M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年7月24日公開
この記事は、約3分で読めます。

建築資材卸事業のM&Aの現状と動向とは?成功・失敗事例もご紹介!

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

建築物の需要増加に伴い、建築資材の需要も増え、建築資材卸事業の重要性もますます高まっています。建築資材卸事業でM&Aを考えている場合、こうしたM&A事例や業界動向、そして建築業界全体の動向などを総合的に判断し、分析を進めていくことが大切です。

目次
  1. 建築資材卸事業のM&A
  2. 建築資材卸事業の特徴
  3. 建築資材卸事業の業界動向
  4. 業界の特徴・動向とM&Aの関係
  5. 建築資材卸事業のM&Aの相場と費用
  6. 建築資材卸事業の買収とは?買う・買いたい場合
  7. 建築資材卸事業の売却とは?売る・売りたい場合
  8. 建築資材卸事業のM&Aの成功・失敗事例
  9. まとめ

建築資材卸事業のM&A

近年、様々な業界で、事業の強化などを目的にM&Aを検討する企業が増えています。これは建築業界も例外ではなく、事業の強化・拡大、事業エリアの拡大、人材の確保などを目的にM&Aを行う企業が見られます。また、建築業界のうち、建築資材卸事業を展開する企業のM&A事例もあります。

建築資材は建築物を建てるために必要な資材であり、建築の需要増加に合わせて建築資材の需要もますます伸びています。こうした需要増加の動向の中、それぞれの事業の強化や事業エリアの拡大などを目的にM&Aを検討するケースも増えているのです。以下、このような建築資材卸事業におけるM&Aについて、業界の特徴・動向なども踏まえてご紹介していきます。

完全成果報酬制のM&A仲介会社No.1「M&A総合研究所」とは?

建築資材卸事業の特徴

まず、建築資材卸事業の特徴や業務内容から整理しておきましょう。建築資材の意味も含め、ご紹介していきます。

建築資材とは?

建築資材卸事業の「建築資材」とは、建築物を建てるための資材のことを表します。建材、建築材料などと呼ばれることもあります。また、建築資材は「構造材」と「仕上げ材」に分類することができます。構造材とは、建物の骨組みとなる材料のことで、柱、梁などが代表例です。

一方で、仕上げ材というのは、建物の内外装に使用する材料を指し、「内装材」と「外装材」に分けることができます。内装材は、壁や天井、床に使用する材料のことで、壁クロス、塗装材、フローリングなどの仕上げ材や、それらの下地材のことを指します。また、外装材は、建物の外部を装飾する材料のことをいい、タイル、サイディング、レンガ、屋根瓦などが挙げられます。

このように、「建築資材」と一言で言っても、構造材と仕上げ材ごとに様々な材料が存在します。建物の構造体となる柱や梁だけでなく、内装材なども建築資材に含まれるわけです。後ほど建築資材卸事業のM&A事例についてご紹介しますが、内装材料を扱った会社やインテリア商社などもM&Aの当事者に含まれます。こうした点からも、建築資材の内容は非常に幅広いということがわかるかと思います。

建築資材卸事業とは?

建築資材卸事業は、字の通り「建築資材」の卸事業のことで、メーカーから資材を仕入れて企業に販売する事業のことを指します。建築資材は建物の構造材や仕上げ材となる以上、建物の需要が増加すれば必然的に建築資材の需要も増加することになります。建築資材の需要増加に伴い、建築資材卸事業を手がける会社のニーズも高まります。

建築資材卸事業の業界動向

ここまで、建築資材卸事業について、建築資材の意味も含めてご紹介しました。次に、建築資材卸事業の業界動向について、建築業界全体の特徴・動向も踏まえ、整理しておきましょう。

建築業界の特徴・動向

2020年の東京オリンピック開催に向け、建築物の需要はますます増加傾向にあります。オリンピックで行われる競技は幅広く、様々な競技施設が必要となるほか、多くの観戦客の宿泊施設も必要です。もちろん既存の競技施設を活用するケースもありますが、新設される競技場もあります。また、外国人観光客の増加も踏まえると、宿泊施設についてはこれまで以上に増やさなければなりません。宿泊施設の新設だけでなく、既存の宿泊施設の増改築も進める必要があるでしょう。

