サイト売買(M&A)とは?メリット・デメリット、手数料や料金相場、税金をご紹介!

サイト売買は気軽にでき、上手くいけば買い手・売り手双方に利益が発生します。一般的なM&Aとはやり方が異なる部分が多いので、実際に行う際には必ず専門家のアドバイスを受けるようにしましょう。

会社を売る

2019年11月29日更新

目次
  1. サイト売買
  2. サイト売買(M&A)とは?
  3. サイトを売買するメリット・デメリット
  4. サイト売買(M&A)の成功事例と失敗事例
  5. サイト売買(M&A)の手数料や料金の相場
  6. サイト売買(M&A)の税金
  7. サイト売買(M&A)のサイト比較!おすすめサイト5選
  8. まとめ

サイト売買

昨今、M&Aの一環としてサイト売買を行う会社が増えています。

サイト売買はインターネットのサイトを売買することを指しますが、それがM&Aと同じ扱いをされていることに疑問を感じるかもしれません。

しかしサイト売買はれっきとしたM&Aであり、経営戦略として有効的なものでもあります。

今回はサイト売買の概要、メリットやデメリットなどをお伝えするだけでなく、サイト売買を実際に行う際に役立つ業者のサイトもご紹介します。

サイト売買(M&A)とは?

まずはサイト売買がどういうものか、お伝えしていきます。

サイト売買は「サイトM&A」とも呼ばれるものであり、立派なM&Aの一種です。

サイト売買で売買されるサイトは、誰もが閲覧できるインターネットのサイトが基本です。

例えばアフィリエイトサイトやキュレーションサイト、まとめサイト、特定のニュースや情報を伝えるメディアなどが挙げられます。

サイトは立派な事業の一つであり、サイトの内容やPV数によっては莫大な利益を上げることもあります。

サイト売買を実施する会社は多く、また個人でも比較的気軽にできるものであるため、中小企業から大企業まで、様々な規模の会社で行われます。

有名な事例だとYouTubeを買収したGoogleなどが挙げられます。

そもそもサイト売買は2005年ごろから始まったビジネスであり、その歴史は浅いものです。

そのため、サイト売買それ自体の定義は曖昧なことが多いですが、2007年に日本サイト売買協会が設立されるなど、経営戦略として認知されるようになりました。

ただ、売買の際の取引価格の相場が実質的にないなど、サイト売買は少々特殊な一面があります。

だからサイト売買を行う際には、あらかじめサイト売買に関する知識を学んでおく必要があります。

サイトを売買するメリット・デメリット

サイト売買を行う際、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

さきほどもお伝えしたように、サイト売買は一般的なM&Aとは異なる一面が多いものなので、しっかりおさえておきましょう。

ここではサイト売買のメリットとデメリットを、売り手と買い手それぞれの立場でお伝えします。

①サイト売買のメリット

サイト売買のメリットは売り手と買い手で、それぞれ以下のようになっています。

売り手のサイト売買のメリット

売り手からしたら、サイト売買はまとまったお金を得られることが最大のメリットです。

成長性が高く、かなりの収益が期待できるサイトであれば、数百万円、数千万円単位で取引されることもあり、売り手にとってはまとまった資金を手に入れる手段になります。

また、一度売れるサイトの作り方を身に付けてしまえば、定期的にサイト売買を行うことで、まとまった収入を得る機会を増やすことができるようになります。

いうなれば、サイト売買のためにサイトを立ち上げ、一定の収益が見込めるようになったら売却する…というようなビジネスもできるようになります。

複数のサイトを運営しているような人であれば、不要なサイトを売り払い、そこで得た資金を新たなサイトの立ち上げに用いることもできるでしょう。

他にも、サイト売買を通じて様々な事業の経営者と関わったり、取引をサポートする専門家など、様々な人との人脈も広がるようになります。

これも事業を進めていくうえで、有益なものとなるでしょう。

むしろ、人脈が広がることにより、より良いサイトを作成するきっかけになるかもしれません。

買い手のサイト売買のメリット

買い手にとって、サイト売買は収益が得られるサイトを買収する良いきっかけになるものです。

