非流動性ディスカウント

非流動性ディスカウント

非流動性ディスカウントとは、M&Aなどの際に非上場企業の株式が上場企業の株式に比べて、低く評価される事を指します。 非公開株式は現金化しづらい上に、追加的にコストがかかる点が要因です。 中小企業がM&Aを実施する際には、非流動性ディスカウントを考慮した上で、取引価格を算出する必要があります。 ただし、どの程度割り引くか明確な基準はありません。 そのため、過去の類似したM&A取引を参考にするのが一般的です。

関連記事

M&Aにおける買収価格

M&Aにおける買収価格

M&Aにおいて、買収価格は非常に重要な要素であり、買収価格次第で、M&Aの成功が左右されるといっても過言ではありません。ここでは、企業価値・買収価格をはじめ、企業価値算出方法、M&Aにおける買収...

買収価格とは?買収価格決定プロセスと買収価格の交渉

買収価格とは?買収価格決定プロセスと買収価格の交渉

買収価格の決定は、M&Aを実施するうえで重要な要素の1つであり、複雑な算定プロセスを経て決まります。ここでは、買収価格の算定プロセスや買収価格を導くアプローチの手法、買収価格決定におけるポイント...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)