2020年2月15日更新会社・事業を売る

学習塾の事業承継とは?課題や事例、注意点を解説!

学習塾は、学習支援だけでなく地域のコミュニティとしての一面も持っているため、廃業すれば地域や顧客への影響が大きい事業です。そのため、学習塾の事業承継の成功は、経営者の非常に重要な課題だと言えるでしょう。今回は、学習塾の事業承継について解説していきます。

目次
  1. 多様化する事業承継
  2. 学習塾における事業承継の現状
  3. 学習塾における事業承継の課題
  4. 学習塾における事業承継の注意点
  5. 学習塾の事業承継におけるM&A仲介業者
  6. 学習塾の事業承継事例
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
学習塾のM&A・事業承継

多様化する事業承継

事業承継とは、「会社を後継者に引き継ぐこと」であり、経営者引退後の会社存続を左右する重要な場面です。しかし昨今では、中小企業を中心に後継者不足の問題が多発しており、従来の「後継者に会社を譲る」という事業承継ができないケースが増加しています。

そのため、現在では「親族内承継」だけでなく、「親族外承継」や「M&Aを活用した承継」など事業承継のやり方も多様化しており、各事業承継の方法ごとに特徴やメリット・デメリットが異なります。

それぞれのメリット・デメリットを把握し、その企業や業界の状況に合った方法を選択するためにも、今回は「学習塾業界」の事業承継についてお伝えしていきます。

※関連記事

事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説

学習塾における事業承継の現状

学習塾業界には、大手の学習塾が全国に向けた事業展開を行っている一方で、地方レベルで事業展開をしている中小規模、個人経営の零細規模などさまざまな規模のものがあります。また、近年ではM&Aの普及やフランチャイズによる学習塾経営もあり、業界再編による大手企業の寡占化が進んでいます

中小規模・零細規模の存在意義

大手企業の寡占化が進む一方で、中小規模・零細規模の学習塾の存在意義は失われていません。なぜなら、学習塾は、ただ子供達の学習支援を行う場ではなく、地域の人々がコミュニケーションを行うコミュニティとしての一面も併せ持っているからです。

そのため、その地域の学習塾が失われることは子供達のみならず、地域にも影響を及ぼします。もしその地域が学校以外の教育インフラの整っていない教育過疎地であれば、学習塾の存在は貴重なものであり、なくなってしまえば重大な損失が生まれるでしょう。

このような状況を鑑みると、学習塾が存続することは非常に意義深いものだと言えます。ただし、学習塾の存続を左右する事業承継は決して簡単なものではありません。昨今では、中小企業や零細企業を中心に、後継者不在で事業承継ができなくなった結果、廃業してしまうケースも少なくありません

学習塾業界の動向

これからの後継者は、学習塾業界の動向を踏まえた経営手腕が問われます。元来、学習塾業界は集団指導がメインでしたが、昨今は個別指導へのニーズが高まっており、デジタル技術を駆使したEラーニングなどといったさまざまな指導方法、ノウハウ、システムが取り入れられています。

つまり、学習塾業界の多様化が進行することにより、今まで通りの教育方法では顧客のニーズに応えられない可能性が高まっているということです

さらに、学習塾業界に直接影響を与えている問題が「少子化」です。子供の学習支援をすることが業務である以上、学習塾にとって子供の数は市場規模を左右するといっても過言ではありません。経営を存続する上で、少子化問題は非常に致命的な事態だと言えるでしょう。

また、このような状況もあって学習塾業界ではシェアの激しい奪い合いが発生しており、競争が激化しています。そのため、学習塾を事業承継する際は、「経営者がこの業界でいかに生き残っていくか」という戦略を練った上で後継者に方針を呈示する必要があります。

学習塾における事業承継の課題

学習塾の事業承継にはどのような課題があるのでしょうか?ここでは以下のポイントについて解説していきます。

  1. 事業承継の手法を選別する必要がある
  2. 新たなノウハウを導入する必要がある

①事業承継の手法を選別する必要がある

まず、事業承継の手法は注意深く選別する必要があります。近年、事業承継の手法は多様化しており、従来の家族・親族の中から後継者を選定する事業承継(親族内承継)だけが唯一の手法ではありません。

事業承継の際は、従業員や社外の人材から後継者を選定する「親族外事業承継」や「M&Aによる事業承継」などの中から、自社に合った手法を選択する必要があります。

これまでは後継者がいない場合は廃業するしかありませんでしたが、現在ではM&Aによって企業を売買する形式で後継者を選択できるため、以前よりも事業承継が実施しやすくなっています。ただし、いずれの手法を実行する場合も、メリット・デメリットがあるため、会社の内情に合わせて選択する必要があります

また、事業承継には時間と手間がかかることも考慮しておく必要があるでしょう。後継者を選定する事業承継であれば長ければ10年、比較的短期間できるM&Aによる事業承継でも1年半はかかります。

