CA

CA

CA(Confidentiality Agreement)とは、日本語で秘密保持契約を指します。 M&Aの際には、互いの企業が事業内容や株式情報等の機密事項を開示します。 情報漏洩のリスクを減らす上で、CA(秘密保持契約)はM&A取引において不可欠です。 特に売り手側にとっては、M&Aによって多くの企業秘密を相手側に教えることとなります。 そのため、一般的にはCAが締結されて初めて、本格的なM&Aが開始されます。 CAでは、万が一情報を漏洩させた場合の損害賠償や契約の有効期間等を定めます。

関連記事

企業価値の計算方法

企業価値の計算方法

M&Aは会社の売買ですから企業価値を数値化しなければなりません。企業価値の算定には複数の計算方法があります。それら計算方法は3種に大別され、ネットアセットアプローチ、インカムアプローチ、マーケッ...

株式価値とは

株式価値とは

株式価値はM&Aでの会社売買の際、買収額を決定づけるものです。株式価値の計算方法はコストアプローチ、インカムアプローチ、マーケットアプローチの3種類に分類されます。株式価値と類似する企業価値・事...

融資を会社が受けるためには?

融資を会社が受けるためには?

とくに中小企業においては、金融機関からの融資で資金調達するのが一般的です。しかし、融資を受けるのは簡単なことではなく、融資を受ける理由を明確化して返済財源を確保しなければならないなど、いくつかの...

インカムアプローチ

インカムアプローチ

企業価値を算出する3大手法の1つがインカムアプローチです。企業の将来性に着目する評価方法が特徴であるインカムアプローチには、他の手法同様にいくつかの方法が属します。中でもDCF法は、M&Aにおい...

事業価値

事業価値

事業価値とは、ある事業から得られるキャッシュフローの現在価値を合計したものであり、事業の将来性を測る指標として重宝されています。また、事業価値を算出する方法としては、DCF法が最も活用されていま...

第三者割当増資の株価への影響

第三者割当増資の株価への影響

企業にとって有効な資金調達手段である第三者割当増資ですが、結果的に発行株式数の増加は高い確率で株価変動をもたらします。第三者割当増資のメリット・デメリットや株価算定方法を見ていきながら、第三者割...

ポイズンピルとは?メリット・デメリットや事例をわかりやすく解説

ポイズンピルとは?メリット・デメリットや事例をわかりやすく解説

ポイズンピルとは、新株発行により敵対的買収を阻止する防衛策をいいます。買収防衛策として効果的な手法ですが、株価低下を招き株主からの反発を受けやすいため、日本での活用事例は少ないです。ポイズンピル...

家業とは?家業の種類や家業を継ぐ上でのポイントを解説

家業とは?家業の種類や家業を継ぐ上でのポイントを解説

家業というと近代のイメージでは会社経営でしょう。もちろん個人事業や自営業等も家業です。しかし本来、家業とはもっと幅広く、その家で生業として代々受け継がれてきた職業を意味します。家業と承継のあり方...

株式交換比率とは?株式交換比率の決め方や求め方を解説

株式交換比率とは?株式交換比率の決め方や求め方を解説

株式交換比率とは、株式交換の際に子会社の株主に対して、持ち株数をもとに親会社の株式を割り当てる比率です。マーケットアプローチなどの手法により算出した企業価値をもとに決定します。本記事では、株式交...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)