M&Aアドバイザー

M&Aアドバイザー

M&Aアドバイザーとは、M&Aの一連の流れの中で、経営者を全面的にサポートする専門家を指します。 M&Aアドバイザーに業務を依頼する際には、「アドバイザリー形式」と「仲介形式」の二種類の形式があります。 アドバイザリー形式では、売り手と買い手のそれぞれに付き、それぞれの立場から助言やサポートを実施します。 一方で仲介形式では、売り手と買い手の間にアドバイザーが介入し、双方の利益が最大限になるようにM&Aを進めます。 M&Aアドバイザーには許認可が不要なため、様々な業務に特化したアドバイザーが存在します。 必要に応じたM&Aアドバイザーを起用するのが大事です。

関連記事

M&Aの相場とは?決め方や注意点を紹介【事例付き】

M&Aの相場とは?決め方や注意点を紹介【事例付き】

M&Aの相場とは、企業を譲渡・譲受する際にふさわしいとされる金額です。買い手側と売り手側ではM&Aの相場観に差異があるため、折り合いを付ける必要があります。このとき利用されるのが、コストアプロー...

マーケットアプローチとは?企業価値の計算方法やメリットを解説【事例付】

マーケットアプローチとは?企業価値の計算方法やメリットを解説【事例付】

マーケットアプローチとは、市場取引の観点から企業(株価)を評価する方法です。マーケットアプローチには類似業種比準方式、類似会社比準方式などがあり、相続税を抑える目的や非上場企業の株価を算定する目...

M&Aの資格とは?種類や難易度、おすすめのM&A資格を比較

M&Aの資格とは?種類や難易度、おすすめのM&A資格を比較

M&A仲介に必須となる資格はないのですが、M&Aに関する資格は数種類あり、取得することでM&Aの専門家であることを示せます。すでにM&Aに携わっている方はもちろん、これからM&Aアドバイザリーを...

M&Aの契約書とは?契約手順に沿って意向表明、基本合意書、最終契約書を解説します

M&Aの契約書とは?契約手順に沿って意向表明、基本合意書、最終契約書を解説します

M&Aの際に作成する契約書には、秘密保持契約書、基本合意契約書、最終契約書があります。基本合意契約書には、項目ごとに法的拘束力を設定でき、独占交渉権に法的拘束を持たせるケースが多いです。最終契約...

会社分割とは?手続きやメリット・デメリット、事業譲渡との違いを解説

会社分割とは?手続きやメリット・デメリット、事業譲渡との違いを解説

会社分割とは、一部または全部の事業を他社に承継するM&A手法をさします。経営統合・グループ内再編など組織再編の方法として用いられるケースが一般的であり、税金の負担が軽い点などがメリットです。本記...

事業承継対策は必須?事前の準備や注意点について徹底解説【事例付】

事業承継対策は必須?事前の準備や注意点について徹底解説【事例付】

事業承継の成功を目指し、従業員など親族外への承継やM&Aを活用した第三者への承継を行うケースが増加しています。事業承継を成功させる上で、税金・資金対策は重要です。本記事では、親族内承継・親族外承...

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

事業承継の手続きの流れや必要なものを紹介【法人・個人事業主向け】

事業承継の手続きの流れや必要なものを紹介【法人・個人事業主向け】

事業承継に必要な手続きは、法人と個人事業主で異なります。法人における事業承継は基本的な手続きの終了後に、個人事業では後継者が同じ屋号を用いて開業することで完了となる仕組みです。本記事では、法人と...

事業承継問題の原因は?中小企業に残された解決法を紹介

事業承継問題の原因は?中小企業に残された解決法を紹介

事業承継は、経営者と後継者だけでなく、会社の役員・株主・従業員・取引先など多くの人間が関わる行為です。経営者としては、早期の段階で事業承継に関する意志を提示して後継者をはじめとする関係者に共有し...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)