そのため、経営者の高齢化が進んでいる場合は、事業承継を完遂する体力がなくなっている可能性も否定できません。途中で経営者がダウンしてしまうと、理想の事業承継が実現できなくなってしまう恐れもあります。

いずれの手法を選ぶ場合であっても、なるべく早い段階で準備を始めることをオススメします。たとえば、M&A総合研究所であれば、独自のネットワークを使用し、1週間以内に候補を見つけることが可能です。また、少数精鋭で集中した買い手探しをさせていただくためスピード成約を実現しています。

事前相談は無料ですし、着手金もかかりません。完全成功報酬制をとっており、成功報酬も業界最安値の水準で設定しているため、リーズナブルにご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

>>【※平均3ヶ月でスピード成約】M&A仲介サービスはこちら

②新たなノウハウを導入する必要がある

昨今は学習塾が多様化しており、学習支援を行う方法も実に多種多様であるため、事業承継を機に、新たなノウハウの導入を考える学習塾も非常に多いです。

しかし、「集団指導から個別指導に変更する」「デジタル技術を導入する」などは、業態を大規模に変える可能性もあり、簡単にできるものではありません。

また、Eラーニングのようなデジタル技術を使ったシステムは、新たなノウハウに加え、正確にそれらを扱える技量を持つ人材が必要になります。既存の人材だけでは対応できないことも珍しくありません。

そのため、新たなノウハウを導入する上で事業承継を行うのであれば、事業承継M&Aがオススメです。事業承継M&Aは成功すれば新たなノウハウが導入できるだけでなく、買い手の資本の傘下に入れるため財務基盤の強化も可能な上、認知度が高いブランドを扱える可能性も出てきます。

もし前向きに学習塾を発展させたいのであれば、事業承継M&Aは有効益な手段だと言えるでしょう。たとえば、M&A総合研究所には、日本全国から多種多様な業界・業種のM&A案件が集まっており、年間M&A相談実績3,600件、M&A成約率70%と高い実績もあるため、理想的な相手を見つけることができます。

さらに、豊富なM&A案件の中からAIがマッチングするという独自のシステムを持っています。そのため、買収ニーズを登録するだけで自動的に条件の合う案件が紹介され、効率的にM&Aの候補探しをすることができます。

>>買収ニーズ登録はこちら

※関連記事

事業承継の方法

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

学習塾における事業承継の注意点

学習塾のM&A・事業承継
学習塾のM&A・事業承継

学習塾の事業承継にはどのような注意点があるのでしょうか?学習塾の事業承継には、以下2点の注意点があります。

  1. 生徒や保護者の心証に注意する
  2. 講師の人数を維持する

①生徒や保護者の心証に注意する

学習塾が事業承継や事業承継M&Aを行う場合は、生徒や保護者の心証に注意しましょう。いずれの手法であっても、事業承継を実施して経営者が変われば、顧客である生徒や保護者は不安に思うでしょう。

事業承継をきっかけに、これまで授業を受けてきた環境や授業の方式、料金が変わるようなイメージを持つことは避けられません。そのため、事業承継の際には、生徒や保護者の心証に注意を払い、不安な印象を与えないようにしておくことが重要です。

とりわけ事業承継M&Aであれば、買い手となる会社が経営の主体になるため、学習塾が潰れてしまうというイメージを与えてしまう恐れがあります。事業承継M&Aを行う際は、契約が締結されるまで徹底的に情報を秘匿し、公表できる段階に入り次第、生徒や保護者向けに丁寧に説明するようにしましょう。

②講師の人数を維持する

事業承継を行う際、講師が減らないよう配慮しておかなければなりません。学習塾における講師の存在は、数・質ともに非常に重要なファクターになります。そのため、講師の数が減ったり、質が低下するような事態になれば事業に支障をきたします。

また、事業承継により学習塾全体の雰囲気や方針が変われば、事業承継後の環境になじめない講師は離職する可能性が出てきます。このような事態を避けるためには、生徒や保護者に向けて行うのと同様に、講師に向けて事業承継後の学習塾の雰囲気や方針について説明をすることが重要になります。

また、後継者に事業承継を行うのであれば、講師と後継者との信頼関係を構築させる時間も必要です。一方、M&Aで事業承継を行うのであれば説得材料を用意するなど、細やかな配慮が必要になります。

学習塾の事業承継におけるM&A仲介業者

学習塾の事業承継を行う際にはM&A仲介業者に相談することが重要です。M&A仲介業者に相談することで、さまざまなサポートが受けられます。

後継者に事業承継する場合

経営者が後継者に事業承継を行うのであれば、M&A仲介会社や経営コンサルティング会社などに相談しましょう。事業承継は経営を左右する重大な決定事項であると同時に、非常に複雑なプロセスが必要となるものです。

後継者の選定をはじめ、後継者の育成、事業や資産などの承継の手続きなど、事業承継におけるすべてのプロセスを完了させるには5年~10年程度の時間がかかることもあります。そのため、事業承継の際は、経営者の計画性が非常に重要です。

