2022年6月6日更新業種別M&A

【2021年最新版】マンション管理会社のM&A事例26選!【案件一覧あり】

マンション管理会社はスケールメリットが得やすい事業であるため、M&Aと相性が良く、活発に取引が行われています。今回は、マンション管理会社のM&A事例26選を中心に紹介します。最新のM&A動向も取り上げますので、お役立てください。

目次
  1. マンション管理会社のM&A
  2. マンション管理会社のM&Aが行われる理由
  3. マンション管理会社のM&A案件一覧
  4. マンション管理会社のM&Aまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

マンション管理のM&A・事業承継

マンション管理会社のM&A

マンション管理会社のM&A

近年、マンション管理会社を対象とするM&Aが盛んに実施されています。そこで、マンション管理会社業界のM&Aのポイントを把握し、自社のM&Aの成功につなげましょう。

まず本章では、マンション管理会社の業務内容やM&Aの動向を紹介します。

マンション管理会社とは

マンション管理会社とは、その名のとおり、マンションの管理を主な業務とする会社です。その中で最も重要な業務が、「基幹事務」です。これは管理費・修繕積立金・出納・会計などに関する管理業務であり、他の業者には再委託できません。

基幹事務以外にも、マンション管理会社には、マンションの各種設備の点検・保全・セキュリティ・防災対策・防災対応・清掃などの業務があります。また、マンション管理会社は基本的にマンションデベロッパーのグループ会社である場合が多いですが、独立系のマンション管理会社も存在します。

そのため、自社がどのようなマンション管理会社なのか、あらためて確認しておきましょう。

ビル管理会社とは

マンション管理会社と類似する業種に、ビル管理会社があります。ビル管理会社とは、その名のとおり、ビルを管理する会社です。「建築物管理会社」や「ビルメンテナンス会社」とも呼ばれています。大まかな業務は、設備管理・常駐警備・駐車場管理・清掃などで、マンション管理会社と似ています。

ただし、ビルは、マンションと違って特殊な設備を持っている場合が多いです。そのため、管理する内容によっては、危険物取扱者・ボイラー技士・電気工事士・冷凍機械責任者などの資格を持つ者にしか行えない業務もある点が特徴的です。

以上のことから、マンション管理会社と比べると、ビル管理会社は専門性が高いです。マンション管理会社とビル管理会社の業務内容など基礎的な事柄を紹介したところで、ここからはマンション管理会社のM&A動向を紹介します。

マンション管理会社のM&A動向

マンション管理会社のM&A動向としては、M&Aが盛んな点が挙げられます。マンション管理業界では、近年マンションに居住する人が増えていることから、ニーズが非常に高まっている状況です。また、マンション管理業は管理戸数を増やすことで収益が増加するため、M&Aの実施によりスケールメリットを得やすいです。

こうした状況の中で、特に大手企業が中小規模のマンション管理会社を買収することで、事業規模を拡大する戦略を取るケースが増加しています。

市場規模は7,000億円超

矢野経済研究所によると、2018年におけるマンション管理会社業界の市場規模は、7,000億円を超えました。市場規模は現在も徐々に拡大を続けているものの、大手企業を中心にシェアを伸ばしているため、残されたシェアを中小企業が奪い合う状況が見られます。

そのため、経営が難しくなった中小企業が、大手のマンション管理会社にM&Aで買収されるケースも珍しくありません。また、売り手市場となっており、M&Aの際には売り手側が有利な条件を提示しやすい状況が見られます。

参考:矢野経済研究所「マンション管理市場に関する調査を実施(2020年)」

マンション管理会社のM&Aが行われる理由

マンション管理会社のM&Aが行われる理由

マンション管理会社のM&A事例を確認したところで、ここではマンション管理会社のM&Aが行われる理由を紹介します。マンション管理会社がM&Aを行う理由には、主に以下のとおりです。

  1. 後継者問題によるM&A
  2. 競合業者が多く将来性が不安
  3. 時代に即した顧客ニーズへの対応が困難
  4. 人材の確保が困難
  5. 人件費の増加により利益率が低下

マンション管理会社がM&Aを行うと、これらの問題を解決できる可能性があります。

①後継者問題によるM&A

まず考えられるマンション管理会社のM&A理由のひとつに、後継者問題の解決が挙げられます。もちろん、後継者問題を抱えているためにM&Aを行うのは、マンション管理会社に限ったことではありません。

昨今は、経営者が高齢化しているのもかかわらず、後継者が不在であるため事業承継できないケースが増加しています。そのような状態に陥っている会社は、経営者が引退すれば廃業せざるを得なくなり、従業員の雇用や地域経済に大きな損失を与えるようなことになりかねません。

そのような問題を解決するためにM&Aを駆使し、第三者に経営権を託すことで、会社を存続させるケースが増えています。この事業承継目的のM&Aは、日本のM&A件数を増加させている一因であり、とりわけ中小企業のM&Aで多数見られるものです。

マンション管理会社の経営者も、後継者問題によるM&Aを検討している人が多いです。

②競合業者が多く将来性が不安

マンション管理業界はニーズが高まっていることもあって競合業者が多く、生き残りが難しい状況といえます。加えて、デベロッパー系の会社など、他の会社のグループに入っているマンション管理会社は不景気になると切り離されることが多く、競争を勝ち抜くことが困難な状況です。

そのような状況を改善するうえでも、M&Aで大手の資本の傘下に入り、経営基盤を強化することで生き残りを図るマンション管理会社も多くなっています。中小規模のマンション管理会社の経営者で、将来の自社のことを考えてM&Aを検討している人は多いでしょう。

