2021年2月8日公開会社・事業を売る

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

不況による市場の縮小や経営者の高齢化、さらには新型コロナウイルスの影響などにより、M&A(国内)の現状は不透明さが増しています。本記事では、M&A(国内)の市場規模や課題といった現状を解説し、その対策や今後の展開を考察していきます。

目次
  1. M&A(国内)の現状とは
  2. M&A(国内)の市場規模
  3. M&A(国内)の課題
  4. M&A(国内)の現状や課題から対策や今後の展開
  5. M&A(国内)の現状が見える事例
  6. M&A(国内)を検討する際にみるべきポイント
  7. M&A(国内)の相談におすすめの仲介会社
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

M&A(国内)の現状とは

M&A(国内)の現状とは

M&A(国内)の現状は、M&A仲介会社の増加やM&Aによる事業承継の需要増などにより、M&A件数が年々増えているといえます。

今後は、団塊世代の引退や少子化による人口減少、国内市場の飽和による海外市場への進出などで、M&Aの需要はさらに高まると考えられますが、現状はその需要を満たすだけのサポート体制が整っていない部分もあるといえるでしょう。

M&A仲介会社のサービスの向上や、事業引継ぎ支援センターなどの公的機関の充実が、今後ますます重要になると考えられます。

M&A(国内)の市場規模

M&A(国内)の市場規模

この章では、株式会社レコフデータが提供しているデータベース「マールオンライン」のデータから、M&A(国内)件数の過去推移と近年推移をみていきます。

M&Aは非公開で行われるものが多いので、このデータがM&A(国内)の全てを集計しているわけではありません。

実際はこれよりもかなり多いM&Aが行われていると考えられますが、傾向をとらえるには十分信用できるデータです。

M&A(国内)件数の過去推移

M&A(国内)件数の過去推移は下の表のようになっています。全ての年度を記載すると長くなるので、ポイントとなる年度のみ記載しています。

1985年から1990年のM&A件数は上昇トレンドにあり、260件から754件まで増加しています。その後バブルが崩壊して下降トレンドとなり、1993年には397件まで減少します。

しかし、1994年以降は再び上昇トレンドとなり、ITバブルで2000年には1635件まで増加します。その後も増加して2007年には2696件となりますが、リーマンショックと東日本大震災で減少し、2011年には1687件となります。

その後は2019年まで上昇を続けて4088件となっています。2020年はコロナの影響でやや減少し、3700件程度となる見込みです。

【M&A(国内)件数の過去推移】

M&A(国内)件数
1985 260
1990 754
1993 397
2000 1635
2007 2696
2011 1687
2019 4088

M&A(国内)件数の近年推移

2015年から2019年までのM&A(国内)件数の推移は下の表のとおりです。2012年から上昇トレンドが続いており、2428件から4088件に増加しています。

【M&A(国内)件数の近年推移】

M&A(国内)件数
2015 2428
2016 2652
2017 3050
2018 3850
2019 4088

M&A(国内)の課題

M&A(国内)の課題

M&A(国内)の現状を理解するうえでは、中小企業や日本経済が抱えている課題を把握することが重要ですす。M&A(国内)の現状として考えられる主な課題は、後継者問題・国内市場の縮小など以下の5つがあります。

【M&A(国内)の課題】

  1. 後継者問題
  2. 国内市場の縮小
  3. 事業の将来不安
  4. 労働人口の減少
  5. コロナショック

後継者問題

かつて中小企業経営者の平均年齢は40代でしたが、現在は70歳近くに達しているという現状があります。これは今後数年間で多くの経営者が引退することを意味しており、後継者がいなければ多くの中小企業が廃業することになってしまいます。

しかし、少子化などの影響で後継者がいない経営者が多く、このままでは多くの雇用とGDPが失われます。

さらには、中小企業が培ってきた製品やノウハウといった文化が失われる恐れもあり、M&Aによって後継者問題を解決し、日本経済の衰退を防ぐことが重要な課題となっています。