このように、東京オリンピックに向けて競技場や宿泊施設の新設、増改築はますます進むことになります。さらに、東京オリンピックの観戦に加え、日本を観光しようとする外国人観光客も多いはずです。そのため、宿泊施設に加え、観光客増加を見込んだ商業施設の新設や整備なども進むでしょう。また、鉄道や道路などのインフラ整備ももちろん必要です。

東京オリンピックの開催は建築業界に大きな影響を及ぼし、需要の増加を引き起こしています。一方で、需要増加に伴い、人材不足もしばしば問題となります。そのため、効率的な人材確保も急務となっています。

建築資材卸事業の現状と今後の動向

建築の需要増加によって建築資材の需要が増加するため、建築資材卸事業の重要性もますます大きなものとなります。一方で、建築資材卸事業を行う会社が人材不足に陥る可能性もあります。建築業界全体で人材不足がさらに進むおそれもありますが、建築資材卸事業においても例外ではありません。

効率的に優秀な人材を確保し、需要の増加に対応する必要があります。また、先ほどもご紹介したように、建築資材といってもその種類は様々です。建築資材に対する需要が高まっている今、なるべく多くの建築資材を扱っていた方が様々なニーズに対応できるでしょう。もちろん、特定の建築資材に大きな強みがあり、それが十分な業績につながっていれば、無理に扱う商品の幅を広げる必要はないと言えます。

ただ、多様化するニーズに対応したい場合は、やはり幅広い建築資材を扱うに越したことはありません。そのため、建築資材卸事業を行う会社同士がM&Aを行い、事業の幅を広げるといったケースが今後増える可能性もあります。

業界の特徴・動向とM&Aの関係

次に、ここまでご紹介した建築資材卸事業の特徴・動向とM&Aの関係を整理し、M&Aによってどのように問題解決を図ることができるのか、M&Aの現状や動向を整理しておきます。

事業の幅を広げるためのM&A

建築資材の需要増加に伴い、より幅広いニーズに対応することの重要性も高まっています。特定の建築資材に強みを持ち、業界で確固たる地位を築いているようなケースは別としても、ニーズの多様化に対応するためには幅広い建築資材を扱っていた方が有利です。また、こうしたニーズに対応できないと、競争力の低下につながる可能性もあります。

そこで、建築資材卸事業を行う会社同士がM&Aを行い、双方の強みやサービス体制を活かして事業の幅を広げ、多様化するニーズに対応するなどのケースが考えられます。例えば、外装材に強みのある会社が、内装材分野の強化も行いたいと考えているとします。そこで、内装材に強みのある会社を買収し、傘下に迎えることができれば、グループ事業として内装材分野の事業が強化されます。

これはあくまでシンプルな例ですが、同業者同士のM&Aは、同じ業界内で事業の幅を拡大するための効率的な方法となります。

関連事業も含めたM&A

後ほどM&A事例として詳しくご紹介しますが、建築資材卸事業に関するM&Aでは住宅設備機器などを扱う会社が当事者となるケースも見られます。このように、関連事業も含めたM&A事例もあり、今後はこうしたM&Aがさらに加速する可能性もあります。

例えば、他の事業とともに建築資材卸事業も手がける会社が、建築資材の需要増加を見込み、自社の建築資材卸事業を強化するために同じく建築資材卸事業を行う会社を買収するなど、様々なケースが想定されます。

経営上の問題を解決するためのM&A

近年、特に中小企業の中で、経営上の問題を解決するためにM&Aによる売却を検討するケースが増えています。建築資材卸事業を手がける中小企業の場合も、M&Aによって経営上の問題の解決を目指すケースが増える可能性があります。中小企業の場合、大手企業と比べるとどうしても経営は不安定になりやすいです。そこで、資金力のある企業に売却し、経営基盤を安定化させるといったケースも見られます。

また、後継者がなかなか見つからないというケースもあります。この場合にも、自社を売却して他社に経営を任せることができれば、事業は継続され、後継者不足問題も解決します。このように、経営上の問題を解決するための手法としてM&Aは大きな効果があるのです。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

建築資材卸事業のM&Aの相場と費用

M&Aの当事者の規模は、大手企業から中小企業まで様々です。近年M&Aがますます活発になり、事例が多様化していることもあり、同じ業界内でもM&Aの規模は多岐に渡ります。これは建築業界も例外ではありません。

また、建築資材卸事業に関するM&A事例でも、大手企業から中小企業まで様々な規模の会社が登場します。このような状況を踏まえると、建築資材卸事業のM&Aの相場や費用について一概に判断することは難しいと言えるでしょう。ただし、相場・費用を考えずにM&Aを進めるわけにはいきません。「思っていたよりもはるかに費用がかかってしまった」などの事態になりかねないからです。

