2020年8月19日公開節税

個人事業主が死亡した場合の相続手続きはどうする?届出、相続税軽減、相続放棄の方法を解説

この記事では、個人事業主が亡くなった際に遺産をどのように相続すればよいか、相続人が個人事業主の事業を引き継ぎたい時に必要な届出は何かを解説します。さらに、近年国が整備を進めている相続税の軽減制度や、相続放棄のやり方なども解説していきます。

目次
  1. 個人事業主とは
  2. 個人事業主が死亡した場合の相続手続き
  3. 個人事業主が死亡した際の届け出
  4. 個人事業主が死亡した場合の事業引き継ぎ
  5. 個人事業主が死亡した場合の相続税軽減方法
  6. 個人事業主が死亡した場合の相続放棄の方法
  7. 個人事業主の事業承継におすすめの相談先
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

個人事業主とは

個人事業主とは

個人事業主とは

個人事業主とは、税務署に開業届を提出して事業を営んでいる個人のことです。

個人事業主は株式会社と違い、株式を発行して資本金を集めることはできません。事業を開始するのに必要な資金は個人事業主が自分で用意し、この資金のことを「元入金」といいます。

個人事業主に似た言葉に「フリーランス」がありますが、フリーランスは会社に雇用されずに働く働き方を指す言葉で、法人としてフリーランスで活動することもできるという意味で個人事業主とは意味が違います。

個人事業主の業種は多くの職種に渡り、飲食・小売・医療・士業・技術職など、様々な業種を個人事業主として営むことが可能です。

個人事業主が死亡した場合の相続手続き

個人事業主が死亡した場合の相続手続き

個人事業主が死亡した場合の相続手続き

個人事業主が死亡して財産を相続する場合、様々な手続きを行う必要があります。まずしなければならないのは死亡届の提出など、被相続人が死亡したことを届け出る手続きです。

そして、遺言の確認または法定相続人の確定といった、相続に関する手続きも行わなければなりません。さらに、廃業届の提出や準確定申告といった、被相続人が営んでいた事業に関する手続きも行うことになります。

中でも相続人の確認というのは普段あまりする機会がないので、どのように手続きを進めていくか分からないことも多いでしょう。

さらに、個人事業主は債務を多く抱えていることもあるので、債務超過の事業をどのように相続すればよいかも問題となります。

そこで以下の節では、相続人数の確認方法と、相続する負債が多い場合の対応方法について解説します。

相続人数の確認

個人事業主が死亡して相続手続きをする場合は、まず相続人数の確認をしておく必要があります。遺言がある場合はそれに従い、ない場合は法定相続人が誰になるか確定させます。

法定相続人を確定させるには、相続人と被相続人の戸籍謄本を揃える必要があります。もし被相続人が頻繁に本籍地を変更していた場合は、各本籍地での戸籍謄本を入手しなければなりません。

法定相続人には優先順位があり、1位が被相続人の子供、2位が親、3位が兄弟姉妹となります。もちろん被相続人の配偶者は必ず相続人になります

相続する債務が多い場合

亡くなった個人事業主が有している財産には、債務・負債が多く含まれることがあります。債務を相続することはもちろん可能ですが、額が大きい場合は相続放棄を選択することになります

相続放棄とは相続人が相続する権利を放棄することで、債務だけでなくプラスの資産も含めて全ての相続権を放棄します

一部の財産のみ相続したい場合は、限定承認という制度もあります。相続承認とは、相続した正の財産で相殺できる分だけ、負の財産を相続することです。

限定承認の手続きは相続放棄より複雑ですが、負債の大きい事業を承継したい時には有効な手段となります。

個人事業主が死亡した際の届け出

個人事業主が死亡した際の届け出

個人事業主が死亡した際の届け出

個人事業主が死亡した場合、相続手続きを進めるために様々な書類を届け出なければなりません。届出には期限があるものも多いので、どのような書類を届け出なければならないか把握しておくことは大切です。

具体的な届出書類は事例によって変わることもありますが、主に以下の7つの書類は多くの場合に届出が必要となります。この章ではこの7つの書類について、一つずつ詳しく解説していきます。

【個人事業主が死亡した際の届け出】

  1. 死亡届
  2. 廃業届
  3. 事業廃止届
  4. 給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出
  5. 所得税に関係した書類の提出
  6. 消費税に関係した書類の提出
  7. 準確定申告

死亡届

個人事業主が死亡した場合、死亡した旨を死亡届として役所に提出しなければなりません。提出先は亡くなった個人事業主の本籍地か死亡地、または死亡届を出す届出人の住所地の市役所・区役所・町村役場になります。