【関連】後継者と事業承継の現状、後継者選びのポイントを解説

国内市場の縮小

日本は長期のデフレが続いており、先進国のなかでは例外的に国民の所得が10年以上増えていません。

さらに今後は少子化による人口減少が起こるので、国内市場の縮小は避けられないのが現状です。

市場が縮小すると企業が淘汰され、経営の立ち行かない企業は倒産するか、M&Aによって大手に買収されるかという選択に迫られます。

倒産の心配が少ない大手企業でも、シェア争いによる業界再編のため、M&Aで統合される事例は増えてくるでしょう。

このような現状をみる限り、国内市場の縮小に伴うM&Aが今後さらに増えてくると考えられます

事業の将来不安

現状は経営状態が悪くなくても将来性に不安を持ち、早めにM&Aで売却してしまう事例は多くみられます。これは、自社の将来性が見いだせない場合だけでなく、業界自体が衰退産業にも当てはまります。

事業の将来不安によって廃業してしまう会社をM&Aで存続できれば、その会社が持っている資産やノウハウ、そして雇用を維持するとともに、買い手企業の事業拡大も目指すことができます。

労働人口の減少

日本は少子化のため労働人口が将来大幅に減少します。現状ははまだ危機的なものではありませんが、将来的には全業種に大きな影響を及ぼすことは間違いないといえます。

みずほ総合研究所によると、2065年には労働人口が今より4割減少すると予測されています。

労働人口の減少は必然的に市場規模の縮小へつながり、多くの会社が倒産・廃業したり、業界再編で統廃合されていくと考えられます。

倒産・廃業する会社のM&Aによる事業承継、およびM&Aによる業界再編の重要性が、今後ますます高まってくるでしょう。

コロナショック

新型コロナウイルスの影響はM&A(国内)でも大きく、2020年4月と5月の緊急事態宣言時は、M&A件数が大幅に落ち込みました。ただし6月以降は持ち直して、2020年トータルのM&A件数は昨年よりやや減少する程度にとどまっています。

ただし、コロナの影響が今後どうなるか現状では分からない部分が多いので、先行きに関しては慎重に見守る必要があります。

コロナのM&Aへの影響は業種によって違っており、M&Aが増えている業界と減っている業界があるのが現状です。

先行きが不透明な飲食・アパレルといった店舗型のサービス業は、買い手が慎重な判断をするケースが増えており、M&A件数が減っています。

一方、ネット通販や医療器具などの分野はコロナで逆に需要が増えており、M&Aも活発化している現状があります。

【関連】新型コロナ後のM&A市場の見通しは?2020年4月はM&Aが急減

M&A(国内)の現状や課題から対策や今後の展開

M&A(国内)の現状や課題から対策や今後の展開

前章で見たように、M&A(国内)は現状さまざまな問題や課題を抱えています。これらの課題をどう対策していくかが、今後のM&A業界にとって重要です。

この章では前章で解説したM&A(国内)について、現状を改善するための対策や今後の課題を解説していきます。

後継者問題の対策や今後の課題

親族などの身近な人物に後継者が少ない現状において、M&Aによる事業承継を普及させることが重要な課題です。

そのためには、後継者のいない経営者がM&Aを行いやすい体制を整えるとともに、M&Aについての知識を広め経営者の理解を深める必要があります。

中小企業経営者はM&Aについてよく知らないことも多く、M&Aによる事業承継を検討せずに廃業してしまうケースが多いのが現状です。

M&Aは大企業だけでなく中小企業でも行えることを周知し、経営者が積極的にM&Aを検討する土壌を作ることが大切です。

また、M&Aによる事業承継を普及させるためには、経営者が安心して相談できる専門家が増えることも重要です。

現状では主に民間のM&A仲介会社がその役割を担っていますが、近年は事業引継ぎ支援センターなどの公的機関も充実してきており、徐々にサポート体制が整いつつあります。

【関連】2025年問題をM&A・事業承継で解決!中小企業が取るべき行動とは

国内市場の縮小の対策や今後の課題

国内市場の縮小に対するM&Aの課題は、業界再編のM&A(国内)と、海外進出のためのクロスボーダーM&Aを充実させることだといえます。

国内市場が縮小すると再編を必要とする業界が増えるので、必然的にM&A(国内)が活発になります。それに加えて、国内での事業拡大が見込めないと判断した大企業が、M&Aで海外への事業拡大を求める事例も増えてきます。

