M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
沖縄のM&A仲介会社をランキング形式でご紹介!M&A案件の探し方も解説

沖縄のM&A仲介会社をランキング形式でご紹介!M&A案件の探し方も解説

目次

    沖縄のM&A仲介会社

    沖縄のM&Aの現状

    沖縄県にある会社はほとんどが中小企業で、その総数は99.9%を推移しています。

    また、雇用されて就労している人も89.9%が中小企業に就労しています。

    その中でも卸売・小売業、飲食店の輪リアが高く、次いで建設業、サービス業となっています。

    また、会社の形態も株式会社ではなく有限会社が多く、小さい規模で会社を営んでいる場合が多い地域になります。

    そのため、経営基盤が弱く、株式会社であったとしても資本は1000万円から3000万円と潤沢なものでないところが多く見受けられます。

    しかし、沖縄県では中小企業の経営存続が県政から見ても重要であるとして様々な取り組みが行われています。

    沖縄県に存在する中小企業の6分の5にあたる84.3%は後継者がいないとしており、経営者自身の年齢も60歳以上としている中小企業は多く、経営者が70歳代に達している会社も多くあります。

    沖縄県も全国の中小企業と同様に、会社の存続か廃業かの選択を余儀なくされているようです。

    そのような中で、沖縄県にも公的機関である事業支援センターを設置して、事業承継を進める対策が行われています。

    そのほかにも、商工会議所や高校会、沖縄よろず支援拠点が設けられ、中小企魚の支援を行っています。

    沖縄県では会社の規模が小さく、事業をうまく承継できないという問題もあり、M&Aを勧めようとする動きもあります。

    事業引継ぎセンターによる事業引継ぎ実績も平成23年度は0件だったものが平静28年度には430件と増加しており、どの中小企業も後継者問題などによって事業承継を進めようとしています。

    しかし、事業承継支援センターには「買い手企業を見つけることが難しい」という問い合わせが多く、次いで「訂正な売却価格を算定することが難しい」となっています。

    このような現状から、公共機関の事業承継センターだけではM&Aが思うように進まない、と言うことが分かります。

    そのため、事業支援センターでもM&Aを仲介する会社の紹介などを実施しているようです。

    沖縄のM&A仲介会社オススメ5選

    沖縄県は圧倒的に中小企業が多く、小規模の会社がM&Aを実施するケースが多く見受けられます。

    そのため、本社が東京にあり大手企業のM&Aを多く実施している仲介会社よりも、地元にあるM&A仲介会社に信頼を持つ傾向があります。

    多くのM&A仲介会社の中から、沖縄の中小企業が安心して仲介をお願いできる仲介会社を選ぶ方が良いでしょう。

    しかし、多くの実績や経験などを踏まえると大手M&A仲介会社に依頼する方法もあります。

    沖縄に居ながらにして適切な仲介を実施してくれる仲介会社を探してみましょう。

    沖縄のM&A仲介会社のオススメ5選が以下の通りです。

    ⑴株式会社M&A総合研究所

    全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
    規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。

    また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。

    通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。

    それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
    安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

    ⑵株式会社日本M&Aセンター

    株式会社の本M&Aセンターは、本社が東京にありますが、沖縄にも営業所があり、実際に足を運んで相談することも可能です。

    日本M&Aセンターは、日本国内のM&A仲介のリーディングカンパニーとして存在しており、実績が多く経験豊かなスタッフが多く在籍しているので、安心して依頼できる仲介会社です。

    「最高のM&A」をモットーにしており、M&Aを実施して成立させることだけはゴールではない、という理念のもとに運営を行っています。

    M&Aは会社を手放す経営者も存在し、会社を買い取った経営者が存在します。

    その両者がM&Aを実施したことによって、新しいステージに進むことを強く意識しています。

    中小企業のM&A支援は27年目を迎えており、年間649件、累世機で4500件以上のM&Aを成立させています。

    これだけの実績があるM&A仲介会社であれば、初めてM&Aに取り組む経営者にとって安心して依頼することができるでしょう。

    また、ネットワークに関しては全国の地方銀行の90%、信用金庫の80%、会計事務所817件と提携しているので、沖縄県で事業をしている中小企業の経営者でも対応可能といってよいでしょう。

