2020年4月15日更新業種別M&A

居酒屋の売却額とは?売却方法や価額の上げ方を解説!

居酒屋のM&Aでは、エリアの拡大や人手不足の解決といった買い手のニーズに応えること、経営上のリスク軽減などが、理想的な売却額を達成するうえで重要です。居酒屋を売却する方法、売却額の上げ方、注意点、相場などについて解説していきます。

目次
  1. 居酒屋の売却額とは
  2. 居酒屋の売却方法
  3. 居酒屋の売却額相場
  4. 居酒屋の売却金額を上げるには?
  5. 居酒屋に関する売却の注意点
  6. 居酒屋の売却はM&A仲介会社に相談
  7. 居酒屋のM&A事例
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
居酒屋のM&A・事業承継

居酒屋の売却額とは

M&Aで事業あるいは会社を売却する際、どのような売却方法を用いるかや売却の注意点をどれだけ把握できるかなど重要なポイントは多くありますが、可能な限りおさえておくことで理想的な売却額に届きやすくなるでしょう。

ですが、M&Aを行う事業の業態によって押さえておくべき事柄が変わるため、今回は居酒屋のM&Aにスポットライトを当てて注意点や売却方法、相場などをお伝えしていきます。

なお、理想的な売却額で売るためにはM&A仲介会社など専門家の起用が望ましいです。もしも居酒屋の売却をお考えの場合は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所には知識と経験が豊富なアドバイザーが多数在籍しており、できるだけ高く売れるようM&Aをフルサポートいたします。

ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!
居酒屋におけるM&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

居酒屋の売却方法

まずは、居酒屋を売却するための方法についてご紹介します。

株式譲渡

M&Aを行う居酒屋が株式会社であるなら、株式譲渡という手法を用いることができます。株式譲渡は経営権をつかさどる株式を譲渡することによって子会社になるというものです。株式譲渡を行うと会社の独立性こそ失われますが、大手企業の傘下に入ることができるため、経営基盤を強化しやすくなります。

また、株式譲渡はスピーディーにM&Aを進められることがメリットです。株式譲渡は、いってしまえば株式の売買を行うだけでM&Aが完了する(もちろん契約を締結するなど付随するほかのプロセスはあります)うえに、公的機関への手続きも必要ありません。

そのため、簡潔に行える手法として多くのM&Aで用いられています。一方で、株式譲渡は買い手が売り手の会社を包括的に承継するため、予期せぬ負債や不要な資産を引き継いでしまう場合があります。

実際、売り手の簿外債務などのようなリスクを把握しないまま株式譲渡を行ってしまい、経営統合後に問題が発生してM&A自体が破談してしまったケースもあるため、この点は十分に注意しておきましょう。

合併

M&Aの手法の中で、株式譲渡と並んで知名度が高いものが合併です。合併は株式譲渡と似ているイメージがありますが、実際は異なります。株式譲渡は売り手が買い手の子会社になりますが、合併は売り手の会社が消滅し、完全に買い手の会社の中に組み込まれます

つまり、売り手は会社自体がなくなってしまうということです。経営者の中には会社がなくなってしまうため、合併に抵抗感を示す人もいます。しかし、合併は経営統合後の意思決定がスピーディーになりやすく連帯感も高まることから、経営統合後の会社経営がスムーズになります。

ただし、合併も包括的承継を行う手法であるため、売り手のリスクを買い手がすべて引き継ぐことになり、株式譲渡とは違い手続きが煩雑になりやすく、時間もコストもかかることから、株式譲渡と比べると使われる頻度は多くありません。

また、新しい会社に当事者の会社が経営統合される新設合併にいたっては、会社を一から作る必要があり、行われることは少ないです。

事業譲渡

レストランなどの飲食店のほかに居酒屋も経営しているなどの場合で、居酒屋だけを売却するなら事業譲渡という手法を使います。事業譲渡は会社ではなく事業単体を売買する手法であるため、会社の独立性が損なわれたり、会社自体が消滅したりすることはありません。

株式譲渡や合併とは違い、事業譲渡は契約の範囲内で承継できるものを選べるため、包括的承継のように買い手が売り手のリスクをすべて承継する必要がありません。

一方で、事業譲渡も合併のように煩雑な手続きが必要です。事業譲渡は事業の名義を買い手の会社に変えるような手法であるため、契約が白紙になったり、移転する不動産の登記変更を行ったりしなければなりません。資産の売買に該当するため、発生する税金も他の手法と異なります。