M&A(国内)を手がける仲介会社は多く存在するものの、クロスボーダーM&Aに強い仲介会社はまだ少ないのが現状です。国内市場の縮小に対応して、海外M&Aのサポート体制も充実させることが今後の課題の一つといえるでしょう。

事業の将来不安の対策や今後の課題

事業を営む以上は将来の不安が全くない状態はありえませんが、できるだけ不安を少なくするには、事業計画をしっかり立てることが重要になります。

事業計画をしっかり立てたうえで、それでも事業をたたむべきだと判断した経営者に対しては、M&Aの十分なサポート体制を整える必要があります。

先行き不安による会社の売却に対しては、M&A仲介会社側が現状を客観的に分析し、M&Aすべきかどうか判断することも大切です。

やみくもに成約を目指すのではなく、M&Aすべきでない時はそれを顧客にはっきり伝えるといった、仲介会社側のリテラシーも重要になります。

労働人口の減少の対策や今後の課題

労働人口の減少は国内市場縮小の原因の一つとなるので、今後の対策や課題も似ている部分があります。業界再編のM&A(国内)、および海外進出のためのM&Aの充実が大切です。

それに加えて、労働人口が減っても国内市場の縮小を最小限に抑えるため、生産性の向上も重要なポイントになります。

M&Aはシナジー効果による生産性の向上を目指せる手段なので、高い相乗効果が見込めるM&Aのサポートが重要になります。

コロナショックの対策や今後の課題

コロナショックは過去に似た事例がなく、今後の見通しも不明なので、対策を講じるのが難しい面があります。

現状としては業種ごとにコロナの影響が違うので、それに対応したサービスを仲介会社が提供することが大切です。買い手と売り手の需給バランスが変化している業種に対して、適切なマッチングを提供する必要があります。

また、中小零細企業はコロナの影響が特に大きく、M&Aによる売却を希望する案件が増加しています。

中小企業M&Aはマッチングサイトや事業引継ぎ支援センターが積極的に支援していますが、M&A仲介会社や金融機関もより体制を整えることが重要になるでしょう。

M&A(国内)の現状が見える事例

M&A(国内)の現状が見える事例

この章では2020年に行われた主なM&A(国内)事例を紹介し、現状がどうなっているかみていきます。

【M&A(国内)の現状が見える事例】

  1. ニトリホールディングスによる島忠のM&A
  2. シャープによるNEC子会社のM&A
  3. セブン&アイ・ホールディングスによる米スピードウェイのM&A
  4. 三菱商事と中部電力によるオランダEneco社のM&A
  5. 大王製紙と丸紅によるブラジルSanther社のM&A
  6. 米ベインキャピタルによる昭和飛行機工業のM&A

①ニトリホールディングスによる島忠のM&A

ニトリホールディングス

ニトリホールディングス

出典:https://www.nitorihd.co.jp/

2020年12月、株式会社ニトリホールディングスが、株式会社島忠の株式の公開買付(TOB)を行い子会社化しました。

ニトリホールディングスは、家具販売店「ニトリ」の運営会社などをグループに持つ持株会社で、島忠はホームセンター「島忠」「HOME'S」を運営する会社です。

ニトリの店舗数は現状607店ですが、3000店舗に増やし売上高3兆円を目指す経営計画を立てています。ホームセンター60店舗を展開する島忠を獲得し、事業拡大を目指す狙いです。

②シャープによるNEC子会社のM&A

シャープ

シャープ

出典:https://jp.sharp/

2020年11月に、シャープ株式会社がNECディスプレイソリューションズ株式会社を子会社化し、社名を「シャープNECディスプレイソリューションズ」に変更しました。