届出の期限は届出人が個人事業主の死亡を知った日から7日以内となっているので、忘れずに提出するようにしましょう。期限を過ぎると火葬の許可がもらえなかったり、場合によっては罰金が科せられることもあります。

廃業届

個人事業主が死亡して後継者が相続する時は、死亡した個人事業主の廃業届を出して、その後で後継者が新たに開業届を提出することになります

廃業届の正式名称は「個人事業の開業・廃業等届出書」で、これは開業届の時と同じ書類です。「届出の区分」の欄に「開業」「廃業」というチェック欄があるので、廃業の場合は「廃業」の方にチェックを入れます。

提出期限は廃業日から1か月以内となっていますが、死亡による相続の場合は死亡日から1か月以内となります。

事業廃止届

相続される個人事業主が課税事業者だった場合は、事業廃止届出書を提出します。課税事業者とは、消費税を納付する義務がある法人・個人事業主のことです。

提出先は普段納税をしている管轄の税務署で、提出期限はありませんが、事由が生じたら速やかに提出すると定められています。

給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出

相続される個人事業主が従業員を雇って給料を支払っていた場合は、「給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出書」を提出する必要があります。

この書類は「届出の内容及び理由」の欄に「開設」「移転」「廃止」というカテゴリーがあるので、死亡による廃業の場合は「廃止」カテゴリーの「廃業又は清算結了」にチェックします

提出先は事業所の所在地の所轄税務署で、提出期限は廃止の事実があった日から1か月以内となっています。個人事業主の死亡による相続の場合は、死亡日から1か月以内となります。

所得税に関係した書類の提出

所得税に関する書類についてですが、被相続人が青色申告をしていた場合でも、死亡による事業廃止の場合は「所得税の青色申告の取りやめ届出書」は提出する必要がありません

ただし、相続人が新たに青色申告を申請する場合は、「所得税の青色申告承認申請書」を提出する必要があります。提出期限は、相続人が元々事業を営んでいたかによって変わってきます。相続人が元々青色申告をしていた場合は、改めて提出する必要はありません。

消費税に関係した書類の提出

亡くなった被相続人が消費税を納める課税事業者だった場合は、「個人事業者の死亡届出書」を提出します。被相続人が死亡した後、速やかに納税地を所轄する税務署長へ提出します。

【関連】法人税と消費税の違いとは?計算方法・納付期限

準確定申告

個人事業主が死亡した場合、その年の確定申告は相続人が行うことになり、これを「準確定申告」といいます。

準確定申告では、1月1日から被相続人が死亡した日までの所得と税額を計算します。提出期限は「相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内」と定められており、普通の確定申告の提出期限とは違うのが注意点です。

準確定申告は全ての相続人が行わなければならず、各相続人が連署で提出するか、各相続人が別々に作成して提出します。

個人事業主が死亡した場合の事業引き継ぎ

個人事業主が死亡した場合の事業引き継ぎ

個人事業主が死亡した場合の事業引き継ぎ

個人事業主が死亡した場合、死亡した個人事業主が営んでいた事業に関する届出に加えて、相続人がその事業を引き継ぐために必要な届出も行う必要があります

さらに個人事業主の引き継ぎでは、死亡した個人事業主が使用していた屋号をどのように引き継ぐかも重要になります。

この章では、個人事業主が死亡した場合の事業引き継ぎに必要な届出と、屋号を引き継ぐ方法について解説します。

決められた届け出の提出

個人事業主が死亡した場合の事業引き継ぎに必要な届出は、通常の開業に必要な届出と基本的には同じです。必要な書類は開業届に加え、従業員を雇う場合や青色申告を行う場合に別途届出が必要となります。

【個人事業主が死亡した場合の事業引き継ぎに必要な届出】

  1. 個人事業の開業届出書
  2. 給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出
  3. 所得税の青色申告承認申請書

個人事業の開業届出書

個人事業主は株式会社のように株式譲渡で事業承継することはできないので、死亡した個人事業主の事業を廃業したうえで、相続人が新たに開業届を提出して引き継ぐことになります。

開業を届け出るために提出する書類は「個人事業の開業・廃業等届出書」で、普通の開業の時と同じ書類を使用します。記載事項も特に違いはありません。

提出期限は、個人事業主が死亡した日から1か月以内となります。ただし、相続人が以前から事業を営んでいる場合は提出不要です。

給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出

給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書は、亡くなった個人事業主の廃止届出でも提出する書類ですが、相続人が事務所等を開設・移転した場合は、同様にその旨を届出書に記載して提出します

