CA

CA

CA(Confidentiality Agreement)とは、日本語で秘密保持契約を指します。 M&Aの際には、互いの企業が事業内容や株式情報等の機密事項を開示します。 情報漏洩のリスクを減らす上で、CA(秘密保持契約)はM&A取引において不可欠です。 特に売り手側にとっては、M&Aによって多くの企業秘密を相手側に教えることとなります。 そのため、一般的にはCAが締結されて初めて、本格的なM&Aが開始されます。 CAでは、万が一情報を漏洩させた場合の損害賠償や契約の有効期間等を定めます。

関連記事

商工会議所の補助金・助成金を徹底解説

商工会議所の補助金・助成金を徹底解説

商工会議所では、補助金以外にもさまざまなサポートを受けることが可能です。具体的なサポート内容としては、創業を目指す人向けの支援や経営の専門家からのアドバイスなどが挙げられます。他の経営者との人脈...

経営改善のポイント、計画の策定方法を解説

経営改善のポイント、計画の策定方法を解説

中小企業庁では経営改善支援事業を実施しており、利用することで財務のみならず経営戦略なども改善できます。財務上の問題を抱える前の段階から経営改善に取り組むことも可能です。本記事では、中小企業庁が実...

企業価値の計算方法

企業価値の計算方法

M&Aは会社の売買ですから企業価値を数値化しなければなりません。企業価値の算定には複数の計算方法があります。それら計算方法は3種に大別され、ネットアセットアプローチ、インカムアプローチ、...

株式価値とは?株主価値、時価総額との違い、計算方法もわかりやすく解説

株式価値とは?株主価値、時価総額との違い、計算方法もわかりやすく解説

株式価値はM&Aでの会社売買の際、売買価額を決定づける基となるものです。本記事では、株式価値と企業価値・事業価値との意味の違い、株式価値の計算方法3体系(コストアプローチ、インカムアプロ...

株式譲渡承認請求書とは?記載例・押印、必要性、手続きの流れを解説

株式譲渡承認請求書とは?記載例・押印、必要性、手続きの流れを解説

株式譲渡承認請求書とは、株式を発行している会社に株式譲渡を認めてもらう目的で作成する書類のことです。作成する際は、押さえておくべきポイントがあります。本記事では、株式譲渡承認請求書について、記載...

売上拡大を目指すには?障壁となる要素、戦略をわかりやすく解説

売上拡大を目指すには?障壁となる要素、戦略をわかりやすく解説

売上拡大の施策・戦略には、既存顧客からの売上向上、新規顧客の開拓、顧客単価の引き上げ、新たな分野への進出があります。売上拡大を目指すには、新たな営業モデルの設計や手法へのアプローチが重要です。本...

M&Aの譲渡価格の相場はどれくらい?価格の決め方、高値で売却するコツも紹介【事例付き】

M&Aの譲渡価格の相場はどれくらい?価格の決め方、高値で売却するコツも紹介【事例付き】

M&Aの相場とは、企業を譲渡・譲受する際にふさわしいとされる金額です。買い手側と売り手側ではM&Aの相場観に差異があるため、折り合いをつける必要があります。本記事では、M&amp...

中小企業の人材不足が深刻化!原因と対策をご紹介

中小企業の人材不足が深刻化!原因と対策をご紹介

中小企業における人材不足の要因には、少子化、専門的な技能・技術を持つ人材の減少、待遇、業務環境などがあります。また人材不足への対策として、業務環境・待遇の改善、教育体制の見直し、採用の見直しなど...

会社を売りたい!会社売却のメリット・注意点・手続き、高く売るためのコツを徹底紹介

会社を売りたい!会社売却のメリット・注意点・手続き、高く売るためのコツを徹底紹介

会社を売りたいとお考えの経営者の方に向けての情報をまとめました。会社を売る目的やメリット・デメリット、注意すべきポイント、会社を売る場合のM&Aスキーム(手法)や手順・必要書類、売却額の...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)