2020年5月5日公開会社・事業を売る

事業譲渡・事業売却の費用や手数料、税金まとめ【仕訳/勘定科目】

事業譲渡・事業売却はM&A手法として広く利用されている手法の1つです。事業譲渡・事業売却の際は費用や手数料、税金が発生するので、正しく把握することが大切です。計画的にM&Aするためにも、費用や手数料、税金について詳しくみていきましょう。

目次
  1. 事業譲渡・事業売却の費用や手数料とは
  2. 具体的な事業譲渡・事業売却の費用や手数料の内訳
  3. 事業譲渡・事業売却の際に発生する税金
  4. 事業譲渡・事業売却の仕訳/勘定科目
  5. 事業譲渡・事業売却の際の価格の決まり方
  6. 事業譲渡・事業売却の際の注意点
  7. 事業譲渡・事業売却の際におすすめの相談先
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

事業譲渡・事業売却の費用や手数料とは

事業譲渡・事業売却の費用や手数料とは

事業譲渡・事業売却の費用や手数料とは

出典:https://pixabay.com/ja/

事業譲渡・事業売却を行う上で重要なポイントは、費用や手数料、税金などの存在です。

最終的にかかる費用や手数料を正しく把握しておくことで、具体的な事業計画を初期段階から立てられるようになります。

一方で、費用や手数料を軽視したまま、事業譲渡・事業売却を行った場合、想定外の出費によって事業資金が足りなくなってしまう恐れもあります。

事業譲渡・事業売却を計画的に実施するためにも、費用や手数料、税金に関する知識を身につけておきましょう。

事業譲渡・事業売却とは

事業譲渡・事業売却とは、事業あるいは事業の一部を譲渡・売却するM&A手法の1つです。譲渡対象は事業なので、会社の経営権は維持したままという特徴があります。

譲渡対象を自由に選択できる事から、会社の事業再生の手段として広く利用されています。例えば、事業の多角化を図ったものの、特定事業が不採算に陥り、会社の業績が著しく低下した場合に、会社全体の負担の軽減目的で事業譲渡・事業売却を行うケースです。

ケースによっては高額な売却益を獲得することもあるので、不採算事業の切り離しと事業資金の獲得を両立させることも可能です。

【関連】事業譲渡とは?意味や方法、M&Aにおける活用​を解説

事業譲渡・事業売却の費用や手数料とは

事業譲渡・事業売却は大きなメリットをもたらしてくれますが、全ての手続きを完了するまでには、様々な費用や手数料が発生します。

その中でも大きな割合を占めるのは、M&A・事業譲渡・事業売却の専門家に支払う仲介手数料です。事業譲渡・事業売却を完了させるまでに要する手続きは多岐に渡るので、トラブルを起こすことなく進めるために、専門家のサポートが欠かせません。

具体的な事業譲渡・事業売却の費用や手数料の内訳

具体的な事業譲渡・事業売却の費用や手数料の内訳

具体的な事業譲渡・事業売却の費用や手数料の内訳

出典:https://pixabay.com/ja/

事業譲渡・事業売却の費用や手数料は主に専門家に支払う手数料です。専門家の中には複雑な料金体系を採用しているところもありますので、それぞれの費用・手数料について見ていきましょう。

【具体的な事業譲渡・事業売却の費用や手数料の内訳】

  1. 着手金
  2. 仲介手数料
  3. 企業価値評価費用
  4. 月額報酬
  5. 中間報酬
  6. 成功報酬

1.着手金

専門家に事業譲渡・事業売却の仲介サポートを正式に依頼する段階で発生する手数料です。主に企業概要書の作成や取引先の選定など、事業譲渡・事業売却の初期段階で必要になる資金にあてられます。

相場は50~200万円前後となっており、高い手数料を先払いすることになりますが、事業譲渡・事業売却が成約しなかった場合においても、返却されることはありません。

なお、従来は着手金制度が一般的でしたが、近年は着手金を無料とする専門家も多く見受けられるようになりました。初期資金に不安がある場合は着手金をとっていない専門家に相談するのもおすすめです。

2.仲介手数料

事業譲渡・事業売却の費用や手数料について調べていると「仲介手数料」という言葉を目にしますが、これは専門家に支払う手数料の総称です。

本章で紹介している費用や手数料を全て含めたものを仲介手数料、と考えていただけると分かりやすいです。

3.企業価値評価費用

譲渡対象の事業価値を算出するために要する費用です。

事業譲渡・事業売却の取引価格は売り手と買い手の交渉で決定するものですが、交渉の土台となる事業価値が存在していなければ、まともに進行することができません。

そこで役立つのが企業価値評価で算出された事業価値です。専門家によって算出された信頼性・客観性に優れた価値であれば、売り手と買い手の双方が納得感を持って交渉を進めることができます。

譲渡対象の事業規模によって左右されますが、相場は50万円前後です。また、事業譲渡・事業売却の初期段階で必要となる費用なので、着手金に含まれているケースも珍しくありません。

