TOB

TOB

TOBとは、株式市場を介さずに不特定多数の株主から直接的に株式を買い取る行為を指します。 株式の買い集めに関して対象会社の経営陣から了承を得ているケースを有効的TOB、得ていないケースを敵対的TOBと呼びます。 TOBを用いて買収すれば、スムーズに短期間でM&Aを完了させることが可能です。 しかし、一般的には通常の買収と比べて、買取金額がはるかに高額になる傾向があります。 また、買収防衛策等の実施により、TOBが成功する可能性は高くありません。 敵対的TOB自体は、今の所日本国内ではあまり実行事例がありません。 しかし、今後増加する可能性はあるため、ポイズンピル等の買収防衛策をあらかじめ考えておく必要があります。

関連記事

簿外債務とは?リスク、買い手の注意点をわかりやすく解説

簿外債務とは?リスク、買い手の注意点をわかりやすく解説

簿外債務とは、帳簿(貸借対照表)に計上されていない債務のことです。簿外負債とも呼ばれており、多くの中小企業が抱えています。M&Aの実施相手が簿外債務を抱えていると将来的に深刻な問題が発生...

敵対的買収の防衛策

敵対的買収の防衛策

敵対的買収に対抗するには、あらかじめ買収防衛策を講じておくことが大切です。ただし実際に敵対的買収の防衛策を導入する場合には、株主から反発を受けるおそれがあるため注意が必要です。この記事では、敵対...

敵対的買収

敵対的買収

敵対的買収とは、相手方の企業の合意を得ないまま実行する買収を指します。不安定な株主構成、コア・コンピタンスを有する、株価が割安等の条件に当てはまる会社は、敵対的買収のターゲットとなりやすい傾向に...

新設合併とは?用語の定義や吸収合併との違い、メリット、手続きの流れも徹底紹介

新設合併とは?用語の定義や吸収合併との違い、メリット、手続きの流れも徹底紹介

新設合併とは、新たに設立した会社に当事会社の財産を引き継ぐ手法であり、経営者や従業員にマイナスのイメージを与えにくい点が特徴です。この記事では、新設合併における用語の定義や吸収合併との違い、メリ...

テンダー・オファー

テンダー・オファー

テンダー・オファーとは、株式市場を介さずに、不特定多数の株主から大量に株式を取得する買収手法であり、別名でTOBとも呼ばれます。テンダー・オファーには、買収に要する時間短縮、株価高騰のリスクを低...

会社売却の方法・やり方・手続きとは?M&Aの流れ、売却後の従業員の処遇、注意点も解説

会社売却の方法・やり方・手続きとは?M&Aの流れ、売却後の従業員の処遇、注意点も解説

会社売却の方法は、株式譲渡・事業譲渡・合併などがあり一般的な方法は株式譲渡ですが、どの方法による売却が一番良いのかは、会社の状況や売却目的などによって異なります。本記事では、会社売却の方法、やり...

買収が株価に与える影響

買収が株価に与える影響

上場企業が買収を行う時、あるいは上場企業が買収を受ける時、どちらの場合も株式市場での株価に影響が出ます。買収に関わるさまざまな事象によって株価が変動する可能性があることを事前に把握しておく必要が...

第三者割当増資の手続きとは?メリット、契約書や取締役会についても解説

第三者割当増資の手続きとは?メリット、契約書や取締役会についても解説

第三者割当増資とは、第三者に新株を割り当てて発行する行為をさします。会社が新たに資本金を得るための手段の1つですが、株主募集の条件決定から登記申請までさまざまな手続きが必要です。今回は、第三者割...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)