2021年5月30日更新会社・事業を売る

会社売却のその後「社員(従業員)・社長」はどうなる?

会社売却は、会社を存続させるための経営手段の一環として用いられることが多いものです。ですが、会社で働いてくれた社員(従業員)・社長のその後について不安に思う方もいます。本記事では、会社売却のその後の社員(従業員)・社長の処遇について解説します。

目次
  1. 会社売却とは
  2. 会社売却のその後「社員(従業員)・社長」はどうなる?
  3. 会社売却のメリット・デメリット
  4. 会社売却を行う際に注意すること
  5. 会社売却をスムーズに行う際のコツ
  6. 会社売却を検討する際におすすめの相談先
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

会社売却とは

会社売却とは

会社売却とは、M&A手段を用いて他者に会社や会社の事業を売却することを言います。

経営手段の一環として実施されることが多いため、会社自体に与える影響は良いものとなることがほとんどです。

しかし社長の中には、これまで会社のために尽くしてくれた社員(従業員)のその後の処遇を気にするあまり、会社売却を躊躇される方もいます。

そこで本記事では、会社売却によって社員(従業員)・社長に与えられる影響を詳しく見ていきます。

会社売却の現状

従来は大企業同士で行われることが多かったのですが、近年は中小企業の経営課題の解決を目的とした会社売却も多く見受けられるようになりました。

特に多いのが、少子高齢化に伴う後継者問題です。親族内や社内に適任な後継者が居らず、高齢を迎えた中小企業の社長が会社売却やM&Aによる事業承継を選択することが多くなりました。

こうした背景もあり、会社売却はその需要を増していることが伺えます。

【関連】M&Aの動向

会社売却の手段

会社売却(買収効果のあるM&A)の手段は以下のものがあります。

【会社売却の手段】

  1. 株式譲渡
  2. 株式交換
  3. 株式移転
  4. 第三者割当増資
  5. 事業譲渡

1.株式譲渡

株式譲渡は、売り手が保有する株式を譲渡することで経営権を移転する手段です。株式の移動と株式名簿の書き換えだけで良いため、その手続きが非常に簡便である特徴があります。

取得対価は現金で支払われ、獲得した売却益は社長(株式)の個人的な資産となります。

2.株式交換

株式交換は、子会社となる会社の株式を既存会社に取得させて親子関係を築く手段です。

取得対価は原則として親会社となる株式等で支払われます。現金による受け渡しが発生しない特徴を活かして、大手のグループ再編などに用いられることが多いです。

なお、株式で支払う必要はありません。対価の柔軟化として、現金等による対価の支払いも認められるようになりました。

3.株式移転

株式移転は、子会社となる会社の株式を新設会社に取得させて親子関係を築く手段です。

取得対価は親会社の株式等で支払われます。新設する会社の株主が存在しなくなることを避けるための制度です。

複数の子会社をまとめて経営統合する際に用いられることが多くなっています。

4.第三者割当増資

第三者割当増資は、特定の第三者に新規発行株式の割当権利を与えて増資する手段です。

融資のように厳しい審査を受けることなく資本を増強できるため、主に中小企業の資金調達の手段として活用されています。

また、特定の第三者の株式保有率が経営権を取得できる範囲まで割当を行うことでM&A手段として活用することも可能です。

5.事業譲渡

事業譲渡は、事業あるいは事業の一部を譲渡する手段です。上記4つの手段との大きな違いは会社の経営権を手放さない点です。

譲渡範囲は会社の保有するあらゆる資産の中から自由に選択することが可能です。土地・建物などの有形資産や社員(従業員)などの無形資産が挙げられます。

取得対価は現金で支払われ、会社の事業資金として活用することができます。

【関連】事業譲渡とは?意味や方法、M&Aにおける活用​を解説

会社売却のその後「社員(従業員)・社長」はどうなる?

会社売却のその後「社員(従業員)・社長」はどうなる?

会社売却をするとそれまで会社で働いていた人はどうなるのでしょうか。

この章では、社員(従業員)・社長のその後の処遇を解説することで、その疑問に答えていきます。

会社売却のその後「社員(従業員)」はどうなる?

会社売却のその後、社員(従業員)は引き続き雇用されるケースがほとんどです。

その理由は、社員(従業員)が引き継いだ事業を存続させるために必要な存在であるためです。新たな人材を割り当てるよりも経験・ノウハウを蓄積している社員(従業員)に担当してもらう方が効率的と考える傾向にあります。

また、社員(従業員)は無形資産として買収価値に含まれています。高い資金を使って買収した資産を自ら手放すようなことは滅多にしません。

会社売却のその後「社長」はどうなる?