漠然としたイメージで費用を考えるのではなく、自社の状況と似たM&A事例を徹底的に分析し、取得総額などの情報を集め、相場・費用の目安をつけておくことが大切です。なるべく多くの事例を調べ、M&Aの目的、M&Aの当事者となる会社の規模、対象となる事業の規模や内容、会社の業績、従業員の数、そしてM&Aのスキームなど、事例ごとに総合的に判断し、自社の状況と似ている事例は徹底的に分析することが大切です。

また、より正確な相場・費用の情報を入手するためには、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリーなどの専門家に相談することももちろん重要です。建築業界や建築資材卸事業に詳しい専門家であれば、業界動向・M&A動向を踏まえて信ぴょう性のある情報を提供してくれます。

建築資材卸事業の買収とは?買う・買いたい場合

建築資材卸事業を行う会社を買収するケースには、同じく建築資材卸事業を手がける会社が事業の強化・拡大などを目的に買収する場合や、異業種の企業が新規参入を目的に買収を行うケースなどが考えられます。同業者同士のM&Aであれば、事業の強化・拡大、事業エリアの拡大などを通じ、競争力の強化につなげることも可能です。

例えば、建築資材卸事業の中で新しく強化したい分野があれば、その分野に強みがある同業他社を買収することで、グループ事業として事業の強化・拡大を図ることができます。また、新規参入の場合であれば、自社だけで一から建築資材卸事業を開始するより、建築資材卸事業を展開する会社を買収することで、比較的短期間で新規参入を実現できます。

一方で、いずれの場合も、ただ建築資材卸事業を行う会社を買収すれば良いというわけではありません。自社が行う買収の目的を踏まえ、きちんとしたシナジー効果が創出されるような対象企業を見つけ、買収を検討する必要があります。

建築資材卸事業の売却とは?売る・売りたい場合

建築資材卸事業を行う会社が売却を考える場合、後継者不足問題の解決や経営基盤の安定化などを目的としたケースなどが考えられます。もちろん同業者同士のM&Aとして、事業のさらなる発展を目的としたケースもあります。

一方で、どのような場合でも、ただ買ってくれれば良いというのものではありません。売却して経営を任せる以上、買い手の事業内容や業績などを踏まえ、安心して経営を任せられるかどうかを慎重に判断することが大切です。また、他社が買い手に名乗り出てくれるようになるには、自社の事業内容や魅力・強みを明確に示しておかなければなりません。

建築資材卸事業の買収を真剣に考えている買い手は、既存の建築資材卸事業を強化したい場合でも、新しく建築資材卸事業を開始したい場合でも、具体的にどの分野の事業を買収したいのか目的がはっきりしているはずです。その目的に沿って、買い手が求める建築資材卸事業を行っている売り手を探しますが、そこで売り手の事業内容が具体的にわからなければ、買い手に名乗り出てくれることはないでしょう。

せっかく売り手の事業が買い手のニーズとマッチする可能性があっても、肝心の売り手が事業内容を曖昧に示しているだけでは、M&Aの成立は難しくなります。こうした事態を防ぐためにも、売り手となる自社の事業内容や魅力・強みを今一度整理し、買い手側に伝わるように示すことが大切です。

完全成果報酬制のM&A仲介会社No.1「M&A総合研究所」とは?

建築資材卸事業のM&Aの成功・失敗事例

さて、ここまでご紹介した建築資材卸事業の特徴や業界動向、M&A動向などを踏まえ、建築資材卸事業に関する実際のM&A事例について整理しておきましょう。近年の事例が多いということもあり、現時点ではっきりと成功事例・失敗事例に区別することは難しいとも言えます。最近の事例の場合、M&Aによるシナジー効果が創出されたのかどうか、今後数年の業績の動向も踏まえて判断する必要があるでしょう。

ただ、業界のM&A動向をおさえておくためにも、代表的なM&A事例について知っておいて損はありません。以下、建築資材卸事業のM&A事例としてご紹介していきますので、各事例の目的やM&Aに至った経緯など、分析を進めてみてください。

