは、2つ以上の株式会社が発行済みの株式全てを、新規で設立した株式会社に取得させるM&Aの手法です。経営統合のために新設するので、完全親子会社関係を築きます。新設された株式会社が親会社となり、その傘下に入るようにして、既存の企業が子会社となります。合併に近しい形を取れるとも言えます。株式移転は、「経営統合したいけど合併には抵抗がある」と考える企業間で実施されるケースが多いです。  

関連記事

持株会社を用いた節税

持株会社を用いた節税

持株会社を活用することで、相続税を節税できます。しかし、近年は節税を目的とした持株会社の設立が認められないケースが増加しており、場合によっては節税した分より多くの費用が発生するケースもあります。...

株式交換の手続き

株式交換の手続き

株式交換の手続きでは、株式交換の契約や情報開示、株主総会などがあり、ケースによっては債権者保護手続きも必要です。さらに、反対株主や各種法律への対応もあります。また、手続きの際には新株式の割り当て...

相続による事業承継は相続税の負担が大きい!事業承継税制を活用しよう

相続による事業承継は相続税の負担が大きい!事業承継税制を活用しよう

相続の形で事業承継を実施する際には、相続税の負担と生前の遺言書が必要なので事前に準備しなければなりません。そこで、事業承継を安心して進めるべく利用したい事業承継税制をわかりやすく解説。相続税の支...

親族内承継

親族内承継

親族内承継とは、経営者の子供をはじめとする親族に会社の事業を引き継ぐことです。親族内承継には周囲から受け入れられやすく後継者の教育期間を確保できるなどのメリットがあるものの、重大なデメリットも存...

組織再編税制

組織再編税制

組織再編税制とは、企業が事業円滑化などのために行う組織再編に対して定められた特別な課税制度です。組織再編税制の対象となる行為には、合併、会社分割、現物出資、現物分配、株式移転、株式交換、スピンオ...

特別決議とは?拒否権や普通決議との違いを解説

特別決議とは?拒否権や普通決議との違いを解説

特別決議では、株主総会の中でも、比較的に重要な事項を決定します。特別決議では、会社の基盤要素の変更、新株発行、株主の地位変更、株主の損得事項、経営陣の変更などに関して決定します。

株式交換とは?メリット・デメリット、M&Aでの活用や自己株式の消却について解説

株式交換とは?メリット・デメリット、M&Aでの活用や自己株式の消却について解説

株式交換とは、対象会社の発行済株式すべてを、株式の交換によって取得し、完全親会社となるための手法であり、会社の組織再編の際に活用されています。この記事では、そんな株式交換を活用するメリット・デメ...

事業承継補助金とは?採択率やM&Aでの活用を解説

事業承継補助金とは?採択率やM&Aでの活用を解説

事業承継補助金は、中小企業を支援する目的で支給されます。補助金を得るには厳正な審査を経る必要があり、綿密な計画が必要なので、会計士や税理士といった専門家に相談し、サポートを得るようにしましょう。...

M&A戦略の目的とは?M&A戦略の事例や策定方法、注意点をご紹介

M&A戦略の目的とは?M&A戦略の事例や策定方法、注意点をご紹介

M&Aを成功させるには、戦略の構築が欠かせません。M&Aを実施する目的を明確にし、目的に合った戦略を実施することで、M&Aの成功確率を高めることが可能です。規模の拡大、機能の確保、再建・規律確保...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)