会社売却のその後、社長は売却益を獲得して退職するケースがほとんどです。

獲得資金を元手に新たに事業を立ち上げることもありますし、そのままセミリタイアされるケースも珍しくありません。

また、交渉次第では一定期間会社に残る顧問契約を結ぶこともあります。相応の報酬を対価に引き継ぎ後の事業安定のために尽くします。

会社売却のその後「役員」はどうなる?

会社売却のその後の処遇について役員が最も厳しい立場にあるとされています。

会社売却前は社内における発言力や影響力が高く重宝される存在でしたが、会社売却後は後継者としての道も閉ざされ実務能力が高い社員(従業員)よりも冷遇される可能性が高くなってしまいます。

会社売却の交渉の際に、役員の待遇についてしっかりと話し合いを進めておくことが大切です。

会社売却のその後「取引先」はどうなる?

会社売却のその後、取引先との契約は引き継ぐことが一般的です。

会社売却における買手の目的は取引先・顧客確保とすることもあります。その際は、売手は取引先に対して会社売却後の取引形態についての説明を行い、引き継ぎに関する同意を得ておく必要があります。

これは簡単に思えて意外と難航するポイントでもあります。中小企業の場合は社長の人柄を見込んで契約している取引先もあるため、単純な利潤を提示するだけでは納得してもらえないケースも珍しくありません。

経営理念や直接の担当者など、会社売却前とその後で変化が少ない点がある場合は積極的に伝えると良いでしょう。

会社売却のメリット・デメリット

会社売却のメリット・デメリット

会社売却における売手のメリット・デメリットは様々です。会社売却を検討する社長は、会社自体に与える影響や社員・従業員にもたらす変化について把握しておかなければなりません。

社員・従業員のメリット

まずは社員(従業員)のメリットから見ていきましょう。

【社員・従業員のメリット】

  1. 雇用の継続
  2. キャリアアップの可能性がある
  3. 別の部署へ転籍できる可能性がある

1.雇用の継続

会社売却の交渉の際に社員(従業員)の処遇について取り決めを行っておくことで引き続き雇用されます。

買手側の目的も労働力の確保を目的とする節もあり、売手と買手の双方のニーズが一致することで発生しているメリットです。

特に株式譲渡の場合は、経営者が入れ替わるだけで職場環境が変わることは滅多にありません。社員(従業員)に与える変化やストレスも微細となっています。

2.キャリアアップの可能性がある

継続雇用の場合の社員(従業員)の待遇は会社売却前の雇用条件の適用が一般的ですが、より高待遇で雇用されるケースもあります。

買手が会社や事業に対して高い将来性を見出しているとさらなるリソースの投入によって社員(従業員)にも還元されることが期待できます。

3.別の部署へ転籍できる可能性がある

会社売却後、買手の采配によって別部署に転籍するケースです。

全ての社員(従業員)にとってメリットとなるとは言い切れませんが、現在の部署に不満を持つ者に限ってはメリットであると言えるでしょう。

また、事業譲渡の場合は社員(従業員)は転籍の是非について自分の意思で決定することができます。転籍に応じない場合、会社に残留することとなり別部署への転籍手続きが取られることになります。

会社・社長のメリット

続いて会社・社長のメリットです。

【会社・社長のメリット】

  1. 後継者問題の解決ができる
  2. 経営の不安から解放される
  3. 売却益の獲得

1.後継者問題の解決ができる

売手における会社売却の目的で最も多いのが後継者問題の解決です。後継者問題は適任となる後継者がいないことで会社が存続危機にあることを意味しており、日本の中小企業で深刻化している問題となっています。

株式譲渡によって経営権を引き渡してしまえば、後継者問題に頭を抱えることもなくなります。

2.経営の不安から解放される

会社の規模によっては、経営に関して周囲に相談できる役員が存在しないという社長もいます。自分が社員(従業員)の生活を守らなければならないという孤独な立場からの解放を願うケースもあります。

また、金融機関からの融資を受ける際に必要な個人保証・担保という不安も挙げられます。融資を受けた資金を返済できない事態に発展した場合、個人資産で弁済することを保証するものであり、社長が抱える大きなリスクです。

会社売却の交渉の際に個人保証・担保に関して同意を得ておくことで、買手に引き継いでもらうことができます。

3.売却益の獲得

会社売却すると会社や事業の価値相応の売却益を獲得できます。

株式譲渡であれば社長(株主)の個人資産として、事業譲渡であれば会社の事業資金として運用することができます。

なお、株式交換・移転の場合は取得対価が株式で支払われるため、売却益の獲得を目的とした会社売却には不向きです。

社員・従業員のデメリット

会社売却にはメリットがある一方、デメリットも存在します。社員・従業員のものから見ていきましょう。

【社員・従業員のデメリット】

  1. 待遇・給与が悪くなる可能性がある
  2. 売却後の会社に馴染めない可能性がある

1.待遇・給与が悪くなる可能性がある

可能性の一つとして転籍後に待遇が引き下げられる恐れがあります。

特に注意するべきは事業譲渡です。雇用関係について個別に見直されるため、買手の就業規則を基に能力に応じた待遇に変更される可能性が高いです。

株式譲渡の場合は雇用契約に関して変更されることはありませんので、ほとんど気にする必要はないでしょう。突然の待遇引き下げは、社員(従業員)の反感を買ってしまうことになり自分の首を絞める行為に等しいものとなります。

