2020年3月10日更新会社・事業を売る

サイト売買(M&A)とは?メリット・デメリット、手数料や料金相場、税金をご紹介!

サイト売買は気軽にでき、うまくいけば買い手・売り手の双方に利益が発生します。本記事ではサイト売買のメリット・デメリット、有名企業の事例や中小規模の成功・失敗事例、売買にかかる税金や仲介業者の手数料からおすすめの売買サイトまでをご紹介します。

目次
  1. サイト売買
  2. サイト売買(M&A)とは?
  3. サイトを売買するメリット・デメリット
  4. 有名企業事例や小中規模サイト売買(M&A)の成功・失敗事例
  5. サイト売買(M&A)の手数料や料金の相場
  6. サイト売買(M&A)の税金
  7. サイト売買(M&A)のサイト比較!おすすめサイト5選
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

サイト売買

昨今、M&Aの一環としてサイト売買を行う会社が増えています。サイト売買はインターネットのウェブサイトを売買することを指しますが、それがM&Aと同じ扱いをされていることに疑問を感じるかもしれません。

しかしサイト売買はれっきとしたM&Aであり、経営戦略として有効的なものでもあります。今回はサイト売買の概要、メリットやデメリットなどをお伝えするだけでなく、サイト売買を行う際に役立つ業者のサイトサービスもご紹介します。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!
M&A勉強方法とは?勉強方法の種類や注意点、メリット・デメリットをご紹介

サイト売買(M&A)とは?

まずはサイト売買がどういうものか、お伝えしていきます。サイト売買は「サイトM&A」とも呼ばれ、立派なM&Aの一種です。サイト売買で売買されるサイトは、誰もが閲覧できるインターネットのウェブサイトが基本です。

具体的にはアフィリエイトサイトやキュレーションサイト、まとめサイト、特定のニュースや情報を伝えるメディアなどが挙げられます。こうしたウェブサイトの運営は立派な事業の一つです。サイトの内容やPV数によっては莫大な利益を上げることもあります。

サイト売買とは企業が外部からウェブサイトを買収(またはウェブサイトを運営する事業主や企業が別の企業に売却)する行為を指します。サイト売買は2005年頃から始まったビジネスで、その歴史はまだ浅いですが、有名な事例ではGoogle社の「YouTube」買収などが挙げられます。

歴史が浅いがゆえにサイト売買自体の定義も曖昧なことが多いですが、2007年に日本サイト売買協会が設立されるなどして、経営戦略として認知されるようになりました。現在ではサイト売買を実施する会社は多く、また個人でも比較的気軽にでき、中小企業から大企業までと様々な規模の会社で売買が行われています。

しかしサイト売買には少々特殊な一面があります。売買の取引価格相場は実質的にありません。したがってサイト売買を行う際には、あらかじめサイト売買に関する知識を学んでおく必要があります。

※関連記事
WEBサイトやWEBサービスを売却する際のポイント
M&Aによる売却とは?売却先企業の選定・売却案件の探し方

サイトを売買するメリット・デメリット

サイト売買を行う際、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?サイト売買は一般的なM&Aとは異なる一面が多いものなので、しっかりおさえておきましょう。ここでは売り手と買い手それぞれの立場でサイト売買のメリットとデメリットを解説します。

売り手【メリット】

サイト売買は、うまくいけば数十万円ないし数百万円以上の額で売却できるケースがあります。伸びしろの見込みがあって収益が期待できるウェブサイトであれば、もっと多額の額で取引されることもあり、大きな資金を手に入れるチャンスです。

また、一度売れるサイトの作り方を身に付けてしまえば、定期的なサイト売買で収入を得られるようにもなります。サイト売買のためにサイトを立ち上げ、一定の収益が見込めるようになったら売却するビジネスモデルも視野に入れておくといいでしょう。

複数サイトを運営している方は不要なサイトを売却し、得た資金で新たなウェブサービスを構築することもできます。ほかにもサイト売買を通じて、様々な事業の経営者や取引サポートの専門家などと出会い、人脈を広げるきっかけにもなります。これも事業を進めていくうえで、有益なものとなるでしょう。

売り手【デメリット】

サイト売買はどんなサイトでも取引できるというわけではありません。サイト売買の際、売れるサイトは「月30万円以上の収益が得られる」、「特定のユーザーのアクセスが集中している」などといった基準があり、確実に売却するにはそれだけのサイトを創り上げる必要があります。

そのため、サイト売買ではある程度の基準を満たすことをまずは目指す必要があります。なお、サイト売買を行う場合は必ずサイト売買の専門家の仲介を得ておくようにしましょう。良くも悪くもサイト売買は気軽にできるものであり、売り手と買い手の間でのみ取引が進められることは珍しくありません。

契約関係でトラブルが起こりやいため、専門的な知識を持った業者に取引全体をチェックしてもらうことで、安心したより円滑な取引が可能です。

買い手【メリット】

サイトの立ち上げからユーザーを獲得するまでの一連の作業は、時間も費用もかかります。また、収益があがるウェブサイトにするためには、SEO(検索結果に上位表示させる対策)の知識や各種関連ツールの知識も必須です。軌道に乗ったとしても、サイト運営で半永久的に収益を上げ続けられる保証もありません。

