2020年5月14日更新会社・事業を売る

事業ポートフォリオとは?作り方やM&Aでの活用、評価方法や分析を解説

経営資源を有効的に活用するために、事業ポートフォリオが重要になります。M&Aは、事業ポートフォリオの最適化を行うためのプロセスであり、業界・市場の動向、内部事情に合わせて組織再編や事業強化、事業撤退を行っていきます。事業ポートフォリオの作り方を身につけ、有効活用しましょう。

目次
  1. 事業ポートフォリオとは?その意味について
  2. 事業ポートフォリオの作り方
  3. 事業ポートフォリオの評価方法と分析
  4. 事業ポートフォリオのマネジメントにおける課題
  5. 事例で見る事業ポートフォリオ
  6. 事業ポートフォリオの最適化
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

「事業ポートフォリオ」という言葉は聞いたことがあるでしょうか?

事業ポートフォリオのポートフォリオとは「事業の組み合わせ」を意味しており、他にも「資産の構成」「製品の組み合わせ」という意味で使われることがあります。

今回は事業ポートフォリオの意味や作り方、分析の方法や最適化の方法などについてお伝えします。

事業ポートフォリオとは?その意味について

事業ポートフォリオとは?その意味について

次に、事業のポートフォリオの意味をさらに詳しく見ていきましょう。

使われるM&Aの場面や、事業ポートフォリオの作り方まで説明していきます。

事業ポートフォリオの意味

まずは事業ポートフォリオの意味についてお伝えします。

事業ポートフォリオを一言で言ってしまうと「その会社の事業の一覧」です。

対象の会社が利益を生み出している事業を一覧化すれば、それが事業ポートフォリオになります。

事業ポートフォリオは対象の会社の収益性や安全性、成長性を確認することができるものであり、さらに事業の一覧をチェックすることで限られた経営資源を有効的に活用するために、どこに投入していくかを決めていくのです。

この「事業ポートフォリオの最適化」(詳しくは後述します)を行うために事業ポートフォリオは作成されます。

事業ポートフォリオとM&A

事業ポートフォリオが使われる場面として代表的なものがM&Aです。

M&Aはまさに事業ポートフォリオの最適化を行うためのプロセスであり、作成することでその会社が経済状況や業界・市場の動向、内部事情に合わせてより効率的な体制になるように組織再編や事業強化を行っていきます。

ただし、M&Aは複雑なスキームになっているものもあり、専門的な知識が不可欠です。

密接な関係ですから、専門家に依頼してスムーズに進められるように動いてみましょう。

もし、不安なことがあるならぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&Aに豊富な知識と経験を持つプロがM&Aをフルサポートいたします。相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

事業ポートフォリオの作り方

事業ポートフォリオの作り方

ここでは事業ポートフォリオの作り方をご紹介します。

基本的には以下3つの視点が使われるのです。

  1. PPM
  2. 事業ドメイン
  3. コア・コンピタンス

次に詳しく説明していきます。

①PPM

PPMとは「プロダクト・ポートフォリオ・マネージメント」と呼ばれるものであり、フレームワーク分析の一種です。

1970年代にボストン・コンサルティング・グループが提唱したマネジメント方法であり、非常に実践的な理論の一つとなります。

より詳しく説明すると、相対シェアと市場成長率を縦と横の軸に設定し、それを「問題児」「負け犬」「花形」「金のなる木」という4つの項目に分類するものです。

もっとわかりやすくするために、細かく見ていきましょう。

PPMの縦軸「市場の成長性」について

プロダクトポートフォリオマネジメントの縦軸は、「市場の成長性」です。

成長性が高い市場は、魅力的な事業ドメインがあります。それに伴って、新規参入も多く、競争が激しくなる可能性が高いです。このような、市場には、積極的に投資する手段を取ることが多いでしょう。

逆に、成長性が低い市場とは、どういったものでしょうか?