【関連】事業譲渡が従業員に与える影響

2.売却後の会社に馴染めない可能性がある

経営理念や企業文化の違いによる社員(従業員)へ与えられるストレスの問題です。

これまで異なる職場環境で働いていた社員(従業員)同士が衝突する恐れもありますので、統合プロセスの徹底が求められます。

会社・社長のデメリット

続きまして会社・社長のデメリットです。

【会社・社長のデメリット】

  1. 旧経営者として拘束を受ける可能性がある
  2. 新規事業開始に制限が発生する

1.旧経営者として拘束を受ける可能性がある

会社売却後の事業の安定を図るための統合プロセスの一環として旧経営者を雇用する契約があります。

期間中は会社をやめることもできず、個人的な出資に縛りを設けられることもあります。新事業の立ち上げやセミリタイアで悠々自適な暮らしを考えている場合は、辛く厳しい期間となるでしょう。

なお、契約されるものではありませんので、拒否したい場合は意思を明確に示しておくことで最悪の事態は避けられます。

2.新規事業開始に制限が発生する

競業避止義務と呼ばれる、売手は売却後から一定期間は同一または類似する事業を手掛けてはならないという制度です。

売手が保有する経験やノウハウを活用して即座に同業を立ち上げてしまうと買手に大きな損失を与えることが想定されるために設けられています。

期間は原則として20年とされており、売手と買手の交渉次第で短縮・延長させることができます。

【関連】競業避止義務とは?意味や判例、M&Aでの活用方法を解説

会社売却を行う際に注意すること

会社売却を行う際に注意すること

会社売却を進める上でトラブルを招かないようにするためには、いくつかの注意点を押さえておく必要があります。中には交渉が破談になるほど深刻な物もありますので、順番に見ていきましょう。

【会社売却を行う際に注意すること】

  1. 社員・従業員の流出は避ける
  2. 待遇や給与などはきちんと取り決める
  3. 情報の漏洩には注意する

1.社員・従業員の流出は避ける

社員(従業員)は無形資産として会社の企業価値に含まれているものです。

社員(従業員)の数について、契約書の締結日からクロージング日までの間に減少が見られると、クロージング前提条件を満たせずに成約できない可能性があります。

契約書の締結後は、確定した社員(従業員)の待遇について説明する場を設けて人材流出を抑えるように努めなくてはなりません。

2.待遇や給与などはきちんと取り決める

事業譲渡の場合、社員(従業員)の雇用条件の見直しがされて待遇・給与が引き下げられる可能性があります。

転籍前より条件が悪くなると、社員(従業員)は不安を募らせてしまい、最悪の場合は自主退職してしまう事態も想定できます。

これは社長にとっても願うところではありませんので、交渉段階において社員(従業員)の待遇・給与について取り決めておく必要があります。

3.情報の漏洩には注意する

ある会社が会社売却を検討していることが外部に漏れると、要らぬ憶測を呼んでしまう原因になります。主に誤情報が交じることで社員(従業員)や株価市場に悪影響を及ぼしてしまう事態が想定されます。

社員(従業員)の流出や株価変動で企業価値が大きく変動してしまうと、会社売却の交渉も適切に行えなくなります。

会社売却に関する情報は、管理を徹底して契約書の締結後に正しい情報を伝えるように努めましょう。

【関連】秘密保持契約(NDA・CA)

会社売却をスムーズに行う際のコツ

会社売却をスムーズに行う際のコツ

会社売却は様々なメリットが存在しており、成功すれば社員(従業員)の暮らしを守ることにも繋がるものです。ですが、会社売却するためにはまず買手を見つけなくてはなりません。

そこでこの章では、会社売却の買手を見つけやすくするために自社の価値を高めるポイントをまとめました。

【会社売却をスムーズに行う際のコツ】

  1. 自社の価値を上げておく
  2. 需要を見極める
  3. 従業員・取引先などを引き継ぐ
  4. 特許・権利などの独自の強みを持っておく
  5. 会社売却の専門家に相談する

1.自社の価値を上げておく

企業価値は財務状況だけで図られるものではありません。経営理念や独自の事業スタイルで一定以上の顧客からの支持を獲得していることは十分な企業価値であると言えます。

また、特定地域において支持を集めている会社も高く評価されます。事業エリアの拡大を図る買手にとって、地域密着型の会社は喉から手が出るほど欲しいはずです。

2.需要を見極める

会社売却は理想的な買手が見つかれば高額売却も不可能ではありませんが、必ずしも適正な企業価値で売れるとは限らないです。買手からの需要が見込めなければ、まともな売却額がつかないことも珍しくありません。