収益が出るようなサイトは立ち上げから、一定のユーザーを獲得するまで時間も費用もかかるものであり、おまけにサイトの運営がうまくいくとは限りません。

そもそもサイトの運営は軌道に乗るまで、運営を行うものですが、成果が約束されていないうえに、維持にもコストがかかります。

しかし、サイト売買であれば、一定数のユーザーと収益性を備えたサイトを、そっくりそのまま手に入れることができます。

そのため、サイトの立ち上げから運営にかかるコストや手間を一気に省くことができます。

当然ながら、一定の収益が得られるサイトであれば、すぐに会社の利益を産み出してくれるでしょう。

また、サイトを買収することは一定の節税効果も期待できるものです。

実はログイン機能や検索機能を有しているサイトであれば、ソフトウェアと同じ扱いができるようになります。

通常のサイトとは違い、ソフトウェアは償却期間が5年長くなっており、その分利益を圧縮できるため、節税効果が発生します。

この点を踏まえると、サイト売買であれば、サイトを立ち上げるよりもメリットがはるかに多いことがわかります。

②サイト売買のデメリット

サイト売買のデメリットは売り手と買い手の立場で、それぞれ以下のようになっています。

売り手のサイト売買のデメリット

サイト売買はどんなサイトでも取引できるというわけではありません。

サイト売買の際、売れるサイトは「月30万円以上の収益が得られる」、「特定のユーザーのアクセスが集中している」などといった基準があり、確実に売却するには、それだけのサイトを創り上げる必要があります。

そのため、サイト売買を行うなら、ある程度の基準を満たすことを、まず目指す必要があります。

また、サイト売買を行う場合、必ずサイト売買の専門家の仲介を得ておくようにしましょう。

サイト売買は、良くも悪くも気軽にできるものであり、売り手と買い手の間でのみ、取引が進められることは珍しくありません。

そのため、契約関係でトラブルが起こりやすく、専門的な知識を持った業者に取引全体をチェックしてもらった方が、安心してサイト売買を行えます。

加えて専門的な知識を持った業者がいれば、取引をより円滑に進められるようになるでしょう。

買い手のサイト売買のデメリット

買い手のサイト売買のデメリットは、買収したサイトに「手を加えることが難しい」という点が挙げられます。

サイトを買収した以上、自分の会社や事業のイメージや、方針に合わせてリニューアルを考えることは珍しくありませんが、それはせっかく買収したサイトの価値を左右してしまう恐れがあります。

買収したサイトは、いうなれば「その時の状態」だからこそ、一定数のユーザーや収益性を確保しているものです。

そのため、サイトのデザインや機能をうかつに変更してしまうと、ユーザーが離れ、収益性が大きく低下してしまう恐れがあります。

だから買収したサイトは手を加えることが難しくなるのです。

もし、どうしても手を加えたい部分があるのなら、ユーザーの反応を慎重に吟味にしながら、段階的に行った方がいいでしょう。

また、サイト売買において買い手となる場合でも、専門的な知識を持った業者の協力は必要不可欠です。

業者の存在は、取引におけるトラブルを未然に防止するためだけでなく、虚偽のサイトを呈示してサイト売買を行おうとする、サイト売買詐欺のような悪質な行為を見抜くうえでも欠かせないものです。

できることなら、買い手と売り手と間だけで取引を進めず、信頼できる業者の協力を得るようにしておきましょう。

サイト売買(M&A)の成功事例と失敗事例

サイト売買の成功と失敗事例は、それぞれ以下のようなものがあります。

①サイト売買の成功事例

【事例】

Aさんは個人で、広告料を稼げるキュレーションサイトBをサイト売買により、80万円で購入。

その後AさんはキュレーションサイトBの運営をしつつ、スマートフォンからのアクセス対応や、ユーザーのニーズを鑑みて、新たな機能やタイトルをつけるなどを行った。

その結果、想定していたよりも、多額の利益を獲得することに成功した。

【解説】

この事例は典型的なサイト売買の成功事例だといえるでしょう。

サイト売買はただサイトを購入し、そのままのやり方で運営するよりも、ユーザーの傾向やニーズを見て、適切に手を加えていった方が、利益が上がるケースは少なくありません。

もちろん、さきほど言ったようにいきなり手を加えると逆効果になってしまいますが、ちゃんとユーザーの傾向やユーザーとマッチしているのであれば、むしろ積極的に行うべきでしょう。