そのため、事業譲渡も時間やコストがかかりやすいのがデメリットです。ちなみに、事業譲渡によく似た方法に会社分割がありますが、こちらはM&Aというよりも組織再編によく使われる手法であり、手続きが全く異なるため混同しないようにしましょう。

※関連記事
M&Aの種類とは?契約書や専門家の種類を解説

居酒屋の売却額相場

日本はM&Aを行った会社がその内実を公表することは少なく、とりわけ中小企業となるとほとんど非公開で行われます。そのため、具体的な売却額の相場を確認するのは難しいですが、全国に店舗を持つ大手居酒屋チェーンが行っているM&Aは売却額が数億円、数十億円に達することが珍しくありません。

一方、中小規模や零細規模の居酒屋では売却額が数百万円から数千万円程度となるケースが多いです。

※関連記事
店舗売却とは?相場や店舗売却の査定、税金について解説
会社売却の相場

居酒屋の売却金額を上げるには?

居酒屋のM&A・事業承継
居酒屋のM&A・事業承継

居酒屋の売却金額を上げるにはどうしたらいいのでしょうか。具体的な方法には、以下のようなものがあります。

買い手のニーズに応える

売却時において、買い手のニーズに応えることは売却額を上げるポイントです。M&Aはあくまで会社の売買であるため、買い手は買収するメリットがあるかを重視します。つまり、買い手のニーズに応えられる会社であれば売却額を上げやすくなるということです。

居酒屋で買い手が求めているのは主に「事業エリアの拡大」と「人手不足」などです。居酒屋は店舗を増やすだけでもスケールメリットを享受できて収益を挙げられます。そのため、多くの居酒屋チェーンは既存の居酒屋を買収することで事業エリアを拡大しています。

また、人手不足の解決にM&Aを積極的に行う居酒屋も多くあります。居酒屋は過酷な労働条件や安い賃金から「ブラック企業」のレッテルが貼られやすく、新卒に不人気な事業の一つです。そのため、既存の居酒屋を買収することで少しでも多くの人員を手に入れようとする居酒屋が増えています。

売り手の居酒屋が提供しているサービスも買い手が注目しているポイントです。居酒屋はサービスも重要な商品といっても過言ではなく、独自性の高いサービスは評価されやすい傾向があります。

オリジナリティのある料理や質の高い接客対応、斬新なサービスがあるだけでも売却額が上がるきっかけになるでしょう。

リスクの軽減

売却する居酒屋に潜在するリスクを軽減するだけでも、売却額が上がることがあります。買い手はM&Aの際にリスクを承継してしまうことを嫌います。株式譲渡や合併のような包括的承継の手法では、売り手のリスクをすべて承継するため、買い手はデューデリジェンスを徹底してリスクを精査します。

その際に重大なリスクが発覚する事態になれば、売却額が下がってしまうだけでなく、場合によってはM&A自体が破断してしまうこともあるでしょう。また、ここでいう「リスク」は負債や訴訟のようなものだけではありません。

日々の業務や設備の状態、従業員のクオリティなどにネガティブな要素があれば、それだけで買い手はリスクと判断して売却額が下がってしまう可能性があります。そのため、リスク改善を行う場合は経営のあらゆる部分に目を向けて実施しなくてはなりません。

※関連記事
デューデリジェンスとは?目的・方法・種類

居酒屋に関する売却の注意点

居酒屋を売却する際には、以下のような注意点に配慮する必要があります。

日々の業務との兼ね合い

居酒屋のM&Aにおいて、最も難しいといえる点は日々の業務との兼ね合いでしょう。全国に店舗を持つ居酒屋チェーンのような規模の会社であれば業務分担しやすいため、M&Aを経営陣のみで進めることは可能です。

しかし、経営者自身がお店に立つことが多い中小規模や零細規模の居酒屋だとそうはいかないでしょう。経営者自身が居酒屋での業務をこなしながらM&Aを進めていくことは決して簡単ではありません。居酒屋はただでさえ過酷な労働になることが多く、M&Aを進める時間を確保することは難しいものです。