また、理想的な事業承継を実現させる上でも、それぞれのプロセスの内実を細かく検討しなければなりません。したがって、事業承継を円滑に進めるためには、専門家への相談は必要不可欠になります。

M&A仲介業者や経営コンサルティング会社は、さまざまな会社を見てきた実績があるため、事業承継を円滑に進める上で有益なアドバイスを提供してくれます。また、税務や財務など、より専門的な知識に基づいたアドバイスを受けたい場合は、税理士事務所や会計士事務所などに相談するのも良いでしょう。

事業承継をスムーズに進めたい場合は、一度M&A総合研究所へご相談ください。M&Aアドバイザーをはじめ、M&A専門の会計士と弁護士が親身にサポートいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

M&Aで事業承継をする場合

事業承継M&Aを実施するのであれば、M&A仲介業者のようにM&Aを扱っている専門家に相談することがオススメです。M&Aのスキームは多種多様であり、必要なコストや手続きも案件次第であるため、会社の内情に合わせて上手く使い分ける必要があります。

そのため、経営者の独力だけでM&Aを実施することは非常に困難です。しかし、M&A仲介業者であれば、専門的な知識や豊富な経験から、クライアントの立場に立ったM&Aを実施してくれます。

最近では、中小企業や零細企業のM&Aも増加しており、規模の小さいM&Aであっても積極的に請け負ってくれるM&A仲介会社が増えています。加えて、学習塾のM&Aに特化したM&A仲介会社もあるため、業界の動向や事情に精通したプロフェッショナルが味方になってくれるでしょう。

学習塾業界は少子化によるシェアの奪い合いなどで、競争が激しい業界です。事業承継M&Aを行うのであれば、将来的な生き残りを見据え、プロフェッショナルの力を借りることをオススメします。もちろん、M&A総合研究所も力をお貸しします。

M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つプロがM&Aをフルサポートいたします。また、M&A総合研究所は完全成功報酬制をとっており、成功報酬も業界最安値の水準で設定されているため、負担が少ないことも魅力の一つです。相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

学習塾における事業売却とは?メリット・デメリットなどを解説

学習塾の事業承継事例

ここでは学習塾の事業承継の事例についてお伝えします。

学習塾Aの場合

事例

小学生から高校生までの学習支援を行っている学習塾Aでは、経営者の高齢化により事業承継が喫緊の課題となっていました。経営者には子供がいなかったため親族内承継は困難でしたが、従業員の一人を選定し、5年かけて彼を育成しました。

他の従業員や取引先と信頼関係を構築させた上で事業承継を成功させた事例です。

解説

昨今増加している「親族外承継」の事例です。親族外承継は、経営者が家族・親族に事業承継できない場合に活用できる手法であり、業務を知り尽くしている従業員を後継者に据えるため、比較的育成に手間がかからないというメリットがあります。

ただし、従業員が後継者であると顧客や取引先から納得されにくいリスクもあるため、後継者が信頼を得られるように入念な下準備に取り組む必要があります

学習塾Bの場合

事例

学習塾Bは都内で学習塾を3店舗経営していましたが、経営不振に陥っていたため、経営者引退と同時にM&Aで他の学習塾に委託することを検討していました。

その後、経営者は事業承継M&Aを行い、全国に事業展開をしている大手の学習塾に買収。経営を委託すると同時に、買い手の資本の傘下に入ることで経営状態を立て直しました。

解説

この事例は、事業承継M&Aの典型的な事例です。学習塾の事業承継M&Aでは、基本的に事業拡大を考えている大手の学習塾が買い手となるケースが多いですが、中には学習塾業界への進出を考えている異業種の会社が買い手となるケースがあります

※関連記事

学習塾業界M&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

まとめ

学習塾は学習支援だけでなく、地域のコミュニティとしての一面を併せ持っているため、廃業してしまうと地域や顧客への影響が大きい事業です。そのため、学習塾の事業承継を成功させることは、経営者にとって非常に重要な課題だと言えるでしょう。

ただし、いずれの方法で事業承継を実施する場合であっても、生徒や保護者の心証、講師への影響は配慮しておく必要があるでしょう。

要点をまとめると下記の通りです。

・学習塾における事業承継の現状

 →大手企業の寡占化が進んでいる、少子化の影響で競争が激化している

・学習塾における事業承継の課題

 →事業承継の手法を選別する必要がある、新たなノウハウを導入する必要がある

・学習塾における事業承継の注意点

 →生徒や保護者の心証に注意する、講師の人数を維持する

・学習塾の事業承継ではM&A仲介業者に相談する

 →M&A仲介業者に相談しサポートを受けることで、事業承継をスムーズに進行することができる

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

内部統制・内部監査とは、会社が組織的に機能するために必要なルールや仕組みのことです。日常的な経営はもちろんのこと、M&Aの実行の際も組織としての地盤がとても重要になります。本記事では、M&A・事...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
学習塾のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)