親族外承継

親族外承継

親族外承継とは、経営者自身の子供や兄弟などの親族以外に事業承継する行為を指します。 一般的には、自社の従業員や役員に対して会社を引き継ぐのが一般的な親族外承継です。 役員に事業承継する行為をMBO、従業員に対して事業承継する場合をEBOと呼びます。 全く知らない第三者が経営者になった際に生じる「従業員のモチベーション低下」を防げるメリットがあります。 一方で、後継者となる人物に株式等を引き継ぐ資金力が無いケースが多いデメリットもあります。 そのため、役員や従業員に買い取りたいと思わせるような魅力的な会社づくりに努めるのが大事です。

関連記事

事業承継の方法とは?種類ごとのメリット・デメリットも解説

事業承継の方法とは?種類ごとのメリット・デメリットも解説

事業承継の方法を総合的にまとめました。事業承継の現状を分析するとともに、事業承継の方法(親族内承継、親族外承継、M&Aでの事業承継)の概要・メリット・デメリット・成功させるポイント、手順...

親族内承継とは?用語の意味、メリット・デメリット、流れ、成功させるポイントも解説

親族内承継とは?用語の意味、メリット・デメリット、流れ、成功させるポイントも解説

親族内承継とは、経営者の子供をはじめとする親族に会社の事業を引き継ぐことです。親族内承継には周囲から受け入れられやすく後継者の教育期間を確保できるメリットがあるものの、重大なデメリットも存在する...

事業承継を税理士に相談するメリット

事業承継を税理士に相談するメリット

事業承継を税理士に相談することで、税務関係の処理だけでなく、M&Aを活用した事業承継プロセスのサポートも実施してもらえるメリットがあります。ただし、すべての税理士が対応できるわけではない...

後継者と事業承継の現状・課題|後継者選びのポイントを解説

後継者と事業承継の現状・課題|後継者選びのポイントを解説

中小企業の事業承継で現在、最重要課題となっているのは後継者不足問題です。本記事では、事業承継と後継者に関する現状を分析し、事業承継の方法を紹介しながら、リスクや課題点、後継者選びのポイント、事業...

中小企業の後継者不足問題は深刻化している?解決策を紹介

中小企業の後継者不足問題は深刻化している?解決策を紹介

近年、中小企業の後継者不足は年々深刻になってきており、M&Aを活用して第三者へ事業を承継することで解決する事例が徐々に増えつつあります。この記事では、中小企業における後継者不足問題の現状...

事業承継税制とは?事業承継税制の要件やメリット・デメリットを解説

事業承継税制とは?事業承継税制の要件やメリット・デメリットを解説

事業承継税制とは、後継者が非上場の自社株式を相続や贈与により取得した場合に、相続税や贈与税の納税が猶予または免除される税制制度です。 平成30年度の改正によって、雇用継続の要件や、猶予割合等が改...

事業承継ガイドラインとは?活用方法や中小企業庁が策定した背景を解説

事業承継ガイドラインとは?活用方法や中小企業庁が策定した背景を解説

事業承継ガイドラインは事業承継をスムーズに進めるため、中小企業の活性化を目指す目的で中小企業庁が策定しました。ガイドラインには、事業承継の手順や計画的に事業承継を実施する重要性について掲載してい...

中小企業の事業承継とは?事業承継税制や課題、事業承継の方法を解説

中小企業の事業承継とは?事業承継税制や課題、事業承継の方法を解説

中小企業の事業承継問題は、後継者不足や高齢化によって深刻化しています。また事業承継のタイミングを逃して、廃業する中小企業も増えています。失敗するリスクを減らすため、そして事業のさらなる発展を実現...

事業承継と株式の関係|自社株承継、株価対策、株式譲渡も解説

事業承継と株式の関係|自社株承継、株価対策、株式譲渡も解説

事業承継は会社の将来を決める重要な意思決定です。株式や相続税の対策準備をしているかどうかで、成功が大きく左右されるため、対策や方法を理解する必要があります。本記事では、事業承継の基本知識をはじめ...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)