しかし、サイト売買ではすでに収益が発生している成熟したウェブサイトを買収することができます。立ち上げからかかる大幅な手間暇とコストをカットし、ある一定のユーザー数と収益性を備えたサイトをまるまる入手することができるというわけです。

またサイトの買収では、ログイン機能や検索機能を有しているサイトであれば、ソフトウェアと同じ扱いができるようになります。通常のサイトとは違ってソフトウェアは5年間かけて減価償却ができるため、その分コストを圧縮することができます。

買い手【デメリット】

買い手のサイト売買のデメリットは、買収したサイトに「手を加えることが難しい」という点です。サイトを買収した以上、自社や事業のイメージ及び方針に合わせたリニューアルを検討することは珍しくありません。ただ、それは買収したサイトの価値を左右してしまう恐れも大いにあります。

買収したサイトは、そのデザイン・ユーザーの誘導・主なユーザー層・サイト内の導線・機能・サイトイメージだからこそ、一定数の収益性を確保しているわけです。うかつに変更してしまうと、ユーザーが離れて収益性が大きく低下してしまいます。

それゆえ買収したサイトは手を加えることが難しいのです。もしどうしても手を加えたい部分があるなら、ユーザーの反応を慎重に吟味にしながら、段階的に行った方がいいでしょう。

また、サイト売買において買い手となる場合でも、専門的な知識を持った業者の協力は必要不可欠です。業者の存在は、取引におけるトラブルを未然に防止するためだけでなく、サイト売買詐欺のような悪質な行為を見抜くうえでも欠かせません。

虚偽のサイトを呈示してサイト売買を行おうとするような相手にひっかからないためにも、買い手と売り手の間だけで取引を進めず、信頼できる業者の協力を得るようにしましょう。

※関連記事
M&Aを活用した事業再生とは?メリット・デメリットの流れをご紹介
ネット通販・ECサイトにおけるM&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

有名企業事例や小中規模サイト売買(M&A)の成功・失敗事例

有名企業のサイト売買事例や、その他小中規模で成功・失敗した事例をご紹介します。

有名企業のサイト売買(M&A)事例

まずは有名企業のサイト売買(M&A)事例をご紹介します。

事例

ミクシィ社は2019年11月29日、競馬や野球に関するネットメディアの運営及びゲーム・ソフトウェアビジネスを展開するネットドリーマーズ社の株式を取得し、子会社化しました。

ミクシィ社は「mixi」を運営する、日本国内ではSNSの先駆け企業です。また、大ヒットのスマホアプリ「モンスターストライク」等の運営もしており、ウェブサービス及びスマホアプリサービスにおけるノウハウを持っています。一方、ネットドリーマーズ社の運営する「netkeiba.com」は、月間約870万人のユーザー数/10億PV(ページビュー数)を誇っています。

解説

ミクシィ社は「スポーツ領域の事業成長」を重点戦略に掲げ、今回のM&Aでネットドリーマーズ社のスポーツ・公営競技のメディア運営ノウハウを自社ノウハウとかけ合わせることで、さらなるスポーツ領域における事業成長の実現を目指すとしています。

中小規模サイト売買【成功事例】

中小規模サイト売買の実際にあった成功事例をご紹介します。

事例

Aさんは個人で、広告料を稼げるキュレーションサイトBをサイト売買により、80万円で購入しました。その後AさんはキュレーションサイトBの運営をしつつ、スマートフォンからのアクセス対応やユーザーのニーズを鑑みて、新たな機能やタイトルをつけるなどを行いました。その結果、想定していたよりも、多額の利益を獲得することに成功したのです。

解説

この事例は典型的なサイト売買の成功事例だといえるでしょう。サイト売買では買収後にユーザーの傾向やニーズを見て適切に手を加えることが望ましいです。ただサイトを購入してそのままのやり方で運営するよりも、利益を上げられたというケースは少なくありません。

もちろん無造作に手を加えると逆効果になりますが、ユーザーの傾向やユーザーとマッチしている改善であれば積極的に行うべきでしょう。

中小規模サイト売買【失敗事例】

中小規模のサイト売買における失敗事例も見てみましょう。

事例

中小企業のC社は、古本の物販サイトを150万円で購入し、通販業に進出しました。しかし、購入したサイトのユーザーが少なく、思ったより利益が上がらない状況でした。

そこでC社はサイトを大幅にリニューアルするなどして、てこ入れを行いましたが他サイトとの差別化に失敗。また、無闇なリニューアルによってユーザーも離れてしまい、その結果大幅な損失を計上することになりました。

解説

これは購入したサイトの状況を適切に判断できてらおらず、またリニューアルをうかつに行ったことで失敗したケースだといえます。サイト売買の際、単純にサイトの外面だけを見ていては、潜在するリスクを見抜けなくなる恐れがあります。