今後もマンション管理業界の競争は激化すると見られており、大手のマンション管理会社も競争で生き残るために積極的なM&Aを実践しています。中小規模のマンション管理会社もM&Aを経営戦略に取り入れるケースも見られており、今後もこの傾向は続くと見られています。

③時代に即した顧客ニーズへの対応が困難

マンション管理業界へのニーズが高まっている一方で、そのニーズは多種多様です。しかし、「マンション管理会社がそれぞれのニーズに的確に対応できるのか」という点は、決して簡単な話ではありません。多様な顧客ニーズに対応するには、ノウハウや資金力が必要です。

そのため、中小規模のマンション管理会社の場合、対応が難しいです。ただ、他の会社にはないサービスを提供することで差別化を図ることは、マンション管理業界での競争を勝ち抜くうえでも重要なポイントです。

そこでM&Aを実施することで、他のマンション管理会社を買収してノウハウを取り入れれば、新たなサービスを提供できる体制を整えられます。多様なニーズに対応できるようになれば、他のマンション管理会社との差別化を図れるうえに、さらなる顧客の取り込みも期待できます。

④人材の確保が困難

マンション管理会社が抱えている経営課題のひとつが、「人材の確保」です。そのため、人材を効率良く確保するためにM&Aを行うことも珍しくありません。マンション管理会社は業務の性質上、若手の人材の志望が少なく、新たな人材の確保が難しい傾向にあります。

そもそも経験や知識のある人材を、ゼロから育成するのは時間もコストもかかります。加えて、既存の従業員の高齢化もあり、人材の確保の難易度はより高まっているのが現状です。そこで、M&Aを用いると、人材を確保しやすくなります。

M&Aで会社を買収すれば、相手企業の人材をそのまま引き継げるため、採用や育成の手間が省けるのです。このような人材不足を解決するためのM&Aは、マンション管理会社以外のさまざまな業界で行われています。

⑤人件費の増加により利益率が低下

人件費の増加によって利益率が低下することも、マンション管理会社がM&Aを行う理由のひとつです。規模が小さいマンション管理会社ほど、人件費の負担は大きくなり、利益率が低下すれば経営を維持することが難しいです。

そこでM&Aを実施することで、経営基盤を強化して増加する人件費への対応を図るマンション管理会社も現れています。自社の人件費の状況がそれほど良くない場合、改善するためにM&Aを検討してみるのも良いでしょう。

専門家のサポートを受けて成功率をアップさせよう

マンション管理会社がM&Aを行う理由を紹介しました。M&Aに興味を持った場合は、実力のある専門家のサポートを受けて、適切なM&A手法はもちろん、相手企業を探すことや税務面でもアドバイスを受けることで、マンション管理会社のM&Aも成功率も上がります。

マンション管理会社がM&Aをご検討の際は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では支援実績豊富なアドバイザーよる専任フルサポートを行っています。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ、譲受企業様は中間金がかかります)。ご相談は無料ですので、どうぞお気軽のお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

マンション管理会社のM&A案件一覧

マンション管理会社のM&A案件一覧

ここでは、マンション管理会社のM&A案件例を紹介します。マンション管理会社のM&Aを実施したくとも、実際どのような案件があるのかがわからなければ不安も大きいはずです。以下の2つの案件を確認し、M&Aのイメージの具体化にお役立てください。

千葉県のマンション管理会社の会社譲渡案件

これは、千葉県のマンション管理会社の会社譲渡案件です。この会社は顧客からの評価が高く、今後も好調な業績を達成することが見込まれています。しかし、経営者が高齢であり引退を控えているにもかかわらず、後継者不在の問題を抱えています。

そのため、事業承継の一環として会社譲渡の希望を出しています。これは、事業承継目的のM&Aのケースに該当する案件例です。最近では、こうした事情を抱えているマンション管理会社によるM&A事例が増えており、買い手にとって注目すべき案件だといえます。

北海道の不動産賃貸会社の会社譲渡案件

これは、北海道の不動産賃貸会社の会社譲渡案件です。この会社は北海道のランドマークマンションの物件を所有しており、個人やテナントに貸し出しています。この会社のランドマークマンションは、現在満室であるため、安定的な収入が見込めるのです。

また、この不動産賃貸会社は、連帯保証の解除も希望しています。もちろん、この案件は優良だといえますが、連帯保証などリスクになり得る要素を抱えている点には注意しておくべきです。

このようなケースでは、デューデリジェンスの徹底が大切です。専門家とともにデューデリジェンスを行えば、リスクを最低限に抑えられます。

マンション管理会社のM&Aまとめ

マンション管理のM&A・事業承継
マンション管理のM&A・事業承継
マンション管理会社のM&Aまとめ

マンション管理会社業界ではM&Aが盛んであり、業界内での競争が激しくなっています。また、スケールメリットを得やすい業態であることから、M&Aを積極的に行える業種と考えられています。そのため、数多くのM&A事例が見られる状況です。

M&Aを経営戦略に組み込む大手も多いため、マンション管理業界のM&Aの動向に注意しておくと良いでしょう。マンション管理会社のM&Aに興味がある方は、まず専門家に相談することをおすすめします。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

関連する記事

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所は、税理士法人の増加や経営者の高齢化などによって、M&Aが活発化してきている業界です。本記事では、税理士事務所・会計事務所のM&Aについて、動向や売却・買収...

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

さまざまな商品の流通をサポートする商社業界は、トレーディング需要の減少などにより、M&Aによる積極的な経営で打開を図る企業が増えています。本記事では、商社業界のM&A動向について...

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

日本の高齢化社会が進むにつれ、老人ホームの需要が高まると予想されています。同業種だけでなく異業種からの参入も増えており、業界内のM&Aが活性化しています。本記事では、老人ホームM&amp...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

マンション管理のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)