4.月額報酬

事業譲渡・事業売却が成約するまで毎月発生する手数料です。事業譲渡・事業売却の進行に携わるコンサルタントの活動費・人件費にあてられます。

専門家の活動資金を安定して供給することができますので、事業譲渡・事業売却の進行も安定するメリットがあります。ただし、交渉が長引くほど依頼者の金銭的負担が増していくデメリットが存在する点に注意が必要です。

早期決着が望めない場合は、負担する費用も覚悟しなければなりません。また、月額報酬の獲得を目当てに成約の望みが薄い案件を請け負うところも存在しているので、月額報酬を採用する専門家への相談は慎重に検討を重ねたほうが良いでしょう。

5.中間報酬

基本合意書の締結段階で発生する手数料です。基本合意書は、売り手と買い手の双方が事業譲渡・事業売却に対して前向きであるという意思表明を行うために取り交わします。

こちらの手数料は何かの費用のために支払うというよりは、基本合意まで交渉を進めたことに対するインセンティブというイメージが適切です。

売り手と買い手の意思表明がされたとは言え、成約が保証されているものではありませんので、専門家の一定の利益を獲得するために設けられています。

相場は成功報酬の10~30%です。高い手数料を支払いますが、前述した通り成約を保証するものではありません。今後のデューデリジェンスや交渉によって事業譲渡・事業売却が破談した場合も返却されない点に注意が必要です。

6.成功報酬

最終契約書の締結を経て成約(クロージング)した段階で発生する手数料です。成約という確かな成果が得られるものですので、専門家に支払う仲介手数料の中でも最も大きな割合を占めます。

成功報酬は取引価格にレーマン方式の料率を乗じたものが一般的です。

【一般的なレーマン方式の料率】

  • 5億円まで・・・5%
  • 5億円超~10億円まで・・・4%
  • 10億円超~50億円まで・・・3%
  • 50億円超~100億円まで・・・2%
  • 100億円超・・・1%

仮に取引価格を25億円とすると、以下のようになります。
 
取引価格 料率 成功報酬
5億円まで 5億円×5% 2500万円
5億円超~10億円まで 5億円×4% 2000万円
10億円超~50億円まで 15億円×3% 4500万円
合計 合計 9000万円

【関連】M&Aの費用

事業譲渡・事業売却の際に発生する税金

事業譲渡・事業売却の際に発生する税金

事業譲渡・事業売却の際に発生する税金

出典:https://pixabay.com/ja/

事業譲渡・事業売却の際は様々な税金が発生します。即座に発生する仲介手数料と異なり、税金は翌年以降に納税することになりますので、事前に把握しておくことが大切です。

【事業譲渡・事業売却の際に発生する税金】

  1. 消費税
  2. 法人税
  3. 不動産取得税
  4. 登録免許税

1.消費税

課税資産に対して課せられる税金です。2020年現在の消費税率は10%なので、課税資産の総額に対して10%を乗じた金額が消費税となります。

課税資産に対して課せられるので、売却益に関係なく納税義務が発生します。

なお、納付者は売り手側ですが、実際に負担するのは買い手側です。買い手側は課税資産に準ずる消費税を加えた金額を売り手に引き渡し、後日、売り手側が税務署に納税する流れとなります。

課税資産とは

事業譲渡・事業売却は全ての譲渡対象に対して消費税が課せられるものではありません。課税資産と非課税資産に分類されて消費税が算出されます。

【課税資産】

  • 有形固定資産(土地を除く)
  • 無形固定資産(特許権・商標権等)
  • 棚卸資産(製品・原材料・仕掛品等)
  • 営業権(のれん代)

【非課税資産】
  • 土地
  • 有価証券(株式・債券・手形等)
  • 債権(売掛金等)

事業の性質によって課税資産と非課税資産の割合が大きく異なりますので、買い手側は譲受する資産について検討しておく必要があるでしょう。

2.法人税

事業譲渡・事業売却の売却益に対して課せられる税金です。法人税・地方法人税・法人住民税・事業税等があり、総合すると約30%前後となります。

近年は法人税率を引き下げる動きが見られますので、今後の動向次第では法人税率が大きく変動する可能性もあります。

また、課税資産に対して課せられる消費税とは異なり、売却益が赤字だった場合は課せられません。

3.不動産取得税

不動産を取得した際に課せられる税金です。事業譲渡・事業売却で不動産を取得した場合も例外なく課せられることになります。

税率は原則4%ですが、特例として土地及び住宅(2021年3月31日まで)の取得に関しては3%とされています。

取得する事業内容に土地や建物が多く含まれる場合は、不動産取得税も高くなりますので注意が必要です。

4.登録免許税

不動産の所有権移転登記の際に課せられる税金です。事業譲渡・事業売却における売買においても、土地や建物の所有者が変わったことを公示するために、法務局に申請・納税しなければなりません。

税率は相続・売買・贈与等のケースによって変わりますが、事業譲渡・事業売却の場合は売買に該当します。

【登録免許税の税率(売買)】

建物 2%
土地 2%
1.5%(2021年3月31日まで)

【関連】事業譲渡で発生する税金は?税務について徹底解説!

