FA

FA

FAとは、Financial Adviserの略で財務アドバイザーを指す用語です。 M&Aでは、買収価格や主に財務面での条件交渉に関する助言を行います。 投資銀行やコンサルティング業者を指してFA(財務アドバイザー)と呼ぶケースが多いです。 仲介会社とFAは同一視されがちですが、厳密には異なります。 仲介会社はM&Aの際に買い手・売り手の間に入って、双方の利益を満足化する様に行動します。 一方でFAは、どちらかの側の利益を最大化するために行動します。 その点でFAと仲介会社は異なります。

関連記事

販路開拓のコツと手法

販路開拓のコツと手法

販路開拓を成功させるためには、3種類のチャネルを作る、顧客をしっかり意識する、自社の商品・サービスを改めて分析などの施策があります。販路開拓にはさまざまな方法があるため、自社に合った方法を用いる...

企業価値の計算方法

企業価値の計算方法

M&Aは会社の売買ですから企業価値を数値化しなければなりません。企業価値の算定には複数の計算方法があります。それら計算方法は3種に大別され、ネットアセットアプローチ、インカムアプローチ、マーケッ...

M&Aで基本合意書を締結する目的

M&Aで基本合意書を締結する目的

基本合意書とは、M&Aのスムーズな実施を目的として最終契約前のタイミングで締結する書類です。具体的には、買い手からすれば確実に取引できるメリットが、売り手からすれば安全に取引できるメリットがある...

融資を会社が受けるためには?

融資を会社が受けるためには?

とくに中小企業においては、金融機関からの融資で資金調達するのが一般的です。しかし、融資を受けるのは簡単なことではなく、融資を受ける理由を明確化して返済財源を確保しなければならないなど、いくつかの...

事業承継を税理士に相談するメリット

事業承継を税理士に相談するメリット

事業承継を税理士に相談することで、税務関係の処理だけでなく、M&Aを活用した事業承継プロセスのサポートも実施してもらえるメリットがあります。ただしすべての税理士が対応できるわけではないため、事業...

経営に求められる判断

経営に求められる判断

経営判断は、会社の経営者にとっては避けられないものです。経営判断を下す際には、自分の目で確認し、長所である分野を伸ばす視点を持つのが効果的です。自分自身のみで判断できない場合には、従業員の意見を...

株式譲渡契約書の印紙、作成方法を解説!

株式譲渡契約書の印紙、作成方法を解説!

株式譲渡契約書とは、株式譲渡におけるさまざまな事柄について定めた文書であり、株主の氏名や会社情報、譲渡価格、対価の支払い方法などの内容が記載されます。契約書というと印紙の存在が気がかりですが、株...

買収プレミアム

買収プレミアム

買収プレミアムとは、買収の際に企業の時価総額に上乗せされて支払う資金です。シナジー効果の予測が困難なことから、買収プレミアムが過剰に支払われることも少なくありません。この記事では買収プレミアムを...

合弁企業

合弁企業

合弁企業とは、複数の企業が共同出資して経営する会社をさします。合弁会社設立のメリットには、相手企業の持つノウハウや資産の活用、出資に対するリスクの分散などがあります。ただし、会社間で対立が生じる...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)