またサイトをリニューアルする際には、さきほどお伝えしたユーザーの傾向やニーズを読み取ることはもちろん、アクセス解析・分析といったノウハウがなければうまくいきません。安直なリニューアルをするとかえってサイトの価値を失ってしまうことがあるので、十分に注意しておきましょう。

※関連記事
EC・ネット通販の事業譲渡・事業売却の流れやチェック項目を解説!
スモールM&A

サイト売買(M&A)の手数料や料金の相場

サイト売買をM&A仲介業者などに依頼する場合、手数料が重要なポイントになるかと思います。サイト売買は一般的なM&Aと比べるとコストがかかりにくいですが、それでも負担は抑えたいものです。

一般的にサイト売買の業者は手数料として、「基本料10万円+取引価格に数%程度の料率をかけた金額」を請求する傾向があります。その際、料率は取引価格が小さくなるほどに大きくなるケースが多いです。よっておおむね数十万円程度は手数料が発生すると考えた方がいいでしょう。

ただ、業者によっては「取引価格に数%程度の料率をかけた金額」だけが手数料に設定されていたり、成功報酬だけで手数料無料だったりするところもあるので、業者ごとにチェックしておくことをおすすめします。

もしサイト購入を含めた事業売買についてのM&A業者をお探しであれば、M&A総合研究所おご検討ください。M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つプロが国内最安値水準でM&Aをフルサポートしています。無料相談も承っていますので、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

>>【※完全成功報酬制】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
IT企業の売却額を上げるには?WEBサービス・メディアの売却事例20選

サイト売買(M&A)の税金

サイト売買には税金が発生します。サイト売買の際、取引されたサイトには所得税が発生しますが、これは場合によって所得の種類が変わることがあります。もし定期的にサイト売買を行って収益を得ているのであれば、そのサイト売買は事業性があると見なされ、「事業所得」の対象になります。

これに対し、たまたま一度だけサイト売買を行ったというように、事業性がないと判断されると「譲渡所得」の対象になります。ただ、基本的にサイト売買は事業性が高い取引になるケースが多いので、譲渡所得して扱われるケースはあまりないようです。

※関連記事
事業譲渡で発生する税金は?税務について徹底解説!
会社売却における税金

サイト売買(M&A)のサイト比較!おすすめサイト5選

ここではサイト売買でサポートを得る際に、おすすめの業者のサイトサービスを5つご紹介します。

①サイト売買Z

「サイト売買Z」は、サイト売買の経験が豊富なスタッフが常駐しており、また常に新しい案件を備えています。また、サイト売買Zは売り手のために無料でサイトの査定ができるサービスを行っており、手数料も契約成立した場合は発生しない仕様で非常にリーズナブルです。

ただし、サイト売買Zは比較的個人のサイト売買に有利な傾向がありますので、大手企業との取引には向かないでしょう。

②P2 Online

「P2 Online」はITやソフトウェア開発業界などのM&Aを取り扱っている業者ですが、サイト売買も請け負っています。

P2 Onlineは多ジャンルにわたり、様々な案件を抱えていてサイト売買を行いやすいうえに、数百万円~数千万円単位規模のサイト売買にも対応してくれる点が特徴です。会社でサイト売買を行いたい際には、P2 Onlineはおすすめのサイトです。

③WEBサイト買取サイノツノ

「WEBサイト買取サイノツノ」は迅速にサイト売買を進められる点が魅力的です。サイト売買への対応が非常にスピーディーな業者であり、査定は最短3営業日、買取は早ければ約2週間で完了します。

扱っているサイトは小・中規模が多いですが、サイト売買を迅速に完了させたい場合にはおすすめです。

④株式会社ストロボ

「株式会社ストロボ」はインフルエンサー向けのサイト売買を行っている珍しい業者です。2018年からサイト売買市場に進出したため、まだ発展途上の一面はぬぐえません。ただし、ユーザーニーズごとにサイト売買を行っているため、今後も様々なサービスが実装される可能性が高いといえます。

⑤サイト売買屋さん

「サイト売買屋さん」は少し特殊な業者であり、仲介サービスは行わず、サイト売買希望者同士が直接やり取りできるBBSを運営しています。そのため、仲介サービスなどにかかるコストを減らし、直接サイト売買の希望者と交渉ができます。

しかし、ユーザーの中には信頼できない者もいるため、詐欺などにあわないよう注意深く見極める必要があります。

※関連記事
M&Aの問題点とは?成功させるために知っておくべき全知識
オススメのM&Aマッチングサイト・売買サービス

まとめ

サイト売買は気軽にでき、うまくいけば買い手・売り手双方の利益となります。サイトの売り手はまとまった資金を手に入れることができ、買い手はすでに収益性のある成熟したサイトを買収することで、大幅な手間暇とコストをカットできます。

サイト売買では一般的なM&Aとはやり方が異なる部分が多いので、実際に行う際には必専門家のアドバイスを受けるようにしましょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)