    そのほかに、独自の取り組みとして、M&Aが成立した後のフォローも行っており、これまでのM&Aのノウハウを生かして、官公庁の中小企業施策にも協力しています。

    ⑶税理士法人ビジネスパートナー

    元々は税理士事務所として創立しているので、税務に関してはエキスパート言えます。

    本拠地を沖縄県那覇市に構えており、事業の拡大とともにM&A支援も行っています。

    経営理念を説く先企業の経営発展と地域社会に奉仕することの喜びとする、としており、多くの中小企業の税務アドバイスを行っています。

    税理士法人なので、事業承継についても多くの相談を受け、その中のM&Aに関しても、しっかりとアドバイスを行ってくれます。

    経営者は孤独な存在で、事業承継に関してもM&Aに関しても一人で悩まれることが多くあります。

    しかし、事業承継に伴うM&Aであっても専門家に相談することで解決策が見つかる場合もあります。

    会社がどのような状態であっても、M&Aを検討する余地はあるので税理士法人ビジネスパートナーにまずは相談することで、解決策が見つかるでしょう。

    税理士法人ビジネスパートナーでは、会社が持つ現状をしっかりと把握し、その展望と問題点を洗い出し、分析・検討対策を実施し、結果を出します。

    M&Aは、経営者自身だけの力で成立さえるのはとても難しい課題です。

    専門家が多く在籍している税理士法人ビジネスパートナーは、税理士事務所から40年の間、経営者に対してアドバイスや相談を受けてきました。

    その実績を頼りに相談それば、成立を目指すことができるでしょう。

    ⑷琉球M&Aパートナーズ株式会社

    琉球M&Aパートナーズは、沖縄県那覇市に事務所を構え沖縄県のM&Aを推進する事業を行っています。

    代表者自身も中小企業診断士、宅地建物取引士の資格を持ち、中小企業の小売業や飲食店、介護医療、ヘルスケア、食品製造、畜産業などの様々な案件を担当しています。

    沖縄県の中小企業の経営者にとってはM&A仲介会社が沖縄にあるというのは、安心できる材料の一つともいえます。

    遠くの仲介会社では、電話やメールなどを使ってやり取りをすることになりますが、拠点を沖縄県那覇市にしていることで、すぐに対応してもらえる、来てもらえるなどの安心感があれば、不慣れな手続きでもサポートしてもられるでしょう。

    琉球M&Aパートナーズ株式会社は、会社を売ろうとしている経営者との面談でヒアリングをしっかりと行い、その中で事例を踏まえて情報の提供を行います。

    そして、売却先の候補を選定し、それぞれの意向の確認を行い、候補先の会社と合意ができれば情報の精査や現地調査などを行って相互の理解を深めていきます。

    そのうえで、基本合意契約を行い、買収監査を実施して最終契約となります。

    彫金体系もわかりやすく、成功報酬のみの支払いとなり、売買金額の5%となっています。

    最低報酬額が設定されているので、仲介契約を結ぶ時に確認しておくと良いでしょう。

    ⑸沖縄M&Aサポート

    沖縄M&Aサポートは、沖縄県那覇市に本社を構えているM&A仲介会社です。

    会社の代表者自身も税理士資格を保有し、様々な経験を重ねています。

    また、経営幹部も税理士の資格を保有しており事業承継や事業再生など多くの実務経験を重ねています。

    ネットワークも確立されており、法律事務所や司法書士、社労士とも連携がとられています。

    また、地域の銀行や公的機関とも連携が取れているので、M&Aに伴う資金需要や公的制度の活用などの支援も実施しています。

    沖縄県と言う地域に本社を構えて、地域の中小企業に対応した支援を行っており、M&Aをスムーズに進めることをモットーとしています。

    M&Aに特化しているので、売りたい経営者と買いたい経営者のマッチングを行い、速やかに交渉できるように支援を行います。

    また、M&Aに必要不可欠なデューデリジェンスについても、専門家の協力によって質の高いサービスを行っています。

    また、企業評価についても豊富な経験を活かし、適切な方法で行い、事業再生やM&Aのあらゆるサポートを実施しています。

    料金体系は、仲介契約を結んだ時点で着手金として50万円の支払いが発生します。

    その後、最終契約からクロージングに至った場合は成功報酬が発生します。

    沖縄県と言う地域に根差したM&A仲介会社になります。

    沖縄のM&A案件の探し方

    現在では、インターネットが普及しどのような地域にいても利用でき、とても便利になりました。

    そのため、沖縄にいてもインターネットを利用すればM&A案件の検索ができるので、まずはインターネットを利用すると良いでしょう。

    案件そのものは、様々なM&A仲介会社が掲載しているので、会員登録などを行えば閲覧は可能になります。

    しかし、実際にM&Aの仲介を依頼するか、しないかについては経営者自身の希望に合ったM&A仲介会社であることが前提となるでしょう。

    沖縄県にも国が支援する事業承継支援センターや商工会議所、商工会があるので、インターネットを利用しなくても、そのような場所で案件を探すことも可能です。

    また、沖縄県の所在地を置くM&A仲介会社にもM&Aの案件があるはずです。

    実際に話を聞いてからM&Aをしようと考えている経営者は、地元にあるM&A仲介会社に足を運んでみると案件を探すことができます。

    どのような方法でも、M&Aを実施する時には専門家が在籍している仲介会社の協力が必要になります。

    このようなことを踏まえて、案件を探すとよいでしょう。

    まとめ

    沖縄県の主要な産業は、観光や商業、サービス業となっています。

    もともと大手のホテルグループなどが運営しているところは、事業承継やM&Aにかかわるようなことは少ないですが、個人経営に近い形で運営している中小企業にとっては、将来を考えると不安になることもあるでしょう。

    また、若者が地元ではなく首都圏や他の地域で就職してしまうなど、後継者の問題もあります。

    そのような中で、M&Aによって事業を存続させることもできますが、「会社を売る」。「会社を買う」と言うこと自体に抵抗を感じる経営者も多いでしょう。

    しかし、沖縄県は99.9%が中小企業と言う土地柄です。

    どうしても、経営者の高齢化なども踏まえて考えると、中小企業同士のM&Aを実施していかなければ、沖縄県全体の経済基盤が落ち込んでいくことも予測できます。

    M&Aを会社の将来を考えたより良い方法と捉え、事業承継支援センターなども利用して、M&Aを進めていくべきなのでしょう。

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    ご相談はこちら