シャープは大阪に拠点を置く総合電機メーカーで、NECディスプレイソリューションズはモニターやプロジェクターなどを製造・販売する会社です。

シャープは国内市場に強く、NECディスプレイソリューションズは海外市場に強い現状があり、両社が連携することで効率のよい事業拡大が見込めます

③セブン&アイ・ホールディングスによる米スピードウェイのM&A

セブン&アイ・ホールディングス

セブン&アイ・ホールディングス

出典:https://www.7andi.com/

2020年8月に、株式会社セブン&アイ・ホールディングスが、子会社の米7-Eleven社を通して米MPC社からコンビニ事業などを取得するM&A契約を締結しました。

セブン&アイ・ホールディングスはセブンイレブンジャパンやイトーヨーカ堂などをグループに持つ持株会社で、MPC社はコンビニ事業や石油関連事業を手がける会社です。

国内のコンビニ市場は現状すでに飽和しており、これ以上の事業拡大は見込めない状態にあるため、アメリカのスピードウェイを買収し、海外事業の拡大を目指すのが本M&Aの目的となっています。

④三菱商事と中部電力によるオランダEneco社のM&A

三菱商事

三菱商事

出典:https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/

2020年3月に、三菱商事と中部電力がオランダEneco社を子会社化しました。Eneco社はオランダ・ベルギー・ドイツなどで、電気・ガスなどのエネルギー事業を展開する会社です。

原子力発電に対する反対の声が強まる現状があり、近年は再生可能エネルギーが重要な事業となりつつあります

再生可能エネルギー事業に積極的なEneco社の買収により、事業拡大するとともに環境保全に貢献することが本M&Aの目的です。

⑤大王製紙と丸紅によるブラジルSanther社のM&A

大王製紙

大王製紙

出典:https://www.daio-paper.co.jp/

2020年2月に、大王製紙株式会社と丸紅株式会社が、ブラジルの衛生用品メーカーSanther社を子会社化しました。

大王製紙は「エリエール」を始めとする紙の総合メーカーで、丸紅は食料・エネルギーなどを幅広く手がける総合商社です。

ブラジルは人口増と経済成長が著しく、衛生用品の需要も高まっている現状があります。衛生用品の市場規模はブラジルが世界4位で、進出に成功すれば大きな事業拡大が見込めます。

大王製紙は、長期経営計画として海外売上比率の拡大を挙げており、ブラジル進出を足がかりに、南米に広く事業拡大を目指す方針となっています。

⑥米ベインキャピタルによる昭和飛行機工業のM&A

昭和飛行機工業

昭和飛行機工業

出典:https://www.showa-aircraft.co.jp/

2020年に、アメリカのPEファンドであるベインキャピタルが、昭和飛行機工業株式会社の株式を公開買付けで取得し子会社化すると発表しました。

昭和飛行機工業は航空機関連製品を始め、特殊車両や介護装置などを幅広く手がけています。ベインキャピタルは日本企業を積極的に買収しているファンドで、すかいらーくや雪国まいたけなどを傘下に持ちます。

