超過収益力

超過収益力

超過収益力とは、M&Aにおける買収価格から企業価値を差し引いた部分です。 「のれん」とも呼ばれる超過収益力は、経営ノウハウや独自の技術などの無形資産で構成されています。 また、M&Aによって得られる様々なシナジー効果や将来性も超過収益力とみなされ、買収価格に上乗せされます。 つまりM&Aの際には、企業価値に超過収益力が上乗せされた上で、買収価格が決定します。 そのため、財務指標上の企業価値は低くても、高い値段で会社売却できる可能性があります。 ただし買い手側からすると、超過収益力を過大評価した結果、減損が発生するリスクがあります。

関連記事

事業譲渡で発生するのれん

事業譲渡で発生するのれん

M&Aで事業譲渡・譲受を実施すると、のれんという金額が発生します。軒先の暖簾(のれん)と同音である、こののれんという言葉が事業譲渡の現場で使われる意味と、企業会計や税務でのれんをどう取り扱えばよ...

営業権の償却

営業権の償却

営業権の償却とは、M&Aで買収した会社について、何年も利用できる資産の経費を数年に分けて返済するプロセスのことです。平成29年の税制改正によって営業権の償却額の計算で月数按分が必要となった点など...

事業売却とは

事業売却とは

事業売却は赤字による資金繰りの悪化などのネガティブな理由に限らず、会社の発展などポジティブな理由でも行われています。近年では、後継者不足などを理由とした個人の事業売却も増えています。今回は、事業...

M&Aにおけるのれん

M&Aにおけるのれん

M&Aの買収価格のうち、対象企業の時価純資産額を上回る分をのれんと言います。のれんはブランド力やノウハウなどの無形資産の価額です。そのため、のれんの評価を見誤るとM&A後にのれんの減損処理をする...

営業権譲渡

営業権譲渡

営業権譲渡とは目に見えない無形資産を譲渡する行為です。営業権は「のれん」とも呼ばれ、営業権譲渡時にのれん代として買収価格に上乗せされるケースがあります。営業権の価格評価に厳格な規定はないものの、...

会社売却における税金

会社売却における税金

会社売却において、税金の対策を練ることは非常に重要なプロセスです。どの手法で会社を売却するかによって、必要な税金が異なるため、税金面で損をしないためには会社売却について熟知しておく必要があります...

会社買収とは

会社買収とは

M&Aが一般化している今、「会社買収」は当たり前に行われる手法になりました。経営者の方の中には「会社買収」を1つの成長戦略として考えている方もいらっしゃるでしょう。今回は、会社買収の方法や会社買...

のれん償却とは?会計処理や期間、メリット・デメリットを解説

のれん償却とは?会計処理や期間、メリット・デメリットを解説

M&Aで発生した「のれん代」は、一定期間内にのれん償却する必要があります。のれん償却の期間は、投資回収を考慮し最長20年以内に設定しましょう。会計基準にIFRSを採用し、のれん償却しない選択も1...

のれん償却期間とは?会計基準と税務

のれん償却期間とは?会計基準と税務

買収時に上乗せしたのれんは、無形固定資産として計上し、一定期間にわたり償却する決まりとなっています。会計上は最大20年以内で、自由にのれん償却期間を設定出来ます。買収におけるのれん償却期間、会計...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)