届出書には「届出の内容及び理由」の欄に「開設」「移転」「廃止」というカテゴリーがあるので、「開設」または「移転」から該当する項目にチェックを入れます。

提出期限は「開設、移転又は廃止の事実があった日から1か月以内」と定められているので、個人事業主の死亡による引継ぎの場合は死亡日から1か月以内となります。

所得税の青色申告承認申請書

死亡した個人事業主の事業を引き継いだ相続人が、以前から個人事業主として事業を営んでいなかった場合は、「所得税の青色申告承認申請書」を提出する必要があります

記載事項は通常の申請と同じですが、提出期限が違うのが注意点です。被相続人の個人事業主が死亡した日によって、提出期限が変わってきます。

【所得税の青色申告承認申請書の提出期限】

死亡日 提出期限
1月1日から8月31日 死亡日から4か月以内
9月1日から10月31日 12月31日
11月1日から12月31日 翌年の2月15日

屋号の引き継ぎ方法

個人事業主の事業承継では、屋号を引き継ぐかどうかが大きな問題になります。引き継がずに新しい屋号を使用することも可能ですが、事業承継では屋号を引き継ぐケースの方が多いです。

特に飲食やサービス業では、屋号を変えてしまうと顧客に別な店になったと勘違いされる可能性があるので、死亡した個人事業主が使用していた屋号を引き継ぐことは大切です。

個人事業主においては、屋号の引き継ぎのために何か特別な届出をする必要はありません。相続人が開業届を出す時に、死亡した個人事業主が使用していた屋号を記入すれば、それだけで屋号を引き継ぐことができます。

【関連】個人事業主が事業承継するための手続きの流れを徹底解説!気になる税金や後継者探しの方法とは

個人事業主が死亡した場合の相続税軽減方法

個人事業主が死亡した場合の相続税軽減方法

個人事業主が死亡した場合の相続税軽減方法

近年は個人事業主の高齢化による事業承継問題が深刻化しており、国も2018年度から事業承継支援の集中期間を設け、税制を改正して事業承継を行いやすいように支援しています。

個人事業主の死亡による相続では相続税が大きなネックになるので、国が支援している相続税の軽減方法を知っておくことは重要です。

個人事業主の相続において特に注目したいのが、2018年に制定された個人版事業承継税制です。

これは今まで法人にのみ適用されていた相続税の猶予制度を個人事業主に拡大するもので、事業用資産の贈与税・相続税を猶予し、最終的に贈与者・被相続者が死亡したら納税が免除となります

【関連】相続税対策とは?節税のポイントや注意点を解説

個人事業主が死亡した場合の相続放棄の方法

個人事業主が死亡した場合の相続放棄の方法

個人事業主が死亡した場合の相続放棄の方法

個人事業主が死亡したが、その事業を継ぐ人がいない場合や、負債が大きく相続できない場合は、相続放棄を選択することになります。

相続放棄の手順は、まず死亡した個人事業主の戸籍謄本や相続放棄申述書などの必要書類を揃え、家庭裁判所に提出します

すると家庭裁判所から「照会書」という質問状が届くので、質問に回答して返送しますその結果問題なければ、「相続放棄申述受理通知書」という書面が送付されて相続放棄が確定します

相続放棄ができる期間は、被相続人の死亡を知った日から3か月以内です。ただし、遺産の調査に時間がかかって3か月を超えてしまった場合は、裁判所に申し出ることで期間を延長できます。

個人事業主の事業承継におすすめの相談先

個人事業主の事業承継におすすめの相談先

個人事業主の事業承継におすすめの相談先

個人事業主の事業承継は親族に適切な後継者がいればよいですが、他の職業に就いていて事業を継げないケースも多くあります。そういった場合は廃業してしまうのではなく、M&Aで第三者へ事業承継する手段も有力です。

個人事業主のM&Aによる事業承継の相談先としておすすめなのが、M&A総合研究所です。M&A総合研究所では、経験豊富な会計士・弁護士・アドバイザーが3名体制でサポートにつき、クロージングまで親身になってサポートいたします。

当社は主に中堅・中小企業のM&Aを手がけていますので、小規模な個人事業主様のM&Aに最適です。

料金は完全成功報酬制を採用しており、相談料や着手金・中間金などは一切いただいておりません。成約しなければ料金は無料なので、安心して納得いくまで相談することができます。