事業譲渡・事業売却の仕訳/勘定科目

事業譲渡・事業売却の仕訳/勘定科目

事業譲渡・事業売却の仕訳/勘定科目

出典:https://pixabay.com/ja/

事業譲渡・事業売却の際は正しく会計処理を行う必要があります。下記の設例を基に、売り手と買い手のそれぞれの会計処理を見ていきましょう。
 

  • 譲渡資産・・・200万円(時価250万円)
  • 譲渡負債・・・30万円(時価40万円)
  • 取引価格・・・220万円

売り手の会計処理

売り手側は譲渡資産・負債を簿価で計上して、取引価格は時価で受け取ります。
 

借方 貸方
譲渡負債 30万円 譲渡資産 200万円
現金預金 220万円 譲渡益 170万円

買い手の会計処理

買い手側は譲受した資産・負債を時価評価します。今回の設例ですと、純資産(資産250万円-負債40万円)よりも高い取引価格になっていますので、差額の10万円をのれんとして計上します。
 

借方 貸方
譲受資産 250万円 譲受負債 40万円
のれん 10万円 現金預金 220万円

【関連】M&Aにおける会計処理(仕訳)とは?会計に強いM&A仲介会社やM&A会計に関するおすすめの本をご紹介

事業譲渡・事業売却の際の価格の決まり方

事業譲渡・事業売却の際の価格の決まり方

事業譲渡・事業売却の際の価格の決まり方

出典:https://pixabay.com/ja/

事業譲渡・事業売却の取引価格は、譲渡対象事業の純資産価値に営業権(のれん代)を加えることで算出されます。営業権は将来的に期待される収益価値を数値化させたもので、将来のキャッシュフローというイメージが分かりやすいです。

営業権は技術・ノウハウや顧客・取引先等があります。3~5年の期間で計算されることが多く、事業譲渡・事業売却の取引価格に大きく影響する要素です。

事業譲渡・事業売却の際の注意点

事業譲渡・事業売却の際の注意点

事業譲渡・事業売却の際の注意点

出典:https://pixabay.com/ja/

事業譲渡・事業売却を成功させるためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。この章では、費用や手数料に関わる注意点を確認しておきましょう。

【事業譲渡・事業売却の際の注意点】

  1. 営業権(のれん代)
  2. 棚卸資産の変動
  3. 専門家の料金体系

1.営業権(のれん代)

事業譲渡・事業売却の取引価格は営業権(のれん代)が大きく影響します。譲渡対象の技術・ノウハウが高く評価されると取引価格も高くなるケースです。

これ自体は適正な評価によるものなので問題はないのですが、営業権は課税資産に含まれていますので、課せられる消費税が高くなることについて注意しておかなければなりません。

【関連】事業譲渡で発生するのれん

2.棚卸資産の変動

棚卸資産も課税対象に含まれますので、事業譲渡・事業売却の実行日までに棚卸資産が変動することで、課せられる消費税が増減します。

製品・原材料等の在庫を多く抱える事業の場合、変動も大きくなることが想定されるため、棚卸資産の変動を考慮した上で消費税を試算しておかなければなりません。

3.専門家の料金体系

事業譲渡・事業売却の費用や手数料は専門家に支払う仲介手数料が大きな割合を占めます。ただ、専門家によって採用している料金体系が異なりますので、事前に確認しておく必要があるでしょう。

その際は料金体系を明記している専門家をおすすめします。初期段階から費用や手数料を試算することができますので、計画的に事業譲渡・事業売却を実施することができます。

事業譲渡・事業売却の際におすすめの相談先

事業譲渡・事業売却の際におすすめの相談先

事業譲渡・事業売却の際におすすめの相談先

出典:https://pixabay.com/ja/

事業譲渡・事業売却の際は、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所は、中堅・中小規模のM&Aを中心に請け負っているM&A仲介会社です。

M&A経験が豊富なアドバイザー・公認会計士・弁護士の3名が、事業譲渡・事業売却の費用や手数料に関するお悩みや手続きの徹底サポートを行います。

料金体系は完全成功報酬制を採用しています。最終的に支払う仲介手数料は成功報酬のみという非常にシンプルな料金体系です。

また、成約速度においても大きな強みを持っています。一般的なM&Aの成約速度は11ヶ月前後ですが、M&A総合研究所は平均3ヶ月のスピーディー成約を実現しています。

無料相談は24時間お受けしています。お気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

事業譲渡・事業売却の費用や手数料について見てきました。専門家に支払う仲介手数料や国に納める税金等、様々な費用が発生するので、自力の計算が困難になることも珍しくありません。

信頼できる専門家を見つけてサポートを依頼すると、事業譲渡・事業売却を円滑に進めることができるでしょう。

【具体的な事業譲渡・事業売却の費用や手数料の内訳】

  1. 着手金
  2. 仲介手数料
  3. 企業価値評価費用
  4. 月額報酬
  5. 中間報酬
  6. 成功報酬
【事業譲渡・事業売却の際に発生する税金】
  1. 消費税
  2. 法人税
  3. 不動産取得税
  4. 登録免許税
【事業譲渡・事業売却の際の注意点】
  1. 営業権(のれん代)
  2. 棚卸資産の変動
  3. 専門家の料金体系

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)