②サイト売買の失敗事例

【事例】

中小企業のC社は古本の物販を行っているサイトを150万円で購入し、通販業に進出した。

しかし、購入したサイトのユーザーが少なく、思ったより利益が上がらない状況にあった。

そこでC社はサイトを大幅にリニューアルするなどして、てこ入れを行ったが、他のサイトとの差別化に失敗。

また、無闇なリニューアルによってユーザーも離れてしまい、その結果大幅な損失を計上することになった。

【解説】

これは購入したサイトの状況を適切に判断できてらおらず、またリニューアルをうかつに行ったことで失敗したケースだといえます。

サイト売買の際、単純にサイトの外面だけを見ていては、潜在するリスクを見抜けなくなる恐れがあります。

また、サイトをリニューアルする際には、さきほどお伝えしたユーザーの傾向やニーズを読み取ることはもちろん、それなりのノウハウがなければうまくいきません。

安直なリニューアルすると、かえってサイトの価値を失ってしまうことがあるので、十分に注意しておきましょう。

サイト売買(M&A)の手数料や料金の相場

サイト売買を業者に依頼する場合、手数料が重要なポイントになるかと思います。

サイト売買は一般的なM&Aと比べるとコストがかかりにくいですが、それでも負担は抑えたいものです。

一般的に、サイト売買の業者は手数料として、「基本料10万円+取引価格に数%程度の料率をかけた金額」を請求する傾向があります。

その際、料率は取引価格が小さくなるほどに大きくなる傾向があります。

そのため、大体数十万円程度は手数料が発生すると考えた方がいいでしょう。

ただ、業者によっては「取引価格に数%程度の料率をかけた金額」だけが手数料に設定されていたり、手数料が無料で、成功報酬だけしかかからないこともあるので、業者ごとにチェックしておくことがおすすめです。

サイト売買(M&A)の税金

サイト売買には税金が発生します。

サイト売買の際、取引されたサイトには所得税が発生しますが、これは場合によって所得の種類が変わることがあります。

もし定期的にサイト売買を行っており、収益を得ているのであれば、そのサイト売買は事業性があると見なされ、「事業所得」の対象になります。

対して、たまたま一度だけサイト売買を行ったように、事業性がないと判断されると「譲渡所得」の対象になります。

ただ、基本的にサイト売買は事業性が高い取引になるケースが多いので、譲渡所得して扱われるケースはあまりないようです。

サイト売買(M&A)のサイト比較!おすすめサイト5選

ここではサイト売買でサポートを得る際に、おすすめの業者のサイトを5つご紹介します。

①サイト売買Z

サイト売買Zは、サイト売買の経験が豊富なスタッフが常駐しており、また常に新しい案件を備えています。

また、サイト売買Zは売り手のために、無料でサイトの査定ができるサービスを行っており、手数料も、契約成立した場合は受け取らないようになっているので、リーズナブルに使用できることも魅力です。

ただ、サイト売買Zは比較的個人のサイト売買に有利な傾向があります。

②P2 Online

P2 OnlineはITやソフトウェア開発業界などのM&Aを取り扱っている業者ですが、サイト売買も請け負っています。

P2 Onlineは多ジャンルにわたり、様々な案件を抱えているため、サイト売買を行いやすいうえに、数百万円~数千万円単位の規模のサイト売買にも対応してくれることが特徴です。

会社でサイト売買を行いたい際には、P2 Onlineはおすすめのサイトです。

③WEBサイト買取サイノツノ

WEBサイト買取サイノツノはサイト売買への対応が非常にスピーディーな業者であり、査定は最短3営業日、買取は早ければ約2週間で完了するなど、迅速にサイト売買を進められる点が魅力的です。

扱っているサイトは比較的小規模~中規模なものが多いですが、サイト売買を迅速に完了させたいさいにはおすすめです。

④株式会社ストロボ

株式会社ストロボはインフルエンサー向けのサイト売買を行っている珍しい業者です。

2018年からサイト売買市場に進出したため、まだ発展途上の一面はぬぐえませんが、ユーザーのニーズごとにサイト売買を行っているため、今後も様々なサービスが実装される可能性が高いでしょう。

