相続時精算課税

相続時精算課税

相続時精算課税とは、贈与税の課税方法の一つです。 相続時精算課税を選択すれば、生前贈与の範囲が年間2,500万円までならば、贈与税が課税されなくなります。 この制度を用いれば、事業承継をスムーズに実施できる可能性があります。 ただしその代わりに、生前贈与した金額は相続時の課税計算に加えられます。 加えて2,500万円を超える部分については、一律で20%の税額分が課税されます。 なお、贈与者ごとに相続時精算課税制度を用いるか否か選択できます。 ただし一度選択すると、暦年課税には変更できないため注意が必要です。

関連記事

後継者と事業承継の現状、後継者選びのポイントを解説

後継者と事業承継の現状、後継者選びのポイントを解説

経営者が事業承継で直面する課題は「後継者問題」。近年は後継者難による廃業が増加する一方で、親族外による事業承継も増えています。今回は事業承継と後継者に関する現状から、後継者選びのポイントや事業承...

事業承継アドバイザーとは?合格率や難易度、問題集をご紹介

事業承継アドバイザーとは?合格率や難易度、問題集をご紹介

事業承継アドバイザーとは、事業承継に関する知識を持ったスペシャリストのことです。事業承継アドバイザーになるには、資格を取得する必要があります。この記事では、事業承継アドバイザーになるメリットや、...

事業承継と株式の関係とは?自社株の承継や株価対策、株式譲渡について解説します

事業承継と株式の関係とは?自社株の承継や株価対策、株式譲渡について解説します

事業承継は会社の将来を決める重要な意思決定となります。株式や相続税の対策準備しているかどうかで、成功が大きく左右されるため、対策や方法について理解しておく必要があるでしょう。今回は、事業承継の基...

事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説

事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説

事業承継は「親族内承継」「親族外承継」「M&Aによる事業承継」の三種類に分けることができます。事業承継の手順、方法、メリット・デメリット、事業承継税制や補助金について解説していきます。どの事業承...

事業承継で発生する税金

事業承継で発生する税金

事業承継の種類によって、課税される税金が異なります。加えて、それぞれ活用できる税金対策も異なります。この記事では、事業承継の種類によって発生する税金や活用できる税金対策をご紹介します。

事業承継の手続きの流れや必要なものを紹介【法人・個人事業主向け】

事業承継の手続きの流れや必要なものを紹介【法人・個人事業主向け】

事業承継に必要な手続きは、法人と個人事業主で異なります。法人における事業承継は基本的な手続きの終了後に、個人事業では後継者が同じ屋号を用いて開業することで完了となる仕組みです。本記事では、法人と...

事業承継で課される贈与税

事業承継で課される贈与税

事業承継を実施した結果、贈与税が発生する場合があります。そのため、事業承継を円滑に進めるためには、贈与税の節税を図る必要があるでしょう。この記事では、事業承継時の贈与税に関する基礎的な知識から、...

事業承継における節税

事業承継における節税

事業承継においては、相続税や贈与税などの税金が課されます。多額の税金によって事業承継が妨げられるケースもあるだけに、節税対策は欠かせないものです。節税の方法や種類など、円滑な事業承継を実現するた...

自社株の事業承継について解説します

自社株の事業承継について解説します

事業承継において、自社株の引き継ぎは重要です。自社株の承継方法は、相続による事業承継、贈与による事業承継、M&Aを用いた売却があります。この記事では、事業承継における自社株の引き継ぎや自社株の株...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)