無料相談を随時受け付けていますので、個人事業主の事業承継をお考えの方は、電話かメールで気軽にお問合せください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

まとめ

個人事業主が死亡した時、突然のことに戸惑って相続手続きがうまくいかないこともよくあります。必要な届出書類や節税方法などをあらかじめ理解しておくようにしましょう。

【個人事業主が死亡した際の届け出】

  1. 死亡届
  2. 廃業届
  3. 事業廃止届
  4. 給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出
  5. 所得税に関係した書類の提出
  6. 消費税に関係した書類の提出
  7. 準確定申告
【個人事業主が死亡した場合の事業引き継ぎに必要な届出】
  1. 個人事業の開業届出書
  2. 給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出
  3. 所得税の青色申告承認申請書
【所得税の青色申告承認申請書の提出期限】
死亡日 提出期限
1月1日から8月31日 死亡日から4か月以内
9月1日から10月31日 12月31日
11月1日から12月31日 翌年の2月15日

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

個人事業主が死亡した場合の相続手続きはどうする?届出、相続税軽減、相続放棄の方法を解説

個人事業主が死亡した場合の相続手続きはどうする?届出、相続税軽減、相続放棄の方法を解説

この記事では、個人事業主が亡くなった際に遺産をどのように相続すればよいか、相続人が個人事業主の事業を引き継ぎたい時に必要な届出は何かを解説します。さらに、近年国が整備を進めている相続税の軽減制度...

株式譲渡の際の消費税は非課税?計算方法や仕訳などの会計処理も解説

株式譲渡の際の消費税は非課税?計算方法や仕訳などの会計処理も解説

株式譲渡の際の消費税は基本的に非課税ですが、ケースによっては課せられることがあります。株式譲渡で消費税が課税されるか否かは、株式の取引額や取引の頻度に関係しています。ここでは株式譲渡の際に消費税...

株式譲渡の税金は節税できる?税金の種類や計算方法も解説!

株式譲渡の税金は節税できる?税金の種類や計算方法も解説!

M&Aで株式譲渡を選択すると、事業譲渡などの方法に比べて税金を節税することができます。また、退職金制度を利用するなど、株式譲渡の税金をさらに節税する方法もあります。この記事では、株式譲渡の節税方...

相続税対策とは?節税のポイントや注意点を解説

相続税対策とは?節税のポイントや注意点を解説

相続税対策は代表的な生前贈与による対策や、生命保険や不動産を活用して節税を図るケースもみられます。今回の記事では、事前に把握しておきたい相続税の税率や控除額について、相続税対策の方法について分か...

株式の確定申告とは?節税のポイントや注意点を解説

株式の確定申告とは?節税のポイントや注意点を解説

株式にかかる税金は、譲渡益課税と配当課税にわけることができ、確定申告が必要なケースと不要なケースがあります。そのため、それぞれの口座の特徴や確定申告の仕組みも踏まえ、総合的に検討する必要がありま...

会社譲渡(株式譲渡)時にかかる税金とは?仕組みや計算方法について解説!

会社譲渡(株式譲渡)時にかかる税金とは?仕組みや計算方法について解説!

会社譲渡とは、株式譲渡によって会社の経営権を第三者に譲渡することを意味します。また、株式を譲渡するにあたっては、税金面でも注意が必要です。この記事では会社譲渡(株式譲渡)の仕組みや注意点、会社譲...

純金積立とは?メリット・デメリット、手数料を解説

純金積立とは?メリット・デメリット、手数料を解説

純金積立とは、毎月一定の金額を積み立て、純金を購入する投資のことです。毎月1,000円から積み立て可能のサービスもあり、少額で投資を開始できる点が大きなメリットです。本記事では純金積立の特徴を解...

経営分析の方法とは?目的や種類、財務分析との違いを解説

経営分析の方法とは?目的や種類、財務分析との違いを解説

会社を経営し運営の状態を把握し、自社の経営状況を鮮明に可視化する為には、経営分析の為の知識を習得する事は必要不可欠です。経営分析の指標をうまく活用し自社のサービス向上の足ががりにしましょう。

経営者保険とは?仕組みやメリット、経営者保険のランキングをご紹介

経営者保険とは?仕組みやメリット、経営者保険のランキングをご紹介

経営者保険は、万が一の際の保障を受けつつも、いざというときの資金を確保するうえで有効的な手段です。しかし、必要以上の加入は資金繰りを悪化する可能性があるため、資金が必要となる時期を見定め、効果的...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)