成長性が低い市場は、簡単に言うと、動きが少ない市場です。市場のシェアが固定される傾向が生まれます。なので、このような市場への投資は少ないでしょう。

プロダクトポートフォリオマネジメントの縦軸からは、市場の成長性を読み取ることができるのです。

PPMの横軸「市場シェア」について

プロダクトポートフォリオの横軸は「市場シェア」です。

製品を作れば、作るほど、生産コストを下げることができると言う、考え方となります

市場シェアが高くなればなるほど、同じ製品を売る場合、コストが低い方が有利です。

つまり、市場シェアが高いほど、利益を確保しやすいともいえるでしょう。

PPMにおける象限の特徴

PPMは相対シェアと市場成長率の2点を基準として、「問題児」「負け犬」「花形」「金のなる木」という4つの項目に分類します。

PPMにおける「問題児」

「問題児」は製品ライフサイクルの導入期~成長期のことで、市場成長率は高いものの市場シェアを拡大しなければならないため、利益が上がりにくいです。

そのため問題児への投資は未来への投資と同等になるので、将来的な成長を見越した上で投資を行わなければなりません。

PPMにおける「負け犬」

負け犬は製品ライフサイクルの成熟期から衰退期のことで、その呼び方の通り成熟しているため成長の余地が少なく、市場のシェアも小さいので利益も少なくなります。

負け犬は設備投資や販売促進の成果によって利益が発生する場合がありますが、市場が縮小傾向であれば撤退すべきです。

PPMにおける「花形」

花形は製品ライフサイクルの導入期~成長期を示しており、市場シェアが大きいために売り上げが大きくなる傾向があります。

花形は市場シェアが大きい分、成長し続ける必要があり利益が上がりにくいです。

そのため花形は市場シェアを維持することが優先課題となります。

PPMにおける「金のなる木」

「金のなる木」を簡単に説明すると、幅広い市場シェアを獲得し、トップを取っている状態です。金のなる木になれば市場シェアが最大になり、加えて成長率が下がるため利益が最大化されます。

ただし、金のなる木に該当した場合はあくまで利益の最大化を念頭に置いておく必要があるでしょう。

もちろん投資は継続しますが、それも利益の最大化を維持するためだけに行う程度に留めておくのです。

これらのようにPPMでは対象の会社のキャッシュバランスを占うことができます。

プロダクトライフサイクルについて

プロダクトライフサイクリとは、新しい製品を市場投入してから衰退するまでの売り上げのすい推移を理解しやすくするためのものです。

各事業は、市場の成長性、プロダクトライフサイクル、市場のシェアによって、時間を経て、プロダクトポートフォリオの各象限を移動していきます。

②事業ドメイン

事業ドメインとは会社の事業領域や主力となる事業を指します。

事業ドメインは、顧客・技術・機能の3つで解析を行うCTMフレームワーク分析を使い、その会社にとって最適な事業領域を設定するのです。

事業ドメインは限られた経営資源を効率的に投入し、無駄な多角化を避けるために適切な設定を行う必要があります。

そのためにも、次に説明する「コア・コンピタンス」「ケイパビリティ」の理解をはじめ、KSF(Key Success Factor:成功の鍵)を意識することが大切です。

ただ、事業ドメインの設定にあたって大切なことがあります。それが、市場の中ですでに顕在化している消費者のニーズを選別的に捉え、それに対応できる商品、マーケティング手法を組み合わせることです。

事業ドメインと企業ドメインの違いとは?

事業ポートフォリオを作成するに当たって、事業ドメインの説明をしましたが、企業ドメインという言葉を目にすることはありませんか?

事業ドメインと企業ドメインの区別がつかなくなってしまっているかもしれませんので、ここで明確にするためにも説明しておきます。

結論からいうと、事業ドメインは、事業ごとに設定するのに対して、企業ドメインは、複数の事業範囲が対象です。

なので、多角化していない場合ですと、単一事業と言うことになりますので、企業ドメイン・事業ドメインが同じ、範囲を指していることになります。

【関連】事業の多角化

CTMフレームワークとは?

事業ドメインを設定する時CTMフレームワーク分析はとても大切なので説明していきます。

CTMフレームワーク分析とは、米ハーバードビジネススクール教授で経営学者である、デレック・エイブル氏によって、提唱された方法です。

先ほども書いた通り、CTMフレームワーク分析には、「顧客」、「技術」、「製品」の3軸から分析します。

1つずつ詳しく説明していきます。

CTMフレームワーク分析の「顧客軸」

CTMフレームワーク分析における、顧客軸の決定方法としては、顧客の年齢、性別、地域、志向性などを、それぞれに分類し、誰に対して、自社の製品やサービスが価値を発揮しているのかを特定することができます。

CTMフレームワーク分析の「技術軸」

CTMフレームワーク分析における、技術軸は、競合他者にない技術の特定に役立たせることができます。自社が持っていて、他者にはない、技術は、どのような技術なのかを特定することで、将来の主力事業立ち上げの大きな武器となるのです。

