M&A

M&A

M&Aとは、日本語訳すると「合併と買収」という意味です。 さらに簡単に言うと会社を売買したり、複数の企業を一つにする行為です。 売り手側は資金調達や市場での生き残り、買い手側は多角化や事業規模の拡大を目的にM&Aを実行します。 特に経営者の高齢化が進行している現代では、中小企業が事業承継目的でM&Aを実施する事例が増加しています。 中小企業が事業承継目的でM&Aを行う際は、数ある手法の中でも「株式譲渡」を用いるのが一般的です。 M&Aを当事者間で行うのは、手続きの煩雑さから困難を極めます。 そのため、仲介業者や税理士等の専門家の力を借りた上でM&Aを実施するのが通常の流れです。

関連記事

株式譲渡所得とは?税金や確定申告・節税対策・M&Aの手法を解説

株式譲渡所得とは?税金や確定申告・節税対策・M&Aの手法を解説

M&Aの際、得た利益が株式譲渡所得になるとは一概に言えないので注意しましょう。株式譲渡所得の金額が20万円以下の場合、特定口座・NISAを用いている場合、確定申告が不要です。しかし、不要...

企業合併とは

企業合併とは

企業合併とは、複数の会社が統合するM&A手法であり、実施するとさまざまなメリットを得られます。しかし、企業合併には注意すべき点もありますので、慎重に行わなくてはなりません。この記事では、...

【中小企業必見】法人の正しい節税対策

【中小企業必見】法人の正しい節税対策

会社を運営する上で税金の支払いは避けられません。どの経営者も対策を立てて節税を図っています。しかし最大限の節税効果を得るためには、多種多様な方法の中から最適なものを探し出す必要があります。今回は...

後継者人材バンクについて解説します

後継者人材バンクについて解説します

後継者人材バンクとは、経営者の意向にマッチする後継者を見つけて事業承継の達成を目指す事業であり、事業引継ぎ支援センターによって運営されています。M&Aによる事業承継プロセスのサポートも依...

経営承継を円滑に実現するには

経営承継を円滑に実現するには

経営承継は、経営者の引退と同時にすぐ実行できるものではありません。円滑な経営承継を実現するには、事前に長期に渡って様々な準備をしておく必要があります。本記事では、経営承継を円滑に実現するためのポ...

商工会議所の補助金を活かす

商工会議所の補助金を活かす

商工会議所では、補助金以外にもさまざまなサポートを受けることが可能です。具体的なサポート内容には、創業を目指す人向けの支援や経営の専門家からのアドバイスなどがあります。また、他の経営者との人脈を...

販路開拓のコツと手法

販路開拓のコツと手法

販路開拓を成功させるためには、3種類のチャネルを作る、顧客をしっかり意識する、自社の商品・サービスを改めて分析などの施策があります。販路開拓にはさまざまな方法があるため、自社に合った方法を用いる...

経営改善について

経営改善について

中小企業庁では経営改善支援事業を実施しており、利用することで財務のみならず経営戦略などについても改善できます。また、財務上の問題を抱える前の段階から経営改善に取り組んでいくことも可能です。中小企...

企業価値の計算方法

企業価値の計算方法

M&Aは会社の売買ですから企業価値を数値化しなければなりません。企業価値の算定には複数の計算方法があります。それら計算方法は3種に大別され、ネットアセットアプローチ、インカムアプローチ、...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)