2021年4月21日更新会社・事業を売る

会社合併の手続き

会社合併の手続きには、合併契約の締結、各機関の承認、株主や債権者の利益保護、権利や義務の承継などがあります。また、新設合併ではそれに加えて、新しい会社の設立や登記申請なども必要となります。この記事では、会社合併をする際に必要な手続きについて解説します。

目次
  1. 会社を合併するとは
  2. 会社合併は吸収合併を利用する事例が多い
  3. 吸収合併の手続き
  4. 新設合併の手続き
  5. 合併に要するその他手続き 
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

会社を合併するとは

会社を合併するとは

会社合併とは、複数の会社が1つの会社となり経営する手続きを指します。会社合併は組織再編行為の手法であり、主に新しい事業への参入や、経営が不安定な会社が経営を立て直すために実施します。

会社を合併する方法には「吸収合併」と「新設合併」があり、大きな違いは親会社のあり方です。

①吸収合併

吸収合併とは、合併を検討している2社のうち、片方の会社がもう片方の会社を吸収する手続きです。吸収されるほうの会社は消滅するのが特徴です。

吸収合併は、包括的な承継となりますので、吸収される会社の権利、義務だけではなく債務まで全てが承継範囲となります。

吸収される会社が消滅することによって、既存の株主や債権者にも大きな影響が出てしまいますので、反対株主の株式買取と債権者保護が必須となります。

②新設合併

新設合併とは、合併を実施する会社の全てが一度解散して、新たな会社を新設し一緒に経営し始めます。合併する前の会社で保有していた権利や義務は全て新設会社に承継され、消滅会社は解散します。

また、消滅する会社の株主が株式の対価として受け取ることができるのは、新しく設立される会社が発行する株式、または社債などに限定されます。

会社の合併を検討されている場合は、M&Aの専門家にアドバイスを求めるのがおすすめです。

M&A総合研究所は独自ネットワークと培ったノウハウを活かして、最適な相手先をお探しいたします。案件ごとにM&Aの知識・支援実績豊富なアドバイザーがつき、親身になってフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)

無料相談をお受けしておりますので、M&Aをご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

会社合併は吸収合併を利用する事例が多い

会社合併は吸収合併を利用する事例が多い

このように吸収合併と新設合併は、既存の会社に新たな仲間として加わるのか、全ての会社で新たな会社を立ち上げるのかの違いがあります。そのため合併する際の契約においては、どのようなM&Aの方法をとるのかを決定し、合併契約書を作成する必要があります。

どちらも会社が経営のために統合する目的に変わりはありませんが、多くは吸収合併のほうが活用されています。新設合併を選択した場合、合併の手間や費用など時間がかかってしまうことがあります。

例えば、新設合併においては、これまで個別契約をしていた場合、再度契約を結び直さなければならないからです。ただ吸収合併をした場合には、消滅する会社のほうにマイナスのなイメージがついてしまう場合があります。

そのため、新設合併を行い、それぞれの会社が一から事業をスタートするケースもあります。

※関連記事

合併のメリット

吸収合併の手続き

吸収合併の手続き

吸収合併では、どちらかの会社の手続きが滞ると、大幅に吸収合併が遅れる恐れがあります。存続する会社と消滅する会社の両方が、お互いの会社に合わせて以下の手続きを進めます。

①「合併契約書」「合併覚書書」の作成

合併会社と吸収される会社で、それぞれ合併契約書と合併覚書の作成の準備に取り掛かります。合併覚書には、基本事項や合併契約書に記載されない重要事項について記載されます。

②合併に対する各機関の承認

吸収合併を実施する際は、もちろん、当事者のみで決定はできません。会社全体の問題として、各機関からの承認が必要になります。業務に対して意思決定権を有している機関が取締役会である場合は、その合意が必要です。

また、取締役会がない場合は、取締役のうち過半数の合意が必要となります。

③株主総会

株主総会の招集手続きは、開催日の2週間前までに実行する必要があります。基本的に吸収合併に関わる株主総会は、多数決で決定されます。反対派株主の権利を保護するために、このような措置が取られています。しかし、株主が1人のみである場合には、書面での承認手続きで済ませられます。

