贈与税

贈与税

贈与税とは、相手から財産を受け取った場合に課税される税金です。 経営者が健在のうちに事業承継する場合には、承継する財産に贈与税がかかります。 贈与税の課税方法には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の二種類あり、好きな方を選択できます。 暦年課税は、年間110万円以上の財産を贈与する場合に、贈与税が課税される制度です。 一定金額を上回るごとに税率が上がるため、生前贈与により事業承継する際には注意が必要です。 一方で相続時精算課税は、年間2,500万円までは非課税で、それ以上の部分に一律20%課税される制度です。 こちらの制度は、事業承継の節税対策として用いられる場合もあります。

関連記事

持株会社を利用した事業承継|メリット・デメリット、手続きの流れも解説

持株会社を利用した事業承継|メリット・デメリット、手続きの流れも解説

持株会社を活用した事業承継には、複数の会社をまとめて事業承継できる、相続税を抑えられるなどのメリットがありますが、デメリットもあります。本記事では、持株会社を利用した事業承継のメリット・デメリッ...

相続税の節税

相続税の節税

事業承継を実施すると多額の相続税がかかるので、節税対策は必須ともいえるものです。相続税を節税するには、事業承継税制を活用したり財産を減らすなどの対策が有効です。また、生命保険を孫や子供にかけたり...

事業承継税制による相続税の負担軽減方法を徹底解説

事業承継税制による相続税の負担軽減方法を徹底解説

相続の形で事業承継を実施する際は、相続税の負担と生前の遺言書が必要なので事前に準備しなければなりません。事業承継税制を活用すれば、相続税の納税猶予を受けられます。当記事では、事業承継時に利用した...

事業承継の方法

事業承継の方法

事業承継の方法には、親族内承継、親族外承継、M&Aによる承継の3種類があります。近年は、会社を継ぐ目的のみならず、廃業寸前の会社を存続させたり、廃業コストをなくしたりするために、事業承継...

事業承継を成功させるための後継者選び

事業承継を成功させるための後継者選び

事業承継を円滑に実施するには、社内の整備、会社の価値再確認、経営者の引退時期決定、後継者の選定などを早い時期からしっかりと実施する必要があります。また、身近に後継者がいない場合、M&Aを...

親族内承継

親族内承継

親族内承継とは、経営者の子供をはじめとする親族に会社の事業を引き継ぐことです。親族内承継には周囲から受け入れられやすく後継者の教育期間を確保できるなどのメリットがあるものの、重大なデメリットも存...

事業承継を税理士に相談するメリット

事業承継を税理士に相談するメリット

事業承継を税理士に相談することで、税務関係の処理だけでなく、M&Aを活用した事業承継プロセスのサポートも実施してもらえるメリットがあります。ただしすべての税理士が対応できるわけではないた...

中小企業庁が実施する事業承継支援

中小企業庁が実施する事業承継支援

中小企業庁は、中小企業が円滑に事業承継を実施できよう、税金や資金面などの支援を行なっています。また、中小企業庁が策定した事業承継ガイドラインも、事業承継を実施するうえで有益な指針となります。この...

家業とは?家業の種類や家業を継ぐ上でのポイントを解説

家業とは?家業の種類や家業を継ぐ上でのポイントを解説

家業というと近代のイメージでは会社経営でしょう。もちろん個人事業や自営業等も家業です。しかし本来、家業とはもっと幅広く、その家で生業として代々受け継がれてきた職業を意味します。家業と承継のあり方...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)