ベインキャピタルは、新型コロナで先行き不透明な現状でも積極的なM&Aを展開しており、今後も日本でのM&Aを継続する方針です。

M&A(国内)を検討する際にみるべきポイント

M&A(国内)を検討する際にみるべきポイント

M&A(国内)を検討する際は、自社や業界の現状を踏まえたうえで、事業計画を見直して注力事業へ集中するとともに、売却タイミングを逃さないことが重要です。

【M&A(国内)を検討する際にみるべきポイント】

  1. 事業計画を見直し、注力事業への集中を考える
  2. M&A対象となる事業を売却するタイミングを逃さない

事業計画を見直し、注力事業への集中を考える

長引く不況や少子化の影響に加えて、2020年はコロナの影響もあり、どの業種も先行き不透明な現状となっています。

M&A(国内)を検討する際は、まず事業計画を見直して必要な事業を見極め、注力事業への集中を考えることが大切です。

注力事業をはっきりさせてそこに経営資源を集中すると、不採算事業をM&Aで売却したり、注力事業をM&Aによる買収で拡大していくといった戦略をとることができます。

M&A対象となる事業を売却するタイミングを逃さない

自社の経営状態や業界動向は日々変化するので、同じ会社でもタイミングの良し悪しでM&Aの成功率が変わってきます。

M&Aを行う際は、自社や業界の現状を見極めたうえで、適切な売却タイミングを逃さないことが大切です。

M&A(国内)の相談におすすめの仲介会社

M&A(国内)の相談におすすめの仲介会社

M&A(国内)の現状は先行きの不透明感が強く、M&Aを成功させるには売却タイミングを逃さないことが重要です。

M&A総合研究所は、成約まで最短で3か月というスピードが強みの仲介会社です。成約が長引いて売却タイミングを逃さないようサポートするとともに、経営者様の精神的負担を最小限に抑えます。

手数料は売り手企業様は成功報酬のみの完全成功報酬制、買い手企業様が中間報酬と成功報酬となっており、相談料・着手金・月額報酬は無料となっています。コストを抑えてM&Aを行いたい経営者様に最適です。

無料相談は随時受け付けておりますので、M&A(国内)をお考えの経営者様はお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

M&A(国内)の現状は日々変化しており、その動向を見逃さないことがM&Aの成功につながります。

特に2020年はコロナという不確実性の高い要因もあり、現状の把握はより重要なものとなっています。M&Aの現状を把握して、対策と今後の展開を考えていくことが大切です。

【M&A(国内)件数の過去推移】

M&A(国内)件数
1985 260
1990 754
1993 397
2000 1635
2007 2696
2011 1687
2019 4088

【M&A(国内)件数の近年推移】
M&A(国内)件数
2015 2428
2016 2652
2017 3050
2018 3850
2019 4088

【M&A(国内)の課題】
  1. 後継者問題
  2. 国内市場の縮小
  3. 事業の将来不安
  4. 労働人口の減少
  5. コロナショック
【M&A(国内)を検討する際にみるべきポイント】
  1. 事業計画を見直し、注力事業への集中を考える
  2. M&A対象となる事業を売却するタイミングを逃さない

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aは契約書の内容に違反した場合、違約金が生じることがあります。成約までに締結する契約は数多く、細かい発生条件は契約の種類や法的拘束力の有無によって違います。今回は、M&Aで違約金や発生する条...

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズは中堅・中小企業を対象にM&A仲介を手掛ける会社です。豊富な実績を持つ会社ですが、最低手数料はどうなっているのでしょうか。本記事では、M&Aキャピタルパートナーズの最...

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aを行う理由や目的はさまざまですが、近年のM&Aブームや中小企業庁によるM&A支援の影響を受けて、M&A増加が顕著となっています。本記事では、M&A増加理由や買い手のリスク、買い手と売り手の...

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aとは、業績が悪化して自力での再生が難しい状態の企業を一部清算することも視野に入れながら、M&Aを活用して事業再生を図る手法です。本記事では、再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュール...

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

近年、社会を取り巻く環境の変化の影響でM&Aブームが到来しつつあります。その特徴から、一過性のものではなく持続性があるものという見方もされています。本記事では、今回のM&Aブームの特徴や過去のブ...

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業の業績悪化が続く場合、事業再生により健全化を図ることがあります。M&Aを活用する手法もあるので、最善手を見極めるためには各手法の特徴を押さえておく必要があります。本記事では、事業再生の手法や...

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

不況による市場の縮小や経営者の高齢化、さらには新型コロナウイルスの影響などにより、M&A(国内)の現状は不透明さが増しています。本記事では、M&A(国内)の市場規模や課題といった現状を解説し、そ...

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

M&Aでは500万円以下の少額案件も多く、500万円で買える会社なら資金の少ない個人でも買収できます。本記事では、500万円で買える会社のM&A案件についてメリット・デメリットを解説するとともに...

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合とは、地域密着型の会員制金融機関です。また、信金キャピタルは、中小企業向けにM&A・事業承継支援や投資育成を行っています。本記事では、信用組合や信用金庫、信金キャピタルにM&A・事業承継...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)