つまり、会社の資金面を支えている株主が、吸収合併を認めている必要があります。

④合併に関する契約を締結させる

合併する全ての会社が合併契約の締結手続きを実施します。会社法第749法に基づいて、合併が実行される日程や吸収合併にかかる対価、その支払額や方法なども同時に決定します。

また、吸収を実行する会社側は、効力が発生する日程までに、新しい商号や役員の決定等の手続きを忘れずに実施します。

⑤株主と債権者の利益の確保

吸収合併を実施する際、一方の会社が消滅します。よって、株主や債権者は当然お金が返ってくるのかなど影響が大きいでしょう。そのため、吸収合併する際には、株主や債権者の利益を保護する手続きが必要です。まずは、事前に情報開示する書類を用意します。

会社法第782条に基づいて、合併する際に株主や債権者の利益を守る目的で情報を開示します。具体的な内容としては、下記の情報が載った書類を本店に備え置く義務があります。

  • 合併にかかる契約内容 ・合併によって支払う、または得られる対価 
  • 会社法に基づいた必要事項

債権者に対しては、吸収合併の効力が発生する日の1ヶ月前までに、吸収合併に関する催告手続きを実施する義務があります。その際に債権者は、吸収合併に賛成できない場合に限り、異議を申し立てる事が可能です。

基本的に意義の申し立てがない場合には承認したとみなし、期限が過ぎたら通常通り吸収合併が実施されます。合併により債権者の利益に害が出る恐れがあるとみなされた場合、債権者からの意義の申し立てが実行される可能性が高いくなります。

吸収合併に反対している株主は、効力の発生日の20日前までに、保有している株式を買い取ってもらう請求をします。吸収合併に反対すると、効力発生後は当然株主ではなくなり、株式を公正な価格で買い取ってもらえるのです。

また、新株予約権を保有している方の利益も確保する必要があります。新株発行券を保有しているだけでは株式自体が手元にないので、賛成・反対に関係なく意見を述べる権利がありません。しかし、消滅する会社の新株予約権を保有している場合は、今後いかなるときも新株予約権を利用できません。

従いまして、反対株主と同様に公正な価格で買い取ってもらいます。吸収合併の際に消滅する側の会社にとっては、新株予約権を保有している人への勧告も重要な手続きです。会社法ではこの後吸収合併が実行され、存続する会社に消滅する会社が合併します。

⑥吸収合併の効力の発生

消滅する会社は吸収合併の効力が発生する日までに、権利や義務を承継する手続きを実施し消滅します。その際に存続する会社は、対価を支払います。そして、合併契約の際の決定された日より、吸収合併の効力が発生します。

⑦登記申請

吸収合併の効力発生日以降、2週間以内に管轄の法務局で登記手続きをしなければなりません。主に会社の変更登記申請書をはじめとした必要書類を提出します。

その際には、消滅する会社の登記事項証明書など、消滅する会社に関連する書類も吸収する会社側が法務局へ提出することになります。

⑧権利や義務の承継

規定の書類は、本店に6ヶ月間備え置きます。会社法に基づく吸収合併の手続きは以上です。しかし、上記以外にも実施すべき手続きがあります。存続する会社が上場している場合、適時書類の開示が必要になるケースがあります。

他にも、独占禁止法に基づいた書類を公正取引委員へ提出、許認可が必要な会社については申請をしなれば、事業を行うことができません。

このような煩雑な手続きを自社のみで行うのは非常に困難です。従って、吸収合併の際は、専門家のサポートを活用することをおすすめします。

M&A総合研究所には専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、培ったノウハウを活かしM&Aをフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)

無料相談をお受けしておりますので、M&Aをご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

新設合併の手続き

新設合併の手続き

吸収合併と異なり、新設合併では新しく会社を設立する必要があります。新しい会社に合併を検討している会社が吸収されるイメージです。具体的な手続きは、新しく会社を設立する手続き以外は吸収合併と同様です。

しかし新設合併の難しいところは、各会社が合併に対する承認を得る手続きなどと並行して、新しい会社の設立や登記申請等をしなくてはいけない点です。最短で1ヶ月半から2ヶ月程度の時間を要する新設合併では、両社の手続きも新設会社の登記申請も滞りなく実施する必要があります。

