総合課税

総合課税

総合課税とは、各種の所得金額を合算して所得税額を計算する方式です。 具体的には、給与所得や不動産所得などが総合課税の対象となります。 合算した所得金額が一定以上になると、掛けられる税率も上昇します。 一方で、他の所得とは切り離した上で税額を計算する方法を、分離課税と呼びます。 M&Aの際に株式譲渡によって得た利益には、総合課税ではなく分離課税によって課税されます。

関連記事

株式譲渡所得とは?税金や確定申告・節税対策・M&Aの手法を解説

株式譲渡所得とは?税金や確定申告・節税対策・M&Aの手法を解説

M&Aの際、得た利益が株式譲渡所得になるとは一概に言えないので注意しましょう。株式譲渡所得の金額が20万円以下の場合、特定口座・NISAを用いている場合、確定申告が不要です。しかし、不要のケース...

自社株の売却

自社株の売却

自社株売却には大きく分けて2つの側面があります。1つには会社の運営を円滑に進める手立てとして、もう一方は会社の経営手法や体制を刷新する手段としてです。そこで自社株売却の方法とそれに伴うメリット、...

株式譲渡所得に確定申告は必要?対象者や申告方法を解説

株式譲渡所得に確定申告は必要?対象者や申告方法を解説

株式譲渡によって一定額以上の所得を得た場合、確定申告をする義務があります。ただし、利益が発生しなかったり、特定口座(源泉徴収あり)やNISA口座で取引をしている場合には、例外として株式譲渡所得の...

株式譲渡と確定申告

株式譲渡と確定申告

株式譲渡で利益を得た場合は確定申告を行う必要がありますが、一定の要件を満たせば確定申告が不要なケースもあります。ただし、確定申告が不要な場合でも、実施すると損益通算や繰越控除、配当金による節税が...

株式譲渡時の税金

株式譲渡時の税金

株式譲渡時の税金は、個人が売却した際は所得税と住民税が課せられ、法人の場合には法人税が課せられます。節税対策では、退職金を活用して手元に残る額を増やせる場合もあるため、専門家に相談することをおす...

分離課税とは?源泉分離課税と申告分離課税をわかりやすく解説

分離課税とは?源泉分離課税と申告分離課税をわかりやすく解説

日本では所得は10種類に分類され、各所得ごとに総合課税か分離課税のどちらかが適用されることになっています。また、分離課税には源泉分離課税と申告分離課税の2種類の区分があります。分離課税の詳細につ...

会社売却における税金

会社売却における税金

会社売却において、税金の対策を練ることは非常に重要なプロセスです。どの手法で会社を売却するかによって、必要な税金が異なるため、税金面で損をしないためには会社売却について熟知しておく必要があります...

M&Aの税務

M&Aの税務

M&Aでは金銭の授受があるため、そこに必ず税務が生じます。またM&Aでは譲受対象が株式、事業、資産、権利など様々であり、それぞれにおいて税務は違います。さらに個人、法人でも税務は変わるため厄介で...

株式譲渡と住民税

株式譲渡と住民税

上場株式でも一般株式でも株式譲渡を行って利益が出れば、所得税と住民税が課税されます。本記事ではそのうちの住民税にフォーカスし、株式譲渡での住民税の申告・納税の実態に迫ります。特に税制改正で変更と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)