もし経営者が日々の業務に追われてしまうと、M&Aを行うことすらできなくなるでしょう。逆に、M&Aを進めることに注力してしまうと、日々の業務がおろそかになってしまうリスクが発生します。

専門家の起用で負担を軽減

M&Aは買い手とのマッチングや交渉、契約などさまざまなプロセスがあり、それぞれを適切にこなさなければなりません。これが日々の業務とM&Aの進行を同時に行う難しさであり、それでもM&Aを適切な形で進めていくためには専門家の起用が不可欠だといえます。

M&Aの専門家を起用することで、買い手選びや交渉、契約などのプロセスを任せることができ、経営者はこれまでと同様に日々の業務をこなしているだけでM&Aを進められます。

また、M&Aは法務や税務などの専門知識を多く必要とするため、経営者が一から勉強するよりも専門家を起用したほうが負担が軽くなります。

実際、業種にかかわらずM&Aを行う際は専門家のサポートを受けて進めていくのが一般的ですので、M&A仲介会社などの専門家に相談してサポートを依頼しましょう。

売却する目的をはっきりさせる

居酒屋の売却を検討する理由には、後継者不足や事業の低迷、従業員の雇用確保などさまざまあります。しかし、M&Aを進めていくうちに売却すること自体が目的となって、希望よりも低い価格となるだけでなく、経営者や従業員に不利な条件で契約してしまうケースも少なくありません。

そうならないためにも、売却する目的をはっきりさせて、それを達成できる買い手を探す必要があります。目的を見失ったM&Aは失敗となる可能性が極めて高いので、達成すべき目的を設定するようにしましょう。

交渉の重要性を踏まえる

M&Aに交渉は不可欠なプロセスですが、この重要性をしっかり踏まえたうえで行うようにしましょう。売却額はさきほどお伝えしたように、買い手のニーズに応えられるかどうかや、リスクの有無だけでなく交渉によっても左右されます。

そもそもM&Aは、買い手と売り手の双方の考えが衝突する取引でもあります。当然、買い手はより安い価額で買収したいものですし、売り手はより高い価額で売却したいものです。そのため、お互いに妥協点を見出すことが交渉において重要となります。

特に、売り手が経営再建や事業承継などのように切実な理由でM&Aを行う場合は注意が必要です。売り手が切実な理由を抱えているほど、買い手は足元を見るようになるため、安い売却額でM&Aを進めようと強気で交渉してくることもあります。

M&Aに切実な理由を抱えているのなら、売り手はいかに交渉でうまく立ち回れるかが重要になります。ここでもM&A仲介会社などの専門家の協力は不可欠であり、交渉に長けたアドバイザーが協力してくれることでお互いの妥協点を見い出してくれます。

居酒屋の売却はM&A仲介会社に相談

居酒屋の売却を行う際にはM&A仲介会社に相談しましょう。そもそも、M&A仲介会社はM&Aにおける買い手と売り手のマッチングやM&Aをスムーズに進めるアドバイザリー業務を行う会社です。

M&A仲介会社にはM&Aの経験や知識が豊富なスタッフが在籍しているだけでなく、税理士や会計士、弁護士などの専門家と連携を取ってサポートしてくれる会社もあります。そのため、法務や税務、財務などの専門知識が必要なプロセスでも安心して任せられます。

中小規模のM&Aに対応するM&A仲介会社も多い

M&A仲介会社というと、M&Aの規模によってはサポートしてくれないイメージを持つ経営者も少なくありません。しかし最近では、中小企業や零細企業のM&A需要が増えており、それに伴って規模に関係なくM&Aを請け負う会社が増えています

さらに、料金に関してもリーズナブルに設定しているM&A仲介会社も多く、完全成功報酬制でM&Aに成功しない限り一切の料金が発生しない会社もあります。この点も、経営者にとっては嬉しいポイントだといえるでしょう。

また、M&A仲介会社の中には特定の業界・業種に特化している会社もあます。居酒屋など飲食店のM&Aを得意とするM&A仲介会社もありますので、居酒屋のM&Aを行ううえで非常に頼りになるでしょう。

悪質な業者には要注意

M&A仲介会社にサポートを依頼する際は、悪質な業者に注意する必要があります。M&A仲介会社の中には自社の利益ばかりを優先する業者もあり、何のメリットもないM&Aを勧めて強引に取引させようとしてきます。

