TOB

TOB

TOBとは、株式市場を介さずに不特定多数の株主から直接的に株式を買い取る行為を指します。 株式の買い集めに関して対象会社の経営陣から了承を得ているケースを有効的TOB、得ていないケースを敵対的TOBと呼びます。 TOBを用いて買収すれば、スムーズに短期間でM&Aを完了させることが可能です。 しかし、一般的には通常の買収と比べて、買取金額がはるかに高額になる傾向があります。 また、買収防衛策等の実施により、TOBが成功する可能性は高くありません。 敵対的TOB自体は、今の所日本国内ではあまり実行事例がありません。 しかし、今後増加する可能性はあるため、ポイズンピル等の買収防衛策をあらかじめ考えておく必要があります。

関連記事

敵対的買収の防衛策

敵対的買収の防衛策

敵対的買収に対抗するには、あらかじめ買収防衛策を講じておくことが大切です。ただし実際に敵対的買収の防衛策を導入する場合には、株主から反発を受けるおそれがあるため注意が必要です。この記事では、敵対...

敵対的買収

敵対的買収

敵対的買収とは、相手方の企業の合意を得ないまま実行する買収です。不安定な株主構成、コア・コンピタンスを有する、株価が割安等の条件に当てはまる会社は敵対的買収のターゲットとなりやすいです。

テンダー・オファー

テンダー・オファー

テンダー・オファーとは、株式市場を介さずに、不特定多数の株主から大量に株式を取得する買収手法であり、別名でTOBとも呼ばれます。テンダー・オファーには、買収に要する時間短縮、株価高騰のリスクを低...

買収が株価に与える影響

買収が株価に与える影響

上場企業が買収を行う時、あるいは上場企業が買収を受ける時、どちらの場合も株式市場での株価に影響が出ます。買収にまつわる様々な事象によって株価が変動する可能性があることから、事象ごとに株価変動の傾...

株式取得とは?方法やメリット・デメリット、買収先が株式取得を望む理由を解説

株式取得とは?方法やメリット・デメリット、買収先が株式取得を望む理由を解説

株式取得とは、売り手企業の株式を取得して、M&Aを実施する手法です。株式取得には、株式譲渡や新株引受、株式交換などの手法があります。株式取得には、後継者問題の解決や経営権の掌握が比較的簡単である...

M&Aアドバイザーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

M&Aアドバイザーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

M&Aアドバイザーとは、M&Aに関連するアドバイスを行う専門家です。M&Aの相手探し・契約書の作成・統合プロセスまで幅広く業務を行います。この記事では、M&Aアドバイザーの種類・業務内容・起用時...

M&A成功事例とは?大手・中小企業、スタートアップやベンチャー企業のM&A成功事例を解説

M&A成功事例とは?大手・中小企業、スタートアップやベンチャー企業のM&A成功事例を解説

M&Aの成功事例を知ることで、M&A失敗の要因となるリスクを低減し、成功確率を高めることができます。今回の記事では、大手からベンチャーまでさまざまな規模の企業の成功事例を参考に、M&Aにおける成...

株式譲渡を利用したM&A

株式譲渡を利用したM&A

ひと口にM&Aといってもさまざまな手法があります。その中で株式譲渡は一般的にも最もポピュラーなものでしょう。会社の買収・売却に直結する株式譲渡の中身について、そのメリットとデメリットを見定めるこ...

クロスボーダーM&Aを成功させるには

クロスボーダーM&Aを成功させるには

国内市場の縮小や経営のグローバル化により競争がますます激化する環境下、クロスボーダーM&Aは、効率的かつスピーディーな海外進出を可能にする有効な手段です。しかし、実行には課題も多くあります。クロ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)