⑤サイト売買屋さん

サイト売買屋さんは少し特殊な業者であり、仲介サービスなどを行わず、サイト売買希望者同士が直接やり取りできるBBSを運営しています。

そのため、仲介サービスなどにかかるコストを減らし、直接サイト売買の希望者と交渉ができます。

しかし、ユーザーの中には信頼できない者もいるため、注意深く見極める必要があります。

まとめ

サイト売買は気軽にでき、上手くいけば買い手・売り手双方に利益が発生します。

一般的なM&Aとはやり方が異なる部分が多いので、実際に行う際には必専門家のアドバイスを受けるようにしておきましょう。

関連記事

事業譲渡・事業売却の戦略まとめ!成功・失敗ポイントは?【事例あり】

事業譲渡・事業売却の戦略まとめ!成功・失敗ポイントは?【事例あり】

事業譲渡・事業売却を成功させるためには戦略が必要不可欠です。戦略策定には時間がかかってしまいますが、得られるメリットを最大限にできます。本記事では、事業譲渡・事業売却における戦略の成功・失敗ポイ...

M&A事業譲渡
事業譲渡・事業売却のよくある相談内容まとめ【相談先一覧あり】

事業譲渡・事業売却のよくある相談内容まとめ【相談先一覧あり】

事業譲渡・事業売却を検討している経営者は、どのような悩みを抱えているのでしょうか。本記事では、事業譲渡・事業売却においてよく相談される内容を紹介します。また、事業譲渡・事業売却の相談先と選ぶポイ...

M&A事業譲渡
事業譲渡の仲介会社一覧!手数料や口コミ・評判を解説!

事業譲渡の仲介会社一覧!手数料や口コミ・評判を解説!

事業譲渡の仲介会社は、何を基準に選ぶべきなのでしょうか。本記事では、事業譲渡を検討している経営者の方に向けて仲介会社の手数料や口コミ・評判を一覧にまとめました。仲介会社を選ぶポイント、メリット・...

M&A事業譲渡
有限会社の売却方法や価格相場を解説【事例あり】

有限会社の売却方法や価格相場を解説【事例あり】

有限会社の売却は、株式会社の売却とは異なる手続きが必要です。本記事では、有限会社の売却を検討している方に向けて、有限会社の売却方法の解説と価格相場についてまとめました。有限会社のM&A・売却事例...

M&A
日本M&Aセンターの評判・口コミまとめ【激務/セミナー/アクセス】

日本M&Aセンターの評判・口コミまとめ【激務/セミナー/アクセス】

本記事では、日本M&Aセンターの業務内容やサービス範囲、評判や口コミなどについて紹介します。また、日本M&Aセンターでの就職を希望している方向けに、日本M&Aセンターは激務なのか、女性が働きやす...

M&A
CBパートナーズってどんな会社?【評判/年収/手数料】

CBパートナーズってどんな会社?【評判/年収/手数料】

CBパートナーズは、医療・介護・薬局のM&A支援に特化したM&A仲介会社です。本記事では、CBパートナーズの業務内容や評判、年収、M&A手数料をご紹介していきます。また、医療・介護・薬局のM&A...

中小企業M&A
会社売却で必要な手数料とは?できるだけコストを抑えて会社売却を成功させよう

会社売却で必要な手数料とは?できるだけコストを抑えて会社売却を成功させよう

会社売却で必要な手数料についてお調べですね。会社売却をするときに発生する手数料の種類は大きく6つあります。しかし、M&A仲介会社によって料金体系が違うため、どのタイミングでどのような手数料を払う...

M&A
バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトとは、企業の経営が悪化した時に自社内の経営者や従業員が企業の買収を行うことです。近年、日本でもバイアウトが経営戦略の1つの選択肢として知名度が上がってきました。今回はバイアウトの3つの...

中小企業M&A
企業価値評価とは?評価方法を知って企業価値を高めよう

企業価値評価とは?評価方法を知って企業価値を高めよう

企業価値評価には3つの方法があり、企業価値をする理由によって評価方法が異なります。企業価値評価方法を知ることで、企業価値をどのように高めるべきかを知ることができるはずです。企業価値評価の基礎知識...

中小企業M&A
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
イベント情報

最新のイベント情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)