もちろんそのような業者は少数ですが、注意しておくことに越したことはありません。サポートを依頼する前にそのM&A仲介会社の実績を調べたり、必要があれば他のM&A仲介会社からセカンドオピニオンを得るようにしたりするなどして、信頼できる会社に相談しましょう。

なお、信頼できるM&A仲介会社をお探しの場合は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所には、会計士や弁護士の資格を持つアドバイザーや知識と経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、案件ごとに3名体制でM&Aをフルサポートいたします。

ご相談は無料であり、料金は国内最安値水準の完全成功報酬制となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
M&Aアドバイザリーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説
M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します

居酒屋のM&A事例

最後に、居酒屋のM&A事例をご紹介します。中小企業のM&Aは非公開となることがほとんどなので、ここでは公表されている大手の事例を紹介していきます。

SFPホールディングスによるジョー・スマイルの買収

2019年1月、SFPホールディングスはジョー・スマイルを買収して子会社化しました。SFPホールディングスは居酒屋チェーンを展開するクリエイト・レストランツホールディングスの傘下企業であり、ジョー・スマイルは熊本市を中心に居酒屋を19店舗展開している会社です。

この買収によりSFPホールディングスは、独自ブランドを育成して強化することや事業エリアの拡大を図るとしています。

ジー・テイストによる湯佐和の買収

2018年9月、ジー・テイストは湯佐和を買収して子会社化しました。ジー・テイストは寿司屋や焼肉屋、居酒屋などを全国に700店舗以上展開する会社であり、湯佐和は神奈川県で居酒屋を13店舗展開している会社です。

この買収によりジー・テイストは、価格競争力を強化して収益力が向上するなどのシナジー効果により、会社の成長を図るとしています。

ユニゾン・キャピタルによるダイナミクスの買収

2017年6月、ユニゾン・キャピタルはダイナミクスを買収しました。ユニゾン・キャピタルは第二種金融商品取引や投資助言などを行う会社であり、ダイナミクスは多様なコンセプトで100店舗以上を展開している会社です。

ユニゾン・キャピタルはこの買収により、ダイナミクスへ経営リソースおよび成長資金を提供してさらなる成長を図るとしています。

まとめ

居酒屋のM&Aはエリアの拡大や買い手のニーズに応えること、経営上のリスク軽減などが理想的な売却額を達成するうえで重要です。ただし、これらのポイントを踏まえてM&Aを行うのは経営者だけでできることではありません。

特に交渉のような難しい場面では苦戦してしまうでしょう。理想的な売却額でM&Aを行いたい場合は、M&A仲介会社などの専門家を起用することをおすすめします。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界は土地さえあれば参入しやすい事業です。しかし、人口減少や車離れの影響で、簡単に収益が得られなくなると予測されています。その時に取れる手段の1つがM&A・譲渡です。この記事では駐車場業界...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

本記事では、住宅建設業界のM&Aについて、2020年の業界の最新動向や買収相場の考え方、M&Aのメリット・デメリットなどを解説していきます。実際に行われた住宅建設会社のM&A事例も、2020年の...

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

お金や資産を貸し出して利益を得ているのが金融・リース・レンタル事業です。当記事では、金融・リース・レンタル事業の概要をはじめ、各業種が抱えている問題や、事業承継の可能性、事業承継の手順・事例・注...

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

今後の成長が期待されているITソフトウェア業界では、ソフトウェア開発の重要性の高まりから、他業界やスタートアップ企業の参入が多く、M&Aが積極的に実施されています。本記事では、ITソフトウェア業...

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

利用者にまつ毛エクステを施すのがマツエクサロンの事業です。当記事では、マツエクサロンが置かれている現状をはじめ、M&Aの動きや、M&Aを用いた際のメリット、M&Aで注意を払う点、M&Aの手続き、...

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界は国内の市場規模は減少しているものの海外展開など顧客のニーズが変化してきており、今まで以上にM&Aが行われるようになると予測されます。今回は今度積極的に行われていくジュエリー業界の...

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

資金・商品を貸して利益を得るのが金融・リース・レンタル業です。当記事では、金融・リース・レンタル業の内容をはじめ、各業界に見られる事業譲渡(事業売却)の動きや、事業譲渡(事業売却)の手順、メリッ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
居酒屋のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)