キムラがテクノ興国を子会社化

2018年3月、住宅資材販売などを手がける住宅資材総合商社のキムラ(北海道札幌市)は、住宅用足場のレンタル事業などを展開するテクノ興国(北海道帯広市)を子会社化しました。また、テクノ興国は2019年2月、「株式会社キムラリース帯広営業所」として新体制のもとでスタートしています。キムラは、住宅資材を中心とした卸売、不動産賃貸・販売のほか、子会社によるホームセンター経営、建築足場レンタル、ガラス・サッシ・建具工事と施工などの事業を展開し、建築資材販売の北海道内大手として確かな実績を誇ります。

また、テクノ興国は一側足場の施工、資材販売、仮設トイレレンタルなどの事業を行い、帯広や十勝地区を中心とした住宅用足場、仮設材の施工サービスやレンタルにおいて確かな事業基盤を築いています。キムラはテクノ興国を子会社化したことで、帯広市を中心とした十勝地区で、より密着した足場レンタルサービスとスピードアップを図り、営業基盤の拡大につなげるとしています。

OCHIホールディングスが子会社を通じて丸滝を買収

2017年12月、建築資材や住宅設備機器の卸売を行うOCHIホールディングス(福岡県福岡市)は、同業の丸滝(長野県駒ケ根市)の発行済株式の全てを連結子会社である越智産業が取得する形で、丸滝をグループ会社とすることを発表しました。OCHIホールディングスは「建材事業」「環境アメニティ事業」「加工事業」「その他事業」の4事業を柱としていますが、現在はこの建材事業のグループ会社に丸滝が含まれています。

さて、OCHIホールディングスは主たる事業となる建材・住宅設備機器の卸売についてですが、この事業は西日本地区で売上高1位を誇っています。事業エリアの拡大や、建築工事といった隣接分野の強化などを成長戦略として掲げており、丸滝のグループ会社化もこうした背景の中で行われました。丸滝は、建材・住宅設備機器の卸売や建築工事の請負を事業内容としています。

特に、内装工事を中心とした建築分野で丸滝は確かなノウハウ・技術力を持っています。この丸滝をグループ会社化することで、OCHIホールディングスは丸滝を中核として甲信越地区における事業展開を進め、さらには双方の技術・ノウハウを活かして事業ポートフォリオの拡充などを図る形となっています。

サンゲツによるGoodrich Global Holdings Pte. Ltd.の買収

2017年12月、インテリア商社大手のサンゲツ(愛知県名古屋市)は、シンガポールにおける内装材料販売会社であるGoodrich Global Holdings Pte. Ltd.(以下、Goodrich社)の過半数以上の株式を取得し、買収することを発表しました。サンゲツはインテリアの専門商社であり、壁紙、床材、カーテン、椅子生地といったトータルインテリア商品の開発・販売を行っています。

サンゲツは、中期経営計画PLG2019(2017-2019)で多様な商品や高い専門性などを持った企業グループの構築を目標に掲げており、特に内装材販売ビジネスの地理的拡大を重要な課題としています。ローカルな市場で営業・物流体制を強化し、市場間で共通の商品やデザインを流通させ、グローバルな事業拡大を進めるというものです。

Goodrich社の買収も、こうした取り組みの一環として行われました。シンガポールを本社とするGoodrich社は、東南アジアを中心に6ヵ国で12の事務所を展開しています。Goodrich社は壁紙・ファブリック・カーペットといったインテリア商材を扱い、東南アジアの内装材料販売市場において最大規模のシェアを誇る会社でもあります。

このGoodrich社を買収することで、サンゲツは従来の市場に加えて東南アジアを含めた販売ネットワークの拡大、グループ全体の企業価値向上に貢献するとしています。サンゲツはもともと東南アジアを重要地区として捉えており、Goodrich社の買収によって様々なシナジー効果の創出のもと、東南アジア市場へ進出した形となりました。

まとめ

2020年開催の東京オリンピックなどの要因もあり、建築業界は比較的堅調に推移しています。建築物の需要増加に伴い、建築資材の需要も増えており、建築資材卸事業の重要性もますます高まっています。こうした状況の中、様々なニーズに対応するため、事業の強化・拡大などを目的にM&Aを検討する企業も見られます。また、同業者同士によるM&Aのほか、関連事業も含めたM&A事例も見られます。

さらに、建築資材卸事業を行う中小企業が抱える経営上の問題も、M&Aによって解決に導くことが可能です。建築資材卸事業でM&Aを考えている場合、こうしたM&A事例や業界動向、そして建築業界全体の動向などを総合的に判断し、分析を進めていくことが大切です。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)