該当業種の業界動向を調査することで需要の見極めが可能です。例えば、M&A・会社売却の活性化が認められるようであれば、業界内で需要が高まっていることを確認できます。

3.従業員・取引先などを引き継ぐ

社員(従業員)・取引先は事業に貢献するものであるため、会社の資産として企業価値に含まれます。

会社売却の締結後に、従業員に対して転籍後の待遇について説明を行っておくことで流出防止に努めます。また、取引先に対しても引き継ぎに関して説明と合意を得ておくようにしましょう。

売手は売却益の最大化、買手は早期の事業安定化を図れます。

4.特許・権利などの独自の強みを持っておく

特許権や商標権を有していると大きな強みとしてアピールすることができます。

特許・権利を使用した独占的なサービスが認められることを意味していますので、買手の目的が特許・権利の獲得になるケースも珍しくありません。

5.会社売却の専門家に相談する

会社売却の注意点やコツを押さえながら進めるためには、幅広い分野における専門的な知識を必要とします。

自社の価値を高めるためには会計・財務の知識が必要不可欠ですし、社員(従業員)の引き継ぎに関しては法務面のサポートも必要です。

これら全てを自社で補おうとすると、日頃の業務に支障をきたす恐れもありますので、専門家に相談することをおすすめします。

会社売却を検討する際におすすめの相談先

会社売却を検討する際におすすめの相談先

会社売却の社員(従業員)のその後に不安のある方は、M&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所は、M&Aの経験豊富なアドバイザーによる専任フルサポートを行っています。

各分野の専門家の徹底サポートによって、社長の会社売却の目的と社員(従業員)の継続雇用を両立させた会社売却を実現を目指します。

M&A総合研究所の料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談をお受けしていますので、会社売却を検討の際はお気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

会社売却のその後について確認することで、関係者にとって様々なメリットがあることが分かりました。

しかし会社売却は、社員(従業員)のその後を軽視するとデメリットが拡大化してしまい、本来の目的を達成できなくなるリスクも孕んでいました。

ここで会社売却のポイントを振り返っておきましょう。

【会社売却の手段】

  1. 株式譲渡
  2. 株式交換
  3. 株式移転
  4. 第三者割当増資
  5. 事業譲渡
【社員・従業員のメリット】
  1. 雇用の継続
  2. キャリアアップの可能性がある
  3. 別の部署へ転籍できる可能性がある
【会社・社長のメリット】
  1. 後継者問題の解決ができる
  2. 経営の不安から解放される
  3. 売却益の獲得
【社員・従業員のデメリット】
  1. 待遇・給与が悪くなる可能性がある
  2. 売却後の会社に馴染めない可能性がある
【会社・社長のデメリット】
  1. 旧経営者として拘束を受ける可能性がある
  2. 新規事業開始に制限が発生する
【会社売却を行う際に注意すること】
  1. 社員・従業員の流出は避ける
  2. 待遇や給与などはきちんと取り決める
  3. 情報の漏洩には注意する
【会社売却をスムーズに行う際のコツ】
  1. 自社の価値を上げておく
  2. 需要を見極める
  3. 従業員・取引先などを引き継ぐ
  4. 特許・権利などの独自の強みを持っておく
  5. 会社売却の専門家に相談する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

M&Aによる会社売却はタイミングが重要で、同じ会社でもタイミングの違いによって売却価格が大きく変わる可能性もあります。本記事では、会社売却の適切なタイミング、会社売却のメリットや利益を最...

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

出版業界は、電子書籍の普及と紙媒体の衰退といった大きな変化の渦中にあり、業界再編などを目的としたM&Aが活発です。本記事では、出版業界の最新M&A事例9選を紹介するとともに、出版...

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きを見せています。本記事では、2021年の宅配・フードデリバリー業界のM&...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料が高いことが問題視されています。本記事では、M&A仲介会社の手数料はなぜ高いのか、手数料相場や手数料が高いか安いか判断するた...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

M&Aで締結する契約の1つにTSAというものがありますが、知らない方やよく分からない方も多いのではないでしょうか。本記事では、TSAの意味や活用される場面、TSAと関連の深い契約である最...

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aで会社を買収する際は、買い手にどのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しておくことが大切です。本記事では、M&Aの買い手のメリット・デメリットを詳しく解説するとともに...

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

近年は事業承継を目的とするM&Aが盛んになっていますが、売り手側のメリットはそれ以外にもさまざまなものがあります。本記事では、M&Aにおける売り手側のメリットとデメリット、M&a...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)