CTMフレームワークの「技術軸」は次に話す、コア・コンピタンスに近いものなので、そちらも見ておくといいでしょう。

CTMフレームワーク分析の「機能軸」

CTMフレームワーク分析における機能軸は、自社の製品やサービスは顧客にどのような価値を提供できているのかを特定することができます。

機能軸を強めることで、高機能・高価格の製品やサービスを実現し、優良顧客の獲得にも繋げ、事業ドメインにいい影響を当てることができる軸です。

③コア・コンピタンス

事業ドメインの設定にはコア・コンピタンスが使用され、その会社の核や特色を意味しています。

事業の集中や拡大を図るときは、自社のコア・コンピタンスを明確に意識し、それを活かせる展開を行うことが何より大切になってくるのです。

コア・コンピタンスは「クライアントに利益を与える」「競合が真似しづらい」「いくつかの市場や商品に推進できる」という3つの自社能力のこと。

コア・コンピタンスはその会社の事業を模倣可能性、移動可能性、代替可能性、希少性、耐久性の5点から評価します。

さらにSWOT分析などを用いてもよいでしょう。

SWOT分析とは

SWOT分析(スウォット分析)とは「強み(Strength)」、「弱み(Weakness)」、「機会(Opportunity)」、「脅威(Threat)」の頭文字から作られた、フレームワークです。

SWOT分析を使うことによって、市場機会や事業課題を発見します。

事業ポートフォリオの評価方法と分析

事業ポートフォリオの評価方法と分析

作成した事業ポートフォリオは、細かく調べ上げて適切な評価をする必要があるものです。

  • 成長性はどうか
  • 収益性はあるか
  • リスクはないか
  • シナジーは見込めるのか
  • リスク分散は可能か

読み取れる要素を調査して、効率的な経営資源の投入方法を決めて、企業価値の上昇を狙うのです。

この一連の作業は「事業ポートフォリオマネジメント」と呼ばれており、事業の多角化やグローバル化が進んでいる昨今の経営環境において、非常に重要なものとして認知されつつあるといえるでしょう。

そもそも日本の会社は海外の会社と比べて多角化を好む傾向にあり、リスク分散の一環として積極的に多角化を行っています。

多角化によるリスク分散は一定の評価を得ており、実際に多角化によるリスク分散を行うことで資本コストの低減に成功している事例も多いです。

事業ポートフォリオのマネジメントにおける課題

事業ポートフォリオのマネジメントにおける課題

事業ポートフォリオマネジメントにおいて意識しておきたい課題はいくつかあります。

まず、事業ポートフォリオマネジメントを行うことは、効率的な経営資源の投入方法を探るだけでなく、「優先度の高い投資先の事業はどれか」について考慮しておく必要があるのです。

資本コストを重視して経営資源の投入をより効率化し、無駄なコストの発生は抑えるべきと言えるでしょう。

しかし、PPMで分類する項目にあったように、事業の製品ライフサイクルのどの段階にいるかによっては、さらなる投資が必要となることがあります。

そのため、経営資源を渋るだけではなく、事業にどれだけ投資を行えるかも考えねばなりません。

事業ポートフォリオマネジメントを通じて戦略を策定しても、実行にはトップマネジメントの手腕が問われるからです。

しかしリスクを踏まえたうえでの舵取りは決して簡単なものではなく、躊躇いや迷いが意思決定に大きな支障をきたす可能性はあります。

そんな事態を回避するためにもガバナンスやインセンティブといった制度を整えることによってトップマネジメントが意思決定をしやすいようにしておきましょう。

そうすることで、重要な経営戦略を策定する状況でも円滑な意思決定ができるようになります。

【関連】事業リスクの種類とリスクマネジメント方法

ガバナンスとは?ガバナンスを効かせるには?