以上をまとめると、新設合併と吸収合併の手続きの違いは、新設会社の登記申請が必要な点や、本店に備えおく書類を新しく設立した会社に置く点です。

※関連記事

新設合併

合併に要するその他手続き 

合併に要するその他手続き

これまで、会社の吸収合併と新設合併に関わる手続きについて解説しました。以下では、両者に該当するその他の手続きを解説します。

①従業員への対応

従業員にとって会社の合併とは、これまでの労働環境が大きく変化する行為です。合併では会社がまるごと移動するので、当然従業員も貴重な財産として統合されます。そのため、会社の従業員はもちろん、労働組合にも合併に対する申告手続きが必要です。

その際、労働組合に申告するタイミングで、合併後の従業員の働き方に大きく影響が出てしまいます。早すぎると、合併の発表前に情報が社内に漏れてしまいます。その結果、合併前に退職する従業員が出たり、会社内でさまざまな情報が飛び交い混乱を招きます。

しかし遅すぎても、従業員の引き継ぎの準備ができないなどの問題に発展する恐れがあります。そのため、各会社ごとにタイミングを考慮して、従業員への通達や労働組合への申告等の手続きを実施すべきです。

②労働条件の変更

吸収合併も新設合併も、会社の全てが承継の対象となる包括承継です。異なる会社が合併するとなると、労働条件もそろえる必要があります。特に給与に関しては、慎重に対応しなくてはいけません。

例えば、A社は基本給20万円、B社が22万円だった場合、統合後に全社員の基本給を平均の21万円にした場合、当然B社からは退職者が出てしまいます。従業員の給与を増額するのは問題ないですが、給与を減額する場合、従業員の意欲を著しく低下させる恐れがあります。

よって、労働条件は、好条件なほうを採用するか新たに設定するのが好ましいでしょう。また、労働環境の変化に伴い、会社の移転が行われる可能性があります。

※関連記事

合併と買収の違いとは?メリット・デメリットや注意点を解説

まとめ

まとめ

合併では、会社の一部だけではなく全てが統合されます。そのため、会社の合併後しばらくは、従業員や役員は円滑に仕事できない可能性があります。合併では検討する段階、実務的な手続き、合併後の勤務など全ての段階に時間がかかります。

つまり、急いで合併を実施しても、手続きに忙しくその他の業務が疎かになってしまうと、結果として経営が悪化します。そのため、時間に余裕をもって会社合併の手続きを行うことが大切です。

要点をまとめると、下記になります。

【会社合併とは】
  • 複数の会社が1つとなる手続き
【吸収合併の手続き】
  • 合併契約の作成
  • 各機関の承認
  • 株主総会
  • 契約の締結
  • 株主や債権者の利益保護
  • 登記申請
  • 権利や義務の承継
【新設合併の手続き】
  • 吸収合併の手続きに加えて、新しい会社の設立や登記申請なども必要
【合併に関するその他手続き】
  • 従業員への対応、労働条件の変更

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

M&Aによる会社売却はタイミングが重要で、同じ会社でもタイミングの違いによって売却価格が大きく変わる可能性もあります。本記事では、会社売却の適切なタイミング、会社売却のメリットや利益を最...

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

出版業界は、電子書籍の普及と紙媒体の衰退といった大きな変化の渦中にあり、業界再編などを目的としたM&Aが活発です。本記事では、出版業界の最新M&A事例9選を紹介するとともに、出版...

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きを見せています。本記事では、2021年の宅配・フードデリバリー業界のM&...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料が高いことが問題視されています。本記事では、M&A仲介会社の手数料はなぜ高いのか、手数料相場や手数料が高いか安いか判断するた...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

M&Aで締結する契約の1つにTSAというものがありますが、知らない方やよく分からない方も多いのではないでしょうか。本記事では、TSAの意味や活用される場面、TSAと関連の深い契約である最...

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aで会社を買収する際は、買い手にどのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しておくことが大切です。本記事では、M&Aの買い手のメリット・デメリットを詳しく解説するとともに...

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

近年は事業承継を目的とするM&Aが盛んになっていますが、売り手側のメリットはそれ以外にもさまざまなものがあります。本記事では、M&Aにおける売り手側のメリットとデメリット、M&a...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)