ガバナンスは、コーポレート・ガバナンスと同じで、企業経営を統制して、監視する役割を持たせる機能を意味します。株主であったり、顧客、取引先、従業員といった、企業に関わるステークホルダーの保護と利益の向上が目的です。

ガバナンスを効かせるために大切なポイントは、一般的に言われるのが、ポリシーとプロセスとなります。

事業ごとの評価方法、オペレーション、投資の考え方は違ったりしますので、それを共通のプラットフォームを持つことが大切です。

事例で見る事業ポートフォリオ

事例で見る事業ポートフォリオ

ここでは様々な事例をもとに事業ポートフォリオの分析のパターンをお伝えしていきます。

①「花形」の事業がない会社A

以下のような事業ポートフォリオを持つ会社Aがあったとします。

  • 問題児:スマートフォン
  • 負け犬:計測機器
  • 花形:なし
  • 金のなる木:コンピューター

最も利益を生み出す金のなる木がある以上、そちらに投資したくなることがあるかもしれませんが、金のなる木は成長性がないものであり、いずれ衰退期を迎えて先細りになる可能性が高いものです。

そのため、今後の成長が期待できる問題児に適切な投資を行う必要があります

②「負け犬」が多い会社B

以下のような事業ポートフォリオを持つ会社Bがあったとします。

  • 問題児:冷凍食品
  • 負け犬:レトルト食品、製菓、調味料
  • 花形:インスタントラーメン
  • 金のなる木:スナック

こちらは負け犬となっている事業が多くあるケースです。

この場合はいかに速やかに撤退すべきか判断することが重要になります。

日本では事業の撤退=失敗というイメージが強いため、事業の撤退を避ける傾向がありますが、成長性や利益のない事業の速やかな撤退は新たな事業の立ち上げや他の事業への投資をスムーズに行えるために必要な判断でもあるため、いざという時はスピーディに行うようにしましょう。

③新事業の立ち上げが必要な会社C

以下のような事業ポートフォリオを持つ会社Cがあったとします。

  • 問題児:なし
  • 負け犬:文房具
  • 花形:なし
  • 金のなる木:家具、キッチン用具、生活雑貨

金のなる木に分類される事業が多いため現時点では安定していますが、いずれも成長性がなく、遅かれ早かれ成長が停止するリスクが高いです。

そのため新規事業を立ち上げ、積極的な投資を行っていく必要性があります。

④利益が少なくなりがちな会社D

以下のような事業ポートフォリオを持つ会社Dがあったとします。

  • 問題児:医療機器、製薬
  • 負け犬:なし
  • 花形:病院・クリニックのための予約サイト運営
  • 金のなる木:なし

こちらのケースはいずれも成長の余地がある事業が揃っていますが、いずれも事業の成長のために一定以上の投資を行う必要があるため、利益がどうしても少なくなりがちです。

そのため会社にストックされる資金が少なくなるため、資金繰りは注意しておくべきでしょう。

事業ポートフォリオの最適化

事業ポートフォリオの最適化

ここでは事業ポートフォリオの最適化についてお伝えします。

「事業ポートフォリオの最適化」とはいうなれば「選択と集中」であり、事業ポートフォリオマネジメントを行った結果、どの事業を投資し、またどの事業を撤退するかなどを決めていく作業のことです。

事業ポートフォリオは事業単体の状態だけでなく、それぞれの事業の組み合わせによって発生するシナジーやリスク分散も考慮する必要があります。

つまり事業ポートフォリオから導き出される事業の組み合わせが、どれほど業績向上に繋がるのか、資本コストを減少させられるのかが、最適化における重要なポイントだといえるでしょう。

もしM&Aを行って事業の多角化を考えるのであれば、どのような事業を買収するかが重要になります。そして、条件が合っていなければM&Aによるシナジー効果は期待できません。

適切な買収対象を選びたければ、ぜひM&A総合研究所のM&Aポータルサイトを活用してください。

そこでは独自のAIを用いることで、買収ニーズを登録するだけで条件の合う買収対象のマッチングを受けることができます。

>>買収ニーズ登録はこちら

ただ、ご紹介した事例にもありましたが、そのためには時に事業の大胆な転換や撤退などを考えておかなければなりません。

日本は事業の撤退に対してネガティブなイメージを抱く傾向があり、経営者が失敗という烙印を押されることを嫌って躊躇うことは珍しくありません。しかし事業の撤退は決して失敗ではなく、新たな投資や新事業の立ち上げを行ううえでの重要な布石でもあります。

そのため時には迅速に事業の撤退を判断し、投資すべき事業に経営資源を投資していった方が会社全体の業績向上につながるでしょう。

まとめ

経営資源を有効的に活用するために、事業ポートフォリオが重要になります。

そのためにも、様々な、フレームワークを利用することによって、意思決定をしやすくなるので、少しでも実践に移すことが大切です。

「事業ポートフォリオの最適化」によって、「選択と集中」を実践し、作成した事業ポートフォリオをもとに投資の優先順位を決定していきましょう。

【関連】起業家の悩みとは?5つの悩みと解決方法

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)